読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬、風に吹かれて無常の世を漂い、旅する愛しき日々

日々のニュースや出来事・記念日・季節祭事・催事・時事・情報・気づき、等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

2016年1月2日に仙台市で行われた仙台初売りは、ほぼ昨年並みの人出 仙台商人の心意気とおもてなし

2016年1月2日に仙台市の中心商店街などで行われた仙台初売りは、ほぼ昨年並みの人出となった。消費税増税後の消費低迷に苦しんだ店側は消費を刺激しようと、初企画の商品を用意するなどあの手この手で工夫を凝らした。開店前から買い物客が列を成す光景が例年通り見られ、関係者は本格的な景気回復に期待を寄せた。

先月開業した市地下鉄東西線の沿線では人の流れが変化し、開業の恩恵を受けた店舗もあった。消費動向の明るい兆しに、関係者は「この流れが続いてほしい」と願った。


 仙台三越(青葉区)は昨年より多い約1万1000人が午前8時の開店を待った。宮城野区に昨年オープンした仙台うみの杜水族館での宿泊(2万5920円、5組)といった体験型福袋が好評だった。

 大型店などで初売りを楽しむ外国人観光客もおり、仙台三越では、昨年1件だった外国人対象の免税手続きが10件を超えた。

 仙台三越(青葉区)が、目玉商品として1組(5人)限定で販売した「ママ友会豪華リムジン福袋」(2万1600円)には約60件の申し込みがあった。「体験型の商品コンセプトが受けた」と担当者。同店の初日の来店者数と売上高はほぼ昨年並みを確保した。


 藤崎(青葉区)は午前8時の開店を15分早め、並んだ約1万人に対応した。本館と東西線青葉通一番町駅がつながったこともあり、2日の来館者は昨年より約5%増えた。婦人服売り場の担当者は「福袋は1万~2万円の売れ行きが良い」と効果を実感した。

 百貨店の藤崎(青葉区)は、エメラルドをダイヤで飾った1個限定の指輪(2015万円)を販売し、午前中で買い手が付いた。2億150万~1650万円で売り出した「夢の住宅福袋」(計7棟)にも数件の申し込みがあったという。

 数十万円する宝飾品は駆け込み需要のあった昨年より落ち込んだものの、手ごろな1万円以下の福袋が好調。小野寺宣克常務は「初日の売り上げとしては過去最高だった昨年に近い」とほっとした表情をみせた。


 豪華景品付きのお茶箱が有名なお茶の井ケ田一番町本店。午前7時の開店前に約300人が並んだ。

豪華な景品入り茶箱で知られるお茶の井ケ田一番町本店(青葉区)。
老舗のお茶の店の前には、開店の午前7時までにおよそ300人が列を作りました。「仙台初売り」は商人の心意気を示そうと江戸時代から始まったといわれ、多くの景品が付くのが特徴です。このお茶の店は5000円以上の買い物をした先着100人に、電気ポットやお茶、菓子などの景品が入った茶箱が贈られます。

一番乗りは愛知県蒲郡市からのお客さんさんだった。「茶箱が欲しくて初めて来た。思ったよりたくさん景品が入っていた」と笑みを浮かべた。これまでの初売りで最も早い3日前(去年12月30日)の午前9時から並んでいたということです。男性は「1番だったので縁起がよい1年になると思います」と話していました。

 お茶の井ケ田は「バブル経済以降、ようやく回復基調になってきた。この景気が東日本大震災の沿岸被災地まで伝われば」と語った。

 円安などで物価が上がる中、消費者の節約志向もうかがえた。青葉区の会社員さん(21)は「人気ブランドの福袋を目指して朝から並んだ。予算は2万~3万円くらい。衝動買いする余裕はなかった」と話した。

 ヨドバシカメラマルチメディア仙台(宮城野区)は、近くに東西線宮城野通駅ができた。店舗企画担当は「JR仙台駅より、宮城野通駅からの来店が目立った」と振り返った。

 大塚家具の仙台ショールーム(青葉区)は、創業者の父と経営権を争った大塚久美子社長が来店客を迎えた。自身プロデュースの仙台限定商品も登場。大塚社長は「熱気がすごい。伝統を実感した」と話した。


 仙台商工会議所の鎌田宏会頭は「増税後初の初売りで高額商品は伸び悩んだが、天候にも恵まれて例年通りの活気ある初売りとなった」と話した。

 

※私は1月4日に市内の某電気屋に手になじむマウスを買うつもりで行きました。

入り口ではかわいい女の子が福引を勧めてくれました。

「いくら以上買うといいの」と聞くと「いいえ縁起ものですから無料なんです」。

しからばと思いくじを引きました。

 

すると女の子が「おめでとうございます。ボックステッシュが当たりました。」と言って大箱のボックステッシュをくれました。

 

やったね。ラッキーチャチャチャ~。

 

よく観察してみていると買う前に空くじなしで何かしらお客様に差し上げているようでした。

本当は来店客にくじという形で粗品として差し上げているようでした。せっかく店に足を運んでくれたのだからお礼にということでしょうね。

 

初売りも終わった1月4日でもサービス精神は旺盛なのです。

 

マウスの方は手になじむものがなく手ぶらで帰宅しました。

仙台初売りの良さは来店すると何かただでくれることです。

ソバ屋では湯呑、本屋さんでは干支のキーホルダーなど毎年楽しみです。

仙台商人の心意気とおもてなしですね。