風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

3月27日はさくらの日、祈りの日、水なすの日、仏壇の日、世界演劇の日、京都表千家利休忌&毎月27日は交番の日、ツナの日等の日です。

2018年3月27日は何の日?


3月27日はさくらの日、祈りの日、水なすの日、仏壇の日、世界演劇の日、京都表千家利休忌&毎月27日は交番の日、ツナの日等の日です。

 

●『さくらの日』 : 
「さ(3)くら」の3月と、「咲(3)く(9)」で3×9=27日、また、古代中国で考案された季節を表す方式で気象の動きや動植物の変化を知らせる七十二侯の一つ「桜始開」が重なる時期である事が日付の由来です。
日本さくらの会」が1992(平成4)年に制定。
日本を代表する花である「桜」への関心を高め、桜を通じて日本の歴史、文化、風土ついて関心を深めてもらい、花と緑の豊かな国土づくりを目的としています。  


●『祈りの日』
全日本宗教用具協同組合が制定。宗教用具を通じて「祈り」の文化を幅広い世代に広めていくのが目的。日付は『日本書紀』に記載された詔に「諸国の家ごとに佛舎(ほとけのみや)を作り、即ち佛像と経とを置きて礼拝供養せよ」とあり、その日が当時の暦で3月27日であったことにちなむ。

 

●『水なすの日』
大阪府漬物事業協同組合が制定。
日付は『み(3)ず(2)な(7)す』と読む語呂合わせから。
この時期から夏に向けて本格的な出荷が始まるのも由来のひとつ。

※2014年より水なすの日は大阪府漬物組合様の意向により泉州水なすの出荷量の増えはじめる時期の5月20日に変更となりました。

★水茄子(みずなす)は、ナスの品種群。形は通常のナスより丸みを帯びており、水分に富む。

ナスは本来、灰汁が強く生食には向かない野菜であるが、水茄子は灰汁が少なく、水分を多量に含んでおり、ほのかな甘みもあって生食が可能である。生食が可能なナスは全国的にも珍しい。

日本各地で栽培されているが、大阪府泉州地域で特に盛んに栽培されており、泉州特産品「泉州水なす」として日本全国で有名である。生食の他、糠床に漬け込んだ浅漬けや、漬物調味液に漬け込んだ漬物として食べられることが多い。

水ナスにも多くの品種があり、泉州地域でも地区によって栽培品種が異なる。例えば大阪府貝塚市の「馬場なす」などは「幻の水なす」とも呼ばれめったに市場に出る事は無い。同じく貝塚市の「澤なす」は「水なすの原種」とされ現在泉州地域でも栽培農家はほとんどいない。

 

◆水なすについて
・大阪南部の泉州地域の特産品で、主に岸和田市貝塚市熊取町泉佐野市が産地。
泉州地域はその名のとおり、泉州水なすに必要な水が豊富で、ため池が多数点在している。
・生でも食べられるほど瑞々しい茄子。
・栽培が難しい+選別基準が厳しく最高級品は夏の間しかほとんど市場に出回らない。
・「泉州水なす」はJA大阪泉州、JAいずみののブランド名。伝統野菜の水茄子は別で存在。


2012 泉州水なす.mov

歴史
日本史における茄子の初出は、東大寺正倉院文書に天平勝宝2年(750年)に茄子が宮中に献上され賞味されたという記述である。
延喜式』では内膳司管轄の畑で茄子が栽培されているだけでなく、茄子の漬物のレシピも残されており、平安時代の帝や後宮の女性も日常的に口にしていたことが伺われる。


●『仏壇の日』 : 
西暦685年のこの日、天武天皇が「諸國家毎に仏舎を作り、仏像及び経を置き、礼拝供養せよ」との勅令が施行されたとの記述が「日本書紀」にある事に因み、「全日本宗教用具協同組合」が制定。
「名古屋仏壇商工協同組合」では、この日に「仏壇供養祭」を行います。
関連記念日として、◎毎月27も「仏壇の日」になっています。


●『世界演劇の日(World Theatre Day)』 :
ユネスコの外郭団体である「国際演劇協会(ITI)」が制定。
1962(昭和37)年のこの日に、ITIが1回「諸国民演劇祭」をパリで開催した事を記念しています。


※京都表千家利休忌
3月27、28日「利休忌」です。
千家流茶道の開祖・千利休は、秀吉の命により、天正19年2月28日に自害しました。その1ヶ月後れを命日とし、表千家は27日、裏千家は28日に追善茶会を行っています。表千家裏千家ともに利休像をかかげます。当主が茶を献じて社中門弟が茶事で供養します。調度はすべて利休の遺品が用いられます。

 

千利休(せん の りきゅう、せん りきゅう、大永2年(1522年) - 天正19年2月28日(1591年4月21日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての商人、茶人。
何も削るものがないところまで無駄を省き、緊張感を作り出すという「わび茶(草庵の茶)」の完成者。
わび茶(草庵の茶)の完成者として知られ、茶聖とも称せられる。また、今井宗久・津田宗及と共に茶湯の天下三宗匠と称せられ、「利休七哲」に代表される数多くの弟子を抱えた。
子孫は茶道の三千家として続いている。天下人・豊臣秀吉の側近という一面もあり、秀吉が旧主・織田信長から継承した「御茶湯御政道」のなかで多くの大名にも影響力をもった。しかしやがて秀吉との関係に齟齬を生じ、最後は切腹へと追い込まれた。切腹を命ぜらるに至った真相については諸説あって定まっていない。


※赤彦忌
歌人・島木赤彦の1926(大正15)年の忌日。
★島木赤彦
生年:明治9.12.17(1876)
没年:昭和1.3.27(1926)
 明治-大正時代の歌人
明治9年12月17日生まれ。故郷長野県の小学校教員,校長をつとめながら,伊藤左千夫にまなぶ。大正3年上京し,斎藤茂吉らと「アララギ」を編集。「万葉集」を研究し,作歌信条として写生道と鍛錬道を説いた。
大正15年3月27日死去。51歳。長野師範卒。本名は久保田俊彦。旧姓は塚原。号は柿の村人など。著作に「歌道小見」,歌集に「切火」「氷魚(ひお)」「太虗(たいきょ)集」など。


☆彡毎月第4火曜日は
●『シカの日』
エゾシカ協会が制定。
エゾシカ肉の消費拡大キャンペーンの一環として。
日付の毎月第4火曜日は『し(4)か(火)』の語呂合わせから。


☆彡毎月27日は、
●『仏壇の日』 : 
3月27日の「仏壇の日」を毎月に拡大しました。
685(天武14)年3月27日、「各家に仏像・経を置いて礼拝供養せよ」という天武天皇の詔が出された事に因み、「全日本宗教用具協同組合」が制定。


●『交番の日』 : 
神奈川県警察が1994(平成6)年6月から実施。
1871(明治4)年11月27日、神奈川県で「県治条例」が制定され、邏卒(らそつ)課が設置されました。
邏卒職務規則」の中に「交番」という用語が使われていた事から、邏卒課設置の27日を「交番の日」としました。
関連記念日として、◎2月2日の「交番設置記念日」、◎毎月21日の「ふれ愛交番の日」があります。


●『ツナの日』 : 
「ツ(2)ナ(7)」の日。
まぐろ料理店等で実施。<>関聯記念日として、◎10月10日の「まぐろの日」があります。

 

☆彡3月27日の『誕生花』:
ナノハナ(菜の花)  花言葉は快活、財産

カルセオラリア  花言葉は援助、あなたを伴侶に

ショウジョウバカマ(猩々袴)  花言葉は希望

ポプラ  花言葉は勇気、度胸、敏感、哀歌

ノースポール・Northpole Flower 花言葉は「誠実」

ヒアシンス(風信子)・Hyacinth 花言葉は「変わらない愛情」

ヒベルティア・Hibbertia 花言葉は「無邪気」です。



☆彡3月27日誕生石は「パープル・ジルコン」 石言葉:「おしゃべり」


☆彡今日の一言 中山庸子

「春めいてきた海辺で貝殻拾い」

各駅停車の旅、海が見えてきたら次の駅で降りてみることにしましょうか。

春の海はどこかのどかだし、日もだんだん長くなってきますから、

小さい頃のように砂浜を歩きながら貝拾いをして、今回の小さな旅のお土産に。

お土産ができたので、小さな旅も「帰り」の気配が近づいてきました。

 家に戻ったら、手を洗うついでに拾ってきた貝たちもキレイに水洗いして、

図鑑で貝の名前を調べます。

次にチョコレートの空き箱に、端布を敷いて、貝を大きさ順に並べ、調べた名前を小さなカードに書いて添えたら、手作り標本風。

 眺めているうちに、春めいた海の香りや、

ザクザクとして砂の感触や車窓の景色を思い出し、

きっと幸せな気分になることでしょう。

 

以上は 中山庸子著 夢をかなえる365日の言葉より一部抜粋

 

☆彡4月の行事・暦・祭り(2018年・平成30年)
1日(日)エイプリルフール
5日(木)清明
7日(土)世界保健デー
8日(日)花祭り
13日(金)十三参り 長浜曳山まつり(→16日)
14日(土)春の高山祭山王祭)(→15日)
17日(火)春土用入り
19日(木)春土用の間日 古川祭(→20日)
20日(金)穀雨 春土用の間日
23日(月)春土用の間日
29日(日・祝)昭和の日
30日(月)振替休日

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク