風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

3月17日は彼岸の入り、漫画週刊誌の日&毎月17日はいなりの日、国産なす消費拡大の日、欧米では「緑の日」等の日です。

2017年3月17日は何の日?


3月17日は彼岸の入り、漫画週刊誌の日&毎月17日はいなりの日、国産なす消費拡大の日、欧米では「緑の日」等の日です。

 

2017年の3月17日は、
●『春彼岸・彼岸の入り』 : 
彼岸(ひがん)は雑節の一つ。

「春彼岸」は春分の日の前後3日の7日間をいいます。

「彼岸」はサンスクリット語の「Parramatta」の漢語訳「到彼岸」の略です。

「煩悩から脱した悟りの境地」をさす言葉で、中国では極楽浄土が西方の彼方(西方浄土)にあると考え、春分に太陽が真西に沈む為、西方の太陽を礼拝し極楽浄土に思いをはせ、そこで生まれ変わることを祈願し、また昼夜の長さが等しい事から、仏教の説く「中道」の教えにもかなうとされました。

日本では先祖供養、墓参り等の仏事・法要へ変化し、日本特有の風習として根付いています。

「彼岸」の供物の「ぼたもち・おはぎ」は、春彼岸の頃にみられる牡丹に由来します。


★彼岸(ひがん)の入りとは春分・秋分の前後3日を合わせた7日間。
2017年は、
春の彼岸:3月17日~23日
秋の彼岸:9月20日~26日

最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」、真ん中にあたる春分・秋分を「彼岸の中日(ちゅうにち)」といいます。

仏教では、私たちの住む世界をこちらの岸、三途の川(さんずのかわ)を挟んで、ご先祖様の霊が住む世界をあちらの岸と考えられていて、こちらの岸を「此岸(しがん)」あちらの岸を「彼岸」といいます。

この極楽浄土は西の彼方にあるとされているため、太陽が真西に沈む春分・秋分にお墓参りや先祖供養を行うようになりました。これは仏教にはない習慣で、日本独自のものです。

中日に夕陽を拝むと功徳があるといわれています。
お寺では、この期間「彼岸会(ひがんえ)」の法要が営われます。


◆「ぼた餅」と「おはぎ」
お彼岸と言えば「おはぎ」ですよね。地域によっては「ぼた餅」とも呼びますが、これは同じもの?
はい。同じものなんです。
漢字で書くと「お萩」と「牡丹餅」。
小豆の粒を萩の花に見立てて「お萩」、牡丹の花に見立てて「牡丹餅」と呼んだのです。ですから、厳密に言うと春は「ぼた餅」、秋は「おはぎ」ということですね。
小豆の赤色には災いが身に降りかからないようにするおまじないの効果があるんだそうです。

◆日常生活
・仏壇、仏具の掃除。
・供花や菓子、果物などをお供えする。
・朝晩に灯明(とうみょう)を灯しお線香をあげる。
・お墓の掃除。
・お墓参り。
・中日に夕陽を拝む。

◆食べ物
精進料理

春:ぼた餅
秋:おはぎ

※地方によってはお団子やいなり寿司をお供えしたり、いただいたりするところもあります。

●『漫画週刊誌の日』 : 
1959(昭和34)年のこの日、日本初の少年向け週刊誌「少年マガジン」と「少年サンデー」が発刊されました。

当時は読み物が中心で、漫画は少ししか載ってなかったそうです。

小学館の「少年サンデー」は30円でした。

表紙を飾ったのは、野球界のスーパースター「長嶋茂雄」でした。

関連記念日として、◎7月21日~8月20日までの「雑誌愛読月間」があります。

 

●『聖パトリックの祝日・緑の日・Lá ’le Pádraig(アイルランドなど)』 :
◎「アイルランド」の守護聖人で、キリスト教を広めた聖人「聖パトリック」の聖名祝日で、彼を讃える祝日です。<>「カトリック」における祭日で、アイルランドの国花「シャムロック(クローバー等、三つ葉の草の総称)」(聖人が三位一体を説くときにクローバーを用いた事に由来するとか)を服に付けたり、それに因みシンボルカラーの緑色のものを身に付けると幸福になれるとされています。

この日を祝う伝統は、何世紀も前から受け継がれてきて、1903(明治36)年より正式に「アイルランド共和国」の祝祭日になりました。

イギリスからの独立後、徐々に成長し、1996(平成8)年には政府が主体となりダブリンで5日間の盛大な「フェスティバル」としてパレードやその他の行事が行われる様になりました。


St Patrick's Day Parade Vancouver - セントパトリックデー・パレード

◎「アメリカ合衆国」では、緑色の物を身につけて祝う日で、「緑の日」とも呼ばれています。

現在見られる様なパトリックスデイの巨大パレードが始められたのは、実はアイルランドではなく、アイルランド系移民も多いアメリカなのです。

イギリスの軍隊の兵役に従事していた「アイリッシュの兵隊」が1762(宝暦12)年に「ニューヨークの町」を行進したのが始まりです。

ニューヨークやボストン等、アイルランド系移民の多い地域・都市で盛大に祝われます。

特に、シカゴの「シカゴ川」をフルオレセインで緑色に染め上げる風景は有名です。

最近では、アイルランド系やカトリック教徒以外の人達も参加する様になりました。

シカゴ市警察では、何と着用する警察バッジをこの日の為に「緑の三つ葉」入りの特別な物にします。

また、大リーグでは、この日には特製の特製の緑色のユニフォームあるいはキャップを使用します。

驚くべき事に、「ウィスコンシン州」のニューロンドンでは、この期間中だけ町名が「ニューダブリン」に変更されます。

現在、ニューヨークのマンハッタンは世界で一番大きなパレードが行われる場所です。

子供の間では、この日に緑の衣服を身に着けていないと抓られるという遊びまであります。
 
◎「オーストラリア」では、シドニー、メルボルンでパレードが行われます。
 
◎「カナダ」では、トロント、モントリオール、バンクーバーでパレードが行われています。
 
◎「イギリス」では、2002(平成14)年にロンドンでパレードが行われてから恒例となっています。<>パレードの後はトラファルガー広場でコンサートが行われます。

その他、バーミンガム、リヴァプール、マンチェスターでもパレードとフェスティバルが行われます。
 
◎「モントセラト(カリブ海にあるイギリス領の小島)」では、アイルランドから島へ移住したアイルランド人入植者から、「カリブのエメラルド島」または「西のエメラルド」とも呼ばれていました。

毎年この日は、「聖パトリックの祝日」と、1768(明和5)年のこの日に黒人奴隷がアイルランド人の主人に対して反乱を起こし失敗に終わりましたが、この「反乱」を記念する意味も含めて祝祭日となっています。

この日「アイリッシュシチュー」の影響を受けた、カリブの郷土料理「ゴートウォーター」を振舞い、カリプソ音楽のコンサートや、緑のシャムロック付きの伝統衣装を着て、ソカで踊りながらパレードし祝祭日を祝います。

※薔薇忌
小説家・評論家の塩月赳の1948(昭和23)年の忌日。
太宰治の『佳日』のモデルで、塩月の死の3箇月後に太宰が入水自殺した。
評論集『薔薇の世紀』から薔薇忌と呼ばれる。


★塩月 赳シオツキ タケシ
昭和期の小説家,評論家
生年明治42(1909)年1月12日
没年昭和23(1948)年3月17日
出生地宮崎県
学歴〔年〕東京帝大美学科卒
経歴太宰治と親しく「海豹」に加わり、「浪漫古典」に作品を発表、「散文」を主宰した。その後「政界往来」に勤務、東洋経済から北京に行き、戦後帰国。小説「或る幸福」、評論集「薔薇の世紀」があり、太宰「佳日」のモデル。太宰より3カ月前に死去、薔薇忌が設定された。

 

☆彡毎年3月の15日~21日は、
●『こころの健康づくり週間』: 
「厚生省(現、厚生労働省)」が2000(平成12)年に制定。

 

☆彡毎月17日は、 
●『いなりの日』 :
「い(1)な(7)り」の日。

日本の食文化の中で多くの人に親しまれているいなり寿司を食べる機会を増やすきっかけを作ろうと、いなり寿司の材料を製造販売している食品メーカーが制定。

 

●『国産なす消費拡大の日』  : 
4月17日の「なすび記念日」の17日を、毎月なすの消費を増やす日にしようと、「冬春なす主産県協議会」が2004(平成7)年2月9日に制定。

 

●『ひょうご安全の日』 : 
兵庫労働基準局が阪神・淡路大震災から11年目の2006(平成18)年に制定。

阪神・淡路大震災の後は復旧・復興現場等で死亡災害が多発し、震災前に比べて死亡災害が2年連続して50%増加するという事態が続いた為、労働災害多発を防止する為の対策として、震災発生日の毎月17日を「安全の日」と定めました。

 


☆彡3月17日の誕生花』:

サンシュユ(山茱萸)  持続、耐久、気丈な愛

アンスリウム  花言葉は「情熱・熱心」煩悩、恋にもだえる心、可愛い

モクレン(木蓮)  花言葉は自然への愛、持続性

カルセオラリア  花言葉は援助、あなたを伴侶に

エンドウの花  花言葉は必ず来る幸福

インゲンマメ(隠元豆)  花言葉は喜びの訪れ、豊かさ

ネメシア・Nemesia 花言葉は「包容力」

レンギョウ(連翹)・Golden Bell Flower 花言葉は「かなえられた希望」です。


★彼岸
彼岸という言葉は、サンスクリット語の「パーラミター」の漢訳「到彼岸」の略だといいます。

元々仏教の用語で、「煩悩に満ちた現世である此岸(しがん)を離れて修行を積むことで煩悩を脱して、悟りの境地に達した世界(彼の岸)に到達する」という意味をもちます。

現代の私たちが普段使っている「お彼岸」という言葉は、修行を経て悟りの世界に達したというよりも、彼岸の期間に寺院で行われる彼岸会と呼ばれる法要や、先祖供養の意味で用いられることのほうが多いようです。

「お彼岸にお墓参り」という文化は、仏教徒が多い他の国と比べても日本だけの独特の風習です。

お彼岸の中日である春分の日の意味が「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、秋分の日が「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」という意味をもち、昔から先祖崇拝や豊作に感謝してきた日本らしい文化が影響しているのでしょう。

仏教においては、お彼岸の時期に真西へ沈む夕陽の向こう側にある此岸・浄土の先祖を偲び、夕陽に拝み供養する仏事です。


※2017年/平成29年春彼岸の暦
彼岸入り   3月17日(金)
中日春分の日 3月20日(月)
彼岸明け   3月23日(木)

 

☆彡3月 弥生(やよい)の暦 
3日 桃の節句
5日 啓蟄
17日 彼岸の入り
20日 春分 春分の日
23日 彼岸明け 

 

スポンサーリンク