読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬、風に吹かれて無常の世を漂い、旅するさすらいの日々

日々のニュースや出来事・記念日・季節祭事・催事・時事・情報・気づき、等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

札幌市ごみ回収変更へ スプレー缶、穴開け不要に 試験的に導入

ニュース・話題  生活 社会 事件・事故

■札幌市ごみ回収変更へ スプレー缶、穴開け不要に 死亡火災受け

2年連続で死亡火災、3人が死亡

 札幌市が、ごみとして収集する使用済みスプレー缶などについて、今後は穴開けされていない状態で回収することが17日、分かった。

現在は、ごみとして出す札幌市民に穴を開けるよう求めているが、札幌市で穴開け作業が原因とみられる死亡火災が2年連続で発生したため改める。10月から札幌市清田区の一部を対象に試験的に導入し順次、全市に拡大する。

 札幌市清田区での試験回収の対象は約8300世帯。これまで4週に1回の「燃やせないごみの日」に収集してきたが、週2回の「燃やせるごみの日」に併せて集める。

  札幌市は、使用済みのスプレー缶やカセットボンベなどについて、市民に対して穴を開けた上でごみステーションに出すよう求めている。ごみ収集車の中で圧縮され、残っているガスが火災や爆発を引き起こす恐れがあるため。

  札幌市内では、昨年3月と今年5月、自宅で行っていたスプレー缶などの穴開け作業が原因とみられる火災が発生し、計3人が死亡。死亡火災が相次いだことを受け、回収方法の変更を決めた。
.

20政令指定都市のうち10市が穴開け求める

 家庭でのスプレー缶などの穴開け作業では、漏れたガスにストーブやこんろから引火する火災が全国的に後を絶たない。環境省は2009年以降、「市民が穴開けしないようにすることが望ましい」と自治体に対して繰り返し伝えている。

  ただ、札幌市によると、市民に穴を開けてから出すことを求めるのは政令指定都市20市のうち札幌を含め10市。また、道内では穴開けを求める市町村は少なくなく、自治体の対応は割れている。

  札幌市環境局は、穴開けされていないスプレー缶などを別の収集車で集めると、数億円の費用がかかるとしていたが、試験回収では燃やせるごみ用の収集車にプラスチック製のかごを取り付けて集め、コスト抑制を図る。