風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

気象庁は7日午前、関東甲信と東海、北陸、東北南部の各地が梅雨入りしたとみられると発表! 今年は冷夏? "そんな先のことはわからない"

気象庁は7日午前、関東甲信と東海、北陸、東北南部の各地方が梅雨入りしたとみられると発表した。


気象庁によりますと、前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、大気の状態が不安定になっていて、西日本と東日本の太平洋沿岸を中心に雨雲が発達しています。


西日本では7日未明から局地的に非常に激しい雨が降った。

午後2時までの1時間には、▽三重県志摩市に設置した雨量計で61ミリの非常に激しい雨を観測したほか、▽午後2時までの1時間には、和歌山県古座川町の西川で35.5ミリの激しい雨が降りました。


 気象庁によると、7日午前10時までの24時間降水量は山口県岩国市で150・0ミリ、周南市で136・5ミリ、広島県廿日市市で121・5ミリなど。いずれも激しい雨を観測した。

大気の不安定な状態は8日にかけて続き、西日本では7日夜にかけて、東日本ではこのあと数時間、局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

気象庁は、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁は先月末に始めた災害の危険度を5段階で示す警戒レベルを初めて運用。広島県山口県でレベル4相当にあたる土砂災害警戒情報を発表した。レベルに合わせて一時、山口県岩国市や広島市などでは避難勧告が発令され、住民全員の避難を呼びかけた。

 西日本と東日本では8日にかけて大雨が続く見込みで、8日朝までに予測される24時間降水量は多いところで四国で200ミリ、九州南部や近畿、東海で120ミリ、九州北部で100ミリ。同庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水など注意を呼びかけている。

 

仙台管区気象台が7日午前11時に東北南部が梅雨入りと発表
前線を伴った低気圧の影響で、東北南部は曇りや雨となっています。
この先1週間も曇りや雨の日が多くなる見込みで、仙台管区気象台は7日午前11時に、山形を含む東北南部が梅雨入りしたと見られると発表した。平年(6月12日頃)より5日早く、去年(6月10日頃)より3日早い。

今、所々で弱い雨が降っている。

このさき梅雨前線が南に停滞し、東北南部はしばらくくもりや雨の天気が続く見込み。今後1ヶ月の降水量は太平洋側は平年並みか多く、日本海側は平年並みか少ない予想となっている。東北南部の梅雨明けは平年7月25日ごろ。

今年の7月は梅雨前線が本州付近に停滞しやすい予想となっていて、梅雨の末期は大雨に警戒が必要。

 

梅雨入りしたとたん、宮城県は小雨模様で、つい最近、気温も17℃(最低)から24℃(最高)だったのが14℃(最低)から21℃(最高)と涼しい感じです。

 

5月は驚異的な暑さに見舞われ、25℃から30℃と夏を思わせる暑さでした。

 

それから比べると極楽~極楽~模様です。

 

◆夏の気温について(気象庁の長期予報)
5月の気温は全国的に高かった
5月の気温は全国的に平年より高い地域が多くなりました。札幌市で平年に比べ+3.3℃、仙台市で+2.4℃など、特に北日本で高くなっています。

 

6月の気温は全国的に平年より高い予想、7月と8月は沖縄・奄美をのぞき、平年並みかやや低い予想が出されています。


エルニーニョ現象が発生中
5月27日に「世界気象機関=WMO」は、南米ペルー沖で海面水温が高くなる「エルニーニョ現象」が6~8月に60~65%の確率で発生する可能性があると発表しています。

エルニーニョ現象が発生すると、西太平洋熱帯域の海面水温が低下し、西太平洋熱帯域で積乱雲の活動が不活発となります。このため日本付近では、夏季は太平洋高気圧の張り出しが弱くなり、気温が低く、日照時間が少なくなる傾向があります。また、西日本日本海側では降水量が多くなる傾向。

 

※雑感

地球は現在短期的には温暖化傾向にあり、長期的には氷河期に近いといわれています。

 

今夏は一体どうなるのでしょうか? 冷夏? or  猛暑?

 

どんな出来事が待っているのでしょうか?

 

気象庁に今夏の予報を聞くと「そんな先のことは分からない」といわれそうです。

 

※オマケ 

1942年に公開されたハンフリー・ボガートイングリッド・バーグマン主演の映画『カサブランカ』。


時代を超えて愛され続ける不朽の名作に登場する素敵なセリフがあります。

 


Dooley Wilson 映画「カサブランカ」 As Time Goes By

 

リックを訪ねてきた女性イルザ(イングリッド・バーグマン)に、リック(ハンフリー・ボガート)がつれなく返事をするシーン。

 

"昨日なにしてたの?"(イルザ=イングリッド・バーグマン

 

"そんな昔のことは覚えていない"(リック=ハンフリー・ボガート

 「君のことを思ってた」(管理人だったら)

 

"今夜会える?"(イルザ=イングリッド・バーグマン

 

"そんな先のことは分からない"(リック=ハンフリー・ボガート

「いいとも~」(管理人だったら)

 

しびれますね~

名画「カサブランカ」には素敵なセリフが宝石のようにちりばめられています。

ぜひご覧ください。

・「君の瞳に乾杯」
・「ルイ、これが美しい友情の始まりだな」
・「あれを弾いてサム。『時の過ぎ行くままに』を」
・「犯人を見つけろ」
・「君と幸せだったパリの思い出があるさ」
・「世界に星の数ほど店はあるのに彼女はおれの店に」
・「そんな昔のことは覚えていない」「そんな先のことは分からない」

 

※オマケ 真夏の出来事♪~ "彼の車に乗って♪~" 平山三紀

 


真夏の出来事/平山三紀

 

 

 

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク