風に吹かれて旅するブログ (話題・記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや話題・出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

8月20日は親父の日、誕生記念筆の日、交通信号の日、NHK創立記念日、リーブ21・発毛の日、瑠璃カレーの日、蚊の日、等の日

2018年8月20日は何の日?

 

8月20日は親父の日、誕生記念筆の日、交通信号の日NHK創立記念日リーブ21・発毛の日、瑠璃カレーの日、蚊の日、等の日です。


●『親父の日』 :
ファミリービジネスの事業継承、組織の世代交代を賢く進める為に、コーチ型親父塾を主宰し「コーチ型親父のすすめ」を提唱する大阪市に本拠を置く会社が制定。
日付は8月20日を「お(0)や(8)じ(20)」として「親父(オヤジ)」と読ませた語呂合わせからです。

 

●『誕生記念筆の日(赤ちゃん筆の日)』 :
赤ちゃんの産毛(毛髪)で誕生記念の筆を作成している会社が1999(平成9)年に制定。
日付は8月をハッピー、20日を筆(ふで)と読ませて「ハッピーな筆」とする語呂合わせからです。
赤ちゃんの健やかな成長を願って、誕生日に記念筆を飾るなどのイベントをPRしています。

 

●『交通信号の日』 :
1931(昭和6)年のこの日、東京の銀座の尾張町交差点や京橋交差点など34ヶ所に日本初の赤・黄・青、3色の交通信号機が設置された記念日です。

 

●『NHK創立記念日』 :
1926(大正15)年、社団法人「日本放送協会NHK)」が設立された記念日です。

 

●『リーブ21・発毛の日』 :
大阪市に本社を置き、発毛事業を手がける発毛剤メーカーが制定。
抜け毛・薄毛・脱毛に悩む人達に、発毛を通じて自信と喜びを取り戻してもらう企業であることを知ってもらうのが目的です。
日付は、同社の創業日が1976(昭和51)年8月20日であり、8と20で「は(8)つ(2)もう(0)」と読む語呂合わせにもなっています。

 

●『瑠璃カレーの日』 :
福岡県北九州市で飲食事業などを展開する企業が制定。
北九州発祥の元祖生カレーを生んだ同社の総料理長の名を冠した「瑠璃カレー」を多くの人に食べてもらい、まちおこしやボランティア支援に活かすのが目的です。
日付は、敬意を表して総料理長の誕生日8月20日にしました。

 

●『蚊の日』
1897年のこの日、イギリスの細菌学者ロナルド・ロスが、羽斑蚊[はまだらか]類の蚊の胃の中からマラリアの原虫を発見した。

■定家忌
鎌倉時代歌人藤原定家の1241(仁治2)年の忌日。
小倉百人一首」の撰者と言われている。

 

小倉百人一首 うぐいす(朗詠CD付)

小倉百人一首 うぐいす(朗詠CD付)

 

 ★藤原 定家(ふじわら の さだいえ/ていか)は、藤原俊成の子。鎌倉時代初期の公家・歌人。諱は「ていか」と音読みされることが多い。小倉百人一首の撰者で権中納言定家を称する。
2つの勅撰集、『新古今和歌集』、『新勅撰和歌集』を撰進。ほかにも秀歌撰に『定家八代抄』がある。歌論書に『毎月抄』『近代秀歌』『詠歌大概』があり、本歌取りなどの技法や心と詞との関わりを論じている。家集に『拾遺愚草』がある。拾遺愚草は六家集のひとつに数えられる。
歌風は巧緻・難解、唯美主義的・夢幻的で、代表的な新古今調の歌人であるとされている。
来ぬ人をまつほの浦の夕凪(ゆふなぎ)に焼くや藻塩(もしほ)の身も焦がれつつ(「小倉百人一首」)
「松帆の海岸で、夕方に焼かれる藻塩みたいに、愛しい彼を待っている私の心も恋い焦がれているのよ」
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 応保2年(1162年)
死没 仁治2年8月20日(1241年9月26日)
改名 明静(法名
別名 京極殿、京極中納言
墓所 京都府京都市上京区相国寺
官位 正二位・権中納言
主君 
二条天皇六条天皇高倉天皇安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇四条天皇
 
☆彡毎月20日は、
●『ワインの日』 :
1994(平成6)年2月に「日本ソムリエ協会」が制定。
フランス語で「ワイン」と、「20」の発音が似ている事に因んでいます。

 

●『マイカーチェックデー』 :
運転技術以外に自動車という精密機械のトラブルによる事故を防ぐ為、ドライブの前には、いつも点検をしましょう。
それが愛車への、何よりのプレゼントです。
※世界で最初の自動車による死亡事故は、1896(明治29)年のイギリス・ロンドンにある「ハイドパーク水晶宮」の中で起きました。
公道での死亡事故は、翌年1897(明治30)年のイギリス・ハックニーの「ストックロード」で起きています。
被害者は、9歳の少年だったそうです。
日本で初めての交通事故は、1900(明治33)年に起きました。
サンフランシスコの日系人から「皇太子御成婚記念」に自動車が贈られ、宮内庁の人が自動車の試運転のため三宅坂を走っている時、人を避け様としてハンドルを切りそこね、皇居の内堀の中に転落して仕舞いました。
それ以降、自動車は危険とされ、倉庫にしまわれたそうです。
どんなに注意していても、事故に会うかも知れませんので、こちらの対策も、万全を期しましょう。

 

●『発芽の日』 :
「20日(はつが・発芽)」の日。
広島市に本社を置き、発芽野菜を手がける農園が制定。
一般の野菜よりも数倍栄養価が高く、生活習慣病の予防でも注目される発芽野菜(スプラウト)を、更にアピールするのが目的です。

 

☆彡毎月10日・20日は、
●『頭髪の日』 : 
「とう(10)・はつ(20)」(頭髪)の日。<>ある頭髪育毛剤を製造している製薬会社が2001(平成13)年に制定。
関蓮記念日として、◎10月20日の「とう(10)はつ(20)・頭髪の日」と、◎毎月18日の「とうはつ(18)・頭髪の日」があります。

スポンサーリンク  


☆彡8月20日の誕生花:
フリージア Freesia 花言葉:純潔、あどけなさ、無邪気

アーティチョーク(朝鮮薊[ちょうせんあざみ]) Artichoke 花言葉:警告

八代草[やつしろそう] Campanula glomerata var dahurica(学名)花言葉:従順な人、誠実

キョウチクトウ夾竹桃花言葉:注意、危険

クロトン花言葉: 妖艶、嬌艶

マリーゴールド 花言葉:嫉妬、悲哀

エキナセア 花言葉:優しさ、深い愛

キキョウ(桔梗)・Japanese Bellflower 花言葉は「優しい温かさ・変らぬ愛・誠実」

ナデシコ(撫子)・Dianthus 花言葉は「純粋な愛・無邪気」です。


☆彡誕生石は『スター・ルビー』 石言葉:常に主役

 

 

☆彡今日の一言 中山庸子
『50歳は、25歳の倍美しい』

得にすることもないので、処分するつもりでいた中に御気に入れりの記事や写真、キャッチコピーを切り抜いたりしていました。

その中からふと目に留まったものがありました。

年を重ねると、「美しくいる」にはそれなりの気力、体力が必要になります。

だからこそ、この「50歳は、25歳の倍美しい」という名言に励まされるのです。

 この言葉に、背中を押してもらったので、早速、身づくろいをして、今日も、一日大切に機嫌よく暮らそうと心に決めたのでした。
 
 
以上は 中山庸子著 「夢をかなえる365日の言葉」より一部抜粋&加筆

 


☆彡一日一言 パウルティリッヒ 神学者 1886年8月20日-1965年10月22日

『愛の第一の義務は、耳を傾けることである』

 

パウル・ティリッのプロフィール
パウルティリッヒ(Paul Johannes Tillich、1886年8月20日 - 1965年10月22日)は、20世紀のキリスト教神学に大きな影響を与えたドイツのプロテスタント神学者。姓はティリヒとも。名を英語読みでポールと表記される。

組織神学、宗教社会主義の思想で知られる。カール・バルトと並ぶ神学者であり、その影響は広く哲学や思想、美術史に及ぶ。

ベルリン近郊の村で牧師の子として誕生した。ベルリン大学に進学し、そこで神学や哲学を学んだ。
1907年にエマヌエル・ヒルシュと知り合い、交友を始める。しかし、社会主義の深化を目指す宗教社会主義を展開したティリッヒに対し、ヒルシュは、親ナチスの姿勢を鮮明にし、両者は激しい論争を繰り広げた。
ヒトラーが政権を握った後、迫害を受け、アメリカに亡命・帰化した。ユニオン神学校やハーヴァード大学などで教授を務めた。

著書に『生きる勇気 (平凡社ライブラリー)』、『宗教と心理学の対話―人間精神および健康の神学的意味』など。

◆名言
決断は、自由たろうとする勇気に根ざしたリスクである。

危険を冒して行動し、失敗する人は、許される。
危険を冒すこともなく、失敗もしない人は、存在そのものが怠慢だ。


驚きは哲学の根源である

孤独という言葉は1人でいることの痛みを表す。
一方、独居は、1人でいることの輝きを表す。


他人を虐待することは、また、常に自分自身への虐待でもある。

死ななければならぬという悲嘆のどん底にあっても、なおかつ人間というものには、これで自分という存在ももはや永久に忘れ去られてしまうんだという、深い悲しみがしつこくつきまとって離れないものである。


以上は WRITES PUBLISHING編 「大切なことに気づく365日 名言の旅」より一部抜粋&加筆

 

☆彡8月の行事・暦・祭り(2018年・平成30年)
1日(水)土用二の丑

2日(木)青森ねぶた祭(→7日)

3日(金)夏土用の間日 秋田竿燈まつり(→6日)

4日(土)夏土用の間日

5日(日)山形花笠まつり(→7日)

6日(月)夏土用明け 仙台七夕まつり(→8日)

7日(火)立秋

9日(木)よさこい祭り(→12日)

11日(土・祝)山の日

12日(日)阿波おどり(→15日)

15日(水)お盆(月遅れ)終戦記念日

16日(木)京都五山送り火

23日(木)処暑 地蔵盆(→24日)

26日(日)吉田の火祭り(→27日)


●8月の別名 葉月
葉が紅葉して落ちる月「葉落(はおち)月」から「葉月」となったいわれています。
季節:初秋(しょしゅう) ※立秋から白露の前日まで。
萩月(はぎづき) 
秋風月(あきかぜづき)
月見月(つきみづき)
木染月(こぞめづき)
雁来月(かりきづき)
草津月 (くさつづき)
燕去月(つばめさりづき)

●8月の暮らし
暑中見舞い(6日まで)
残暑見舞い(7日~8月末まで)
紫外線対策 海水浴 花火大会 お墓参り
夏バテ対策 地蔵盆 台風の備え

スポンサーリンク