読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬、風に吹かれて無常の世を漂い、旅する愛しき日々

日々のニュースや出来事・記念日・季節祭事・催事・時事・情報・気づき、等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

ダイエー仙台店を引き継ぐイオン仙台店が3月12日にオープン 「諸行無常の響きあり」

お知らせ・情報 ニュース・話題  政治・経済・社会 生活 社会

仙台市青葉区中心部で8日に閉店したダイエー仙台店を引き継ぐイオン仙台店が12日、本格的に営業を始めた。
約40年にわたり地域に親しまれ、8日に閉店した「ダイエー仙台店」を衣替えしたもので、午前9時の開店前には約150人の行列ができた。地場野菜や地魚、学習用品などの品ぞろえをより充実させていくという。

イオンの総合スーパーは東北42店目、県内11店目で、仙台の中心商店街に出店するのは初めて。

 地上8階、地下2階に食品、衣料品、化粧品、生活雑貨などの売り場を設けた。4月下旬をめどに、地元食材の品ぞろえを充実させ、住まい関連や子ども向け商品の販売を強化する。
 開店セレモニーで、イオンリテールの東北カンパニー(仙台市)の家坂有朋支社長は「東日本大震災2日後に営業を再開し、市民生活を守った重要な店。イオン仙台店として、地域の皆さんに愛されるように頑張りたい」と抱負を語った。

 午前9時の開店を待ち、200人を超える買い物客が列をつくった。クリスロード商店街振興組合の山崎浩之理事長は「魅力を増して開店することに期待を持っている。商店街とともに歩み、新しい一ページを開いてほしい」と歓迎した。

 


イオンリテール(千葉市)の家坂有朋・取締役専務執行役員(東北カンパニー支社長)が「『お客さまのために』という気持ちを肝に銘じ、多くの方に愛されるイオンにしたい」とあいさつ。

 衣替えはイオンがダイエーを完全子会社化したことに伴うもの。ダイエー時代と同じく、読売仙台ビルと新伝馬町中央通りビルに入居し、地上8階・地下2階の約1万3000平方メートルで営業する。午前9時~午後9時(1階~地下2階は午後10時まで)。

■約40年にわたり地域に親しまれてきた仙台市青葉区の「ダイエー仙台店」が3月8日、営業を終了した。イオンがダイエーを完全子会社化したことに伴うもので、12日には「イオン仙台店」に衣替えして本格オープンする。

 ダイエー仙台店は1975年9月に開店した。地上8階・地下2階建てで、直営の売り場面積は約1万3000平方メートルに及ぶ。

 最終営業日となった8日には、店名変更を知らせるポスターの前などで記念写真を撮る来店客の姿もあった。

「東日本大震災では食料を求めて、(約700メートル先の)勾当台公園まで行列ができ、地域の人々に貢献した。

 9、10の両日はレジなどのシステムを入れ替えるため休業し、11日は午前9時に開店。12日朝に記念式典を開き、正式オープンする。

 

ダイエーはかって1972年8月には 三越を抜き、小売業売上高日本一を達成し、常に小売業界の雄であり、リーダーであった。

本日は諸行無常を感じる日となった。

 


★ダイエー仙台店
開業日
1975年(昭和50年)9月9日(ダイエー仙台店)

年表
1975年(昭和50年) 7月、読売仙台ビルディングが竣工。
9月9日、ダイエー仙台店(仙台ショッパーズプラザ)開業。

1989年(平成元年)7月1日、2800㎡増床。
1992年(平成4年)、2月期に約200億円で売上高最高を記録。
2001年(平成13年)、リニューアル工事を実施
2011年(平成23年) 2月27日、全面改装のため、同日より4日間営業休止。
3月3日、リニューアルオープン。
3月11日、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で被災し、以降営業休止。
3月13日、営業再開。

2016年(平成28年) 3月1日、同店の営業権をイオンリテールに継承。ダイエー仙台店で営業継続。
3月8日 - ダイエー仙台店の営業終了。これで東北地方からダイエー店舗は完全になくなった[9]。
3月11日 - イオン仙台店としてプレオープン。
3月12日 - イオン仙台店グランドオープン。

 


★イオン仙台店(イオンせんだいてん)は、宮城県仙台市青葉区中央二丁目にある「読売仙台ビル・新伝馬町中央通りビル[1]」に入居する、イオンリテール株式会社が運営する大型商業施設(ショッピングセンター)である。ダイエー時代の店番号は0285。

●フロア構成
階フロア概要


8F催事・専門店のフロア

7F専門店のフロア

6F家庭用品のフロア

5Fメンズのフロア

4Fチャイルド・レディスインナーのフロア

3Fレディスのフロア

2Fレディスのフロア

1Fファッション&アクセサリー、医薬品のフロア

B1F花・家庭用消耗品・サイクル・ファーストフードのフロア

B2F食品のフロア


★株式会社ダイエー
株式会社ダイエー(英語: The Daiei, Inc.)は、関東・近畿地方でスーパーマーケットを展開している企業。元は全国チェーンの一大企業であったが、業績不振により、イオンによる株式公開買付けを経て、2015年1月1日より、イオングループの一員(完全子会社)となる。

本店は神戸市中央区、本社は東京都江東区。


設立1957年4月10日
1957年 4月10日 - 創業者・中内功が資本金400万円で「大栄薬品工業株式会社」を神戸市長田区片山町5-5に設立。
9月23日 - 1号店「主婦の店・大栄(ダイエー)薬局店」が千林駅前の千林商店街(大阪市旭区千林町)に開店


資本金565億円

店舗数182店舗(2016年3月1日現在)

主な事業所

<本 社>
〒135-0016 東京都江東区東陽2丁目2番20号
TEL:(03)6388-7100(代表)

<本 店>
〒650-0046 神戸市中央区港島中町4丁目1番1

■歴史

1957年 4月10日 創業
1972年 8月 - 三越を抜き、小売業売上高日本一を達成。

1980年 2月16日 - 売上高が業界初の1兆円を突破。

1988年 11月1日 - 福岡ダイエーホークス (FDH) が発足。当初の本拠地は1978年までライオンズの本拠地だった平和台球場。

1990年 9月26日 - 消費者志向優良企業として通産大臣表彰を受ける。

1994年 4月12日 - 地球環境大賞の環境庁長官賞を受賞。

1996年 1月1日 - ダイエー339店舗で元旦も営業。

2001年 1月30日 - 中内功がグループの職を全て辞任し、ダイエーからリクルートに移籍していた高木邦夫新社長の下で新体制が発足。

2005年 9月19日 - 創業者の中内功が死去。

2015年1月1日より、イオングループの一員(完全子会社)となる。

 

※おまけの付録 

ダーウィン曰く

「世の中で強いものが生き残るのではなく、環境に適応できたもののみが生き残るのである」。