風に吹かれて旅するブログ (話題・記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや話題・出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

1月31日は砺波チューリップ展、豊橋うめまつり、湯西川温泉かまくら祭、第71回さっぽろ雪まつり、椿まつり、第57回おびひろ氷まつり、南三陸町福興市、下北沢天狗まつり 、第5回 やまがた雪フェス、あおもり雪灯りまつり、&晦日正月、愛妻の日、愛菜の日、防災農地の日、日本初の銀メダルの日、人工衛星第一号の日、等の日

おこしや~す♪~

 

2020年1月31日は何の日?

1月31日は砺波チューリップ展、豊橋うめまつり、湯西川温泉かまくら祭、第71回さっぽろ雪まつり、椿まつり、第57回おびひろ氷まつり、南三陸町福興市、下北沢天狗まつり 、第5回 やまがた雪フェス、あおもり雪灯りまつり、&晦日正月、愛妻の日、愛菜の日、京都市電開業記念日、防災農地の日、五つ子誕生の日、日本初の銀メダルの日、人工衛星第一号の日、等の日です。

 

☆彡今日の祭りと行・催事の予定(中止の場合あり) 
1月31日は
❶チューリップ展


チューリップ四季彩館でちゅーりっぷソフト/富山県砺波市<富山観光>

チューリップ四季彩館常設展「季節を彩る花々」~早春~
開催地:チューリップ四季彩館 富山県砺波市中村100-1
開催期間:2020年01月31日~2020年03月25日 09:00~18:00

3.7mのタワー型オブジェの中に500本のチューリップの切花が1年中咲いている。そのまわりは早春の花「プリムラ」「スイセン」を中心に展示した「ワンダーガーデン」、また5000本のチューリップが万華鏡のように四方に広がる「パレットガーデン」、最新の技術でチューリップの不思議を探る「アンダーファーム」を見に行こう。

豊橋うめまつり


春まつりはうめまつりから! 向山緑地内梅林園編 おいでん豊橋シリーズ


開催地:向山緑地梅林園 愛知県豊橋市向山南中畑50
開催期間:2020年01月31日~2020年03月08日

東三河最大級の梅林園に早咲き、中咲き、遅咲きの29種類・約400本の梅が咲き誇る。うめまつり期間中は園内に茶屋が出店し、お団子や甘酒などの温かい食べ物を販売する。2月16日(日曜日)には梅苗木の無料配布や甘酒ふるまい・二川宿本陣まつり雅姫・琴姫の写真撮影会、大道芸人ショーなどのイベントを開催。インスタグラムフォトコンテストも実施される。

 

湯西川温泉 かまくら


湯西川温泉かまくら祭り 2019


開催地:湯西川地域 栃木県日光市湯西川
開催期間:2020年01月31日~2020年03月01日 09:00~21:00
平家の里をはじめ、沢口河川敷のミニかまくら、水の郷スノーパーク、かまくらバーベキューなど7つの会場で開催され、昼も夜も楽しめる人気のイベント! 特にライトアップされた夜のミニかまくらは絶景!

❹第71回さっぽろ雪まつり


【高画質 全5種類】さっぽろ雪まつり2019年プロジェクションマッピング&ライトアップショー Sapporo Snow Festival projection mapping 【FDR-AX60】


開催地:大通公園つどーむ、すすきの 東区栄町885-1(つどーむ
開催期間:つどーむ会場:1月31日~2月11日 大通・すすきの会場:2020年2月4日~11日   大通・すすきの会場/観覧自由 北海道札幌市中央区大通公園、すすきの)、
※ライトアップは22:00まで
人気キャラクターや世相を反映した像など、趣向を凝らした数々の雪像や氷像が立ち並ぶ雪と氷の祭典「さっぽろ雪まつり」が、大通公園をメイン会場に開催されます。札幌の冬最大のイベントには全国から多くの観光客が訪れます。夜はライトアップされ、昼間とは違った幻想的な世界が楽しめます。

 

➎椿まつり


椿まつり~伊豫豆比古命神社~


開催地:伊豫豆比古命神社椿神社愛媛県松山市居相2-2-1
開催期間:2020年01月31日~2020年02月02日
椿神社」「お椿さん」の名で親しまれ、縁起開運・商売繁昌の神様として有名な神社。椿まつりは初日の午前0時に大太鼓で開始を告げられ、最終日の24時迄72時間昼夜を徹して行われる比類のないお祭り。国道33号線交叉点から神社までの約1kmと、はなみづき通り交叉点から神社まで約500mの県道は全面交通遮断され、その両側に約800店の露店が立ち並ぶ状は圧巻。毎年全国各地から約50万人の参拝者が訪れ賑わう。

 

❻第57回おびひろ氷まつり


おびひろ氷まつり2017


開催地:緑ヶ丘公園一帯 北海道帯広市緑ヶ丘2
開催期間:2020年01月31日~2020年02月02日 10:00~20:00
帯広のまつり推進委員会 大氷雪像&すべり台
北海道内でもひときわ寒さが厳しい帯広。張りつめた寒さの中で、大氷雪像や氷彫刻が美しく、幻想的な世界を作り出す。氷彫刻の芸術をお楽しみに。 夜空を彩る冬の花火や、回転そり等、大人から子どもまで楽しめるイベントが盛りだくさん! 味覚コーナーには、寒さを吹き飛ばすようなおいしい食べ物が並び、見所いっぱいのおまつり。

南三陸町福興市2020in仙台駅


第1回南三陸町福興市 2011.04.29-30


開催地:JR仙台駅2階ステンドグラス前特設会場 宮城県仙台市青葉区中央1丁目10-10
開催期間:2020年01月31日~2020年02月02日 10:00~20:00

出店店舗は過去最多13店舗。水産加工品、スイーツ、雑貨、グッズなど約250品目を販売する。6店舗はさんさん商店街から出店し、この物産展でしか買えないお弁当や初お披露目の新商品も多数並ぶ。「置くと(試験に)パスする」と合格祈願・学業成就のお守りとして人気の『オクトパス君』は、今回は赤と金のオクトパス君ブロンズ像が登場! もちろんオクトパス君グッズ、合格祈願グッズも販売される。

➑下北沢天狗まつり


下北沢 天狗祭り2019


開催地:下北沢一番街商店街 東京都世田谷区北沢2-37-17
開催期間:2020年01月31日~2020年02月02日
第88回を迎える「下北沢天狗まつり」。1月31日(金)20時から烏天狗道中前夜露払いの儀、天狗まつり前夜祭が行われ、烏天狗が夜の飲食店に出没する。2月1日(土)13時からは天下一天狗道中が開催されるほか、山伏・福男・福女が下北沢の商店街を御利益のある福豆をまきながら練り歩く。2月2日(日)は「天狗福豆・目方でドン!」を実施。目方ピタリなら商品券が当たる。

❾第5回 やまがた雪フェスティバル


やまがた雪フェスティバル【2019】山形・寒河江


開催地:最上川ふるさと総合公園 山形県寒河江市大字寒河江字山西甲1269
開催期間:2020年01月31日~2020年02月02日
毎回テーマが異なるシンボル雪像。メインステージにもなっており、アーティストライブや各種イベントのほか、実際にステージに上がっての写真撮影会も開催される。(画像は第4回のシンボル雪像「紅花美人」)
山形県内各地で順次開催される特色豊かな雪祭りのオープニングイベント「やまがた雪フェスティバル」。県内最大規模を誇るイルミネーションをはじめ、シンボル雪像の展示や冬花火ショー、当地グルメが集まる雪中屋台、雪像コンテストに宝探し、スタンプラリーなど、子どもから大人まで楽しめる充実の内容。見て、食べて、遊んで、魅力たっぷりの「山形の冬」を満喫しよう! ※雪不足のため、一部イベント内容を変更して開催される

➓あおもり雪灯りまつり


あおもり雪灯りまつり 2019年1月


開催地:青森市文化観光交流施設 ねぶたの家 ワ・ラッセ 青森県青森市安方1-1-1
開催期間:2020年1月31日~2月2日 雪灯り/17:00~21:00

JR青森駅から徒歩1分のねぶたの家ワ・ラッセ西の広場で、青森の冬と夜を楽しむ「あおもり雪灯りまつり」が開催されます。一面が雪で覆われた街なかに、市民手作りの雪灯りやオリジナルキャンドルなどが設置され、青森ならではの、心温まる幻想的な空間が広がります。

(※開催日は見ごろ時期の目安。見ごろ時期は、気候等により前後する場合あり。)
(※お出かけの際、イベントの中止や開催期間等の変更に関して、「問い合わせ先」の連絡先までご確認ください。 )
などなど…etc.

 


1月31日は
●『晦日正月・晦日節』  : 
正月最後の日の事です。正月の終わりとして祝う。
この日に、松の内に年始回りをしなかった家を訪ねる地方もあります。

晦日正月 みそか‐しょうがつ
太陽暦の1月31日。正月の終わりの日として祝う所もある。
正月の末日。福島県での呼称
※【三十日 晦日みそか とは
十五日は満月で明々とした夜ですが、三十日は月の見えない暗い夜となります。「くらい」を表わす【晦】の字を用いて【晦日】が三十日を表わす言葉となりました。
みそか』は『三(み)十(そ)日(か)』のことで30番目の日という意味でしたが後変化して月の最後の日を言うようになりました。
有り得ないことの例えに『晦日に月が出る』という諺があります。この諺を取り入れた俗謡に
  女郎の誠と、卵の四角、あれば晦日に月も出る。
正月の最後の日、1月31日を【「晦日正月】といい、地方によっては正月の晦日に御餅をついて神様にお供えしたり、また松の内に年始回りに行けなかった親戚を訪問したりもするようです。
※みそ‐か【三十日 晦日】の慣用句
三十日に月が出る 《陰暦で、月の末日には月が出ないところから》ありえないことのたとえ。
みそかしょうがつ【晦日正月】太陽暦の1月31日。正月の終わりの日として祝う所もある。
みそかぜち【晦日節】 中部地方などで、正月のみそかに新しく餅(もち)をついて神に供え、松の内に年始回りに行けなかった親類を訪問すること。晦日礼。
みそかそば【三十日蕎麦/晦日蕎麦】月の末日、特に大みそかに、細く長くの意を込めて食うそば。関西では、つごもりそば。《季 冬》「命ありとてもかくてもつごもりそば/風生」
みそかばらい【三十日払い/晦日払い】 その月の末日にまとめて支払いをすること。みそか勘定。

●『愛妻の日・愛妻感謝の日』 :「あい(I)さい(31)」の日。

日付は、1月の1を"I(あい)"に見立て31(妻)の語呂合わせです。
神奈川県相模原市の「日本愛妻家協会」の「愛妻感謝ひろめ隊」が、愛妻に感謝の気持ちを表し、愛妻感謝を世界に広める日にと2006(平成18)年に制定。
「愛妻感謝を通じて夫婦愛を深め、そして関わる人達すべてを"HAPPYにする活動"を広げよう」が「愛妻感謝ひろめ隊」のスローガンです。
また、◎1月31日~2月12日までを「愛妻感謝期間」とする事も提唱しています。

●『愛菜の日』 :カゴメ株式会社が制定。
「野菜を愛する日」を「愛菜(あいさい)の日」と名付け、野菜の摂取量が少なくなりがちな時期の1月~2月にもっと野菜を食べて、健康的な食生活を送ってもらいたいとソース、ケチャップ等で知られる大手食品メーカーが制定。
日付は、時期的な事と、1を「アイ=愛」、31を「サイ=菜」と読ませる語呂合わせからです。


●チューリップを贈る日
富山県砺波市に事務局を置く砺波切花研究会が制定。砺波市の名産品として知られるチューリップの切花。その花言葉は「思いやり」であり、中でも赤い色のチューリップは「真実の愛」とされることから、この日に大切なパートナー(愛妻)に贈ってほしいとの思いが込められている。日付は数字の1をアルファベットの「I(あい=愛)」に見立て、31を「(さい=妻)」と読むと「愛妻」となることから1月31日としたもの。
  
●『生命保険の日』 : 
生命保険のトップセールスマンの集りである「MDRT日本会」が制定。
1881(明治14)年7月に、日本初の生命保険会社が設立され、翌1882(明治15)年のこの日の新聞紙面で、日本で初めて生命保険金が支払われたことが報じられ、これが切っ掛けで世間一般に生命保険そのものが広く知られるようになりました。
日本で最初の保険金が支払われたのは同年の1月27日で、1月20日に心臓病で急死した警部長でした。
支払われた保険金は1,000円、当人が払った保険料は30円でした。

 

●『京都市電開業記念日』 :
1895(明治28)年のこの日、京都で日本初の路面電車(通称「チンチン電車」)が、民間企業である「京都電気鉄道」により、塩小路東洞院通り~伏見町下油掛間の6.4㌔で営業を開始しました。
関連記念日として、◎6月10日の「路面電車の日」があります。
※初期の路面電車は、運転手の側に「電車の先走り」という少年を乗車させ、停車の度に前後の安全を確認させたそうです。
1912(大正元)年には市営路線が開通し、1918(大正7)年全面市営化となり京都市民の交通手段として親しまれました。
しかしその後、自動車の普及等により乗客が減少、加えて、進歩の象徴としての地下鉄に比べて時代遅れと言うネガティブキャンペーンもあったと言われ1978(昭和53)年9月30日に全廃されました。
因みに、東京の市電は1903(明治36)年に営業が開始されました。
 
●『防災農地の日』 : 
「ぼう(棒=1)さ(3)い(1)」の日。
農地を災害時に活用する取り組みを行う「大阪府防災農地推進連絡会」が制定。
同連絡会が発足したのもこの日です。 

 

●『五つ子誕生の日』 : 
1976(昭和51)年のこの日に「鹿児島市立病院」で日本初の五つ子が誕生した記念日です。  

 

●『日本初の銀メダルの日』 :
1956(昭和31)年の「コルチナ・ダンペッツォ冬季オリンピック」のスキー回転で、この日「猪谷千春」が日本初の銀メダルを取った日です。
正式に制定されてない記念日です。

 

●『人工衛星第一号の日・American First Man-made Satellite Day(アメリカ合衆国)』 :
1958(昭和33)年のこの日に、アメリカ初の人工衛星エクスプローラ1号」の打上げが成功した記念日で、正式に制定されてない日です。

 

☆彡毎月31日は、
●『菜の日』 :
野菜中心の健康的な食生活を広める為に「1日5皿分(350グラム)以上の野菜と200グラムの果物を食べましょう」と呼びかけて、食育活動などを行っている一般社団法人「ファイブ・ア・デイ協会」が制定。
記念日名は野菜の「菜」からで、日付は31を野菜の「菜(さい)」と読む語呂合わせで、毎月31日(月末)を「カラダの決算日」として継続的、定期的な取り組みを行う為の日です。

☆彡毎月最終日は、
●『そばの日』 :
昔、江戸の商人が毎月月末に縁起物として「蕎麦(そば)」を食べていた事に因んで「日本麺業団体連合会」が制定。

スポンサーリンク  


☆彡1月31日の『誕生花』:
シロタエギク(白妙菊 )  花言葉はあなたを支える
オジギソウ(お辞儀草)  花言葉は敏感、繊細な感じ、感じやすい心
ラナンキュラス  花言葉は名誉、お祝い、輝く魅力、美しい人格、晴れやかな魅力
クロッカス(ハナサフラン)  花言葉は青春の喜び、あなたを待っています、不幸な恋、私を信じて、青春の喜び、切望、歓喜、信頼
コキア  花言葉は私はあなたに打ち明けます。
マンサク(満作)  花言葉は呪文、霊感、魔力、感じやすさ
ギョリュウバイ(魚柳梅)・Leptospermum Scoparium 花言葉は「克己」
リカステ・Lycaste 花言葉は「清浄」です。 


☆彡誕生石は「クリソベリル・アレキサンドライト・キャッツアイ」
石言葉:迷いと選択と変身


☆彡1月の誕生石はガーネット
ネガティブなエネルギーから持ち主を強く守る力があると信じられてきた石です。
マイナス感情を明るいエネルギーに変えて、寛大な心を高めてくれると言われています。

 

☆彡今日誕生日の人の一言 徳川家康(江戸幕府1代将軍)
『人の一生とは、重い荷物を背負って、遠い道のりを歩くようなものだ。急いではいけない。』

徳川家康のプロフィール
徳川 家康(とくがわ いえやす、旧字体: 德川家康)または松平 元康(まつだいら もとやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。安祥松平家九代当主。
生誕天文11年12月26日(ユリウス暦1543年1月31日)
死没元和2年4月17日(グレゴリウス暦1616年6月1日)
改名
松平竹千代(幼名)→ 元信(初名) → 元康 → 家康 → 徳川家康
家系は三河国の国人土豪松平氏。幼名は竹千代。通称は次郎三郎のちに蔵人佐。諱は今川義元偏諱をもらい元信(もとのぶ)次いで元康と名乗るが今川氏から独立した際に「元」を返上して家康に改める。
勅許され永禄9年12月29日(1567年2月18日)に徳川氏に改姓。

江戸幕府の初代征夷大将軍。三英傑の一人。「海道一の弓取り」の異名を持つ。
家系は三河国の国人土豪松平氏。幼名は竹千代。通称は次郎三郎のちに蔵人佐。諱は今川義元偏諱をもらい元信(もとのぶ)次いで元康と名乗るが今川氏から独立した際に「元」を返上して家康に改める。
勅許され永禄9年12月29日(1567年2月18日)に徳川氏に改姓。
主君
今川義元 → 氏真 → 足利義昭織田信長豊臣秀吉→秀頼
氏族
松平氏 → 徳川氏
父母
父:松平広忠、母:於大の方
兄弟
家康、松平家元?、内藤信成?、樵臆恵最?、市場姫
異父弟:松平康元松平康俊松平定勝

正室:築山殿
継室:朝日姫
側室:養珠院、西郷局、茶阿局、英勝院、雲光院、相応院、ほか

松平信康、亀姫、結城秀康、永見貞愛、督姫、秀忠、松平忠吉、振姫、武田信吉松平忠輝、義直、頼宣、頼房、ほか
幼少期を織田氏ついで今川氏の下で人質として過ごす。永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いでの今川義元の討死を機に今川氏から独立して織田信長と同盟を結び、三河国遠江国に版図を広げる。
信長が天正10年(1582年)に本能寺の変において死亡すると天正壬午の乱を制して甲斐国信濃国を手中に収める。
信長没後に勢力を伸張した豊臣秀吉小牧・長久手の戦いで対峙するが秀吉に臣従。小田原征伐後は後北条氏の旧領関東への転封を命ぜられ豊臣政権下で最大の領地を得る。秀吉晩年には五大老に列せられ大老筆頭となる。
秀吉没後の慶長5年(1600年)に関ヶ原の戦いにおいて西軍に勝利。慶長8年(1603年)に征夷大将軍に任命され武蔵国江戸に幕府を開く。慶長20年(1615年)に豊臣氏を滅亡させ日本全国を支配する体制を確立。15世紀後半に起こった応仁の乱から100年以上続いた戦乱の時代(戦国時代・安土桃山時代)が終結
家康がその礎を築いた江戸幕府を中心とする統治体制は後に幕藩体制と称され264年間続く江戸時代を画した。
死後は日光東照宮に祀られ薬師如来を本地とする東照大権現(とうしょうだいごんげん)として神格化され、「神君」、「東照宮」、「権現様」(ごんげんさま)とも呼ばれて信仰される。また、江戸幕府の祖として「神祖」、「烈祖」などとも称された。


以上はライツ社編 「365日名言の旅」より一部抜粋&加筆


☆彡1月の行事・暦・祭り(2020年・令和2年)

1日(水・祝)元日

2日(木)初夢 書き初め

5日(日)初水天宮

6日(月)小寒 御用始め

7日(火)人日の節句(七草)

8日(水)初薬師

10日(金)十日戎

11日(土)鏡開き

13日(月・祝)成人の日

15日(水)小正月 どんど焼き 三寺まいり

16日(木)薮入り

18日(土)冬土用入り 初観音

20日(月)大寒 二十日正月

21日(火)初大師

24日(金)冬土用の間日 初地蔵

25日(土)冬土用の間日 初天神

27日(月)冬土用の間日

28日(火)初不動

31日(金)さっぽろ雪まつり(~2月11日)

☆彡1月の他の別名 
祝月(いわいづき)始和(しわ)正月(しょうがつ)早緑月(さみどりづき)年端月(としはづき)太郎月(たろうづき)王春(おうしゅん)建寅月(けんいんげつ)初春月(はつはるづき)

スポンサーリンク