風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

10月4日は天使の日、十五夜、すっぽんの日、女子会の日、徒歩の日、104の日、宇宙開発記念日、里親デー、陶器の日、イワシの日、古書の日、世界動物の日、等の日です。

2017年10月4日は何の日?

 

10月4日は天使の日、十五夜、女子会の日、徒歩の日、104の日、探し物の日、宇宙開発記念日、里親デー、陶器の日、イワシの日、古書の日、世界動物の日、等の日です。

 

 

●『天使の日』 :
「てん(10)し(4)」の日。
婦人下着メーカーが自社の主力商品「天使のブラ」が累計1,000万枚の販売を記録したのを記念して2000(平成12)に制定。


●『森永・天使の日』 :
「森永・てん(10)し(4)」の日。エンゼルマークで知られ、「天使」の商標登録を持つ日本有数の菓子メーカーが制定。
日本中の子供たちに天使のような純真無垢な笑顔になってもらいたいとの願いが込められています。


●『天使のエステの日』 :
フランス語で天使を意味する「レサンジュ」のPRと、多くの女性に天使のような美しさを提供したいとの願いから、エステティックサロンが制定。
日付は、10と4で「天=テン(10)使(4)」と読む語呂合わせからです。


●『サンテロ天使の日』 :
ラベルに天使が描かれたイタリア産のスパークリングワイン「天使のアスティ」、「天使のロッソ」をより多くの人に楽しんで頂きたいと、東大阪市に本社を置く酒類専門商社が制定。
サンテロとは、イタリアのナンバーワン・アスティを生産するサンテロ社のことで、日付は10と4で「天使」と読む語呂合わせからです。


●『十五夜中秋の名月の日 月を鑑賞し、収穫を祝う行事
日本の風習
お月見にお供えものをするのは、月が風雅の対象だけでなく、信仰の対象でもあったからです。
十五夜、十三夜、十日夜の3月見は収穫に感謝するお祭りなので、収穫物をお月様にお供えするようになりました。お馴染みの月見団子もお供えもののひとつです。
穀物の収穫に感謝し、月に見たてて米を粉にして丸い団子にして作ったのが月見団子のはじまりです。

◆供える数には2つの説があります。
【満月の数⇒12個】 
その年に出た満月の数を供えるので平年は12個、閏年は13個となります。
十五夜⇒15個】 
十五夜だから15個(十三夜には13個)。15個の並べ方は、下から9個、4個、2個となります。

十五夜は別名「芋名月(いもめいげつ)」といい、里芋などの芋類の収穫を祝う行事でもあるため、里芋やさつまいもなどをお供えします。

また、この時期とれた野菜や果物も盛ることもあります。葡萄などのツルものは、月と人との繋がりが強くなるという縁起のいいお供えものです。
供えたものを下げて頂くことで、神様との結びつきが強くなると考えられています。

ススキは神様の依り代と考えられており、稲穂が実る前なので、稲穂に見立てたススキが選ばれたといわれています。また、ススキの鋭い切り口が魔除けになるとされ、お月見のあと軒先に吊るしておく風習もみられます。

さらに、秋の七草秋桜など、季節の草花で彩りましょう。

現代では、月が見える場所でススキを飾り、月見団子・里芋・枝豆・栗などを用意し、酒を捧げて月を鑑賞します。
月見台にお供えものを飾りましょう

・窓からお月見 → 窓辺にテーブルを置いて。
・出窓があれば →出窓の張り出し部分を利用して。
・お庭でお月見 →お庭のガーデンテーブルに。
・ベランダに出てお月見 →ベランダや窓辺にテーブルを置いて。
・縁側があれば →縁側にちゃぶ台を出して。

 

●『すっぽんの日』 :十五夜の日に制定


すっぽんの養殖地として全国的に有名な静岡県浜名郡舞阪町(現在の浜松市西区舞阪町)の舞阪町観光協会が、すっぽんの養殖が始まって100年となる2000年の10月に制定した日。滋養に優れたすっぽんを広くアピールするのが目的。日付けは「月とすっぽん」のことわざから十五夜の日に。また、中秋の名月の頃は、すっぽんに脂が乗っていっそう栄養価が高くなることも理由のひとつ。

 

●『月見酒の日』: 「中秋の名月」の日
京都府京都市伏見の老舗の日本酒メーカー、月桂冠株式会社が制定。まろやかな味わいと、すっきりとしたあと味が特徴のお酒「つき」をより多くの人に味わってもらうのが目的。日付は銘柄名から月が一年でもっとも美しく、風流な「月見酒」を楽しむのにふさわしい「中秋の名月」の日とした。ちなみに同社は2017年に創業380年、「つき」の発売20周年を迎えた。


●『女子会の日』 :
長野市に本社を置き、働く女性に向けて糀のエナジードリンク「hacco(ハッコ)」を発売している食品メーカーが制定。
恋にも仕事にもがんばる女子を応援するブランドとして、日本の女子の活力源の一つである女子会を盛り上げる事が目的です。
日付は、10と4で「女子」と読む語呂合わせからです。


●『徒歩の日』 :
日常生活で歩く習慣を取り戻し、健康になることを目的に、宮崎市の「徒歩を楽しむ会」が制定。
日付は、10と4で「徒歩(ト・フォー)」と読む語呂合わせからです。


●『104の日』
NTT電話番号案内のサービスを行っているNTT番号情報(NTT-BJ)が制定。
電話番号案内の電話番号104から。


●『探し物の日』
NTTの電話番号案内が104番であることから。
失くした物をもう一度本気で探してみる日。


●『宇宙開発記念日(Space Development Day)』 :
1957(昭和32)年に、ソ連が人類初の人工衛星スプートニク1号」の打ち上げに成功した事を記念した日です。


●『里親デー』 :
児童福祉法の里親制度の普及を図ることを目的に、厚生省(現、厚生労働省)が1950(昭和25)年から実施している日です。
日付は、里親制度の運営について事務次官通達が施行された日です。
※≪「里親」とは「児童福祉法」に基づいて、保護者のいない児童や、保護者に監護させる事が不適当な児童の養育を都道府県知事から委託された者を指します。
「職親」は、保証人がいない年少者の就職の際に親の資格で保証人となって就労の世話をする人の事です。


●『都市景観の日』 :
都市の景観を見直し、人々の景観に対する意識を高めようと1990(平成2)年に建設省(現、国土交通省)が制定した日です。
日付は、「と(10)しび(4日)」(都市美)の語呂合わせです。


●『陶器の日』 :
瀬戸物で知られる愛知県瀬戸市の「商工会議所」や「日本陶磁器卸商業協同組合連合会」が、陶器の良さ、美しさをアピールしようと1984(昭和59)年に制定。
日付は、陶器の古称「陶瓷(とうし)」から、「とう(10)し(4)」の語呂合せです。


●『イワシの日』 :
「い(1)わ(0)し(4)」の日。
大阪府の「多獲性魚有効利用検討会(現、大阪おさかな健康食品協議会)」が1985(昭和60)年に制定。


●『ジューCの日』 :
「ジュー(10)C(4)ー」の日。
「ジューC」は1965(昭和40)年から販売され、40年以上もの間ロングセラーを続けている日本を代表する清涼菓子です。<>岡山市に本社を置き、「子どもたちに夢と希望を」の精神でお菓子づくりをしている製菓メーカーが制定。


●『投資の日』 :
証券市場や株式市場への理解を深めてもらい、より多くの方に証券・金融市場に興味と関心を持って頂く為、「日本証券業協会」などが1996(平成8)年に「証券投資の日」を制定。
同協会などで構成する「証券知識普及プロジェクト」では、更に幅広く投資に興味と関心を持って頂こうと2009(平成21)年に名称を「投資の日」と変更して、各地で様々な普及イベント活動を行っています。


●『古書の日』 :
全国古書籍商組合連合会」が2003(平成15)年に制定。
「古」の字を分解して「十」「口」とし、これを組あわせた「田」を4冊の本に見立てて10月4日を記念日としました。


●『世界動物の日(World Animal Day)』 :
動物・環境保護守護聖人である「アッシジのフランチェスコ」の聖名祝日です。
アッシジのフランチェスコ、本名「ジョヴァンニ・ディ・ピエトロ・ディ・ベルナルドーネ (1182年 7月5日 - 1226年10月3日)」は、フランシスコ会フランチェスコ会)の創設者として知られるカトリック修道士です。
存命中から聖人視されていた為、多くの伝説が流布されている人物で、中世イタリアにおける最も著名な聖人の一人で、カトリック教会と聖公会で崇敬され、「シエナのカタリナ」とともにイタリアの守護聖人です。


●『トレシーの日』 :
「ト(10)レシー(04)」の日。
メガネ拭きの代名詞として知られ、超極細繊維を使ったクリーニングクロス「トレシー」を発売するメーカーが、その優れた効果をPRするために制定。
1986(昭和61)年に発売された「トレシー」は、スマートフォンや時計、アクセサリー、テレビ、グラス、漆器、家庭用品ど、様々なアイテムに使え、油膜などの脂汚れを驚くほどスッキリ拭き取ることが出来ます。


●『とんがらし麺の日』 :
即席麺を中心とした食品の製造販売を行う食品メーカーが制定。
同社の商品である「とんがらし麺」の美味しさを更に多くの人に味わってもらうのが目的です。
とんがらし麺」は、辛さとうまみを合わせ持つこだわりの唐辛子練り込み麺と、うま辛なスープが後をひく人気のカップ麺です。
日付は、10と4で「トン(10)がらシ(4)」の語呂合わせです。


●『お取り寄せの日』 :
お取り寄せの口コミポータルサイト「おとりよせネット」を運営する会社が制定。
お取り寄せの楽しさ、嬉しさ、わくわくがもっと広がるようにとの願いが込められています。
日付は、10月はおいしいものがあふれる季節で、4日は食(4)に通じることと、10と4で「お・と(10)・り・よ(4)・せ」の語呂合わせからです。
 

 
☆彡毎月3日・4日・5日は、
●『みたらしだんごの日』 :
「み(3)たらし(4)だんご(5)」の日。
「みたらしだんご」を製造している製パン会社が制定。
スーパーマーケットやコンビニエンスストア等で幅広く販売されている砂糖醤油の葛餡をかけた串団子の「みたらしだんご」を、手軽なおやつとしてもっと食べてもらうのが目的です。


☆彡10月4日の誕生花 

西洋唐花草 Common Hap 花言葉は無邪気

釣鐘草(釣鐘人参) Ladybells 花言葉は熱心にやり遂げる 詩的な愛、誠実、優しい愛情

ステルンベルギア(黄花玉簾) Yellow star flower 花言葉はじれったい「期待」

カンパニュラ・メディウム(ツリガネソウ)花言葉は感謝、誠実

ペインテッドセージ 花言葉は家庭的

パセリ 花言葉はお祭り気分、勝利、愉快な気持ち

エノコログサ 花言葉は遊び、愛嬌

レースフラワー 花言葉は悲哀、可憐な心、細やかな愛情

ホップ 花言葉は希望、信じる心、天真爛漫、不公平

オニユリTiger Lily』、花言葉は「荘厳」

クジャクアスター(孔雀草)・Michaelmas Daisy 花言葉は「可憐・一目惚れ」です。

 


 
☆彡10月の行事・暦・祭り(2017年・平成29年)
1日(日)衣替え
3日(火)亥の子
4日(水)十五夜
7日(土)長崎くんち(→9日)
8日(日)寒露
9日(月・祝)体育の日
10日(火)銭湯の日
14日(土)灘のけんか祭り(→15日)
15日(日)善光寺御会式
17日(火)神嘗祭(かんなめさい)
20日(金)秋土用入り
22日(日)時代祭
23日(月)霜降 秋土用の間日
25日(水)秋土用の間日
27日(金)秋土用の間日

 

●10月の他の別名
吉月(きちげつ)
陽月(ようげつ)
時雨月(しぐれづき)
初霜月(はつしもづき)
建亥月(けんがいげつ)
良月(りょうげつ)
大月(たいげつ)
雷無月(かみなかりづき)
神去月(かみさりづき)
鎮祭月(ちんさいげつ)
【出雲地方】
神在月(かみありづき)
神有月(かみありづき)

スポンサーリンク