読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬、風に吹かれて無常の世を漂い、旅するさすらいの日々

日々のニュースや出来事・記念日・季節祭事・催事・時事・情報・気づき、等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

2015年11月15日今日は七五三、きものの日、かまぼこの日、のど飴の日、昆布の日、口腔がん検診の日、蔵(KURA)の日、いい遺言の日、予防争族(相続)を考える日などの日

イベント・季節催事 季節祭事・記念日 季節・秋 健康・疾病  文化 暮しの暦 生活 社会 神社・仏閣 祭り・イベント 記念日・食物 誕生花

2015年11月15日今日は何の日?

2015年11月15日今日は七五三、きものの日、かまぼこの日、のど飴の日、昆布の日、口腔がん検診の日、蔵(KURA)の日、いい遺言の日、予防争族(相続)を考える日などの日です。


●『七五三』 :  
男の子は数えで3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年に、成長を祝い神社に参詣して成長を祝う日です。

※江戸時代、徳川綱吉の子「徳松」の祝いが行われた事が由来だと言われています。

旧暦の11月は、その年の実りを神に感謝する月で、旧暦15日は二十八宿で「何事をするにも吉」とされる鬼宿日に当たった事から、この日に行われる様になりました。

15日とされた理由は7+5+3で、15になる為と言われます。

元々は11月15日でしたが、現在では10月~11月の間に行われる様になっています。 


●『きものの日』 :  
着物の良さを知ってもらい、七五三の日に、家族そろって着物でお宮参りに出かけて欲しいとの願いから、全国2,000店の呉服店で組織する「全日本きもの振興会(日本きもの連盟)」が、1966(昭和41)年の設立の時に制定。

着物を着る運動のシンボル的な日として、「きもの」の美しさ、文化的な要素をアピールしていくのが目的です。

関連記念日として、◎5月29日の「呉服の日」があります。

●『かまぼこの日』 :  
「蒲鉾(かまぼこ)」が初めて文献に登場したのが、平安時代の古文書に1115(永久3)年の祝宴の膳の図に描かれていた物とされている事から、この年号の並びから11月15日を記念日として「全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会」が1983(昭和58)年に制定。

●『のど飴の日』 :
1981(昭和56)年11月に、日本で初めて商品名に「のど飴」と名の付くのど飴「健康のど飴」を発売した会社が、2011(平成23)年の発売30周年を記念して制定。

日付は、発売月の11月と、11月中旬より最低気温が一桁になりのど飴の需要期になる事、11と15で「いいひと声」と読む語呂合わせなどからです。

●『昆布の日』 :  
「七五三」のお祝いにあたるこの日に、子供達に昆布を食べて丈夫に育ってもらおうと、社団法人「日本昆布協会」が1982(昭和57)年に制定。

関聯記念日として、◎5月5日の「わかめの日」があります。

●『口腔がん検診の日』 :
2008(平成20)年11月15日に開催された「第21回・日本歯科医学総会」において、口腔がん検診の普及をテーマにシンポジウムが行われ、口腔がん撲滅運動のシンボル「レッド&ホワイトリボン」が発表された事を記念して口腔がん検診の普及と啓発を目的に、社団法人「東京都玉川歯科医師会」が制定。

●『蔵(KURA)の日』 :
信州を愛する大人の情報誌「KURA(くら)」が2001(平成13)年11月15日に創刊された事を記念して、出版元である長野県長野市の出版社が制定。

「KURA」は知恵や資産の詰まった蔵になぞらえ、信州の暮らしに関わる「情報の蔵」を目指している人気月刊誌です。

●『生コンクリート記念日』 :  
1949(昭和24)年のこの日、生コンクリートが初めて市場に出荷された事を記念して「大分県あすをつくる県民運動推進協議会」総会で決議制定。

「全国生コンクリート工業組合連合会」もこの日を制定しています。

●『いい遺言の日』 :   
「い(1)い(1)い(1)ごん(5)」の日。

とある銀行が2006(平成18)年11月に制定。

また、この日から22日までの一週間を「夫婦の遺言週間」としています。

関聯記念日として、◎4月15日の「遺言の日」があります。

●『予防争族(相続)を考える日』 :
長野県佐久市の税理士法人「アプト会計事務所小諸事務所」が制定。

2015年1月の改正で注目が集まる相続税ですが、相続とは税金だけの問題ではなく、遺産を巡って家族で争う「争族」になってしまう事例がよく見受けられます。

家族間の争いを未然に防ぐという意味の「予防争族(相続)」のことを考えてもらうのが目的です。

日付は、「七五三」であるこの日に将来にわたって仲のよい子どもたちであってほしいとの願いを込められています。

●『目師会(日蓮正宗)』 :  
「日目上人」の祥月命日にあたる為、総本山「大石寺」をはじめ、全ての日蓮正宗寺院において報恩の法要が営まれます。

日目上人が、かぶを好きだったことから仏前には、かぶが供えられます。

●『一般鳥獣狩猟解禁日』 :  
「狩猟法」に基づき、この日から翌年2月15日まで「鳥獣の狩猟」が解禁されます。

北海道のみ10月1日~翌年1月31日となっています。

 

●『稲毛浅間神社の神楽(千葉市)』 :
千葉県千葉市稲毛区の「稲毛浅間神社」の神楽は、県指定の「無形民俗文化財」です。

1504(永正元)年に九州方面から来た神主が村人に伝授したのが始まりといわれ、昔から旧家の長男に伝承されて来ました。

◎1月1日(元旦)、◎2月3日または4日「節分祭」、◎5月5日「春祭」、◎7月15日「例大祭」、◎11月15日「七五三祝い」、◎11月23日「秋祭」の年6回に神楽殿で演じられます。

※神がかりの「巫女の舞」に始まって、「猿田彦命(さるたひこのみこと)の舞」、「五穀豊穣祈願の舞」、「事代主命(ことしろぬしのみこと)の舞」、「大国主命(おおくにぬしのみこと)の舞」、「三韓征伐(さんかんせいばつ)の舞」、「山神退治(さんじんたいじ)の舞」、「鍛冶屋の舞」、「大蛇退治(おろちたいじ)の舞」、「翁(おきな)の舞」、「神功皇后安産子育の舞」、「天の岩戸開きの舞」と続き、最後は神を送る「御囃子(おはやし)の舞」で終わる十二座が奉納されています。

 

◎毎年11月第3日曜日は、

●『栗源のふるさといも祭(香取市)』 :
千葉県香取市で日本一の焼いも広場として地域の特産品であるさつまいも「紅小町(べにこまち)」をPRする為、畑に、もみがらの山を150程つくりその中に約5㌧の「紅小町」を入れ2時間程度かけてゆっくり焼き上げます。

焼きあがった「紅小町」は無料で食べられます。

また、クレーン車と巨大なセイロを使い作った豪快な「ふかしいも」2トンや、房総ポークCを使用した関東最大級の大なべ豚汁約5,000食等、ユニークでスケールの大きなイベントとして好評です。


◎毎月14日・15日は、

●『ひよ子の日』 :
「ひ(1)よ(4)こ(5)」の日。

福岡県のひよ子本舗が「ひよ子」まんじゅうのPRの為に制定。

現在では東京のお土産として有名ですが、元々は福岡県飯塚市のお菓子でした。

東京オリンピックが開催された1964(昭和39)年に首都圏に進出し、

1985(昭和60)年の東北新幹線上野駅乗り入れの時から東北への土産物として売行きが伸び始めました。

◎毎月1日・5日・15日は、

●『水天の縁日』 : 
毎月の5日だけの所もあります。

水天は十二天・八方天の一つで、水を司り、旱天・洪水の難を守るという竜神で、降雨を祈る「水天法」の本尊です。

※ 「水天」は、水に縁のある神様で「海運業・漁業・水商売」等を加護し、また「安産の守り神」ともされています。

総本社は福岡県久留米市の「水天宮」で、平家の一族と共に壇ノ浦に入水した「安徳天皇」と「建礼門院」が祀られています。

また、東京日本橋の「水天宮」は、水難除け・安産・水商売の守り神として有名です。

安産の神ということから戌の日にも参拝者が多く、特に戌年戌月戌日と縁日が重なると「大戌」といって珍重されます。

一方、密教では、西方を守護する神です。

◎毎月1日・15日は、

●『妙見の縁日』 : 
妙見(みょうけん・妙見菩薩の略)の縁日です。

1月1日の初詣は「初妙見」といって重んじられています。

※「妙見菩薩」とは、北斗七星を神格化した菩薩。

尊星(そんしょう)王、妙見尊星王、北辰(ほくしん)菩薩ともいわれます。

国土を守り、災難を除去し、敵を退け、または人の寿命を延ばす福徳ある尊像です。

古来、人間の一生は天文と関係していると考えられ、北半球では北斗七星がその中心とみなされていました。

これは、北斗七星が人の善悪の行為をみて、禍福を分け、死生を決めるものという、道教の思想から出たものと混交したものです。

密教系や日蓮宗系で祀(まつ)る事が多く、特に眼病平癒の為に修する法を妙見法といいます。

形像は二臂(ひ)像、四臂像、竜に乗るもの、手のひらの上や蓮(はす)の上に北斗七星を置くもの等がありますが、一面四臂で二手に日と月とを捧(ささ)げ、二手に筆と紀籍(鬼籍)を持ち、青竜の上に乗るのが代表的です。

妙見菩薩を祭っている神社としては、千葉市の「千葉神社」、岩手県奥州市の「日高神社」、岩手県九戸郡の「九戸神社」大阪府の「星田妙見宮」が有名です。

◎毎月15日は、

●『お菓子の日』 :
お菓子の神様(過疎神)を祀る和歌山県の「橘本(きつもと)神社」と兵庫県の「中嶋神社」の例大祭が、制定当時4月15日に行われていた事に因んで、「全国菓子工業組合連合会(全家連)」が1981(昭和56)年に制定。

●『中華の日』 :
「東京都中華料理環境衛生同業組合」が制定。

●『レンタルビデオの日』 :
洋画ビデオの会社4社のグループが制定。

●『いちごの日』:
「いち(1)ご(5)」の日。

関聯記念日として、◎1月15日の「いちごの日」もあります。

◎毎月第3日曜日は、

●『家庭の日(青森県)』 :
青森県では、1999(平成11)年9月1日に「青森県家庭の日及びノー行事デーを定める要綱」を制定し、毎月第3日曜日を「家庭の日」としています。

家庭が青少年の健全な育成を図る上で大切な役割を担っている事から、家庭づくりについて家庭内で考え、話し合い、楽しみ合い、協力し合う日としています。

●『馬に親しむ日』 :
「競走馬総合研究所」では、馬とふれあい、馬を身近に感じていただける様、『馬に親しむ日』を開催しています。

●『あゆ(鮎)の日』 :
「全国鮎養殖漁業協同組合連合会」が制定。

※アユ(鮎)は、キュウリウオ目・アユ科に分類され、川と海を回遊する魚で、日本では代表的な渓流釣りの対象魚で、河川における全漁獲量の1/4を占めるといいます。

ふ化した鮎の稚魚は海あるいは河口付近に下り、そこでプランクトン等を食べて成長し冬を越します。

そして、幼魚(しら魚)は翌春2~3月に川を遡って秋に上流で成魚となりますが、幼魚は、この頃から、体に色がつきはじめ、川の中流域から上流にたどり着き、石に付着するケイソウ類を主食とする様になります。

この時、多くの若魚はえさの藻類が多い場所を独占して縄張りを作る様になります。

この縄張り内に入ったものには体当たり等の激しい攻撃を加え、この性質を利用して釣り上げる方法を「友釣り」といいます。

そして、秋には再び川を下って河口近くの綺麗な砂地に産卵した後、「落ちあゆ」となって、たった1年の短い一生を終える事から「年魚」とも呼ばれています。

◎毎週日曜日は、

●『即席ラーメンの記念日』 :「日本即席食品工業協会」が1982(昭和57)年10月に制定。

●『パスタの日』 :「全日本マカロニ協会」が制定。

 

☆彡11月15日の誕生花

黄金萩[おうごんはぎ] Crown Vetch 花言葉:謙遜、成功、思いのまま

オレガノ(花薄荷[はなはっか]) Origano 花言葉:輝き

ラケナリア(アフリカヒヤシンス) Cape cowslip 花言葉:持続する愛

ハイビスカス(白) 繊細な美、新しい恋、常に新しい美

バラ(オレンジ) 愛、無邪気、爽やか、幸福、美

ヒガンバナ(リコリス) 悲しき思い出

ポポー 健康

ローズマリー・Rosemary、花言葉は「思い出・私を思って」です。


☆彡七五三 

11月15日。
数え年で、男の子は5歳(地方によっては3歳も)、女の子は3歳と7歳に、晴れ着を着て神社・氏神に参拝して無事成長したことを感謝し、これから将来の幸福と長寿をお祈りする行事。

もともとは宮中や公家の行事でしたが、江戸時代には一般的に広く行われるようになりました。
3歳の髪置き(かみおき)の儀、5歳の袴着(はかまぎ)の儀、7歳の帯解き(おびとき)の儀の儀式が由来となっています。

11月15日に祝うことになったのは、この日が二十八宿の鬼宿日(きしゅくにち)にあたり、婚礼以外は何事の祝い事にも吉とされていたからです。
また、旧暦の11月は秋の実りを神に感謝する月でしたので、その月の満月にあたる15日に、氏神に収穫の感謝すると共に子供の成長の感謝・祈願をしたものと思われます。

七・五・三はいずれも陽数で、縁起の良い数字とされています。


正式な装いは
・男の子 紋付きの羽織に袴
・3才の女の子 肩揚げをした着物に帯を結ばず、被布(ひふ)というベストのような羽織
・7才の女の子 肩揚げ、おはしょりや腰あげをした友禅模様の絵羽つけや総柄の友禅模様の着物に丸帯を結びます。

※最近はレンタルされる方が多いようです。洋服でも構いません。


髪置き(かみおき)の儀
もう赤ん坊ではないという意味で「櫛置き」ともいいます。

平安時代は、男女とも3歳までは髪を剃り、3歳の誕生日になって初めて髪を伸ばす風習がありました。
女の子も剃っていたんですね。ちょっと驚きですが、乳児の頃に髪を剃ることで、やがて健やかな髪が生えてくると信じられていたからです。

髪置きの儀は、綿白髪を頭にかぶせ頂に白粉(おしろい)をつけ、くしで左右にすいて祝う儀式で、髪が白くなるまで長生きするようにという願いが込められています。


袴着(はかまぎ)の儀
5歳になった男の子はその年の11月15日に初めて袴をはき、碁盤の上で吉方を向いて立たせました。
男の子だけの儀式となったのは、江戸時代からです。

帯解き(おびとき)の儀
女の子は7歳になると、それまでの紐付きの着物にかわって本裁ちの着物を着、丸帯を締めました。これを紐解き・帯解きなどといいました。
この日からは一人で帯を結べるようになり、一人前の人間として社会に認めらるけじめの儀式です。


・晴れ着を着て神社に行き、御祈祷していただきます。 ※お参りするだけでもかまいません。
・家族で写真撮影をしておくといいですね。
・お祝いの席を設ける場合は、両家の祖父母を招待しましょう。

※最近は、前もって写真撮影を済ませてがておく方が増えているようですが、必ずお参りしましょう。記念撮影が目的ではなく、子供が無事成長したことを氏神に感謝する日であることを忘れないでくださいね。
   ※お祝いの仕方は、それぞれの家、地方によって異なります。
    また、最近は11月15日にこだわらず、近辺で都合いい日にお祝いすることが
    一般化しています。
    このようにお祝いをしないといけないというものではありませんので、
    これらを参考に、楽しく過ごしてください。

●食べ物
・千歳飴
江戸時代に浅草の飴売りが、長生きするようにと縁起をかついで 「千年飴」と名づけて売ったのが始まりといわれています。
昔も今もネーミングはベストセラーの大切な要因ですね。

・赤飯
赤飯

小豆を煮て、その煮汁に一晩つけたもち米を小豆と共に蒸篭で蒸した強飯(こわめし)。「おこわ」とも言います。
主にお祝い事の時に食べてきました。
日本では昔から赤色には邪気をはらい、魔除けの力があると信じられていたため、赤飯にもこの観念が投影されているのでしょう。
おめでたい時に赤飯を食べるのは、宮中では遅くとも鎌倉末期に見られ、桃の節句、端午の節句、重陽の節句の時に出されています。
庶民が食べるようになったのは江戸時代後期から。

古くは京都では、お祝い事の時に白強飯を食べ、凶事に赤飯を食べていました。後に、お祝い事の席に赤飯が食べられるようになったのは、凶を返して福にするという縁起返しからといわれています。地方によっては、今でも凶事に赤飯を食べる風習が残っているところもあるようです。

 

★付録

年祝い早見表

2015年(平成27年)

 七五三
3才 2013年(平成25年)生
5才 2011年(平成23年)生
7才 2009年(平成21年)生
十三参り 13才 2003年(平成15年)生
最近は満年齢で行う方も多くなっているようです。 

●2015年(平成27年) 
還暦 61才(満60才) 1955年(昭和30年)生 
古希 70才(満69才) 1946年(昭和21年)生 
喜寿 77才(満76才) 1939年(昭和14年)生 
傘寿 80才(満79才) 1936年(昭和11年)生
半寿 81才(満80才) 1935年(昭和10年)生
米寿 88才(満87才) 1928年(昭和 3年)生
卒寿 90才(満89才) 1926年(大正15年・昭和元年)生
白寿 99才(満98才) 1917年(大正 6年)生
上寿 100才(満99才) 1916年(大正 5年)生 

※いずれも数え年で表記しています。