風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

5月21日は小満、小学校開校の日、ニキビの日、対話と発展のための世界文化多様性デー、リンドバーグ翼の日、探偵の日、等の日です。

2017年5月21日はどんな日?
 
5月21日は小満、小学校開校の日、ニキビの日、対話と発展のための世界文化多様性デー、リンドバーグ翼の日、探偵の日、等の日です。

●『小満』 :
二十四節気の一つです。
陽気が良くなり、草木が茂る気候から万物が成長して天地に気が満ち始めることから「小満」と言います。
各地の稲荷神社で五穀豊穣、商売繁盛を願って「小満祭」が開かれます。
 
●『小学校開校の日』 :
1869(明治2)年のこの日、京都に日本初の近代小学校としての「上京第二十七番組小学校(後の柳池(りゅうち)小学校)」で開校式が行われた記念日です。
※創設者の「熊谷直孝(くまがいなおたか)」を初め、多くの寄付や献金が、町衆の向学の気風を、更に高めました。
柳池小学校の正門横の「日本最初の小学校」と記された石碑は、町衆の教育にかける熱意を今に伝えています。
 
●『ニキビの日』 :塩野義製薬株式会社とガルデルマ株式会社が2010年に制定
本格的な夏を前に悩んでいる人に「ニキビは皮膚科で治療が可能な疾患」である事を認知してもらおうと、ニキビ治療薬を製造・販売している会社と大手製薬会社が制定。
日付は、5(いつも)2(ニキビは)1(皮膚科へ)の語呂合わせによります。
 

●『対話と発展のための世界文化多様性デー(World Day for Cultural Diversity for Dialogue and Development)』 :

国際デーの一つです。
ユネスコが、2001(平成13)年に「文化多様性世界宣言」を採択し、翌年の決議で採択し、この日を宣布しました。
文化的多様性に関する価値を深く理解し、皆一緒により良く暮らす世の中にする為、文化の多様性の保護、文明間の対話の拡大を呼びかけています。
※2011(平成23)年には、「多様性と容認の為に何か一つしよう」という一般人から始まったキャンペーンが行われ、その後、ユネスコ国連市民連合によって始まった「世界文化多様性デー」を毎年記念しています。

●『リンドバーグ翼の日』 :
1927(昭和2)年のこの日、「チャールズ・リンドバーグ」が「大西洋無着陸横断飛行」に成功した記念日です。
「翼よ、あれが巴里の灯だ」という名言を残した事から”翼の日”と名付けられました。
リンドバーグは、前日の午前7時52分、「スピリット・オブ・セントルイスセントルイス魂)」と名付けた飛行機でニューヨークを出発、この日の午後に、パリの「ル・ブールジェ空港」に到着しました。<>飛行距離は約5,800㌔、飛行時間は33時間30分の単独飛行でした。≫
 
●『探偵の日』 :
社団法人「探偵協会」の「探偵の日選定委員会」が制定。
1891(明治24)年のこの日、帝國探明會という企業が朝日新聞に『詐欺師や盗人の所在を調べる。他人の行動調査を実施する』という探偵の広告を日本で初めて掲載した記念日です。
この日、同協会によるイベントなどが実施されます。
 

☆彡毎年5月の第3日曜日は、
●『ウォークラリーの日』 :
1984(昭和59)年に、「日本レクリエーション協会」の呼びかけで、各都道府県や市区町村のレクリエーション協会等の主催による第1回全国一斉ウォークラリー大会が開催され、この日が「ウォークラリーの日」に制定されました。
以降この日には「全国一斉ウォークラリー大会」が多くの市区町村で開催されます。
※「ウォークラリー」とは、野外で開催され、グループ単位で参加するレクリエーションゲームで、1975(昭和50)年に初めて日本レクリエーション協会の会報誌で紹介されました。
それ以前にも屋外で行うゲームとして「オリエンテーリング」がありましたが、とうしても参加者がスピードを重視して仕舞う為、周囲の自然を楽しむ余裕がなく、それに代わるものはないかと試行錯誤の末に生み出されたものです。
 
●『ごちポの日』 :
軟らかくてジューシーで、うまみ成分たっぷりなアメリカン・ポークの美味しさ、安全性などをより多くの人に知ってもらい、親しみを感じてもらいたいと「米国食肉輸出連合会」が制定。
日付は、本格的な梅雨が始まる前の週末に栄養価の高いアメリカン・ポークを食べて元気に夏を乗り切って欲しいとの思いから5月の第3日曜日にしました。
「ごちポ」は「ごちそうポーク」のことです。
 
☆彡毎年5月の21日~31日は、
●『家内労働旬間』 :
家内労働の労働条件向上と、家内労働法の認知向上をねらい、1971(昭和46)年に「労働省(現、厚生労働省)」が制定。
この期間中に都道府県「労働基準局」と各「労働基準監督署」で、委託者等に対する集団指導・監督指導を行うと共に、各種資料の配付や広報活動により家内労働法の周知徹底と遵法意識の高揚を図っています。
 
☆彡毎年5月の18日~30日は、
●『社会風紀環境を浄化する運動』 :
1975(昭和50)年に「売春防止法制定の日」を中心として実施されたのが始まりですが、近年の風紀環境は悪化の傾向を強め、特に青少年への悪影響が社会的な問題となっています。
この様な現状を浄化する為、厚生労働省の主催により、各都道府県がこの運動が効果的に推進される様、関係行政機関・関係団体等と緊密な連絡を取り、積極的な運動を展開しています。

☆彡毎年5月の15日~21日は、
●『総合治水推進週間』 :
日本で総合治水対策の意義・重要性に対する流域住民の理解と協力を求める働きかけを全国的に展開する事により、総合治水対策の推進を図る為の週間です。
1991(平成3)年に「建設省(現、国土交通省)」によって制定。
「総合治水の日」を初日とした一週間であるり、期間中は都市河川の治水に関する啓発事業が行われています。
 
☆彡毎月第3日曜日は、
●『家庭の日(青森県)』 :
青森県では、平成11年9月1日に「青森県家庭の日及びノー行事デーを定める要綱」を制定し、毎月第3日曜日を「家庭の日」としています。
家庭が青少年の健全な育成を図る上で大切な役割を担っている事から、家庭づくりについて家庭内で考え、話し合い、楽しみ合い、協力し合う日としています。
 
●『馬に親しむ日』 :
「競走馬総合研究所」では、馬とふれあい、馬を身近に感じて頂ける様、「馬に親しむ日」を開催しています。
 
●『あゆ(鮎)の日』 :
「全国鮎養殖漁業協同組合連合会」が制定。
 
※あゆ(鮎)は、キュウリウオ目・アユ科に分類され、川と海を回遊する魚で、日本では代表的な渓流釣りの対象魚で、河川における全漁獲量の1/4を占めるといいます。
ふ化した鮎の稚魚は海あるいは河口付近に下り、そこでプランクトン等を食べて成長し冬を越します。
そして、幼魚(しら魚)は翌春2~3月に川を遡って秋に上流で成魚となりますが、幼魚は、この頃から、体に色がつきはじめ、川の中流域から上流にたどり着き、石に付着するケイソウ類を主食とする様になります。
この時、多くの若魚はえさの藻類が多い場所を独占して縄張りを作る様になります。
この縄張り内に入ったものには体当たり等の激しい攻撃を加え、この性質を利用して釣り上げる方法を「友釣り」といいます。
そして、秋には再び川を下って河口近くの綺麗な砂地に産卵した後、「落ちあゆ」となって、たった1年の短い一生を終える事から「年魚」とも呼ばれています。
 
☆彡毎週日曜日は、
●『即席ラーメンの記念日』 :
「日本即席食品工業協会」が1982(昭和57)年10月に制定。
 
●『パスタの日』 :
「全日本マカロニ協会」が制定。
同協会は、2002(平成14)年2月に「日本パスタ協会」に改称しています。
 
☆彡また、毎月21日は、
●『漬物の日』 :
毎年8月21日に、名古屋市郊外の「萱津(かやつ)神社」で「香の物祭」が行われている事に因み、毎月21日を漬物の日として「全日本漬物協同組合連合会」が制定。
 
●『ふれあい交番の日』 :
関聯記念日として、◎毎月27日の「交番の日」、◎2月2日の「交番設置記念日」があります。
 
※1874(明治7)年に東京警視庁が設置した「交番所」は世界初のもで、当初は建物がなく、街中の交差点等の一角に警察署から制服警官が出向いていました。
1881(明治14)年のこの日、1つの警察署の管内に7つの交番を設置することを決定し、常設の建物を建てて警官が常駐する現在の形になりました。
1888(明治21)年、全国的に警官の在住しない「派出所」と在住する「駐在所」に名称を統一しましたが、
「交番」という呼び名が定着し、この制度が国際的に注目され「交番」という呼び名が、国際的にも通用する言葉になった事から、1994(平成6)年に「交番」が正式な名称になりました。
 
●『お部屋カスタマイズの日』 :
全国で50万室以上の賃貸住宅を管理し、部屋の壁紙を無料で選べたり、棚の取り付け、ステッカー貼り等の出来る「お部屋カスタマイズ」を展開する簡易宿泊施設の会社が制定。
自分らしく楽しめるこの賃貸住宅の新しいスタイルを広めるのが目的です。
日付は、社名にある「21」から毎月21日として、1年を通じてアピールしていく為と、21日は2と1でお部屋とお客様の「ふれあいの日」との意味も込められています。
 
●『大師の縁日(真言宗の縁日)』 :
毎月21日は、真言宗の開祖「弘法大師空海)」の月命日で縁日が催されます。
大師とは、朝廷から高僧に贈られる諡で、弘法大師は、834(承和2)年3月21日、62歳で入寂しました。
各地の大師堂は参詣者で賑い、関東では「川崎大師」が有名です。
また、関西では「京都の東寺」では、『弘法市』の名で有名ですが、境内では「弘法市」が大々的に開かれます。
弘法市には観光客も多く、楽しいフリーマーケットにもなります。
一般に神社の祭日や寺院の縁日の市は古い起源を持っていますが、「弘法市」の縁日がいつ頃始まったかについてのはっきりとした記録は残っていません。
ただ、天狗草紙絵巻の中に、東寺南大門で物を売る商人の図が見受けられたり、東寺百合文書には、1403(応永10)年、足利義満の時代に南大門に一服一銭の茶店があった事が記されています。
これによって鎌倉中期から室町時代にかけて、境内の特定の地域で商行為が行なわれていた事が判ります。
 
●『マリルージュの日』 :
夏木マリさんとパーカッショニストで音楽プロデューサーの斉藤ノヴ氏が代表をつとめる一般社団法人「One of Loveプロジェクト」が制定。
同プロジェクトでは音楽とバラで途上国のこどもたちの教育環境の整備と、その母親たちの雇用を支援する活動を行っています。
活動の趣旨に賛同してくれる生花店から夏木さんが品種改良から携わった「マリルージュ」という名の赤いバラを購入してもらう事で、その収益などを支援に当てていることから「マリルージュ」の認知度を高め、支援活動に活かすのが目的です。
日付は、プロジェクトで毎年GIGを開いている「世界音楽の日」の◎6月21日に因み、いつも支援を続けている姿勢から毎月21日としました。
 
●『myDIYの日』 :
全国で56万室以上の賃貸住宅を管理する不動産会社が制定。
同社が展開する部屋の壁紙を無料で選べたり、ペイントや棚の取り付けなどが自由に行えるサービス「myDIY」を通じて、自分らしく楽しめる賃貸住宅の新しいスタイルを広めるのが目的です。
日付は、社名にある「21」から毎月21日として1年を通じてアピールしています。
また、21日は2と1でお部屋とお客様の「2(ふれ)I(あい)の日」にとの意味も込められています。
 

☆彡5月21日の『誕生花』:
カスミソウ(霞草)  花言葉は感謝、切なる喜び、清い心
ラークスパー(千鳥草)  花言葉は信頼、軽快
ムクゲ(木槿)  花言葉は繊細な美、信念
エリゲロン  花言葉は遠くから見守ります
カンガルーポー・Kangaroo Paw 花言葉は「不思議・驚き」
ボリジ・Borage 花言葉は「勇気・憂いを忘れる」です。
 
★小満(しょうまん)は、二十四節気の第8。四月中(通常旧暦4月内)。
小満とは「すべてのものが勢いづき、草木が生い茂るころ」のこと。
現在広まっている定気法では太陽黄経が60度のときで5月21日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から5/12年(約152.18日)後で5月23日ごろ。
期間としての意味もあり、この日から、次の節気の芒種前日までである。
西洋占星術では、小満を双児宮(ふたご座)の始まりとする。

 小満(しょうまん)は5月21日頃(2017年は5月21日)。
および芒種までの期間。太陽黄径60度。立夏から数えて15日目頃。
陽気が良くなって、万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めることから小満といわれています。
ようやく暑さも加わり、麦の穂が育ち、山野の草木が実をつけ始め、紅花が盛んに咲き乱れます。
梅の実がなり、西日本では、走り梅雨がみられる頃。田植えの準備を始める頃でもあります。
2017年の小満は、5月21日(日)です。
小満を前後の二十四節気と並べてみると、次のようになります。
立夏(りっか) 5/5 ⇒ 小満(しょうまん) 5/21 ⇒ 芒種(ぼうしゅ) 6/5
二十四節気は、期間を表すものとして使われることもあります。その場合は、次の節気の前日までの期間を表わします。
つまり、5/21 ~ 6/4 の期間を「小満」ということもあります。
 
沖縄では、次の節気の芒種(ぼうしゅ)と小満を合わせた小満芒種(すーまんぼーすー)という言葉が「梅雨(つゆ)」の意味で使われます。
※走り梅雨
本格的な梅雨に入る前のぐずつく天候のこと。
通常は、この後晴れた日が続き、その後本格的な梅雨に入ります。
「梅雨の走り」ともいいます。
七十二候
小満の期間の七十二候は以下の通り。
初候
蚕起食桑(かいこ おこって くわを くらう) : 蚕が桑を盛んに食べ始める(日本)
苦菜秀(くさい ひいず) : 苦菜がよく茂る(中国)
次候
花栄(こうか さかう) : 紅花が盛んに咲く(日本)
靡草死(びそう かる) : 薺など田に生える草が枯れる(中国)
末候
麦秋至(ばくしゅう いたる) : 麦が熟し麦秋となる(日本)
小暑至(しょうしょ いたる) : ようやく暑さが加わり始める(中国)
◆前後の節気
立夏 → 小満 → 芒種(ぼうしゅ)

小満の頃に旬を迎える食べ物としては
麦秋
・明日葉
・アスパラガス
グリーンピース
・さやえんどう
・山椒
・じゃがいも
・ぜんまい
・空豆
・にんにく
夏みかん
・鯵(あじ)
・いさき
・鰹
・きびなご
・めばる
・甲イカ
・ウニ
・さざえ
・とりがい 
・真ダコ   
等があります。旬のものは縁起もいいですし、体にとても良いといわれています。