読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

大みそかの「第66回NHK紅白歌合戦」の司会者と出場歌手がNHKより発表

大みそかに生放送される「第66回NHK紅白歌合戦」の司会者が、26日に発表された。

 総合司会は通算5度の紅組司会経験がある女優、黒柳徹子(82)と同局の有働由美子アナウンサー(46)が務める。今年の紅白は戦後70年、戦後のテレビ創世記から第一線走り続ける黒柳に白羽の矢が立った。

 白組はV6の井ノ原快彦(39)が初、紅組は女優、綾瀬はるか(30)が2年ぶり2度目の司会に決定。朝の情報番組「あさイチ」(月~金曜前8・15)でコンビを組む有働アナと井ノ原の息の合った司会に注目が集まる。

■大みそかの「第66回NHK紅白歌合戦」(後7・15~11・45)の出場歌手が26日、同局から発表された。

出場は男女計51組で、初出場は白組が「ゲスの極み乙女。」、「BUMP OF CHICKEN」、星野源(34)、三山ひろし(35)、山内惠介(32)、紅組が大原櫻子(19)、「Superfly」、「乃木坂46」、「μ’s(ミューズ)」、「レベッカ」の10組となった。

 

 最多出場は森進一(68)で1968年(昭43)以来、連続48回出場で自信が持つ連続出場歌手自己記録を更新した。

 初出場の男女4人組バンド「ゲスの極み乙女。」は2014年にメジャーデビュー。「私以外私じゃないの」「ロマンスがありあまる」などがCMに起用されたことで幅広く知られるようになり、バラエティー番組などでも活躍している。

 「BUMP OF CHICKEN」は00年9月にシングル「ダイヤモンド」でメジャーデビューした4人組ロックバンド。「天体観測」「車輪の唄」など数多くのヒット曲を出しているが、テレビ出演することは珍しく、14年7月にテレビ朝日系「ミュージックステーション 3時間SP真夏の最強ライブ」に出演した際は地上波で演奏を初披露と話題になっていた。

 星野は音楽や演技だけでなく、執筆活動もこなすなどマルチな才能を発揮するシンガー・ソングライター。5月発売のシングル「SUN」がオリコンチャート2位を記録し、配信チャートでも軒並み1位を獲得。8月には東京・日本武道館で2日間公演を成功させた。NHKへの貢献度も高く「LIFE!」のほか、今年3月には紅白歌合戦の前身とされる「紅白音楽試合」の誕生秘話をドラマ化した「紅白が生まれた日」にも出演した。

 けん玉演歌歌手として注目を集める三山は今年2月にリリースした「お岩木山」の総出荷枚数が10万枚を突破。今年発売された演歌シングル売り上げ枚数1位に踊り出るとともに、演歌歌謡曲ジャンルでは今年初となるゴールドディスクに認定された。

 若手イケメン演歌歌手として知られる山内は、北川大介(45)、竹島宏(37)とともに「イケメン3」としても活躍。15年の第57回日本レコード大賞では日本作曲家協会選奨を受賞した。

 大原は13年、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」のヒロインとして抜てきされ、劇中バンドのボーカルとしてシングル「明日も」で歌手としてもデビュー。同世代から圧倒的支持を集めている。

 「Superfly」は越智志帆(31)によるソロプロジェクト。08年に発売した4thシングル「愛をこめて花束を」がドラマ「エジソンの母」の主題歌に起用されたことで注目を集めると、一気に人気歌手に。力強い歌声で幅広い世代から人気がある。

 「乃木坂46」は秋元康氏(57)がプロデュースし、AKB48グループの公式ライバルとして11年にデビュー。10月にリリースした最新シングル「今、話したい誰かがいる」は自己最高となる初週62・7万枚を売り上げ、12作連続のチャート1位をマークした。昨年も有力候補として名前が挙がったが、2年越しで夢舞台への切符をつかんだ。

「μ’s(ミューズ)」はアニメ「ラブライブ!」に登場するアイドルユニットで、作品内で声優を務める女性9人によるユニットでもある。作品の人気が高まるとともにCDのチャート順位もぐんぐん上がり、ミニユニットによる作品も好セールスをマークしている。

 「レベッカ」は1984年にデビューした女性ボーカルバンド。91年に解散し、95年に阪神・淡路大震災復興ライブのため4年ぶりに再集結。今年は20年ぶりに再結成し、8月に横浜アリーナでライブを行い話題となった。

 返り咲きは白組が18年ぶりの「X JAPAN」、19年ぶりの近藤真彦(51)、2年ぶりの「ゆず」、紅組が9年ぶりの今井美樹(52)、14年ぶりの島津亜矢(44)、2年ぶりの高橋真梨子(66)の6組。

 総合司会は黒柳徹子(82)と有働由美子アナウンサー(46)、紅組司会は綾瀬はるか(30)、白組司会はV6の井ノ原快彦(39)が務める。


「第66回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が26日、同局から発表された。紅白合わせて51組で、初出場は、レベッカ、ゲスの極み乙女。、大原櫻子、BUMP OF CHICKENら紅組5組、白組も5組の計10組。小林幸子が企画枠で4年ぶりに復帰。小林は「当日は新しい小林幸子、そしてパワーアップした小林幸子の世界を楽しんでいただきたい」と意気込み、放送90周年の節目の年に、ド派手ステージがどのように復活するのか、注目だ。放送は12月31日午後7時15分から。

【紅組】

E-girls(3)、いきものがかり(8)、石川さゆり(38)、今井美樹(2)、AKB48(8)、NMB48(3)、大原櫻子(初)、伍代夏子(22)、坂本冬美(27)、椎名林檎(3)、島津亜矢(2)、Superfly(初)、高橋真梨子(3)、天童よしみ(20)、AAA(6)、西野カナ(6)、乃木坂46(初)、Perfume(8)、藤あや子(21)、松田聖子(19)、水森かおり(13)、μ’s(初)、miwa(3)、レベッカ(初)、和田アキ子(39)

【白組】

嵐(7)、五木ひろし(45)、EXILE(11)、X JAPAN(6)、関ジャニ∞(4)、ゲスの極み乙女。(初)、郷ひろみ(28)、ゴールデンボンバー(4)、近藤真彦(10)、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE(4)、SMAP(23)、SEKAI NO OWARI(2)、Sexy Zone(3)、TOKIO(22)、徳永英明(10)、BUMP OF CHICKEN(初)、氷川きよし(16)、V6(2)、福山雅治(8)、星野源(初)、細川たかし(39)、三山ひろし(初)、美輪明宏(4)、森進一(48)、山内惠介(初)、ゆず(6)