読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬、風に吹かれて無常の世を漂い、旅する愛しき日々

日々のニュースや出来事・記念日・季節祭事・催事・時事・情報・気づき、等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

奥松島遊覧船 震災で運航再開後1万人突破するも 復興道半ば

ニュース・話題  復興・再建・祈り 政治・経済・社会 気候・自然 生活 社会 祭り・イベント

奥松島遊覧船 震災で運航再開後1万人突破 


 東日本大震災で被災して運航を一時休止した東松島市宮戸の奥松島遊覧船の利用客が26日、2013年10月の運航再開後、1万人を突破した。

JR仙石線の全線再開を30日に控え、関係者は日本三大渓の一つ「嵯峨渓」の観光復興に期待を寄せる。

 1万人目となったのは、松島町の主婦桜井寿美子さん(77)。遊覧船を運営する市の第三セクター、奥松島公社の古山守夫社長から焼きのりなど市内の特産品が贈られた。

 大衡村出身で大衡中時代の同級生9人と訪れた桜井さんは「震災後に来たのは初めて。嵯峨渓はびょうぶのように見える岩の美しさが魅力」と喜び、「長生きしてよかった。全国の皆さんにぜひ松島に来てもらいたい」と話した。

4月就航の新船「嵯峨みらい」で嵯峨渓を巡る船旅を楽しんだ。

 古山社長は「遊覧船の利用客は震災前と比べ、約3分の1にすぎない。1万人達成を弾みに観光復興を進めたい」「震災前は年2万人程度で推移していたため、客足が完全に戻ったとは言えず、船を運営している奥松島公社の古山守夫社長(57)は「周辺の道路や宿の整備も重要だ」と話している。と語った。

 遊覧船は1994年に開業。利用客は最も多い年で約3万1000人で、これまでに約38万5000人が利用した。

 東日本大震災で運航を休止し、2013年10月に再開してから1年7カ月かかっての1万人超え。


 震災前は4隻の船があったが、津波で2隻流失し、残った2隻と新しく準備した1隻の計3隻で運航している。


★奥松島嵯峨渓遊覧(4/25(土)~10/25(日)毎週土,日,祝日運航)
 

■日本三大渓 奥松島嵯峨渓遊覧
 全島遊覧。松島の美しい島々と日本三大渓嵯峨渓を心ゆくまでお楽しみください。
 運航期間:4月25日(土)~10月25日(日)毎週土、日、祝日(4/25~5/6、7/18~9/1、9/19~9/28までは毎日運航。)
      
 出航時間:①10:10 ② 12:10 (約1時間40分)
 料金:大人2500円(15名以上2250円)
     小学生1250円(15名以上1120円)


 *天候により欠航またはやむを得ずコースを変更する場合があります。
  事前にご予約をいただくと欠航時ご連絡を差し上げられます。
    
 電話番号
022-354-2233(予約専用)

住所
松島町松島字町内98-1

営業時間
午前9時~午後5時

駐車場 無し

料金
大人2500円
 子供1250円(小学生)