風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

7月17日は喜びの日、東京の日、漫画の日、国際司法の日、理学療法の日、セントラル浄水器の日、あじさい忌、等の日

2016年7月17日は何の日?

7月17日は喜びの日、東京の日、漫画の日、国際司法の日、理学療法の日、セントラル浄水器の日、あじさい忌、等の日です。


●『喜びの日』 :
喜寿の日として、栃木県さくら市にある国道293号の道の駅「道の駅きつれがわ」が制定。


●『東京の日』 :
1868(慶応4)年のこの日に「明治天皇」の「詔勅(天皇の発する公式文書)」により「江戸」が「東京」と改称された記念日です。

※明治維新を迎えた江戸は、京都に対する東の都として、東京と改名されました。

しかし、この名に意義を唱えた江戸の人達は、「京」の字に横棒を書き加え、自ら「東亰(とうけい)」と呼び、「東亰」の字は明治の初頭にかけて使われましたが、いつしか霧のように消え果てました。

せめて「江戸っ子」気質を伝える行事・祭典で、このお洒落な呼び名「東亰(とうけい)」を是非復活・伝承して頂きたいものです。

●『漫画の日』 :
1841(天保12)年に、イギリスの絵入り諷刺週刊誌『パンチ・ロンドン・シャリヴァリ(通称「パンチ」)』が発刊された記念日です。

この雑誌は、1992(平成4)年に財政難の為終刊になる迄、151年間発行され続けました。

日本でも、1862(文久2)年に日本語版の『ジャパン・パンチ』が刊行され、「ポンチ絵」という言葉が生まれました。

この日とは別に◎11月3日と、手塚治虫の命日である◎2月9日も「漫画の日」となっています。

●『国際司法の日(World Day for International Justice)』 :
1998(平成10)年のこの日「国際刑事裁判所(The International Criminal Court)」の設立に関する「国際連合全権外交使節会議」に於いて「国際刑事裁判所ローマ規程」が採択された記念日です。

●『理学療法の日』 :
1966(昭和41)年のこの日、110名の理学療法士により「日本理学療法士協会」が結成された事を記念して同会が制定。

※理学療法とは、身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図る為、治療体操その他の運動を行わせながら、電気療法、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加える治療です。

理学療法の中には、大きく分けて、運動療法と物理療法、動作訓練があり、能力障害が残ったときには、基本的動作や日常生活活動を改善する為の指導と、社会生活を送る上で不利な要素を少なくする為の福祉用具の選定や住宅改修・環境調整、在宅ケア等も含まれます。

近年では、生活習慣病の予防、コントロール、障害予防も理学療法の対象になってきています。


●『セントラル浄水器の日」:株式会社アクアス総研が制定
群馬県桐生市に本社を置く株式会社アクアス総研が制定。同社は1990年に家中の水道水をまるごと浄水するセントラル浄水器を開発。セントラル浄水器のパイオニアとしてその良さをより多くの人に知ってもらうことが目的。日付は同社の設立日である1990年7月17日から。

※『あじさい忌』 :
「嵐を呼ぶ男」、「錆びたナイフ」、「太平洋ひとりぼっち」、「黒部の太陽」等に主演した大俳優「石原裕次郎」の1987(昭和62)年の忌日です。

石原裕次郎が生前「あじさいの花」が好きだった事から「あじさい忌」と呼ばれる様になりました。

★石原 裕次郎(いしはら ゆうじろう、1934年(昭和9年)12月28日 - 1987年(昭和62年)7月17日)は、日本を代表する俳優、声優、歌手であり、司会者やモデルといったマルチタレント。
実業家・ヨットマンとしても活動していた。身長178cm、血液型はA型。愛称はタフガイ・裕ちゃん・ボス・ユージロー。石原軍団総帥、石原プロモーション元代表取締役社長(初代)兼会長。

・主な作品
映画
『太陽の季節』
『狂った果実』
『嵐を呼ぶ男』
テレビ
『太陽にほえろ!』
『大都会』シリーズ
『西部警察』シリーズ

受賞 ブルーリボン賞(新人賞:1957年)(企画賞:1964年)

配偶者 石原まき子(北原三枝)

著名な家族
父:石原潔
母:石原光子
兄:石原慎太郎


☆彡毎月第3日曜日は、

●『家庭の日(青森県)』 :
青森県では、平成11年9月1日に「青森県家庭の日及びノー行事デーを定める要綱」を制定し、毎月第3日曜日を「家庭の日」としています。

家庭が青少年の健全な育成を図る上で大切な役割を担っている事から、家庭づくりについて家庭内で考え、話し合い、楽しみ合い、協力し合う日としています。

●『馬に親しむ日』 :
「競走馬総合研究所」では、馬とふれあい、馬を身近に感じて頂ける様、「馬に親しむ日」を開催しています。

●『あゆ(鮎)の日』 :
「全国鮎養殖漁業協同組合連合会」が制定。

※あゆ(鮎)は、キュウリウオ目・アユ科に分類され、川と海を回遊する魚で、日本では代表的な渓流釣りの対象魚で、河川における全漁獲量の1/4を占めるといいます。

ふ化した鮎の稚魚は海あるいは河口付近に下り、そこでプランクトン等を食べて成長し冬を越します。

そして、幼魚(しら魚)は翌春2~3月に川を遡って秋に上流で成魚となりますが、幼魚は、この頃から、体に色がつきはじめ、川の中流域から上流にたどり着き、石に付着するケイソウ類を主食とする様になります。

この時、多くの若魚はえさの藻類が多い場所を独占して縄張りを作る様になります。

この縄張り内に入ったものには体当たり等の激しい攻撃を加え、この性質を利用して釣り上げる方法を「友釣り」といいます。

そして、秋には再び川を下って河口近くの綺麗な砂地に産卵した後、「落ちあゆ」となって、たった1年の短い一生を終える事から「年魚」とも呼ばれています。


☆彡毎週日曜日は、

●『即席ラーメンの記念日』 :
「日本即席食品工業協会」が1982(昭和57)年10月に制定。

●『パスタの日』 :
「全日本マカロニ協会」が制定。

同協会は、2002(平成14)年2月に「日本パスタ協会」に改称しています。

☆彡毎月17日は、 

●『いなりの日』 :
「い(1)な(7)り」の日。

日本の食文化の中で多くの人に親しまれているいなり寿司を食べる機会を増やすきっかけを作ろうと、いなり寿司の材料を製造販売している食品メーカーが制定。

●『国産なす消費拡大の日』  : 
4月17日の「なすび記念日」の17日を、毎月なすの消費を増やす日にしようと、「冬春なす主産県協議会」が2004(平成7)年2月9日に制定。

●『ひょうご安全の日』 : 
兵庫労働基準局が阪神・淡路大震災から11年目の2006(平成18)年に制定。

阪神・淡路大震災の後は復旧・復興現場等で死亡災害が多発し、震災前に比べて死亡災害が2年連続して50%増加するという事態が続いた為、労働災害多発を防止する為の対策として、震災発生日の毎月17日を「安全の日」と定めました。

 

☆彡7月17日の誕生花

薔薇[ばら]<白> Rose 花言葉:清らかな愛 私はあなたにふさわしい、尊敬

ヘリクリサム(帝王貝細工[ていおうかいざいく]) Strawflower / Everlasting 花言葉:永遠の思い出

ワックスフラワー(ピンク)花言葉: 可愛らしさ

ギボウシ(ホスタ) 花言葉:心の落ち着き、沈静

ヒルガオ(昼顔) 花言葉:和やかさ、絆

ハマユウ(浜木綿)・Crinum 花言葉は「どこか遠くへ」

ヒャクニチソウ(百日草)・Common Zinnia 花言葉は「遠い友を思う」

ムギワラギク(麦藁菊)・Strawflower / Everlasting Flower 花言葉は「永遠の思い出」です。

 

スポンサーリンク