風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

旬のものを食べ✚(プラス)のエネルギーをいただこう♪~ 植西聡著「悪い流れ」がガラリと変わる魔法の習慣より


☆彡今日のハッピー 一日一言 「天使のハッピートーク

☆彡「悪い流れ」を「よい流れ」に変えるための九大ポイントの一つ
 

①日々の習慣を変えよう

 

◆旬のものを食べ✚(プラス)のエネルギーをいただこう♪~
昔の人、特に東洋人は粗食の人が多かったといわれています。

老子孔子といった賢人と呼ばれる人がそうで、少量の穀物と野菜しか食べなかったといわれています。

それにもかかわらず老子孔子といった賢人達はいつも✚(プラス)のオーラを放ち、多くの人から敬われていました。

なぜでしょうか?

それは自然の摂理にのっとった「旬の食材」を食べていたことが関係しています。

 季節やその土地の気候風土に合った旬の食材はプラスの気・プラスのエネルギーに満ち溢れています。

それらを食べることによって、体中にプラスの気、つまりプラスのエネルギーがいきわたるようになります。

 身体と心は密接に関係しているためそれは当然ココロにも伝達します。

だからこそ、プラスのオーラを放つことができたのです。

 こうした先人たちの食生活を、毎日のように贅沢なものを食べている現代人?すこしはみならうべきでしょう。

 添加物の入ったもの、遺伝子組み換え食品の様に人工的に操作されたモノはできるだけ控え、代わりに「今はジャガイモが旬の野菜だ」、「この時期にとれた果実は美味しい」といったものをできるだけ食べるよう心がけましょう。

そうすれば、それらの食材からプラスの気を吸収することができます。

 それによって、心身のバランスが図られ、人生の流れにも好影響を与えてくれることでしょう。


☆彡今日の一言
自然に帰れ (retour la nature)
社会の因襲から脱して、人間本来の状態にかえろうではないかという呼びかけ。ジャン=ジャック=ルソーの思想を端的に表現したことば。人間本来の自由・幸福を奪った社会という悪を脱して、自然の無垢むくな状態に還れという意味。

フランス啓蒙(けいもう)期の天才的哲学者ルソーの根本思想を表現する標語。自然は人間を善良、自由、幸福なものとしてつくったが、社会が人間を堕落させ、奴隷とし、悲惨にした。それゆえ自然に帰らなければならない。人間の内的自然、根源的無垢(むく)を回復しなければならない、というのである。これはいうまでもなく、原始的未開状態への逆行を意味するのでもないし、またいっさいの悪を社会の罪にして、人間の責任を不問にするのでもない。ルソーはあくまで社会を人為の所産とみて、社会悪の責任を人間に問うのである。「たえず自然に不平をいっている非常識な人々よ、君たちのあらゆる不幸は君たち自身から生じていることを知るがよい」。これが第二論文『人間不平等起源論』を貫く内心の叫びであると、ルソーは『告白』第8巻で述懐している。

一度だけの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。


以上は植西聡著「悪い流れ」がガラリと変わる魔法の習慣より一部抜粋&加筆

 

★植西聡
植西 聰(うえにし あきら、1947年-)は、東京都出身の日本の著述家、産業カウンセラー、心理カウンセラー。
自己啓発に関する著書を多数発表している。
◆略歴
学習院大学卒業後、資生堂に勤務。
独立後、人生論の研究に従事。
独自の『成心学』理論を確立し、人々を明るく元気づける著述を開始。
1995年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定)を取得。心理学博士の名誉称号を持つ。
◆著書(ベストセラー本)
『折れない心をつくるたった1つの習慣』(青春出版)
『平常心のコツ』(自由国民社
『「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉』(三笠書房・王様文庫)
『話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる』(三笠書房・王様文庫)
『マーフィーの恋愛成功法則』(扶桑社文庫)
『ヘタな人生論よりイソップ物語』(河出書房新社
『カチンときたときのとっさの対処術』(ベストセラーズ・ワニ文庫)
『運がよくなる100の法則』(集英社・be文庫)
『運命の人は存在する』(サンマーク出版

スポンサーリンク  
スポンサーリンク