風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

5月7日は粉の日、コナモンの日、ココナッツの日、博士の日、世界エイズ孤児デー、等の日です。

2017年5月7日はどんな日?
 
5月7日は粉の日、コナモンの日、ココナッツの日、博士の日、世界エイズ孤児デー、等の日です。
 
●『粉の日』:
五(こ)七(な)で「こな」の語呂合せ。
小麦粉等、食料としての粉の有用な利用方法等をアピールする日。
 
●『コナモンの日』 :
「こ(5)な(7)モン」の日」の日。
日本コナモン協会」が2003(平成15)年に「コナモン」の魅力を知ってもらい、小麦粉等、食料としての粉の有用な利用方法等をアピールする為の日です。
コナモン」とは、たこ焼き・お好み焼き・うどん等、粉を使った食品の事です。
 
●『ココナッツの日』 :キリン・トロピカーナ株式会社が制定。
「ココ(5)ナ(7)ッツ」の日。
果実のプロとして知られ、様々な清涼飲料水を製造販売する飲料メーカーが制定。
海外では定番の「ココナッツウォーター」を中心にココナッツの普及、促進が目的です。
ココナッツは、高い栄養価と豊富なミネラル分で近年注目を集めている果実です。
 
●『博士の日』 :
1888(明治21)年のこの日、植物学者「伊藤圭介」・数学者「菊池大麓」・物理学者「山川健次郎」ら25人に、日本初の「博士号」が授与された記念日です。
 
※但し、論文の提出による博士号ではなく教育への貢献を評価されたもので、名誉博士的なものでした。
論文による本格的な「博士」が生まれたのは、それから3年後の事です。
また、当時は「博士」の上に「大博士」の学位がありましたが、該当者が出ず1898(明治31)年に廃止されています。
 
※健吉忌
評論家・山本健吉の1988(昭和63)年の忌日。
★山本 健吉(やまもと けんきち、1907年(明治40年)4月26日 - 1988年(昭和63年)5月7日)は、文芸評論家。本名は石橋貞吉。
[生]1907.4.26. 長崎[没]1988.5.7. 東京
評論家。本名,石橋貞吉。父は石橋忍月。 1931年慶應義塾大学国文科卒業。雑誌『俳句研究』の編集を機に俳句批評に手を染め,芭蕉俳諧の立場から独自の批評的世界を樹立した。 39年,吉田健一中村光夫らと評論誌『批評』を創刊。主著『私小説作家論』 (1943) ,『純粋俳句』 (52) ,『古典と現代文学』 (55) ,『柿本人麻呂覚書』 (58~61) ,『正宗白鳥』 (75) 。 72年日本文芸家協会理事長。 66年日本芸術院賞受賞。 69年芸術院会員。 83年文化勲章受章。
文芸評論家石橋忍月の三男。最初の妻は俳人の石橋秀野。
来歴・人物
石橋忍月の三男として、長崎市に生まれる。旧制長崎中学、慶應義塾大学国文科卒業。折口信夫に師事した。 日本の古典詩歌に詳しく、古典作品と現代文学との関係の究明に力を注いだ。また、ながく文芸時評もつとめ、現代文学に関する著作も多い。「第三の新人」という用語を最初に用いた人物でもある。
1929年、藪秀野(のち俳人石橋秀野)と結婚。このころ二人とも当時、非合法下の日本共産党に入党。1932年、特高警察に一か月近く拘留される。
1933年改造社に入社し、1934年創刊の総合俳誌「俳句研究」に携わり現代俳句への造詣を深める。 1939年8月、「俳句研究」の座談会「新しい俳句の課題」で人間探求派なる用語が生まれた。司会、山本健吉、参加者、中村草田男、加藤楸邨石田波郷、篠原梵。
一方1939年、吉田健一、西村孝次、伊藤信吉、中村光夫らと文芸誌「批評」を創刊し、私小説を論じる。戦時中の同人雑誌統合のなかで、堀田善衛と交友をもつ。40代まで貧困に苦しむことも多かったが、戦後、俳句を中心に現代小説など何でも書き、1955年(昭和30年)、『芭蕉』で新潮社文学賞を受賞。翌年、『古典と現代文学』で読売文学賞受賞。1963年(昭和38年)、『柿本人麻呂』で再度読売文学賞を受賞。1966年(昭和41年)、日本芸術院賞を受賞し、1969年(昭和44年) 日本芸術院会員に就任[2]。1972年(昭和47年)より日本文藝家協会理事長、のち会長となる。1979年(昭和54年)、『詩の自覚の歴史』で日本文学大賞受賞、1981年(昭和56年)、『いのちとかたち』で野間文芸賞文化功労者。1983年(昭和58年)、文化勲章受章。
墓は福岡県八女市無量寿院にある。
 
●『欧州戦勝記念日・ヨーロッパVEデーVictory in Europe Day)』 :
1945(昭和20)年、ドイツが連合国に対して無条件降伏した日です。
ナチス・ドイツが無条件降伏し第二次世界大戦の降伏文書に調印して連合国がヨーロッパで勝利し、翌日をもってヨーロッパにおける全ての戦闘が終わった記念日です。
時差の関係で5月8日を記念日としている国もあります。
 
●『世界エイズ孤児デー(World AIDS Orphans Day)』 :
2002(平成14)年に、ニューヨークで開催された「国連子ども特別総会(United Nations Special Session on Children)」で制定。
エイズ孤児問題への意識を高める事を目的として宣言されました。
エイズ孤児とは、「国際連合エイズ合同計画(UNAIDS)」、「世界保健機構(WHO)」、「国際連合児童基金UNICEF)」の統計における定義で「15歳の誕生日を迎えるまでに、両親がエイズで亡くなった子供をさします。
2012年の時点で地球全体でエイズ孤児数は、1780万人で、今も増え続けてます。
このような問題が生じている理由の1つに、エイズに関する正しい知識の普及が十分でないことがあげられます。
1990年のサハラ以南アフリカにおける孤児のうち、エイズ孤児の割合はわずか1%でしたが、2005年にはこれが25%に上昇しています。
従来、大人の問題とされてきたHIV/エイズの脅威は、今、子ども達にも迫っているのです。
エイズで親が亡くなった後、祖父母に引き取られ育てられるケースが多くありますが、祖父母が高齢のため働けず、子どもが働いて家族を支えていくことを強いられてしまうことも少なくありません。
地域住民に引き取られたエイズ孤児は、引き取り先で差別を受けたり労働を強いられたり、どうせエイズで早く死ぬとみなされ教育を受けられないケースもあるのです。
エイズ孤児は、健康、教育、医療、精神的負担など多様な面で困難に直面してしまいます。
 

☆彡2017年の5月7日(日)~13日(土)は、 
●『看護週間』 :
5月12日の「看護の日」を含む週の日曜日から一週間を、「厚生省(現、の厚生労働省)」が制定。
日本看護協会」と「厚労省」が、1991(平成3)年から記念活動を実施しています。
 
☆彡毎年5月5日~11日は、 
●『児童福祉週間』 :
日本の児童福祉の理念の周知を図るとともに、国民の児童に対する認識を深める為の週間です。
元々は各地の福祉団体が5月初頭に「兒童福祉週間」・「兒童愛護週間」等として実施していた活動を、「厚生省(現、厚生労働省)」が児童福祉法の周知を目的として1948(昭和23)年から「こどもの日」を初日とした一週間を「児童福祉週間」として実施したものです。
期間中は、児童福祉に因んだ行事が行われる他、一部の子ども向け施設で子どもの入場料について無料、または割引料金を適用されています。
 
☆彡毎年5月の1日~7日は、
●『憲法週間』 :
最高裁判所法務省」等が、1950(昭和25)年に「憲法記念日」の前後一週間を「憲法記念週間」として制定。
1956(昭和31)年に「憲法週間」に改称しています。
 
●『青少年保護育成運動週間』 :
全国の地方公共団体が、青少年保護育成とその環境整備を目的に地方自治体で公布した条例「青少年保護育成条例」に基づく運動週間です。
 
☆彡毎年4月23日~5月12日は、
●『こどもの読書週間』 :
「読書週間実行委員会(現、読書推進運動協議会(読進協))」が1967年に制定。
元は5月1日からの2週間でしたが、2000(平成12)年に「世界本の日」からの2週間に変更されました。
 
☆彡毎月第1日曜日は、
●『みかんの日』 :
「全国果実生産出荷安定協議会」と「農林水産省」が制定。
みかんはその昔、「紀州みかん」」が主要種でしたが、現在は「温州みかん」が各地で栽培されています。
関連記念日として、◎11月3日を、「いいみっか」の語呂合わせで旬の特別記念日になっています。
また、◎12月3日も「みかんの日」です。
 
●『DIYの日』 : 
DIY」とは「Do It Yourself」で「自分でやってみよう」という意味です。
元々は第二次世界大戦後のロンドンで、空襲で壊れた家を、自分たちで修理して町を再生しようという運動が発端です。
日本では1960(昭和35)年代頃まで「日曜大工」と呼ばれていたのですが、1970(昭和45)年代後半頃から「DIY」と言い換えられる様になって来ました。
但し、DIYという場合は、日曜大工の様な事だけでは無く、園芸や部屋の模様替え、日用品修理などの範囲まで含められます。
DIYに必要な材料や道具を売っている所を以前は「DIYショップ」等という言い方もかなりされたのですが、最近では「ホームセンター」という言い方に統一されてきつつあります。
 
☆彡毎週日曜日は、
●『即席ラーメンの記念日』 :
「日本即席食品工業協会」が1982(昭和57)年10月に制定。
 
●『パスタの日』 :
「全日本マカロニ協会」が制定。
同協会は、2002(平成14)年2月に「日本パスタ協会」に改称しています。
 
☆彡5月7日の『誕生花』:
イチゴの葉  花言葉は尊重と愛情、誘惑、甘い香り
バラ(薔薇)  花言葉は愛、無邪気、爽やか、幸福、美
ボタン(牡丹)  花言葉は恥じらい、富貴、高貴、壮麗
モクレン(木蓮)  花言葉は自然への愛、持続性
リビングストンデージー  花言葉は瞳の輝き
 
レディースマントル・Ladies Mantlee 花言葉は「輝き」です。

◆5月の行事・暦・祭り(2017年・平成29年
2日 八十八夜
3日 憲法記念日(祝日)
4日 みどりの日(祝日)
5日 こどもの日(祝日)立夏二十四節気端午の節句
14日 母の日
21日 小満(二十四節気
 
 
 
スポンサーリンク