風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

怒りたくなった時こそ「ありがとう」と言ってみよう♪~ 植西聡著「平常心のコツ」に学ぶ

☆彡「天使のハッピートーク・一日一言 」 幸せ探しへの誘い編

 

☆彡他人の言葉に惑わされない。

 

怒りたくなった時こそ「ありがとう」と言ってみよう♪~

 

身近な人との付き合いの中で、ついカッと頭に血が上ってしまうことがあります。

そこで感情的になって、怒ってしまう人もいるでしょう。

でもね~、怒りの感情ほど、人の平常心を乱すものはありません。

カッとなってしまった理由がどうであれ、一旦怒りの感情に火が付いてしまったら、その後何日も嫌な思いをすることになります。

 また、自分自身を怒らせた相手を、「どうやって今度はギャフンといわせてやろうか」といった思いにとらわれてしまって、本当は最優先にやらなければいけないはずの大事なことが二の次になってしまいます。

ですから、たとえ、頭に血が上るような出来事があったとしても、そこで声を荒げるような真似はしない方がいいと思います。

 そこで怒りを静める簡単な、いい方法があるのです。

 それは、頭にきた相手に「ありがとう」と感謝の言葉をいうことなのです。

例えば、

 頭にくるイヤミを言ってきた相手に「いいことを教えてもらって、ありがとう」といって見ねのです。

 約束したことを守ろうとしない相手に「貴方には、いつもお世話になっていますね。ありがとう」といってみるのです。

 「ありがとう」という言葉を口にすることで、気持ちが落ち着くのです。

 怒りの感情が静まります。

 言いたいことがあるときには、その上で、
「でも、その点はもう理解しているから、それ以上言ってもらわなくてもいいのよ」


「先日約束したことも、よろしくお願いしますね」

 と言えばいいのではないでしょうか?

まず初めに「ありがとう」と言っておくことで、ココロを乱すことなく平常心でいいたいことを相手に伝えられるでしょう。

 

☆彡今日の一言
「ありがとう」という言葉で自分の気持ちを落ち着かせよう♪~

 


ありがとう - いきものがかり


一度っきりの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす♪~。

 


以上は植西聡著「平常心のコツ」より一部抜粋&加筆

 


★植西聡
植西 聰(うえにし あきら、1947年-)は、東京都出身の日本の著述家、産業カウンセラー、心理カウンセラー。
自己啓発に関する著書を多数発表している。
◆略歴
学習院大学卒業後、資生堂に勤務。
独立後、人生論の研究に従事。
独自の『成心学』理論を確立し、人々を明るく元気づける著述を開始。
1995年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定)を取得。
◆著書(ベストセラー本)
『折れない心をつくるたった1つの習慣』(青春出版)
『平常心のコツ』(自由国民社
『「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉』(三笠書房・王様文庫)
『話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる』(三笠書房・王様文庫)
『マーフィーの恋愛成功法則』(扶桑社文庫)
『ヘタな人生論よりイソップ物語』(河出書房新社
『カチンときたときのとっさの対処術』(ベストセラーズ・ワニ文庫)
『運がよくなる100の法則』(集英社・be文庫)
『運命の人は存在する』(サンマーク出版

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク