読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

歯医者に弱いボク、今日の治療は快適、ルンルン! 「麻酔にイチゴ味もレモン味もありません」

2016年2月23日、「今日はどんな日」は風邪気味の為「休校」です。

 

今日は親知らず抜歯後の治療のために口腔外科へ行きました。

待合室は毎日、大入り満員でいっぱいです。僕はとても歯医者に弱く、待合室にいると途中で帰りたくなるのでした。恥ずかしながら、精神状態は小学生と変わりありません。

病院着は10時45分。11時の予約でしたが11時50分に名前を呼ばれ、治療開始。

退院直後の傷口治療はいきなり歯茎からカーゼを取り出され、「イテェ~」のサインを出しました。涙目~。

案の定ガーゼには血が付いていました。傷口ですから当然ですよね。

 

前回&前々回は麻酔スプレーをしてもらい、治療してもらったので、痛みは軽減しました。

でもね♪~苦~くて、嫌な臭いがしました。

その日、帰り際に、看護婦さんに言いました。

(私は女性は看護婦さん、男性は看護師さんと呼んでいます。)

「看護婦さん、麻酔でイチゴ味はないのでしょうか? とても苦いんですけど~」。

「すみません。イチゴ味もレモン味もないんですよ。もうすぐ痛くなくなりますから頑張ってくださいね」と「クスッ」と笑われました。

「先生にはお伝えしておきます」。数日後。

そして今日です。

先生は静かにカーゼーを取り出そうとしましたが表情でわかるのでしょうか

「先に麻酔しますね」。

いつもの麻酔スプレーをしてもらいました。

「今日は舌の横にガーゼを入れますね」。と言ってガーゼを舌と歯茎の間に入れてくれました。

するとなんということでしょう、嫌な味は全くしません。

痛みもなく、快適な歯の治療。(ガーゼを取り換え薬を傷口に投入)。

ルンルン気分です。

今日はドクターにお礼を言いました。

「今日は、最高~に、痛くありませんでした」。

ドクター曰く「良かったですね。次ぐらいからはもう痛みはないかもしれませんよ」。

「うれし~い」

看護婦さんはちゃんと私が痛がりだということを、先生に連絡してくれたようです。

 

僕は思わず看護婦さんにピースサイン、天使の看護婦さんはにっこり、ウィンクでした。

 

なんでもダメもとで言ってみるものですね。

 

歯医者恐怖症の「ぼくちゃんの日記」より