風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

9月15日は老人の日、ひじきの日、大阪寿司の日、スカウトの日、シルバーシート記念日等の記念日、毎月15日はお菓子の日、中華の日、いちごの日、ひよ子の日、等の日

2018年9月15日は何の日?


9月15日は老人の日、ひじきの日、大阪寿司の日、スカウトの日、シルバーシート記念日等の記念日、毎月15日はお菓子の日、中華の日、レンタルビデオの日、いちごの日、ひよ子の日、水天の縁日、妙見の縁日等の日です。


老人の日
2002年1月1日改正の「老人福祉法」によって制定。2003年から「祝日法」の改正によって「敬老の日」が9月第3月曜日となるのに伴い、従前の敬老の日を記念日として残す為に制定された。
国民の間に広く老人の福祉についての関心と理解を深めるとともに、老人に対し自らの生活の向上に努める意慾を促す日。
祝日法の改正により、2003(平成15)年から「敬老の日」の日付は、この日から毎年9月の第3月曜日に変更されました。それに伴い、それまでこの日が「敬老の日」であったことを記念して、「老人の日」の名称でこの日を記念日として制定。 
関連記念日 •敬老の日 <9月第3月曜日>
•老人週間 <9月15日~9月21日>
*(旧)としよりの日
1947年に兵庫県野間谷村の門脇政夫村長がこの日に敬老会を開いたのに始まる。1950年に兵庫県全域、1951年から全国で行われるようになった。1964年に、「としより」という名称はひどいということで、「老人の日」に改められた。
*(旧)老人の日
1964年・1965年に行われたときの名称。1966年からは国民の祝日敬老の日」となった。
*(旧)敬老の日
1966年から2002年まで。「祝日法」の改正により、2003年から9月第3月曜日に変更された。

●ひじきの日
三重県ひじき協同組合が1984年に制定。
敬老の日」に因み、昔からひじきを食べると長生きをすると言われていることから。

 

●大阪寿司の日
関西厚焼工業組合が制定。
押し寿司などの大阪寿司は生魚を使わないことからお年寄りにも安全・安心であるとして、長らく「敬老の日」であったこの日を記念日とした。
※木枠に厚焼玉子や鯛、穴子、エビなどを並べて押し寿司にしたものや、伊達巻寿司、太巻き寿司を盛り合わせた大阪寿司は美しく、味のバランスの取れた「ミニ懐石料理」とも言われています。 

 

●スカウトの日
1974年に5月5日を含む日を「スカウト週間」として制定。1990(平成2)年に「スカウト奉仕の日」に改称して9月15日に変更し、翌1991年に「スカウトの日」に再度改称した。
奉仕活動を通じて地域社会へ貢献するとともに、ボーイスカウトの活動が地域社会に根ざした実践活動であることを広く社会にアピールする日。
ボーイスカウトではこの日から新しい年度が始る。
関聯記念日 •世界スカウト平和の日 <9月第3木曜日>
ボーイスカウト創立記念日 <1月24日>
ガールスカウトの日 <5月22日>

シルバーシート記念日
1973年のこの日、東京・中央線の電車に初めて老人・身体障害者の優先席「シルバーシート」が設置された。
1997年に、「優先席」に改称された。

 

●『スナックサンドの日』 :
愛知県名古屋市に本社を置き、「本仕込食パン」・「ネオバターロール」など多くの人気のパンで知られる製パンメーカーが制定。
同社は、1975(昭和50)年9月15日に食パンのミミを落とし、中身をはさんで四方を圧着して作る「スナックサンド」と名付けられた携帯サンドイッチを日本で初めて発売しました。
その「スナックサンド」が2015(平成27)年で発売40周年になるのを記念して制定。
日付は、「スナックサンド」が発売された日に因んでいます。

●『レクリエーション介護士の日』 :
介護にレクリエーションを取り入れ、高齢者を笑顔にする介護士を「レクリエーション介護士」と名付け、大阪市に本拠を置き、民間資格の「レクリエーション介護士」の養成講座、資格認定などを行う一般社団法人「日本アクティブコミュニティ協会」がその知名度の向上を目的に制定。
日付は、09と15で「レ(0)ク(9)リエ―ションかい(1)ご(5)し」と読ませるの語呂合わせと、以前はこの日が「敬老の日」であった為です。

●『石狩鍋記念日』 
北海道を代表する郷土料理の「石狩鍋」の発祥地である石狩市で、本場の石狩鍋を広くPRしようと結成された石狩鍋復活プロジェクト「あき味の会」が制定。
石狩鍋は鮭の身のぶつ切りを野菜等と共に味噌仕立てにした鍋です。
日付は、石狩で「鮭」が捕れる時季で、9と15を「くいごろ」と読む語呂合わせなどからです。

シャウプ勧告の日
1949年のこの日、シャウプ勧告が公表された。
シャウプ勧告とは、アメリカ・コロンビア大学のカール・シャウプ博士を団長とする税制調査団による税制改革案で、戦後の税制の基礎となった。
▲国際民主主義デー(International Day of Democracy)
国際デーの一つ。2007年11月の国連総会で制定。


☆彡毎月の第3土曜日は
●『オコパー・タコパーの日』
「オコパー・タコパー」とは「お好み焼パーティ・たこ焼パーティ」のこと。お好み焼とたこ焼はみんなで調理を楽しめて食卓が盛り上がるだけでなく、食材費も安く出来る素晴らしい団らんメニューであることから、お好み焼粉、たこ焼粉を製造販売する日清フーズ株式会社が制定。日付は家計に優しい料理なので給料日前となることの多い毎月の第3土曜日としたもの。


☆彡毎月14日、15日は『ひよこの日』

ひよ子本舗吉野堂が制定。
「ひよ子まんじゅう」をPRするのが目的。
日付は『ひ(1)よ(4)こ(5)』の語呂合わせから。

 

☆彡毎月15日は
●『お菓子の日』 :
お菓子の神様(過疎神)を祀る和歌山県の「橘本(きつもと)神社」と兵庫県の「中嶋神社」の例大祭が、制定当時4月15日に行われていた事に因んで、<>「全国菓子工業組合連合会(全家連)」が1981(昭和56)年に制定。

 

●『中華の日』 :
「東京都中華料理環境衛生同業組合」が制定。

 

●『レンタルビデオの日』 :
洋画ビデオの会社4社のグループが制定。

 

●『いちごの日』:
「いち(1)ご(5)」の日。関蓮記念日として、◎1月15日の「いちごの日」もあります。

 

☆彡毎月1日・5日・15日は、
●『水天の縁日』 : 
毎月の5日だけの所もあります。
水天は十二天・八方天の一つで、水を司り、旱天・洪水の難を守るという竜神で、降雨を祈る「水天法」の本尊です。


☆彡毎月1日・15日は、
●『妙見の縁日』 : 
妙見(みょうけん・妙見菩薩の略)の縁日です。
1月1日の初詣は「初妙見」といって重んじられています。

スポンサーリンク  



☆彡9月15日 誕生花
ダリア Dahlia花言葉:華麗 優雅、威厳
マリーゴールド(万寿菊) Marigold花言葉:信頼  嫉妬、悲哀
コスモス(秋桜) Cosmos花言葉:乙女の心
センニチコウ(千日紅)・Globe Amaranth 花言葉は「変わらぬ愛情・永遠の命」
ススキ 心が通じる
グラジオラス 情熱的な恋、用心、密会
サネカズラ(実葛) 好機をつかむ、再会


☆彡誕生石は「パライバ・トルマリン」石言葉:ルーツ

 


☆彡今日誕生日の人の一言 アガサ・クリスティー(作家) 1890年9月15日-1976年1月12日

『世の中に本当に心の底から悪い人はめったにいない。ただ、みんな、ちょっとおバカさんだけなのよ』


アガサ・クリスティー
アガサ・メアリ・クラリッサ・クリスティ(Dame Agatha Mary Clarissa Christie, DBE、旧姓:ミラー (Miller)、1890年9月15日 - 1976年1月12日〈85歳没〉)は、イギリス生まれの推理作家である。発表された推理小説の多くは世界的なベストセラーとなり「ミステリーの女王」と呼ばれた。英国推理作家のクラブであるディテクションクラブの第4代会長。メアリ・ウェストマコット (Mary Westmacott) 名義の小説が6作品ある。

1920年のデビューから85歳で亡くなるまで長編小説66作、中短編を156作、戯曲15作、メアリ・ウェストマコット (Mary Westmacott) 名義の小説6作、アガサ・クリスティ・マローワン名義の作品2作、その他3作を執筆。

1926年 『アクロイド殺し』を発表。大胆なトリックと意外な真犯人をめぐって、フェアかアンフェアかの大論争がミステリ・ファンの間で起き、一躍有名に。また、母が死去する。この年アガサは謎の失踪事件を起こす。

1955年 MWA賞巨匠賞 受賞。
1956年 大英勲章第3位 (CBE) 叙勲。
1971年 大英勲章第2位 (DBE) 叙勲。

ジャンル
推理小説
代表作
アクロイド殺し
オリエント急行の殺人』
そして誰もいなくなった
デビュー作
『スタイルズ荘の怪事件』
配偶者
アーチボルド・クリスティ(1914年 - 1928年)
マックス・マローワン(1930年 - 1976年)


以上はナイツ社編 「365日名言の旅」より一部抜粋&加筆

 


☆彡今日のハッピー一日一言 ハッピーを呼ぶヒント

『幸せになるコツは「幸せになりたい」ではなく、

「幸せ!」と断言することです』

 

 あなたは、今幸せですか?

「不幸ではないけど、幸せとも言い切れない」という方は多いかもしれませんね。

「仕事がつまらないと思わないけど、楽しいとも言えない。」
「もう少しお金があったら…」
「もう少し、美人だったら…」
「もう少し…」

このように足りないものを数えていると、

無意識のうちに「ああ、幸せになりたいなあ…」と望んでしまうものです。

 

でもね~

 

本当に、幸せになるコツは「幸せになりたい」という言葉と

きっぱり縁を切ることです。

 

そして、「幸せ!」と断言してしまうことです。

 

いったいなぜでしょうか?

それは「なりたい」ということは今はそうではないと

認めてしまうことになるからです。

 

言葉の力は心を動かし、行動を変えます。

 

つまり、「幸せになりたい」ではなく、

「幸せ!」と言い切ってしまえば心もそう思い込みます。

 

ココロにつられて、行動もポジティブな方向に向かっていくのです。

 

「もうなっている」と言葉を変えるだけで、その状態が現実となるのです。

 

「私は幸せ!」と何度も何度も、

自分がその気になってくるまで繰り返してみてください。

 

そして、一日の終わりには、幸せの数を数えてみましょう。

 

今日も一日、元気に過ごせた。

上司に仕事をほめられた。

友達と飲みに行ってゲラゲラ笑った。

帰りの電車で運よく席が空いていた。

好きな本を読める、好きな音楽が聞ける。

今日はたっぷり、眠れそう。

こんな風に、小さな幸せでも数え上げてみるとかなりの数になるはずです。

幸せを数えるたびに、プラスパワーをためるイメージを持ってください。

 

言い切る方法はほかの言葉にも応用できます。

「元気になりたい」⇒「私は元気!」

「○○ができるようになりたい」⇒「私は○○ができる!」の様に…。


「断定する言葉」はまさに幸運を引き寄せるオールマイティの「魔法の言葉」なのです。

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。


以上は さとうやすゆき著「1日一つ変えてみる。」より一部抜粋&加筆

 

☆彡9月の行事・暦・祭り(2018年・平成30年)

1日(土)二百十日 おわら風の盆(→3日)

2日(日)宝くじの日

7日(金)花巻まつり(→9日)

8日(土)白露

9日(日)重陽節句

11日(火)二百二十日

12日(水)宇宙の日

15日(土)岸和田だんじり祭(→16日)

17日(月・祝)敬老の日

20日(木)彼岸の入り

23日(日・祝)秋分 秋分の日

24日(月)十五夜 振替休日

26日(水)彼岸明け

29日(土)招き猫の日

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク