風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

宮本エリアナさんがミス・ユニバース2015で第10位! ハプニングあるもフィリピン代表のピア・アロンゾ・ウォルツバックさんが優勝、2位はコロンビア代表、3位は米国代表

“世界一の美女”を決めるコンテスト「2015 ミス・ユニバース」の世界大会が米国・ラスベガスで20日(現地時間)に開催され、日本代表の宮本エリアナさんがトップ10位入りした。日本代表が上位にランクインするのは08年に美馬寛子さんがトップ15位入りして以来、7年ぶり。優勝フィリピン代表ピア・アロンゾ・ウォルツバック(Pia Alonzo Wurtzbach)さんだった。

 この日は、上位15人が発表された後、上位の10人、5人、3人が順に発表され、最後にグランプリが発表された。宮本エリアナさんは上位10人に選ばれたが、上位5人には選ばれなかった。2位はコロンビア代表、3位は米国代表だった。

ミス・ユニバースの世界大会が20日、米西部ラスベガスで開催され、日本からは長崎県出身で日本人の母とアフリカ系米国人の父を持つ宮本エリアナさん(21)が出場した。宮本エリアナさんは上位10人に残るなど健闘したが、上位5人には入らず入賞を逃した。

 フィリピン代表のピア・アロンゾ・ウォルツバックさん(Pia Alonzo Wurtzbach26)が優勝した。

 宮本エリアナさんは開会前に共同通信の取材に応じ、世界大会出場で「『JAPAN』のたすきを着けていると、不思議がられることはあるけど、応援してくれる人の方が多い」と語った。

 宮本エリアナさんは肌の色が違うと学校でいじめられた体験を踏まえ、差別や偏見をなくすよう訴えたいなどと述べ、「ベスト5まで選ばれたらうれしい」と話していた。日米から家族ら30人以上が応援に駆け付けたという。

 「ミス・ユニバース」は1952年に始まった世界で最も歴史あるコンテストで、80カ国を超える国々の代表が集まる。日本代表は、07年に森理世さんが世界大会で優勝したほか、06年に知花くららさんが世界大会で2位を獲得している。また06年に知花さんがナショナル・コスチューム審査の最優秀賞を受賞した。


■米西部ネバダ州ラスベガスで20日に開催されたミス・ユニバース世界大会で、司会者が2位のコロンビア代表を誤って優勝と発表し、王冠を乗せるハプニングがあった。


Full 2015 Miss Universe Crowning Fail (full ending)- Steve Harvey announces wrong winner

Miss Universe 2015 Crowning PHILIPPINES

ミス・ユニバース(Miss Universe)の世界大会が20日、米ラスベガス(Las Vegas)で開催され、フィリピン代表のピア・アロンソ・ウォルツバック(Pia Alonzo Wurtzbach)さんが優勝した。

 しかし、大会司会者のスティーブ・ハーベイ(Steve Harvey)氏が当初、番組進行指示のカードを読み間違え、優勝者をコロンビア代表のアリアドナ・グティエレス(Ariadna Gutierrez)さんと発表するハプニングが発生。戴冠したグティエレスさんは笑顔で手を振り、投げキスを披露したが、つかの間の夢に終わった。

 実際に優勝したのは、フィリピン代表で、女優・モデルのピア・アロンゾ・ウォルツバックさん(Pia Alonzo Wurtzbach26)。会場では、両代表らが突然の出来事に困惑する場面も見られた。


 ハーベイ氏は申し訳なさそうに「謝罪しなければなりません。第2位がコロンビアです」「ミス・ユニバース2015は、フィリピンです」と訂正発表し、棒立ちになるグティエレスさんの傍らで驚いた様子のウォルツバックさんにスポットライトが当たった。


 この様子はテレビで世界中に中継されていた。


司会者の持つ紙には、優勝はコロンビアと書かれていたようだ。

後に

第三位 USA

第二位  COLOMBIA

MISS UNIVERRSE 2015(第一位 優勝) PHILIPPINES  Pia Alonzo Wurtzbach

フィリピン代表のピア・アロンソ・ウォルツバック(Pia Alonzo Wurtzbach)! 


謎の「ミス・ユニバース2015」で何とも後味の悪い大会でした。

Pia Alonzo Wurtzbach ピア・アロンゾ・ウォルツバック

Born Pia Alonzo Wurtzbach
 September 24, 1989 (age 26 26歳)
Stuttgart, Baden-Württemberg, Germany

Hometown
Cagayan de Oro, Misamis Oriental, Philippines

Occupation 職業
Beauty queen, actress, model, host, TV personality, chef, beauty writer, stylist, makeup artist

女優 モデル 司会 スタイリスト メイキャップアーティスト

Height 身長173センチ
1.73 m (5 ft 8 in)

Measurements 

スリーサイズ
34 - 23 - 35

バスト86cm ウエスト58cm ヒップ89cm

Hair color
Brown

Eye color
Brown

Title(s)
Miss Universe 2015
Miss Universe Philippines 2015

Major
 competition(s)
Binibining Pilipinas 2013
 (1st runner-up)
Binibining Pilipinas 2014
 (Top 15)
Binibining Pilipinas 2015
 (Winner)
Miss Universe 2015
 (Winner)

 

 

 

★ミス・ユニバース(Miss Universe)は世界を代表するミス・コンテスト。

大会は世界各国の都市で開催され、世界80か国以上の代表が参加して世界一の栄冠を競い合う美の祭典となっている。また、ミス・ワールド、ミス・インターナショナル、ミス・アースと合わせて世界4大ミスコンテストとも呼ばれ、世界的に知名度の高いミス・コンテストの1つである。

 

宮本エリアナさんがミスユニ日本代表 米国人ハーフ「心は日本人」


 女優の萬田久子(56)らを輩出した「2015 ミス・ユニバース・ジャパン」の最終選考会が、都内で行われ、長崎県出身の宮本エリアナさん(20)が栄冠を手にした。

 宮本エリアナさんは米国人の父と日本人の母の間に生まれ、長崎・佐世保市で生まれ育った。中学を卒業後、米国在住の父のもとに留学。帰国後はバーテンダーとしてアルバイトをしていた。身長173センチ、B87・W60・H87センチのパーフェクトボディーだが、筋肉質のため、体重を15キロ落として選考会に臨んだ。

 「見た目は外国人だけど、生まれも育ちも長崎。心は日本人だと思います。ハーフの私が参加していいのか、と内心思っていましたが、自信はありました。狙って参加しました」と胸を張った。今後は日本代表としてミス・ユニバース世界大会(時期未定)に出場する。芸能活動にも興味があり「タレントさんになりたいです。(明石家)さんまさんに会いたい。一緒にご飯を食べに行きたいです。大好きなんです」と目を輝かせた。

 2位は大分県代表の臨時職員・猪子里奈さん(26)、3位は千葉県代表のモデル・土屋ひかるさん(23)、4位は愛知県代表のモデル・兼子真央さん(24)だった。

 


★ 宮本エリアナ
宮本エリアナさんは身長173センチ。
スリーサイズ=バスト87センチ、ウエスト60センチ、ヒップ87センチ。母親は日本人、父親がアメリカ人で長崎で生まれ育った。大型自動二輪免許保有、趣味はツーリング。書道5段。同コンテストの公式サイトのインタビューでは「地元長崎の中学校を卒業後、アメリカに留学しました。帰国後はモデルを中心に活動しています」といい、「かつおで出汁(だし)をとったおみそ汁が得意」と話している。

 

 「ミス・ユニバース」は1952年に始まった世界で最も歴史あるコンテストで、80カ国を超える国々の代表が集まる。日本代表を選出する「ミス・ユニバース・ジャパン」は、「世界一の美女」を目指す日本女性を選出してプロデュースし成長プロセスを追う美の祭典で、これまでに知花くららさん(06年)や森理世さん(07年)らが選出されている。

 ファイナリストは、2014年秋に全国47都道府県で開催された地方大会を勝ち抜いた各地区の代表で、17~26歳まで合計44人。2月26日からは2週間にわたり、トレーニング合宿「ビューティー・キャンプ」を行っていた。

 最終選考会では、オープニングのダンス審査で44人から16人に、水着審査でさらに5人に絞られたファイナリストたちがドレスやスピーチ審査などにのぞみ、15年の日本代表「ミス・ユニバース・ジャパン」が選ばれた。司会はモデルの押切もえさん、俳優の高橋克典さんが担当し、審査員はトータル・ワークアウト代表のケビン山崎さんらが務めた。


☆彡おまけの付録
ミス・ユニバースには過去日本から2人の優勝者が出ています。
1959年 児島 明子 
2007年 森理世

そしてTOP3として1953年には伊東 絹子が第3位に入賞、2006年7月に 「ミス・ユニバース2006世界大会(第55回大会)」で知花 くららが総合第2位。

 


児島 明子(こじま あきこ、1936年10月29日 - )は、日本のモデルである。1959年(昭和34年)に開催された第8回ミス・ユニバース世界大会で栄冠を獲得した。日本人・有色人種・アジア人として初めてのミス・ユニバース世界大会優勝者である。

人物・来歴
1936年(昭和11年)、高知県生まれ。良家の子女が集まることで有名な私立土佐女子高等学校を卒業。土佐女子高等学校在学中は水泳選手として活躍していた。ミス・ユニバース当時の身長は170cm、3サイズはバスト94cm–ウエスト58cm–ヒップ96cm。

ミス・ユニバース・ジャパン四国地区代表を経て、1959年(昭和34年)のミス・ユニバース日本代表(『ミス・ジャパン』)に選出され、同年7月にアメリカ・ロングビーチで開催された、第8回ミス・ユニバース世界大会に出場した。大会では、最終審査で、ブラジル、イングランド、USA、ノルウェーを抑えて優勝、第8代「ミス・ユニバース」の栄冠に輝く。

その後、俳優の宝田明との結婚。宝田との間に二人の女子を授かったが、後に離婚。子供は二人とも児島が引き取り、養育した。歌手の児島未散は長女にあたる。


森理世 - ミス・ユニバース2007優勝(児島以来48年ぶりの日本人の優勝者)
森 理世(もり りよ、1986年12月24日 - )は、静岡県静岡市出身の振付師、ダンサー、モデル、タレントである。身長174cm。血液型はA型。

●森理世のミス・ユニバース優勝は1959年の児島明子以来48年ぶり。日本人としては2人目の世界一となる。2006年の知花くららの2位に続き、2年連続での日本人の入賞となった。
2位はブラジル代表、3位はベネズエラ代表が選ばれた。着用していたイヴニングガウンは、GUCCIの07年春夏コレクションのもの。ナショナルコスチュームは、「義志」や「小萩」のデザイナーである緒方義志と、「HIROCOLEDGE」のデザイナーである高橋理子のデザインによるものだった。

公称サイズ(2014年時点)

身長 / 体重 174 cm / 54 kg

BMI 17.8

身長 / 体重 5′ 9″ / 119 lb


●森理世は2007年度ミス・ユニバース・ジャパン及びミス・ユニバース世界大会優勝者。

ニューヨークを拠点とした、プロジェクトサンシャイン、レッドリボン等のチャリティー活動に参加。2008年7月に帰国。2009年3月をもって所属していたIBGjapanを辞め、現在はS.D.B.B.所属。2009年4月、母と共に地元にダンススタジオ「I.R.M.アカデミー」を設立。 現在ダンスアカデミーのアーティスティックディレクターとしてダンス&ビューティーの指導をしている。

静岡市観光親善大使


伊東 絹子(いとう きぬこ、1932年6月29日 - )は、日本のファッションモデル、女優である。1953年(昭和28年)の『ミス・ユニバース・ジャパン』であり、同年アメリカ合衆国カリフォルニア州のロングビーチで開催された世界大会 『ミス・ユニバース』(第2回)に日本代表として出場、第3位に入賞した。


知花 くらら ちばな くらら
知花 くらら(ちばな くらら、1982年3月27日 - )は、日本のファッションモデル。沖縄県那覇市出身。テンカラット所属。

プロフィール

生年月日 1982年3月27日

出身地 日本・沖縄県

血液型 A型

公称サイズ(2006年時点)


身長 / 体重 173 cm / ― kg

スリーサイズ バスト90cm - ウエスト60cm - ヒップ90 cm

股下 / 身長比 88 cm / 50.9 %


●略歴
沖縄県立開邦高等学校卒業。
2001年4月 - 上智大学文学部教育学科入学。
2006年3月 - 同大学を卒業。
2006年4月25日 - 「ミス・ユニバース・ジャパン」に選出される。
2006年7月 - 「ミス・ユニバース2006世界大会(第55回大会)」総合第2位。
2007年 - WFP(国際連合世界食糧計画)オフィシャルサポーターに就任。
2008年1月 - 小学館ファッション雑誌『Domani』表紙専属モデルに就任。
2009年4月 - 栄養学を学ぶため都内の女子短期大学に入学。現在は退学している。
2010年1月 - 所属事務所をIBG Japanからテンカラットへ移籍。
2013年12月 - WFP(国際連合世界食糧計画)日本大使に就任。
2015年7月 - 第10回ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の特別賞を受賞。
2015年12月 - NHK大河ドラマ『花燃ゆ』最終回にて津田梅子役を演じて女優としてデビュー。

●親善大使、サポーター、イメージキャラクターなど
2007年1月 - WFP(国際世界食糧計画): WFPオフィシャルサポーター
2007年4月 - トランスコスモス: 契約社員&派遣社員向けの仕事情報サイト「Work it!」イメージキャラクター
2008年3月 - 成田空港: 30周年記念イメージキャラクター
2008年4月 - 地球サポーター: イメージキャラクター
2009年1月 - レクサス: レクサス大使
2010年4月 - フランス観光開発機構: 2010年度フランス広報大使
2010年6月 - 免税店チェーンDFS: 特別大使
2011年 - カネカ:企業イメージキャラクター
2013年12月 - WFP(国際連合世界食糧計画): 日本大使
2014年7月 - 帝京大学メディアライブラリーセンター(MELIC)『共読ライブラリープロジェクト』College MONDOゲスト