読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

今年の桜は、全国的にも東北でも平年より少し早めに開花するでしょう 仙台は4月10日頃?

杜の都では昨日(2/23)気温が14℃もあり4月中旬の暖かさでした。
そして今日2/24日も予想では11℃の様です。
このまま続くとは思いませんが気分はルンルン♪です。
三寒四温が続き「もうすぐ春ですね♪~」
桜の開花予想の発表がありました。 

全 国

2月19日11時更新
さくら開花前線
札幌
準備中
仙台
4/10
新潟
4/9
東京
3/26
名古屋
3/25
大阪
3/27
福岡
3/22
 
■今年の桜は、全国的に『平年並みか早く』咲く所が多いでしょう。ただ、九州や中国、四国、北陸地方では比較的早い開花となった『去年よりは遅く咲く傾向』です。

 この秋から冬の寒さは過去2年ほどではありませんが、12月には強い冷え込みがあったため、桜の花芽は比較的スムーズに休眠から覚めた地域が多いと考えられます。

 このあと3月にかけての気温は、寒暖の波はあるものの、平均すると平年並みか少し高くなりそうです。このため、桜の開花は平年並みか早くなるでしょう。

 なお、今年の桜前線は、高知からスタートする可能性が高くなっています。
■東北北部の桜は、平年より少し早めに開花するでしょう。去年と比べると遅い所もある見込みです。
 南部ではだいたい平年並みの開花となりそうで、福島が他に先駆けて咲く可能性が高くなっています。
この冬は極端な暖冬ではなかったので、桜の花芽は例年通り休眠から覚めていると考えられます。
 このあと4月前半にかけての気温は、寒暖の波はあるものの、平均すると平年並みか若干高くなりそうです。このため、桜の開花は平年並みか少し早めになると判断しています。
 
今年はどこが開花スタート地点になるか楽しみでもあります。
候補地としては高知、伊豆、東京、福岡といったところでしょうか。
 
桜さんにはもう少し長く咲いて楽しませて欲しいものですね。
 
 亀井勝一郎が「大和古寺風物詩」の一節のなかで西の京の春景色のことを「由緒正しい春」と呼んでいますが、みちのくの春は「恋焦れる春」といえましょう。

みちのく人は雪に閉ざされ寒い冬をじっと耐え暖かくなる春を待ち望んでいるのです。

桜は咲く前は人の気持ちをそわそわさせ、咲けばウキウキさせ、散れば悲しませ本当に罪な花ですね。

散った後でさえも去り行くものの寂しさに胸キュンです。

本当に憎らしい。

 

「世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」

古今集 春上・在原業平(ありはらのなりひら) 

伊勢物語 八二


現代語訳

この世の中に、桜というものがなかったら、どんなに春をのどかな気持ちで過ごせるだろうか