読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬、風に吹かれて無常の世を漂い、旅するさすらいの日々

日々のニュースや出来事・記念日・季節祭事・催事・時事・情報・気づき、等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

5月31日は世界禁煙デー タバコは「百害あって一利無し」

ニュース・話題  健康・疾病  名言・名句・名歌 季節祭事・記念日 政治・経済・社会 言葉 

5月31日は世界禁煙デーです。

▲世界禁煙デー(World No-Tabacco Day)

世界保健機関(WHO)が1989年に制定。国際デーの一つ。


関連記念日 •禁煙週間 <5月31日~6月6日>
•嫌煙運動の日 <2月18日>

*(旧)郵政省設置記念日

1949年のこの日、逓信省が分離して、郵政省と電気通信省(後に電電公社、現在のNTT)が設置された。

郵便・郵便貯金・郵便為替・郵便振替・簡易生命保険の事業と電気通信の事務を行っていたが、2001年の中央省庁再編により、電気通信事務は総務省に、その他の事業は郵政事業庁(現在の日本郵政グループ)に引き継がれた。

*(旧)総理府設置記念日

1949年のこの日、総理府が設置された。

各行政機関の施策・事務の総合調整等を行っていた。

2001年に経済企画庁等とともに内閣府に統合された。


■5月31日の世界禁煙デーについて。

●WKC(WHO健康開発総合研究センター)の所長のアレックス・ロス氏は次のように述べている。

ロス氏: 今年2015年は『タバコの不法取引を止めよう』がスローガンです。

「今年の世界禁煙デーのゴールは、次の4つです。

(1)タバコの不法取引によって入手可能になる低価格の非正規品が招く健康被害、とくに若年層や低所得者層に対する影響への着目を促す。

(2)増税や値上げ、グラフィックを用いた警告文などの喫煙コントロール対策がヘルスケアにどう影響するか、また不法取引によってそれがどう妨害されるかを示す。

(3)業界が不法取引にどのように関わっているかを示す。

(4)不法取引によってもたらせる高額な収益が、いかに犯罪組織の麻薬、人身・武器売買、テロなどの活動の財源となっているのかを明るみに出す。


もしすでに喫煙の習慣があるなら、『止めること』です。医療・保健機関のプロに禁煙方法を相談してください。あなたの命にかかわることですから。

安全な喫煙場所などありえません。

日本ではときどき、別の部屋で吸えば大丈夫というような認識があるようですが、煙は必ず室内を循環します。まわりの人も巻き添えになります。本当に、その害は強調してもしきれないほどです。

日本において、公共の場での喫煙についての法制度が整っている県は現在、兵庫と神奈川の2県だけです。日本でスモーク・フリー環境を実現するためには、法律が改善されなければなりません」

 

世界的に見ると、喫煙による害で毎年600万人が命を落としている。その10%以上が非喫煙者だ。6秒ごとに約1名がタバコの害で亡くなっており、これは成人の死亡件数の約1割にあたる。

私たちが今、行動を起こさなければ、2030年までにその数は800万人になるといわれている。

 

●厚生労働省はこのほど、公式Webページにて「平成27年度『世界禁煙デー』における取組及び『禁煙週間』の実施について」を公開した。

「世界禁煙デー」は5月31日。禁煙週間は、5月31日~6月6日。「たばこが健康に悪影響を与えることは明らかであり、禁煙はがん、循環器病等の生活習慣病を予防する上で重要である」ことを、その趣旨としている。

今年度は、たばこを減らすことで命を守ることを目的として、「2020年、スモークフリーの国を目指して ~東京オリンピック・パラリンピックへ向けて~」を禁煙週間のテーマとし、禁煙および受動喫煙防止の普及啓発を積極的に行う。

主要な実施事項としては、「閣議における厚生労働大臣発言」 「イベントの開催(東京及び地方)」「『禁煙週間』実施要綱の策定、周知」「本週間用ポスターの作成、配布、掲示」「各省庁、地方公共団体、関係団体及び厚生労働省内部部局等に通知し、その趣旨について理解と協力を求める」「厚生労働省ホームページ等による情報提供」など。

その他の対応として、「厚生労働省内職員へメールにて禁煙の呼びかけ」「禁煙相談会の実施(3回)」「禁煙週間中における中央合同庁舎第5号館内でのたばこの自動販売機の停止等」を行う。

 

●世界禁煙デー:5/31文京で受動喫煙防止条例へ /東京

  
 世界保健機関(WHO)が提唱する「世界禁煙デー」の31日、日本医師会などは記念イベント「受動喫煙防止条例制定に向けて」を日本医師会館(文京区本駒込2)で開催する。

近年の五輪開催都市では、公共施設や飲食店などを禁煙とする罰則付きの法令が整備されており、2020年東京五輪・パラリンピックに向け、東京でも同様の条例を制定すべきだとして、有識者が議論を交わす。
   
      
 午後2時半〜同5時で入場無料。事前申込制だが、会場の受け付けで氏名などを申込書に記載すれば当日参加もできる。

イベントの詳細は主催団体の一つ「たばこと健康問題NGO協議会」へ

 

☆雑感

私は以前1日40本程度ですがチェーンスモーカーでした。

 

止めたきっかけは「風邪」と「子供の受動喫煙」です。

ある日、風邪を引いて医者に行ったところ先生曰く「タバコを止めればすぐに直ります」

2-3日タバコを止めてみました。

するとピタッと風邪が治りました。

 

もう一つは鬼妻さんに言われました。

「お父さんは何時死んでもらってもいいですけど、子供たちが将来タバコの害で病気になると可愛そうです。」ギクッ!

その言葉できっぱりとタバコを止めました。

毎朝気分爽快になりました。 あっソウカイ(爽快)~。

 

今ではタバコを一服でも吸うとゴホゴホいってとても吸えません。

逆に、タバコを止めて体が弱くなったのでしょうか。

 

タバコは「百害あって一利無し」

政府は禁煙週間の実施をしながら方やタバコを販売させています。

意味不明な真逆の政策が気になりますネ。