風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

幸せな人とは「幸せ探し」の上手な人。植西聡著「ひと言セラピー」より

☆彡今日のハッピー 一日一言 ハッピーを呼ぶヒント


『小さい幸せ見つけた♪~』

 

幸福は探さなければ見つからないものではないでしょうか。

その意味では、幸せな人とは「幸せ探し」の上手な人なのです。

幸福な人は、いつも自分の人生の中に幸福といえるものを探しています。

「私の勤めている会社は中小企業だが、やりがいのある仕事がある。そんな私は幸せ者だ」

「長年続けている趣味がある。一緒に楽しむたくさんの友もいる。お金はないけれど、そんな私は幸せだ。」

「職場では思うように出世できないが、私には愛する家族がいる。家族に恵まれた私は、幸福だ。」と

いったふうに、いつもの日常に幸せを見出して、幸福だと感じている人が幸福なんです。

つまり、自分自身に「私は幸福だ」と語り掛けている人です。

 

探してみると、思いがけない幸福が自分の人生に見つかるものです。

 

反対に、不幸を探せば、嫌なこと、つらいことばかりが目に付くのが人生です。

 

今まで気づかなかった幸福が見つかれば、それが新たな生きがい、生きる喜びになっていくことでしょう。

 

たった今から「小さな幸せ」を見つけましょう!

 

☆彡『人間にとって最も不幸なのは、自分が幸福であることに気づかないことだ。』

ドストエフスキー

 

一度だけの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

以上は植西聡著「ひと言セラピー」より一部抜粋&加筆

ドストエフスキー
フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー(1821年11月11日〔ユリウス暦10月30日〕 - 1881年2月9日〔ユリウス暦1月28日〕)は、ロシアの小説家・思想家である。代表作は『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』など。レフ・トルストイイワン・ツルゲーネフと並び、19世紀後半のロシア小説を代表する文豪である。
その著作は、当時広まっていた理性万能主義(社会主義)思想に影響を受けた知識階級(インテリ)の暴力的な革命を否定し、キリスト教、ことに正教に基づく魂の救済を訴えているとされる。実存主義の先駆者と評されることもある。反ユダヤ主義者としても知られる。

職業 小説家、思想家
言語 ロシア語
国籍  ロシア帝国
ジャンル 小説
主題 宗教
文学活動 写実主義
代表作
罪と罰』(1866年)
『白痴』(1868年)
『悪霊』(1871年
『未成年』(1875年)
カラマーゾフの兄弟』(1880年
デビュー作 貧しき人びと
配偶者 Maria Dmitriyevna Isaeva(1857–1864、死別) アンナ・スニートキナ(1867–1881、死別)

ドストエフスキーと日本
ドストエフスキーは、日本に正教を伝え、日本ハリストス正教会の原型を築いたロシア人大主教ニコライ・カサートキンに会ったことがある。ドストエフスキーは日本に正教会を伝道する大主教ニコライと会うことを楽しみにしていたという。当時の二人の会話にある彼の台詞は、ドストエフスキーの日本に対する見方と、正教伝道に対する姿勢が垣間見える貴重な判断材料である。
ドストエフスキー研究の専門家の中からニコライ大主教の膨大な量の日記を全て日本語訳するプロジェクトを監修するに至る研究者(中村健之介)が出てきていることからも分かるように、ドストエフスキーと日本との数少ない接点がここに見出される。
ドストエフスキーが日本文学に与えた影響は計り知れない。ドストエフスキー熱は現在でも冷めることなく、「ドストエーフスキイの会」(木下豊房代表)、「ドストエーフスキイ全作品を読む会」がある。
全集刊行は、大正期に新潮社(未完)ほか3社で、戦前は三笠書房で、戦後は米川正夫訳が河出書房より2度、小沼文彦訳が筑摩書房で、江川卓原卓也川端香男里小笠原豊樹、工藤精一郎、木村浩等の訳が新潮社で出されている。
作品中での日本に関する言及としては、『白痴』第一編の終わりの箇所で、ヒロインのナスターシャの自棄的な振る舞いを説明する比較的重要な場面において、比喩として近代以前の日本の士族階級の切腹の風習が持ち出される。

★植西聡
植西 聰(うえにし あきら、1947年-)は、東京都出身の日本の著述家、産業カウンセラー、心理カウンセラー。
自己啓発に関する著書を多数発表している。
◆略歴
学習院大学卒業後、資生堂に勤務。
独立後、人生論の研究に従事。
独自の『成心学』理論を確立し、人々を明るく元気づける著述を開始。
1995年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定)を取得。
◆著書(ベストセラー本)
『折れない心をつくるたった1つの習慣』(青春出版)
『平常心のコツ』(自由国民社
『「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉』(三笠書房・王様文庫)
『話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる』(三笠書房・王様文庫)
『マーフィーの恋愛成功法則』(扶桑社文庫)
『ヘタな人生論よりイソップ物語』(河出書房新社
『カチンときたときのとっさの対処術』(ベストセラーズ・ワニ文庫)
『運がよくなる100の法則』(集英社・be文庫)
『運命の人は存在する』(サンマーク出版

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク