風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

張本智和(13歳エリートアカデミー)が、昨年のリオデジャネイロ五輪個人銅メダルの水谷隼(27歳木下グループ)に4―1で圧勝

仙台市出身の張本君がやってくれました。 
卓球の世界選手権個人戦は1日、ドイツ・デュッセルドルフで第4日があり、日本勢は男子シングルス2回戦で昨年末の世界ジュニア選手権を制した中学2年生、13歳の張本智和(エリートアカデミー)が、昨年のリオデジャネイロ五輪個人銅メダルの水谷隼(27歳木下グループ)に4―1で圧勝した。
衝撃的番狂わせといえる。
張本選手は、初めて対戦する水谷選手を相手に持ち味の攻撃的な卓球を見せ、序盤から勢いに乗り、3ゲームを連取しました。卓球選手だった中国出身の両親を持つサラブレッドは、冷静さも持ち合わせていた。連取して迎えた3ゲーム目は13―12でタイムアウトを取った。「そのゲームの3度目のゲームポイントだった。ここは絶対に取りたいと思って、一回気持ちを落ち着かせた」。得意のバックハンドの攻撃的レシーブ「チキータ」をさく裂させた。

このあとの第4ゲームは、水谷選手に7連続ポイントを奪われるなどして失いましたが、続く、5ゲーム目は着実にポイントを重ね、ゲームカウント4対1で圧勝しました。
 
やったね!
 
●張本「人生でいちばんうれしい」
「気持ちは勝つ気100%でいた。卓球に年齢は関係ない」と語っている。
日本のエース、水谷隼選手に勝った13歳の張本智和選手は「水谷選手はずっと憧れていた選手で、いつかは絶対に超えたいと思っていたので、世界選手権という舞台で勝つことができて、今までの人生でいちばんうれしいです。自分が目標としているオリンピックの金メダルに大きく近づいたと思う」と笑顔で話していました。
勝因については、「1ゲーム目をとらないと絶対に勝てないと思っていたので、出だしからいつも以上に気合いを入れた。サーブとレシーブがよく、緊張せずに思い切ってプレーができた」と話していました。

「自分らしい試合をしたいと思ってました。攻めたいと思っていて、序盤からその通りにできました。次の試合でも今日と同じ戦術、同じスタイルで挑んでいきたいです」

そのうえで3回戦に向けて、「初心に戻って、きょうの試合のように最初から最後まで攻めて自分らしい思い切ったプレーをしたい」と意気込んでいました。
 
●水谷「想像以上に技のレベル高かった」
13歳の張本智和選手に敗れた日本のエース、水谷隼選手は「初めての対戦だったが、想像以上に技のレベルが高かった。張本選手が純粋に強く、完敗です」と淡々とした表情で話していました。
そして「試合前にこういうプレーをしようと思っていたが、ことごとく対応されて、だんだん自分がやることがなくなってしまった。自分が得意とするサーブレシーブで先手をとれなかったのがいちばんの敗因だと思う」と試合を振り返りました。
そのうえで、「きょうの負けを反省して、張本選手のためにももっともっと成長していきたい。張本選手にはぼくの分まで頑張ってほしいし、メダルを獲得してほしい」と話していました。

◆日本勢の結果
男子シングルスで日本勢は、丹羽孝希選手がシンガポールの選手に4対3で勝ち、3回戦に進みました。村松雄斗選手も勝って3回戦に進んでいます。
一方、女子シングルスでは、ことし4月のアジア選手権で強豪の中国勢を次々と破って優勝した17歳の平野美宇選手が、3回戦で台湾の選手に勝って4回戦に進んだほか、石川佳純選手や伊藤美誠選手、それに加藤美優選手も4回戦に進みました。佐藤瞳選手は3回戦で敗退しました。
また、ミックスダブルスは準々決勝が始まり、前回準優勝の吉村真晴選手と石川佳純選手のペアは、韓国のペアに勝ち、準決勝に進みました。3位決定戦は行われないため、今大会で日本勢初のメダル獲得が確定しました。
田添健汰選手と前田美優選手のペアは、香港のペアに敗れました。
 
★張本智和
張本 智和(はりもと ともかず、2003年6月27日 - )は、宮城県仙台市出身の卓球選手。JOCエリートアカデミー所属。身長は171cm(2017年4月時点)、体重は56.5kg(2017年1月時点)、靴のサイズ27.5cm(2017年4月時点)
◆人物
両親は中国出身の卓球選手で父は男子ジュニア日本代表コーチの張本宇、母は1995年の天津市で行われた第43回世界卓球選手権の元代表選手の張凌。両親は現在、仙台市宮城野区にある「張本卓球場」を経営。
2005年、2歳でラケットを握った。仙台市東宮城野小学校卒業、北区立稲付中学校在学。5歳下の妹・張本美和も卓球選手
◆使用ラケット、ラバー
ラケット
【バタフライ特注(ZLファイバー)、以前はギャラクシャカーボン】
 
ラバー(表面)
テナジー・05
【テナジー・80→テナジー・05(現在)】
 
ラバー(裏面)
テナジー・05・FX

◆エピソード
ITTFワールドツアー・ジャパンオープン荻村杯(U-21)を優勝した際、仰け反り雄たけびを上げたシーンを全日本代表の監督の倉嶋洋介から荒川静香イナバウアーの動きに似ていたことから「ハリバウアー」と名付けた。また得点を挙げたときの掛け声は「チョレイ」。
尊敬する選手は水谷隼。水谷とは10分間打ち合いで5、6点しか取れなかった悔しい過去がある。しかし2017年の第54回世界卓球選手権個人戦では2回戦で対戦し勝利を挙げている。また故郷の仙台市に本拠地を置く元東北楽天ゴールデンイーグルス田中将大のファン。
 
◆プレースタイル「ハイパー・アグレッシブスタイル」
戦型:シェーク攻撃型
正確なバックハンド、天性のボールタッチが特徴、全日本代表の監督の倉嶋洋介は「世界王者に育てなければならない選手」と語っている

☆彡チキータとは


チキータのコツ!3つの手順で誰でも簡単【卓球知恵袋】


チキータというのは、変則的なバックフリックのことです。
ラケットの先が下にくるくらい手首を思いっきり曲げて、ボールに回転をかけながら払うフリックです。
このチキータをすると、横回転がかかってバナナみたいにボールが曲がるので、チキータ(バナナの名前)という名称になったそうです。
チキータは卓球の打法のひとつ。チェコのピーター・コルベルが生み出した、手首の反動を利用した横回転のバックフリック。
このチキータは昔はコルベル選手の代名詞でしたが、今ではよく見かけるようになりました。
 
★『張本卓球場』 2016年8月28日開設
〒983-0043 仙台市宮城野区萩野町4丁目9-57
☎︎022-290-9295
 
●アクセス(仙台駅より)
〈市営バス〉
宮城野小仙台工業高校前下車徒歩3分
さくらの前32番 小鶴新田駅行き
バスプール4番 鶴巻小学校行き
〈JR仙石線
宮城野原駅または陸前原ノ町駅より徒歩15分