風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

マリインスキー・バレエ団のプリンシパルで白鳥の名手「ウリヤーナ・ロパートキナ」が引退!

「ロシア北西部サンクトペテルブルクの名門マリインスキー・バレエ団の看板ダンサーで、「ロシアの至宝」とうたわれるウリヤーナ・ロパートキナさん(43)が引退することが18日、明らかになった」。 とロシアメディアが伝えた。

 ロパートキナさんは1995年に同バレエ団の最高位プリンシパルになった。特に「白鳥の湖」の主役の白鳥役は、優美な踊りで世界的な人気を誇っていた。
 今シーズンはケガの治療のため出演していなかった。
 
 ロパートキナさんは1995年にマリインスキー・バレエプリンシパルとなり、「白鳥の湖」で舞う白鳥の優美さはバレエ王国ロシアでも傑出していると評される。バレエ人生をたどったドキュメンタリー映画ロパートキナ 孤高の白鳥」は昨年、日本各地で上映された。
 
ロパートキナは白鳥、黒鳥そして瀕死の白鳥を得意にしていました。
瀕死の白鳥は第一にアンナ・パブロワ第二にマイヤ・プリセツカヤそして第三にロパートキナが素晴らしいです。
バレエは舞台や衣装そしてバレリーナを含めてロシアバレエがいいですね。
 
 
天才的なバレリーナシルビィ・ギエム(Sylvie Guillem)が引退、美人でキトリ役がすてきなニーナ・アナニアシヴィリも引退しました。私の好きなバレリーナが次々と去っていくのはとてもさみしいですね。
 
★ウリヤーナ・ロパートキナUlyana Vyacheslavovna
ウリヤーナ・ロパートキナ(ロシア人:УльянаВячеславовнаЛопаткина; 1973年10月23日生まれる)はロシアのバレエダンサー(現在サンクトペテルスブルグのMariinskyバレエのプリマ・バレリーナ)です。

Born
Ulyana Vyacheslavovna Lopatknina
23 October 1973 (age 43)
Kerch, Crimea, Ukrainian SSR
Education
Vaganova Ballet Academy
Occupation
Ballet dancer
Known for
Swan Lake, Giselle
Awards
Selected: Honored Artist of Russia (2000), People's Artist of Russia (2006)

◆略歴
ロパートキナは、ナターリア・ドジンスカヤとワガーノワ・アカデミーで勉強しました。
卒業と同時に、ロパートキナは1991年にキーロフ/Mariinsky劇場バレエに加わりました。
ロパートキナは1995年プリンシパルになり、同年建築家&作家であるウラジミールKornevと結婚(2010年に離婚する)しました。そして、2002年1人の娘マーシャが生まれました。
ロパートキナ は、古典的で 劇的な 役割 で 優れています 。
 
ロパートキナの得意なレパートリー
ジゼル ( ジゼル 、Myrtha ) (ル・ Corsaire ( Medora ) )La Bayadè ( Nikia ) 、グランド Paquita 、 眠れる美女ライラック色の 妖精 ) 、 白鳥の湖 ( オデット - オディール )等があります。
 
 ロパートキナのオデットのたおやかな踊りは魅了されます。
ロパートキナの生活
ロパートキナ は午前9時 ~ 午前10時 の間で 起きて 、 朝食 のために 1 杯 の グレープフルーツ ・ジュース または カップ1 杯 の お茶 を飲みます 。
急いでい ない とき 、ロパートキナオートミール または ソバ ・オートミールがゆ を食べます 。
リハーサル は、午前11時 以後 始まります 。
キーロフ で 、ロパートキナ は最初に 他の ダンサー と クラス に出席して 、 Ninel Kurgapkina で これ の後で個人の リハーサル を 続けました 。
ブレーク の後 、 ロパートキナ はより多くの リハーサル をする か、 より若い ダンサー を教える ことをアシストします 。
ロパートキナ は、昼食をしばしば スキップします
ロパートキナ は、世界 の最も背が高い 一流の バレリーナ の内の一人です :
彼女 は身長 が( 175 cm ) 5 フィート 9 で 、 靴 サイズ 10.5 US を履きます。
ロパートキナ は、彼女 のために 特別に作られて いる各々の 公演 で 、2組 の 靴 を使います。
 
ロパートキナのオディールは美しすぎますね。

◆主な受賞Awards
International Vaganova-prix Competition (St Petersburg, 1991).
Golden Sofit (1995)
The Golden Mask (1997)
Prix Benois de la Danse (1997)
The Baltika prize (1997)
the Evening Standard (1998)
State Prize of Russia (1999)
Honoured Artist of Russia (2000)
The Baltika prize (2001)
People's Artist of Russia (2006).

★『瀕死の白鳥』 (ひんしのはくちょう、Умирающий лебедь) は、ミハイル・フォーキン振り付けによるバレエ作品である。
概要
カミーユ・サン=サーンスによる組曲「動物の謝肉祭」の「白鳥」を用いて、 湖に浮かぶ一羽の傷ついた白鳥が、生きるために必死にもがき、やがて息絶えるまで描いた小作品。 ミハイル・フォーキンが1907年にアンナ・パブロワのために振り付けたとされる。
アンナ・パブロワの代表的な作品であり、至高の出来と評価される踊りであったために、アンナ・パブロワの死後、彼女の名を汚さぬよう、またパヴロワと比較されてしまうのを恐れて、『瀕死の白鳥』 は以後同じロシアの偉大なバレエダンサーマイヤ・プリセツカヤが違う振り付けで踊るまで20年間誰も踊ることがなかった。
アンナ・パブロワは欧米だけでなく、飛行機での旅行のない時代に中南米をはじめ、インド、エジプト、オーストラリアなど繰り返し世界ツアーを行い、世界各地で瀕死の白鳥を踊っている。
アンナ・パブロワは1922年に日本でも瀕死の白鳥を踊り、芥川龍之介もこのアンナ・パブロワの瀕死の白鳥を見て絶賛したという。
アンナ・パブロワの踊る瀕死の白鳥の映画フィルムは、劣化しかすれた非常に低品質なモノクロ画像ではあるが現代に残っていて、ビデオで市販もされている。
現代ではフォーキンの原振付けあるいは改定した振付けで瀕死の白鳥を踊るバレエダンサーは少なくない。
スポンサーリンク