風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

6月7日は母親大会記念日、むち打ちなおそうの日、緑内障を考える日、ムダ毛なしの日、等の日です。

2017年6月7日はどんな日?

6月7日は母親大会記念日、むち打ちなおそうの日、緑内障を考える日、ムダ毛なしの日、等の日です。

●『母親大会記念日』 :
1954(昭和29)年、ビキニ環礁での水爆実験実施を受け「日本婦人団体連合会」は「国際民主婦人連盟(Women's International Democratic Federation・WIDF)」に原水爆禁止を提案し「世界母親大会」がスイスで開かれる事になり、これに先立ち1955(昭和30)年のこの日、東京池袋の「豊島公会堂」で第1回「日本母親大会」が開催された記念日です。
 
※日本母親大会(にほんははおやたいかい)は、日本の反核平和の女性運動を基盤とした社会運動・教育問題の大会である。「原水爆禁止」「子どもの生命を守る」の訴えを原点としている。
◆概説
母親を「母性を持つすべての女性を対象にした呼び名」と位置づけ、「生命を生み出す母親は生命を育て生命を守ることをのぞみます」のスローガンを掲げ、女性団体・社会運動団体・労働組合・教育問題を取り扱う市民団体などで構成される実行委員会の主催、開催地教育委員会やマスメディアなどの後援により毎年開催される。開催県は持ち回りとなっており、第58回(2012年)は新潟、第57回(2011年)は広島、第56回(2010年)は福島である。関連行事として都道府県や市町村単位の大会も存在する。大会の出席資格はなく、男性でも、未婚でも、児童でも誰でも参加でき、講師も男女を問わず招聘している。
第1回(1955年)から第7回(1961年)まで東京で開催されたが、第8回(1962年)に大阪で東京以外で初めての地方大会が行われた。大会では第1回から第6回までは3日間であったが、第7回から現在まで2日間で行い1日目は全体会で、2日目は分科会となっている。記念講演、教育問題・社会問題などの講座・シンポジウムなどを行っている。参加団体には47都道府県の実行委員会、50の中央団体が参加している。
 
●『むち打ちなおそうの日・むち打ち治療の日』 :
「む(6)ちうちをな(7)おそう」の日。
むち打ち症」は、一般的には治らないものと考えられていますが、きちんと治療すればほとんどの症状が改善するので、あきらめずに治療しましょうと呼びかける日にと、むち打ちの専門治療院で構成されている一般社団法人「むち打ち治療協会」が制定。
 
●『(旧)計量記念日』 :
1951(昭和26)年、それまでの「度量衡法」を全面的に改正した「計量法」が公布された事を記念して、1952(昭和27)年に「通商産業省(現、経済産業省)」が制定。
「計量法」は、1952(昭和27)年3月1日から施行され、1959(昭和34)年1月1日からは大部分が尺貫法からメートル法に変更されました。
その後、1993(平成5)年11月1日の「計量法」の全面改正にともない、現在の計量記念日は11月1日になっています。
 
●『緑内障を考える日』 :
「りょく(6)ない(7)しょう」の日。
緑内障に関する啓発と情報発信、患者やその家族との交流と情報交換を目指して活動している緑内障患者やその家族で作る「緑内障フレンド・ネットワーク」が制定。
中途失明の原因として最も多いとされる緑内障について広く考え、一年に一度は緑内障の検診を受けるように呼びかける日です。
 
●『ムダ毛なしの日』 :
「6(ムダ毛)と7(なし)」の日。
夏に向けて素肌を出し始める女性達に、思わずさわりたくなるすべすべ肌を手に入れて欲しいとの願いから、世界と日本で売り上げナンバーワンの除脱毛ブランド「ヴィート」を展開している会社が制定。
 
☆彡毎年6月の4日~10日は、
●『歯の衛生週間』 :
1928(昭和3)~1938(昭和13)年まで日本歯科医師会が、「む(6)し(4)」に因んで6月4日を「虫歯予防デー」として制定していました。
これを復活させる形で1949(昭和24)年に「口腔衛生週間」が制定され、1952(昭和27)年に「口腔衛生強調運動」、1956(昭和31)年に再び「口腔衛生週間」に名称が変更され、1958(昭和33)年からは「厚生省(現、厚生労働省)」、「文部省(現、文部科学省)」、「日本歯科医師会(日歯)」により、現在の「歯の衛生週間」とされています。
 
☆彡毎年6月の1日~7日は、
●『水道週間』 :
水道について国民の理解と関心を高め、公衆衛生の向上と生活環境の改善を図る為の週間です。
1959(昭和34)年に「厚生省(現、厚生労働省)」により制定。
水の需要期を控え、水道を中心に「水」、特に飲料水、家庭用水に対する認識を高める事を目的としています。
 
●『がけ崩れ防災週間』 :
「土砂災害」に関する国民の理解と関心を深めると共に、防災知識の普及、警戒避難体制整備の促進等を推進し、人命、財産の被害を防止する事を目的とした週間です。
1973(昭和48)年に、「建設省(現、国土交通省)」が制定。
「地すべり」等が発生し易くなる梅雨時の前にと、この日が設定されています。
 
☆彡毎年6月の1日~10日は、
●『電波利用保護旬間』:
総務省」が実施。
電波の日」からの10日間。
不法無線局の一掃と電波利用者を保護の為、全国規模で電波法令の周知・啓発に関する広報活動、及び警察と共同で不法無線局の路上取締り等を行います。
 
●『育児休暇制度促進旬間』 :
労働省(現、厚生労働省)」が、育児休暇制度の拡充を図り、1982(昭和57)年に制定。
広報啓発活動に努めていいます。 
 

☆彡6月7日の誕生花』:
バラ(黄)  花言葉は君のすべてが可憐、嫉妬、薄れ行く愛
クチナシ  花言葉は幸福者、優雅、清浄、清潔、とてもうれしい
ホワイトレースフラワー  花言葉は可憐な心
アサギリソウ(朝霧草)  花言葉は光、脚光、喝采、慕う心
シラー  花言葉は辛抱強さ、多感な心、悲しい、哀れ、不変
ニガヨモギ(苦蓬)  花言葉は冗談、からかい、平和
タンチョウアリウム(丹頂アリウム)  花言葉はくじけない心
イワカガミ(岩鏡)・Schizocodon Soldanelloides 花言葉は「忠実」
ストケシア(瑠璃菊)・Stokesia 花言葉は「清楚な娘・追想」です。

 
☆彡6月の行事・暦・祭り(2017年・平成29年)
1日(木)衣替え/貴船祭
2日(金)横浜開港記念日
4日(日)歯の衛生週間(→10日)
5日(月)芒種
6日(火)稽古始め
7日(水)YOSAKOIソーラン祭り(→11日)
10日(土)時の記念日
11日(日)入梅
16日(金)和菓子の日
18日(日)父の日
20日(火)鞍馬寺竹伐り会式
21日(水)夏至
28日(水)貿易記念日
30日(金)夏越しの祓