読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬、風に吹かれて無常の世を漂い、旅する愛しき日々

日々のニュースや出来事・記念日・季節祭事・催事・時事・情報・気づき、等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

山口茜が韓国オープンに続きデンマークオープンも連続制覇&リオ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組も優勝 やったね!

山口茜が韓国オープンに続きデンマークオープンも連続制覇&リオ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組も優勝

■山口茜はこの大会、リオデジャネイロ五輪銅メダルの奥原希望(日本ユニシス)を2-0で破り4強入り。準決勝では、同五輪金メダリストで世界ランキング1位のカロリナ・マリン(スペイン)を2―1で撃破しての決勝だった。驚異の粘りで劇的勝利。


山口茜 世界ランク1位の相手に下剋上を果たした瞬間!

バドミントンのスーパーシリーズプレミア、デンマークオープンは23日、デンマークのオーゼンセで行われた。女子シングルス決勝では、リオデジャネイロ五輪のメダリスト2人を破って決勝に進んだ世界ランキング10位の山口茜(福井・勝山高出身、再春館製薬所)が、世界ランキング6位の戴資穎(台湾)に2―1で勝ち、10月2日の韓国オープンに続きスーパーシリーズを制し同シリーズで2大会連続優勝を果たした。

 山口はこの大会、リオデジャネイロ五輪銅メダルの奥原希望(日本ユニシス)を2-0で破り4強入り。準決勝では、同五輪金メダリストで世界ランキング1位のカロリナ・マリン(スペイン)に2―1で競り勝った。

 山口は16歳で制した2013年9月のヨネックス・オープン・ジャパンと合わせて通算3勝目。

 女子ダブルスでリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は韓国組に2-1で逆転勝ちした。8大会に出場している今季のスーパーシリーズでは全英オープン、インド・オープン、インドネシア・オープンに続く4勝目となった。

 山口茜: 我慢して逆転できた。楽しんで試合ができたのは大きい。2ゲーム目からいいリズムで試合を進められたと思う。リオデジャネイロ五輪後は劣勢の時でも自信を持ってプレーできている。

■女子ダブルスでリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が、同五輪銅メダルの韓国ペアに2-1で逆転勝ちした。

 高橋、松友組にとって今大会は五輪後2大会目。9月のヨネックス・オープン・ジャパンは準優勝だった。今季のスーパーシリーズは出場8戦で4勝目。

・高橋の話 欲しかったタイトルを手にできてうれしい。リオデジャネイロ五輪後はタイトルにこだわって戦っている。世界1位や金メダルの重圧は感じていない。

・松友の話 ゲームメークを意識し、うまく立て直せた。デンマーク・オープンはいつも自分をたくさん成長させてくれる。リオデジャネイロ五輪後は新たな気持ちで戦えている。

 

●地元を愛し、愛される山口茜
リオデジャネイロ五輪バドミントン代表の山口茜選手は他県からの誘いを断り、地元の福井県立勝山高に進学した。地域の指導者や仲間を信じていたからだという。

山口茜選手は五輪切符を争っていたポイントレースの国際大会を欠場し、全国高校総体を優先した。「茜ちゃんは、いつも地元のことを最優先で考えてくれていた」。高校時代、一緒にプレーしたバドミントン部メンバーは口をそろえる。

 1年先輩で勝山高バドミントン部キャプテンだったYさん(19)は「山口茜はすごい成績を残しているけど、おごらない。山口茜選手をひと言でいうと『ゆるキャラ』かも」と山口茜選手を評する。小中高と12年間一緒にバドミントンをしてきた友人は、試合では「山口茜さんはずっと笑顔を見せてくれたから落ち着けた。いるだけで安心させてくれた」と話す。

 「地元愛」にあふれる山口茜選手の姿勢は、勝山市民を魅了してやまない。パブリックビューイング会場となっている勝山市民会館には、山口選手の等身大パネルが飾られ、一緒に記念撮影する姿もある。

 公私ともに支えてきた後援会のH会長は、山口茜を高校時代にチームメートや先輩に感謝を忘れない姿勢を間近で見てきた。「高校まで勝山で過ごし、ずっと市民と一緒にいたのが茜ちゃん。山口茜選手を自慢に思う人も多い」。山口茜選手と同じ地区に住む50代女性は「山口茜選手は有名になっても素朴でいつもニコニコしている。山口茜選手は近くにいた子でもあり、自然と応援に力が入った」。と語る。

 

★山口茜(ヤマグチアカネ Akane Yamaguchi やまぐち あかね)

山口 茜(やまぐち あかね、1997年6月6日 - )は、日本の女子バドミントン選手。福井県出身。BWF世界ランキング最高位は9位(2015年6月11日)。

所属チーム名 再春館製薬所

出身地 福井県
出身校 勝山南部ジュニア → 勝山南部中学校 → 勝山高校
得意技 二度寝
尊敬する人 相田みつをさん
好きな食べ物 たまご焼き
メッセージ
見て楽しんでもらえる選手になれるように頑張ります。

生年月日1997年6月6日(19歳)
性別女性
国籍 日本
出身地福井県
身長156㎝
体重55㎏

選手情報
利き腕右
種目
女子シングルス
主な戦績
世界ランク(最高)9位

 
獲得メダル
女子バドミントン
世界ジュニア選手権
銀2012 千葉混合団体
銀2012 千葉女子シングルス
金2013 バンコク女子シングルス
金2014 マレーシア女子シングルスユースオリンピック
銀2014 南京女子シングルス