風に吹かれて旅するブログ (話題・記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや話題・出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

『重い病気や大けがは神様が与えてくださった使命!?』みよこ著『ピンチをチャンスに変える88のルール』に学ぶ

 ☆彡今日のハッピー 一日一言 「天使のハッピーボックス」

 

☆彡『重い病気や大けがは神様が与えてくださった使命』

 


以前、重い病気で鑑定に来られた方に「健康な人もいれば、生まれた時から大病に苦しむ人もいる。不公平じゃないですか?」と質問されたことがあります。

私(みよこ)が答えられるのは「病気やケガをするのは生まれてくる前に自分で決めてきたことなんです。」ということ。

そして、重い病気や大けがをするのは、必ず意味があるんです。

「なんで私がこんな目に合わないといけないのか?」と思うのではなく、「なぜこのような試練が与えられているのか?」って考えてほしいのです。

前世で何かあって、そのために今世でびょうきになったのかもしれないし、供養をしてほしいというご先祖様からのメッセージかもしれない。

 私(みよこ)も20年ほど前に、原因不明の腰痛で歩くことさえできなかった時期があったのだけど、突然何の前触れもなく感知してしまいました。

それは今思えば、神様からのメッセージだったんじゃないかと思います。

私の場合、人々を癒すお仕事をする必要がある、ということを気づかせるために、神様が私に与えた試練だったんですね。

 それまでの私は他人に直してもらうことばかり考えていました。

でもある日、ふっと「人に頼ってばかりじゃダメ、自分の心にお願いしなきゃ治らない。」って悟ったんです。

その瞬間、スーッと痛みが消えてしまいました。

 

 もしかしたら、重い病気や大けがをする人って、こういう苦しみを乗り越えて、愛や命の大切さを伝える使命を神様から与えられたのかなって思うんです。

 

 重い病気や大けがをしても、命があって有難い、生かされてよかったって思えるかどうかが、その人の今後の人生を大きく変えていきます。

 

 逆に、そういう人こそ神様に選ばれた尊いなのではないでしょうか?

 

☆彡みよこ流運気アップ一言メモ
病気を治すには本人の気力と、家族等の「治る!」という強い信念が大きな力となります。

 


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。 

 

以上は みよこ著『ピンチをチャンスに変える88のルール』より一部抜粋&加筆


★みよこ先生 プロフィール
1954年山梨県生まれ。
病を癒す力を持った父の血を受け継ぎ、幼少の頃より不思議な力を発揮。34歳のとき、金色の光に包まれたことをきっかけに体から金粉が出るようになり不思議な力が本格化、運命鑑定を開始する。
それ以来、多くの人を鑑定し続け「先生が念を入れたお米を食べたら結婚相手に巡り合えた」「99%助からないと言われた脳挫傷の青年の頭に先生が手をかざしたら蘇った」等々、数々の奇跡を起こし人々に幸せをもたらしてきたため、「太陽の母」「府中の神様」「フューチャーリーダー」などと呼ばれるようになる。
現在では、東京都府中市を本拠地としながら全国各地でセミナー・講演会等をおこなったり、雑誌やテレビなどでも活躍中で、主婦やOLを中心に学生やお年寄り、某大手企業役員や有名タレントなど幅広い層に支持されている。2013年には、ウィリアム・レーネン先生と出会い“ソウルヒーラー”と認められる。

スポンサーリンク