読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

2月22日のあの時・あの人 高濱虚子と都はるみとドリュー・バリモアの誕生日

2月22日のあの時・あの人
☆彡2月22日の歴史
1585年 天正遣欧少年使節がローマ教皇グレゴリウス13世に公式謁見
1632年 ガリレオ・ガリレイが地動説の解説書『天文対話』を刊行。
1875年 民事裁判の傍聴を許可。
1905年 日本海の竹島が島根県に編入される。
1912年 「未成年者飲酒取締法」公布。
1950年 牛乳・バターなど乳製品の価格統制を廃止。
1965年 北海道の北炭夕張炭鉱でガス爆発。死者61人。
1989年 佐賀・吉野ヶ里遺蹟で弥生時代後期の国内最大規模の環濠集落を発見。
2009年 『おくりびと』がアカデミー外国語映画賞を受賞。日本映画では54年ぶり。

☆彡2月22日の誕生日
1864年 ジュール・ルナール (仏:小説家,劇作家『にんじん』)Jules Renard[1910年5月22日歿]
1874年 高濱虚子[たかはま・きょし] (俳人,小説家)1954年文化勲章[1959年4月8日歿]
1884年 三浦環[みうら・たまき] (オペラ歌手(ソプラノ))[1946年5月26日歿]
1894年 杵屋栄左衛門[きねや・えいざえもん] (長唄三味線方)1978年人間国宝[1982年1月12日歿]
1900年 ルイス・ブニュエル (スペイン:映画監督『アンダルシアの犬』)Luis Buñuel
[1983年7月29日歿]
1907年 ロバート・ヤング (米:俳優)Robert Young[1998年7月21日歿]
1914年 レナート・ドゥルベッコ(リナート・ダルベッコ) (伊:ウイルス学者)Renato Dulbecco1975年ノーベル生理学医学賞
1920年 ジュリエッタ・マシーナ (伊:女優,フェデリコ・フェリーニ(映画監督)の妻)
Giulietta Masina[1994年3月23日歿]
1932年 谷啓[たに・けい] (俳優,タレント,ミュージシャン(クレージー・キャッツ/トロンボーン))[2010年9月11日歿]
1935年 大藪春彦[おおやぶ・はるひこ] (小説家『蘇える金狼』『野獣死すべし』)
[1996年2月26日歿]
1936年 J.マイケル・ビショップ (米:医学者,ウイルス学者,癌遺伝子の研究)John Michael Bishop1989年ノーベル生理学医学賞
1939年 山下敬二郎[やました・けいじろう] (歌手,「ロカビリー三人男」の一人)
[2011年1月5日歿]
1942年 加納典明[かのう・てんめい] (写真家)
1944年 ジョナサン・デミ (米:映画監督『羊たちの沈黙』)Jonathan Demme
1948年 都はるみ[みやこ・はるみ] (演歌歌手)


都はるみ ラストコンサート 1/3


1952年 イッセー尾形[いっせーおがた] (俳優)
1959年 カイル・マクラクラン (米:俳優『ツイン・ピークス』)Kyle MacLachlan
1961年 四禮正明[しれい・まさあき] (俳優)
1969年 トーマス・ジェーン (米:俳優)Thomas Jane
1971年 小桜エツ子[こざくら・えつこ] (声優)
1972年 菊池健一郎[きくち・けんいちろう] (俳優)
1975年 ドリュー・バリモア (米:女優)Drew Barrymore


チャーリーズエンジェルop,ed


☆彡2月22日の忌日
622年 聖徳太子(厩戸豐耳皇子)[しょうとくたいし] (皇族,推古天皇の摂政,用明天皇の子) <数え49歳>621/02/05説あり[574年1月1日生]
1239年 後鳥羽天皇(尊成親王,隱岐院,顯徳院)[ごとばてんのう(たかひらしんのう)] (天皇(82代),土御門・順徳・仲恭天皇の上皇) <数え60歳>[1180年7月14日生]
1875年 ジャン=バティスト・カミーユ・コロー (仏:画家) <78歳>Jean-Baptiste Camille Corot[1796年7月17日生]
1967年 柳原白蓮[やなぎはら・びゃくれん] (歌人) <81歳>[1885年10月15日生]
1976年 家城巳代治[いえき・みよじ] (映画監督) <64歳>[1911年9月10日生]
1985年 米山正夫[よねやま・まさお] (作曲家『森の水車』『リンゴ追分』) <72歳>
[1912年10月3日生]
1987年 アンディ・ウォーホル (米:美術家,映画製作者) <58歳>Andy Warhol[1928年8月6日生]
2005年 イ・ウンジュ (韓国:女優) <24歳>自殺[1980年11月16日生]
2005年 シモーヌ・シモン (仏:女優) <94歳>Simone Simon[1910年4月23日生]
2013年 光本幸子[みつもと・さちこ] (女優) <69歳>[1943年8月25日生]

 

★高浜 虚子
高浜 虚子(たかはま きょし、旧字体:高濱 虛子、1874年(明治7年)2月22日 - 1959年(昭和34年)4月8日)は明治・昭和期の俳人・小説家。本名は高浜 清(たかはま きよし、旧字体:高濱 淸)。

ホトトギスの理念となる「客観写生」「花鳥諷詠」を提唱したことでも知られる。

俳人,小説家。本名清。松山生れ。二高中退。河東碧梧桐とともに正岡子規に従って句作,柳原極堂から俳誌《ホトトギス》を継承してその発展を実現した。1907年ころ小説や写生文を書いて一時俳壇を離れたが,のち復帰し,河東碧梧桐らの新傾向俳句を批判,〈客観写生〉〈花鳥諷詠(ふうえい)〉を説いて,俳句の伝統擁護に努めた。(1874-1959)

死没 1959年4月8日(満85歳没)
 

職業 俳人・小説家

国籍 日本

ジャンル 俳句・小説

文学活動 ホトトギス派

代表作『虚子句集』

主な受賞歴 文化勲章

配偶者 高浜いと(1897年 - 1959年)

子供
2男6女 高浜年尾(長男)星野立子(次女)池内友次郎(次男)高木晴子(五女)上野章子(六女)

代表作]
・遠山に日の当たりたる枯野かな
・春風や闘志抱きて丘に立つ
(はるかぜではなくしゅんぷうと読むのが適切である)。
解説は当ブログを参照されたし。
http://kihaseason2015.hatenablog.com/entries/2015/03/16

・去年今年貫く棒の如きもの
・波音の由井ガ濱より初電車
・吾も亦紅なりとひそやかに

虚子の作品は2009年12月31日に著作権が消滅し、2010年1月1日よりパブリックドメインに入った。

★都はるみ
都 はるみ(みやこ はるみ、1948年(昭和23年)2月22日 - )は、日本の女性演歌歌手。本名・北村 春美(きたむら はるみ)。京都市生まれ。レコード会社は日本コロムビアに所属。所属事務所は「コロムビア音楽芸能」、「サンミュージックプロダクション」、「プロデュースハウス都」を経て再びサンミュージックに所属。


都 はるみ
出生名李 春美(1948年 - 1966年) 北村 春美(1966年 - )

別名ミヤコ

出生 1948年2月22日(67歳)

出身地 日本・京都府京都市

学歴 洛陽女子高等学校

ジャンル 演歌

職業 演歌歌手、音楽プロデューサー

担当楽器 歌

活動期間
1964年 - 1984年
1990年-

レーベル 日本コロムビア

事務所
コロムビア音楽芸能
サンミュージック
プロデュースハウス都

略歴

京都市出身。芸能好きの母親が、はるみが5歳の時から日本舞踊とバレエを習わせ、6歳の6月6日から母親自ら浪曲と民謡を教え始める。洛陽女子高等学校の当時の学校長の話によればいきなり「歌手になります!」と言って中退したそうである。当時似たような若者は多く、そのうちの一人としか思っていなかったが大成功した。在学当時から歌ばかり歌っていて成績はかんばしくなかったと言われている。

1964年、「困るのことヨ」で、デビュー。同年「アンコ椿は恋の花」がミリオンセラーになる大ヒット、第6回日本レコード大賞・新人賞を獲得する。「はるみ節」と呼ばれる、うなり声のような力強いこぶし回しや、波打つような深いビブラートが独特で、昭和40年代〜50年代にかけて数多くのヒット曲を生み、名実ともに日本を代表する女性演歌歌手となった。

1973年、「サンミュージックプロダクション」に移籍。

1976年、「北の宿から」で第18回日本レコード大賞・FNS歌謡祭最優秀グランプリなど数々の音楽大賞を受賞する。1980年、「大阪しぐれ」で第22回日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞。なお、当時の日本レコード大賞で大賞・新人賞(現・最優秀新人賞)・最優秀歌唱賞の三冠を達成したのは、都が初の快挙だった(その後細川たかし・北島三郎・氷川きよし・近藤真彦も日本レコード大賞・三賞全てを獲得)。

1984年3月、人気・実力ともに絶頂だった36歳において「普通のおばさんになりたい」と突然の歌手引退を宣言。この年の『第35回NHK紅白歌合戦』出場を最後に一旦引退。

1987年、音楽プロデューサーとして活動再開。新人女性演歌歌手大和さくら、キム・ヨンジャのプロデュースを担当する。1989年、『サンデープロジェクト』(テレビ朝日)に「普通のおばさん代表」として登場。コメンテーターおよびスポーツコーナーのレポーターを務めるが、この頃同年6月に52歳で亡くなった美空ひばりの訃報に触れ、印象的なコメントを番組内で発表。これを機に歌手復帰を決心する。またこの年の『第40回NHK紅白歌合戦』に出場し、「アンコ椿は恋の花」を歌唱。引退後、丸5年ぶりのステージだったが、以前と変わらぬ歌声を披露し、復帰の声が一層高まる。翌1990年、歌手活動の完全復帰を発表。従来の演歌にとらわれない幅広い作品も歌うようになる。

2008年、デビュー45年目を迎え、「3大劇場座長公演」を行った。個人事務所の社長で長年私生活でもパートナーであった中村一好が死去。2009年、個人事務所の「プロデュースハウス都」から、古巣の「サンミュージックプロダクション」へ復帰した。

2005年、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。2010年、紫綬褒章を受章。

2015年11月24日、東京国際フォーラムでの全国ツアー最終日に、翌2016年の1年間単独コンサート活動を休止することを発表 

 

★ドリュー・バリモア (米:女優)Drew Barrymore

Drew Barrymore measurements
Body shape: Apple (explanation)
Dress size: 6
Breasts-Waist-Hips: 37-27-35 inches (94-69-89 cm)
Shoe/Feet: 7
Bra size: 34C
Cup: B
Height: 5’4″ (163 cm)
Weight: 125 lbs (57 kg)
Natural breasts or implants? Natural