読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬、風に吹かれて無常の世を漂い、旅する愛しき日々

日々のニュースや出来事・記念日・季節祭事・催事・時事・情報・気づき、等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

11月30日は社会鍋の日、シルバーラブの日、絵本の日、カメラの日、鏡の日、本みりんの日、いい30歳の日、いいおしりの日、ノーベンバーラブデー、等の日

2016年11月30日は何の日?


11月30日は社会鍋の日、シルバーラブの日、絵本の日、カメラの日、鏡の日、本みりんの日、いい30歳の日、いいおしりの日、ノーベンバーラブデー、等の日です。

 

●『社会鍋の日』 :
三脚に鍋をつるし、ラッパを吹きながら街頭で募金を募る「社会鍋」。

 

年末の風物詩ともなっているこの活動を行う「救世軍」が制定。

集められた募金は国内外の緊急災害被災者や街頭生活者への支援などの救援活動、母子家庭や独居老人、病院、施設などへの訪問活動などの為に使われます。

日付の11月30日は、毎年12月を前にその募金活動開始のアナウンスが行われる日です。

 

●『シルバーラブの日』 : 
1948(昭和23)年、歌人の「川田順」が弟子の大学教授夫人と共に家出しました。

当時、川田順は68歳で、3年前から続いていた教授夫人との恋の行く末を悲観して、死を覚悟でしたが、養子に連れ戻され、その後2人は結婚しました。

川田が詠んだ『墓場に近き老いらくの恋は恐るる何もなし』から「老いらくの恋」が流行語になったそうです。


●『絵本の日』 :
福岡県福岡市等で子供の歯科医院を運営する医療法人が開設した絵本と図鑑の民間図書館が制定。

絵本の研究者、作家、出版社、書店、読者と共に絵本の魅力を伝え、絵本を通して子供達の感性を育て、個人と社会を結び、その教育的、文化的、社会的な活動を広めていくのが目的です。

日付は、近代絵本の魁けとなる考え方を示した瀬田貞二の『絵本論』の初版が発行された1986(昭和61)年11月30日に因んでいます。

 

●『カメラの日』 :
1977(昭和52)年、日本のカメラメーカーが世界初の自動焦点(オートフォーカス)カメラ「C35AF」を発売した記念日です。

「ジャスピンコニカ」という愛称で、誰でもピンぼけせずに撮影できるという事で、カメラに縁のなかった女性や中高年層の市場を開拓し、2年間で100万台を生産した程のヒット商品でしました。

 

●『鏡の日』 : 
「いい(11)ミラー(30)」の日。

鏡を大切にする事で、健康で美しい生活を目指する日です。

関連記念日として、◎11月11日も「鏡の日」があります。  

 

●『本みりんの日』 :
「い(1)い(1)み(3)りん(0=輪)」の日。

語呂合わせと、鍋物等で本みりんを使う季節である事からこの日を「全国味淋協会」が制定。


●『いい30歳の日』 :
「い(1)い(1)30歳」の日。

女性の為の情報サイト「オズモール」を運営する会社が制定。

30歳の東京女子の会員を多く持つ「オズモール」では、希望と不安を抱えた彼女たちの節目を応援し、いい30代を過ごして欲しいとの想いから、この日を30代のスタートの日としています。

 

●『いいおしりの日』 :
音楽映像事業、タレント・モデル・アーティストのプロモート事業などを展開する会社が制定。

お尻のフォルムの美しさ伝えることで、グラビア業界や世の中を明るく元気にするのが目的です。

日付は、11月30日の11を1(い)1(い)と読み、30日は月末になりお尻の日との考えからです。


●『ノーベンバーラブデー』
印鑑、ゴム印の作成、名刺の印刷などを手がけるビジネスコンビニの「フォーユー銀座店」が制定。家族、兄弟、隣人、仲間との友情を大切にして、3人以上でパーティーを開き、良好な人間関係を築いてもらうのが目的。

日付は11月(ノーベンバー)の「11」は人が2人集まっている形であり、傾けると「人」の字になる。30日の「30」は3人以上がお互いを尊重して愛し合い高め合う0(ラブ=テニスの用語でゼロのこと)な関係にとの意味。この日に印鑑やネームペンを贈ることで「人」の字は「入」に似ているので、新しい家族、仲間を向かい入れて欲しいとの願いが込められている。


☆彡毎月30日は、
●『EPAの日』 :
水産事業や食品事業などを手がける水産会社が制定。

「EPA」とは、魚に多く含まれる「エイコサペンタエン酸」EPAの略称で、中性脂肪を減らしたり、動脈硬化などの予防をする働きがあります。

日付は、肉中心の生活を送る現代人に、毎月29日の「肉の日」に肉を食べたら、次の日のこの日には魚を食べて、EPAを摂取してバランス良い食生活を一年中送って欲しいという思いを込められています。

 

●『みその日』 :
30日を「みそか」と読む事から、「全国味噌工業協同組合連合会」が1982(昭和57)年9月に制定。

「みそ健康づくり委員会」が毎年キャンペーンを実施している『みその日』です。

 

☆彡毎月最終日は、

●『そばの日』 :
昔、江戸の商人が毎月月末に縁起物として「蕎麦(そば)」を食べていた事に因んで「日本麺業団体連合会」が制定。

 

☆彡11月30日の『誕生花』:

カスミソウ(白)  花言葉は感謝、切なる喜び、清い心

アツモリソウ(敦盛草)  花言葉は気まぐれ

アシ(葦)  花言葉は神の信頼、音楽

ユーチャリス  花言葉は清らかな心

枯れ葉  花言葉は「新春を待つ」「メランコリ-」「ロマンチック」

ノボタン(野牡丹)・Princess Flower 花言葉は「自然」

ワビスケ(佗助)・Camellia Wabisuke 花言葉は「控え目」です。