風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

5月は紫外線がピーク、イケメン男子と言えども、うっかり日焼けにご用心♪~

5/24~5/28迄、恒例の京都・奈良に観光旅行に出かけました。みちのくから出かけた時は少し肌寒く、7分袖でした。

仙台空港から関空へ。

仙台は20℃だったというのに、関西到着時、気温は29℃~33℃、あつ~~~ぃ。天気予報では急に気温が上昇したとか。


京都駅で荷物をコインロッカーに預けようとしたところなんと5/27まで「伊勢志摩サミット」の為に使用禁止の張り紙あり。ここまで警備するのか~。まいったなぁ。

 

待てよ昔、荷物一時預かり所が地下にあったような気がしたけど。

早速、京都駅正面のエスカレーターで降りた。京都の香りがさりげなく鼻をくすぐります。

あった、あった、京都駅地下改札口の右手に荷物一時預かり所があった。即、

料金420円を払ってキャリーバッグ1個を預ける。残るはリュック一つで気楽で軽快な旅です。ルンルン。

ふと見ると外人さん夫婦がコインロッカーで首をかしげていました。同じ悩める観光客です。

コインロッカーは使えないので地下の荷物一時預かり所へ行くよう英語でご案内。

私は人助け大好き人間なのです。感謝されて、国際親善協力も終了。

 

さて、軽装で「半袖Tシャツに半ズボン」サファリルック、これにて準備万端。

 

早速、出発進行~~。


気合を入れていくぞー。

 

今日の予定は
京都駅発
➡永観堂➡南禅寺➡青蓮院門跡➡知恩院➡円山公園➡八坂神社➡花見小路➡建仁寺➡八坂の塔(法観寺)➡二年坂➡産寧坂➡清水寺➡京都駅着という大定番コースです。


京都駅から永観堂までは市バスを使いました。(例年は最初に銀閣寺まで行き、哲学の道を散歩して永観堂まで行きます。当日は暑かった為永観堂スタートコースに変更しました。)

永観堂➡南禅寺➡青蓮院門跡➡知恩院➡円山公園➡八坂神社➡花見小路➡建仁寺➡八坂の塔(法観寺)➡二年坂➡産寧坂➡清水寺までのコースはいつもの通り、徒歩で回りました。

最期の清水寺➡京都駅の間はバスがいつも混雑するし、ぎゅう、ぎゅう寿司詰め状態になるため、バテバテ状態もあって、タクシーを使いました。

いつもなら、てくてく歩いて楽勝コースなのですがこの日(激変の真夏日で体調不良)ばかりはへとへと状態でホテルへご帰還でした。年のせいかもね。


さて翌日、何かしら、体がひりひりするのです。

ギャ~~~~。

両腕が真っ赤に日焼けしています。私は真っ赤なリンゴです♪~。

そして赤鼻のトナカイさん。真っ赤なお鼻の♪~。

おまけに首周りもぐるり、一周見事に日焼けです。ツキノワグマに首ったけ状態です。

「憧れのハワイ航路♪~」から戻ったみたいです。海に行った訳でもないのに。海は広いな大きいな♪~

7-8月の夏でもないのにもないのに。どうしてぇ~、SOS~♪~!


後でよくよく調べてみると一年の中でも5月は紫外線がピーク時期でうっかり日焼けの時期なのだそうです。

私の綺麗なお肌がピリピリ、ひりひりになっていたことは言うまでもありません。

「日焼けって女性のものだろ。」、「男は紫外線を浴びても大丈夫。肌が強いからね。」なんていきがっていました。

でもね♪~私は色白イケメンで、皮膚はデリケートな柔肌の持ち主なのでした。

うかつにも日焼け対策不足だったのです。いつまでも若いと思っていたのでした。

 

そこで肌ケアの方法を色々検討した結果「SEA BREEZE」がよさそうなので

「SEA BREEZE」を薬局へ買いに行きました。

「SEA BREEZE」を使ってみると、冷たくて気持ちいい~。

火照った皮膚をクールダウン。肌はサラサラ、清涼感で癒されます。

そして少しづつ良くなりましたが、今もなお治療中です。

「俺は小麦色したイケメンなのだ」なんて言ってる場合ではなかったのでした。

次の日からは7分袖でヒリヒリ観光旅行となりました。トホホホホ。

 

★教訓

①5月は「紫外線がピーク」だと自覚し、日焼け対策をして出かけましょう。
・日焼け止めクリーム等を正しく塗ること。

・皮膚に 到達する紫外線を減らすための衣服・サングラス等を着用。男性は帽子をかぶり、薄地の長袖シャツが正解。

②肌には水分補給、保湿、&食事でビタミンCや栄養(ブロッコリー、カリフラワー、イチゴ、赤ピーマン)等を十分に取りましょう。

③京都観光は「陽の当たる坂道」が多いため、足腰を十分鍛えておきましょう。

 

 

スポンサーリンク