風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

「人の得になること」をする人は結局得をする。

 ☆彡「天使のハッピートーク・ 一日一言 」幸せ探しへの誘い編

 

☆彡「人の得になること」をする人は結局得をする。

 

日常生活では、お金をめぐって争いごとが起こることがあります。

 

相続のことでもめている方がよく相談にいらっしゃいますが、そういう時には「元々なかったものなのだから争うのは止めた方がいい」とアドバイスしています。

 

「手放すなり、相手が言う金額でOKして下さい。」と…。

 元々、自分のところになかったお金なのですから、損をするわけではないのですから。

 

 

例えば、自分と義理の兄弟と二人で200万円を分けるという話があったとします。

そこで、「アイツには50万円しか上げたくない。」と言って、自分が150万円とるとします。

 でもね~、その150万円は、なぜかすぐになくなってしまうことがほとんどです。

 不思議なことですが「争って得たもの」はすぐに形を消してしまいます。

 何かほかのトラブルのために使わざるを得なくなったりして、絶対に残らないのです。

 逆に「嫌、110万円上げるよ。いつも頑張ってくれているから。」といえば、あなたは10万円損をしているようですが、その人にはあとから10万円以上のものが入ってきます。

 

 これは仕事でも同じです。

 どんな職業の人も、目先の利益を上げることばかり考えないで、時にはできる範囲で値引きに応じるとか、おまけをつけてあげるとか、何か相手が喜んでくれるようなサービスを考えてみましょう。

 

 自分がしたことが、かならず自分に返ってくるのが

「波動の法則」です。

 

 人を幸せにしようと思って何かをすれば、自分に幸せが返ってくるし、自分だけがよければいいと思って行動すると、ほかの誰かから同じことをされるのです。

 

 人も自分も幸せになれるお金の使い方をしていきたいものですね。

 

☆彡今日の一言
①自分さえよければいいと思っていると、逆に損をします。

②相手の幸せを願って、相手の得になることをするとお金が集まります。

 

③因果応報


仏教用語。原因としての善い行いをすれば,善い結果が得られ,悪い行いは悪い結果をもたらすとする。善因善果,悪因悪果,三世因果などと表現される。
仏教の基本的考えである因・縁・果・報の認識をもとに,宗教的達成をめざすための教えであるが,結果的には勧善懲悪的な役割を果たした。

What goes around, comes around.→自分がしたことはいずれ自分に返ってくる

 


一度っきりの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 


以上は高津理絵著「毎日が「幸せなこと」いっぱいになる本」より一部抜粋&加筆

 


★高津理絵
高津理絵(たかつ りえ)
スピリチュアル・カウンセラー。福島県生まれ。
幼少期より不思議な体験をくり返す。2004年より、スピリチュアル・カウンセラーとしての活動を本格的にスタートさせる。その愛にあふれた温かいメッセージは、多くの人を励まし、「本当の幸せに導く」と口コミで話題になり、注目を集めている。

著書に、『幸せが雪崩のごとく起こる本』『幸せをみがく本』『1日5分でいいことが起こる!「スピリチュアルパワー」の高め方』以上マキノ出版)『あなたの願いは必ずかないます!』(PHP研究所)『毎日が「幸せなこと」でいっぱいになる本』(王様文庫)などがある。

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク