風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

プラスの言葉を使う"ハッピートーク(幸せなおしゃべり)"をしよう! 植西聡著「悪い流れ」がガラリと変わる魔法の習慣より

☆彡今日のハッピー 一日一言 「天使のハッピートーク

☆彡「悪い流れ」を「よい流れ」に変えるための九大ポイントの一つ
 

③プラスの言葉を使う

 

◆家族でプラスの話題を語り合う

   "ハッピートーク(幸せなおしゃべり)"をしよう

 

一代で巨万の富を築き上げ、「アメリカの自動車王」と呼ばれたヘンリー・フォードは、家族と食卓を囲む時、必ずこう切り出しました。

 

「今日有った楽しいことは何かな?」

 

すると、家族の誰か白髪次の様に言って、食卓は大いに盛り上がりました。

 

「今日はね、子犬が産まれたの」

 

「今日は、アップルパイがおいしく作れたわ」

 

「今日は、野球の試合でヒットを3本も打てた」

 

実は、これには理由がありました。

プラスの話題で盛り上がると、そこにはプラスの気場が形成され、その場の雰囲気はとても明るく和やかになります。

 

それによって、放たれるエネルギーが家族の一人一人に浸透していくため、家族がより明るく元気になることをヘンリー・フォードは知っていたのです。

 

家族や、気のおけない仲間と話すときは、ヘンリー・フォードの家族の様にプラスの話題で盛り上がりましょう。

 

家族や、気のおけない仲間となら「今日は楽しい話"ハッピートーク(幸せなおしゃべり)"をしよう」等と事前に話題を決め、それをあらかじめ伝えておくことも可能です。

 

暗い方向に話題がいかないように、ある程度のイニシアティブをとることも必要です。

 

お茶を飲むとき、食事をする時、「"ハッピートーク"」を始めましょう。そうするとその場にはプラスの気で構成されたオーラで一杯になります。

 

そのオーラによってひとり一人のココロがプラスの陽気ででもね~みたされれば、皆明るく元気になることでしょう。

 

☆彡今日の一言
①「何事もポジティブに考えよう」
月曜日朝から雨だったが、雨を心待ちにしている人もいるから、まっ、いいか♪~

 

②「悪い出来事の中からでもいいことを見つけよう」(ポリアンナのいいこと探し)
スキーで足を骨折して入院したけど、美人の看護婦さんに会えてよかった。(その後結婚できた)

 

③ネガティブな言葉をポジティブな言葉に変換しよう
頑固⇒意志が固い
せっかち⇒頭の回転が速い
信念がない⇒臨機応変、柔軟な

 

ハッピー・トーク (happy talk) は「幸せなおしゃべり」という意味では管理人が個人的につけた名前です。

 

ヘンリー・フォードのプロフィール
ミシガン州スプリングウェルズ生まれ。


ヘンリー・フォード(Henry Ford、1863年7月30日 - 1947年4月7日)は、アメリカ合衆国の企業家、自動車会社フォード・モーターの創設者であり、工業製品の製造におけるライン生産方式による大量生産技術開発の後援者である。フォードは自動車を発明したわけではないが、アメリカの多くの中流の人々が購入できる初の自動車を開発・生産した。カール・ベンツが自動車の産みの親であるなら、自動車の育ての親はヘンリー・フォードとなる。T型フォードは、世界で累計1,500万台以上も生産され、産業と交通に革命をもたらした。フォード・モーターの社主として、世界有数の富豪となり、有名人となった。安価な製品を大量生産しつつ労働者の高賃金を維持する「フォーディズム」の創造者である。フォードはまた、消費者優先主義が平和の鍵だというグローバルなビジョンを持っていた。体系的なコスト削減を強力に推進し、多くの技術革新やビジネス上の革新をもたらした。例えば、北米全土および世界の主要都市にフランチャイズシステムによる販売店網を確立した。遺産のほとんどをフォード財団に遺したが、遺族がその組織を恒久的に運営できるよう手配した。 


配偶者 クララ・ジェーン・ブライアント
子供 エドセル・フォード
親 ウィリアム・フォード、メアリ・フォード

一度だけの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。


以上は植西聡著「悪い流れ」がガラリと変わる魔法の習慣より一部抜粋&加筆

 

★植西聡
植西 聰(うえにし あきら、1947年-)は、東京都出身の日本の著述家、産業カウンセラー、心理カウンセラー。
自己啓発に関する著書を多数発表している。
◆略歴
学習院大学卒業後、資生堂に勤務。
独立後、人生論の研究に従事。
独自の『成心学』理論を確立し、人々を明るく元気づける著述を開始。
1995年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定)を取得。心理学博士の名誉称号を持つ。
◆著書(ベストセラー本)
『折れない心をつくるたった1つの習慣』(青春出版)
『平常心のコツ』(自由国民社
『「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉』(三笠書房・王様文庫)
『話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる』(三笠書房・王様文庫)
『マーフィーの恋愛成功法則』(扶桑社文庫)
『ヘタな人生論よりイソップ物語』(河出書房新社
『カチンときたときのとっさの対処術』(ベストセラーズ・ワニ文庫)
『運がよくなる100の法則』(集英社・be文庫)
『運命の人は存在する』(サンマーク出版

スポンサーリンク  
スポンサーリンク