読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬、風に吹かれて無常の世を漂い、旅する愛しき日々

日々のニュースや出来事・記念日・季節祭事・催事・時事・情報・気づき、等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

7月10日は納豆の日 大豆で目指せ健康美人 免疫力増強作用のイソフラボン 整腸効果のレシチン 「納豆クイーン」に吉田羊

ニュース・話題  健康・ダイエット 健康・疾病  季節祭事・記念日 政治・経済・社会 死去・命日・忌日 生活 社会 祭り・イベント 誕生日 誕生花 歴史 雑学

7月10日は納豆の日、ブナピーの日、指笛の日、潤滑油の日、ウルトラマンの日、四万六千日等の記念日です。


○納豆の日

関西納豆工業協同組合が1981年に関西地域限定の記念日として制定し、全国納豆協同組合連合会が1992年に、改めて全国の記念日として制定した。

七(なっ)十(とお)で「なっとう」の語呂合せ。

○ブナピーの日(日本の旗 日本) ブナピーはホクト株式会社が2002年(平成14年)に開発したブナシメジの新品種商品であり、発売された日付けをもって日本記念日協会の認定を受けた。

○指笛の日

2006年6月、沖縄県の指笛愛好家グループ「指笛王国おきなわ」が制定。

「指笛」とは、口の中に指を入れて音を鳴らすもので、沖縄の音楽や、祭、応援などに欠かせないものである。

7はかぎ形に人差指を曲げて吹く形が7の字に似ていることから。10は十本の指を使って様々な吹き方ができることから。また、エイサーの盛んな夏の初めがふさわしいとして7月を記念日とした。


○潤滑油の日

全国石油工業協同組合が制定。

OILを半回転させると710に見えることから。


○ウルトラマンの日

1966年のこの日、TBSテレビで『ウルトラマン』の放映が開始された。

『ウルトラマン』は7月17日に放送開始の予定だった。しかし、その前に放送されていた『ウルトラQ』の最終話が、内容が難解であるという理由で放送されないことになった。そこでその穴埋めとして、前日に杉並公会堂で開かれたウルトラマンの宣伝イベントの模様を「ウルトラマン前夜祭」として放映した。

*(旧)国土建設記念日

1948年のこの日、建設院が省に昇格して建設省が開庁した。

2001年の中央省庁再編によって運輸省・国土庁等と合併して国土交通省となり、記念日も7月16日の国土交通Dayに移行した。


▽独立記念日 [バハマ]

1973年のこの日、中米のバハマがイギリスから独立した。

□四万六千日[しまんろくせんにち]

浅草・浅草寺の縁日で、この日に参詣した者には4万6千日参詣したのと同じご利益や功徳があるとされている。本来は7月10日だけであるが、9日から行われる「ほおずき市」に合わせて9日にも法要が行われている。

●歴史
1821年伊能忠敬が測量し、忠敬の死後も門弟ら編纂していた『大日本沿海輿地全図』が完成し幕府に献上。(新暦8月7日)

1858年江戸幕府とオランダが「日蘭修好通商条約」を締結。
1906年富士山頂に郵便局を開設。
1912年 - 東京・有楽町にて日本初のタクシー会社「タクシー自働車株式会社」設立(開業は同年8月)。
1945年未明にB-29爆撃機131機が仙台を空襲。死者2755人。
1960年奈良県の大峰山竜泉寺が1300年年間女人禁制だった境内を開放。
1966年 - 特撮テレビ番組『ウルトラマン』第1回の放送となる『ウルトラマン前夜祭 ウルトラマン誕生』が放送される。


●誕生花&花言葉
風鈴草 Canterbary Bell花言葉:感謝
蛍袋[ほたるぶくろ] Campanula bellflower花言葉:感謝の気持ち
ジンジャー(花縮砂[はなしゅくしゃ]) Ginger lily花言葉:無駄なこと

キンギョソウ(金魚草) おしゃべり、清純な心、仮定、推測、予知、でしゃばり
イソトマ 強烈な誘惑、猛毒
カンパニュラ 感謝、誠実 
ラベンダー 繊細、優美、疑惑、私に答えてください、沈黙
トルコキキョウ(ピンク) 優美、希望

 

●誕生日
1830年カミーユ・ピサロ (仏:画家)Camille Pissarro[1903年11月13日歿]
1897年花菱アチャコ[はなびし・あちゃこ] (漫才師(エンタツアチャコ))02/14説あり[1974年7月25日歿]
1930年 - 左右田一平、俳優
1930年 - 和久峻三、推理作家、弁護士
1932年市田ひろみ[いちだ・ひろみ] (服飾評論家,女優)
1934年米倉斉加年[よねくら・まさかね] (俳優,演出家)[2014年8月26日歿]
1945年松島トモ子[まつしま・ともこ] (女優)
1958年布施博[ふせ・ひろし] (俳優)
1967年沢村一樹[さわむら・いっき] (俳優)
1978年小泉孝太郎[こいずみ・こうたろう] (俳優,小泉純一郎の子)
1987年 - 矢崎広、俳優、声優

●忌日
1979年 - アーサー・フィードラー、指揮者(* 1894年)
1993年井伏鱒二[いぶせ・ますじ] (小説家『黒い雨』『ジョン萬次郎漂流記』) <95歳>1937年下期直木賞,1966年文化勲章[1898年2月15日生]
2006年甲斐智枝美[かい・ちえみ] (女優) <43歳>自殺[1963年6月16日生]
2010年つかこうへい[つか・こうへい] (劇作家,演出家,小説家『蒲田行進曲』) <62歳>1981年下期直木賞[1948年4月24日生]
2011年ローラン・プティ (仏:バレエ振附師) <87歳>Roland Petit[1924年1月13日生]


■7月10日の納豆の日について

 

●納豆の日イベント「いばらきの納豆まつり」

 

7月10日の「納豆の日」にあわせて、納豆のすばらしさをアピールするイベントが水戸駅前で開催されます。前回好評であった納豆ごはん試食コーナー「納豆食堂」をはじめ、マーチングバンドやブルーグラスバンド、ジャズバンドなどによる演奏、ダンスなど(雨天中止)が行われます。納豆が好物の水戸市マスコットキャラクター「みとちゃん」が登場するほか(雨天中止)、水戸駅南口ペデストリアンデッキの「水戸の納豆記念碑」も必見です。
開催日時:2015年7月11日
※10:00~15:00
開催場所:水戸市 水戸駅南口ペデストリアンデッキ「水戸の納豆記念碑」前 料金: 問い合わせ先:茨城県納豆商工業協同組合水戸支部(だるま食品株式会社内) 029-221-7068 主催者:茨城県納豆商工業協同組合 アクセス:JR「水戸駅」下車 

 

●日替わり3種の納豆が食べ放題

2015年7月10日の納豆の日を記念し、12日までの期間限定で実施される「710BAR(納豆バー)」だ。710円で、ご飯とみそ汁、そして日替わりで3種類の納豆&12種類のトッピングが自由に食べられるそうだ。
・トッピングがめちゃ豪華

納豆バーに登場するトッピングは12種類。「ネギ」や「オクラ」「大葉」など定番のものから、「生姜肉みそ」「生あみの佃煮」「トマト」「カレー玉ねぎ」、はたまた「はちみつ」まで!!
店名 茨城マルシェ Restaurant&Bar
住所 東京都中央区銀座1-2-1
時間 ランチ 11:00~17:00 / ディナー 17:00~23:00
 ※納豆バー実施は7/10(金)~12(日)の11:00~17:00


■平成27年2月28日(土)、茨城県水戸市「ホテルレイクビュー水戸」(水戸市宮町)にて第20回「全国納豆鑑評会」「第14回水戸納豆早食い世界大会」が開催された。

●第20回「全国納豆鑑評会」
栄えある最優秀賞(農林水産大臣賞)を受賞したのは、(有)菅谷食品の「国産大粒 つるの子納豆」。このほか小粒・極小粒部門および大粒・中粒部門から、優秀賞が各3点、優良賞が各2点、特別賞として関東農政局長賞が各1点、永山久夫賞が各1点、ひきわり部門から納豆連会長賞が1点、アメリカ大豆部門からRed River Valley U.S. Awardが1点、そして水戸大会特別賞として茨城県知事賞が1点、水戸市長賞が各1点、合計20点が選出されました。


●「水戸納豆早食い世界大会」
決勝戦は、わらに包まれた水戸名産「わらつと納豆」5本(350グラム)、女子は3本(210グラム)を一番早く食べた者が優勝となり「納豆早食い世界一」の称号が与えられます。

 世界一の称号をかけた一戦ということもあり緊張感に包まれるなか、まずは女子の部の決勝が行われました。決勝戦の名に相応しいスピード感あふれる激しい戦いを制し優勝したのは昨年度の覇者、東京都の竹谷真美さん。
 記録は33,08秒と昨年に自身が記録した32.14秒の世界記録を更新することは出来ませんでしたが、見事二連覇。王者の貫禄を見せつけました。


次に男性の部が行われ、こちらも白熱した真剣勝負。この熱戦を制し「納豆早食い世界一」の称号を手にしたのは栃木県の飯塚真也さん。
 記録は33.66秒でした。昨年記録された20.84秒の世界記録の更新はなりませんでしたが、納豆をいっきにかき込む迫力満点の姿に、会場から大きな拍手が送られました。

納豆の本場と言われる水戸市での開催となった第20回「全国納豆鑑評会」は多くの一般来場者、報道関係者が集まり大盛況のまま幕を閉じました。
 来年度の第21回「全国納豆鑑評会」は宮城県気仙沼市で開催される予定です。

 

★納豆の健康効果
納豆でイキイキ! 大豆の健康効果免疫力増強作用のイソフラボン、骨を丈夫にするカルシウム、整腸効果のレシチン、美容美肌効果の食物繊維・・・目指せ大豆で健康美人!

びっくり納豆菌のパワー 納豆の発酵による機能性
びっくり納豆菌のパワー 納豆の発酵による機能性美容美肌・ダイエット効果から風邪予防、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症の予防まで、驚きの納豆菌パワーを紹介します。

納豆はポリアミン食の王様 ポリアミン特集
納豆はポリアミン食の王様 ポリアミン特集納豆などの大豆を発酵させて作る食品に豊富に含まれている「ポリアミン」。動脈硬化を抑制する働きがあるとして、注目を浴びている物質です。

★語り継がれる納豆の効能
•納豆食うひと,色白美人。
 (秋田美人)
 納豆中のビタミンB2は肌や粘膜を守る働きがあり納豆を食べつづけると肌が白く滑らかになります。秋田美人のルーツは納豆にあり―
•うなぎの蒲焼食ったら納豆を忘れるな。
 納豆に含まれている各種の消化酵素が脂肪の多い蒲焼の消化を助け,胃腸の調子を整えます。ジアスターゼの多い大根おろしを薬味に使えば効果はいっそうアップします。
•納豆を常用すると結核が逃げていく。
 納豆中の豊富な栄養が体力をつけ,病気に対する抵抗力を強めます。
•五月肩こり月,納豆月。
農繁期の五月になったら,納豆を食べると疲れがたまらないという意味。昔は寒中に感想納豆や納豆漬けを大量に仕込み,田植えの時期に備えました。
•納豆の粉末を用いると胃の調子が良い。
 多彩な消化酵素が消化を助け,ネバネバが胃壁をガードしてくれます。
•心臓や血管を丈夫にする。
 納豆中に含まれているリノール酸などの不飽和脂肪酸が,血管中のコレステロールを洗い流し,納豆タンパクが心臓や血管の筋肉をしなやかにします。
•肩こりにも納豆。
 納豆をすり鉢でよくすりつぶし,わしか木綿布に引き伸ばして患部に貼ります。
•ねぎをたっぷり入れた納豆汁は,風邪のひきはじめによい。
ねぎの薬効と納豆のバランスの取れた栄養が合体して体力をつけ,からだを芯から温めます。
•腹くだしが起こったら叩き納豆。
 納豆を包んでていねいに叩き,あつあつのご飯にかけて食べます。納豆菌の生長効果を生かしたもの。
•根がつき,粘りが出る。
 納豆にはビタミンBのグループがほとんど含まれており,バランスの良いアミノ酸とともにスタミナがつきます。
•一月六日の納豆の年取り。
この日に納豆を食べると万病の根が抜けていくといい,夕方の膳に必ず納豆汁をとります。
•納豆は夏負けの妙薬。
 消化の良いタンパク質と豊富なビタミンは,暑さで弱ったからだに体力をつける上で役立ちます。納豆に梅干を混ぜ,よくたたいてから食べるとより効果的。
•納豆めしに食あたりなし。
 納豆めしなら酵素によって消化吸収が良くなるので,多少食べ過ぎてもすぐに空腹になります。
•納豆どきの医者知らず。
 昔は納豆の仕込みは秋から冬にかけてがシーズンでした。納豆を食べるころになると,体力が充満してきて病気にかかる人もいなくなってしまうというたとえです。
•酒を飲むときに納豆を食べると悪酔いしない。
 二日酔いを防ぐ。
 納豆のアミノ酸と豊富なビタミンがアルコールをすばやく分解してくれます。また,ネバネバが胃壁をアルコールから守る効果もあります。
•カラスのお灸(口角炎)ができたら納豆。
 口角炎はビタミンB2が不足するとできますが,納豆にはビタミンB2がたっぷり含まれているので効果的です。
•頭にシラクモがでたらネバがよい。
シラクモというのは一種の皮膚病で,その病原菌退治には納豆菌が効果的。

 

大豆の栄養を促進する納豆菌

 良質のタンパク質が35%,脂肪分の20%を含む栄養万点の納豆。しかしその大豆も生のままでは組織が硬く,消化されにくいという欠点がありました。納豆は,この大豆の欠点を納豆菌による酵素分解の働きによって解消した上,タンパク質や炭水化物,脂肪分などといった栄養をそのままに,独自の風味をもつ消化吸収の良い,優れた食品として仕上げられたものです。

ナットウキナーゼによる脳梗塞・虚血性疾患・老人性痴呆症など、血栓疾患の予防

 須見洋行教授(現・倉敷芸術科大学)は、昭和63年(1988年)の農芸化学学会で納豆中に強力な血栓溶解酵素があることを発見し、これを「ナットウキナーゼ」と命名しました。教授は健常な成人に、100~200gの納豆を食べてもらった後に採血し、血しょう中の血栓溶解活性を測定しました。その結果、2~8時間にわたって血栓溶解活性が有意に上昇することを認め、納豆が血栓性疾患の予防に役立つことを示しました。

豆のネバネバに含まれる”ナットウキナーゼ”という酵素は、納豆特有の成分で血液をサラサラにするとされています。

この酵素は食後10~12時間働くので、寝ている間の血流が滞りやすい時間に食べるのが効果的だといわれています。

血流がスムーズになると肌に栄養が届くようになります。

 

ビタミンK2による骨粗鬆症の予防

 骨粗鬆症を予防するためには、カルシウムだけを大量に摂取しても顕著な効果はなく、カルシウムを骨に結合させる『γ一カルボキシグルタミン酸』という物質が必要なのです。この『γ一カルボキシグルタミン酸』を体内でつくるためには、ビタミンK2が欠かせません。ビタミンK2は納豆菌によってつくられるもので、あらゆる食品のなかでも納豆に最も多く含まれている栄養素の一つです。東京大学医学部の折茂肇教授はビタミンK2を与えるグループと与えないグループで実験し、比較したところ、ビタミンK2を与えたグループの方が骨密度(骨量)が高くなることを確認しました。また、納豆の消費量が多い地域ほど大腿けい部を骨折する女性が少なく、逆に消費量の少ない関西地域の方が骨折の頻度が高いという『西高東低』の傾向が分かりました。このことから、骨折頻度の地域差には納豆の摂取が大きく関わっている可能性が示唆されています。

血圧降下効果

 血圧を上昇させる働きのあるアンギオテンシンを阻害することは、血圧の上昇を防ぐことにつながります。納豆の中には、このアンギオテンシンの働きを妨げる効果のあることが確認されています。宮崎医科大学の丸山真杉教授は、ラットに納豆から調整したものを投与しその血圧への影響を見たところ、3時間後には全てのラットに血圧の低下が認められました。また、血圧の高い5人の成人に納豆から調整した乾燥物(納豆約200g相当量)を毎日飲ませ続けた結果、5人中4人が降下傾向にあることが認められました。

納豆菌の整腸作用

 納豆菌の腸内細菌に与える影響を見るため、豚やラットに納豆菌を加えた餌を与えたところ、小腸の上部で乳酸菌群が増加したという報告がされています。また東京都立食品技術センターの細井智弘氏は、試験管内で小腸上部付近の内容物様のものに乳酸桿菌ラクトバチルスと納豆菌を加えて、納豆菌による乳酸桿菌への増殖の変化を見ました。その結果、納豆菌を添加することによって善玉菌である乳酸桿菌ラクトバチルスが増加することを確認しました。

大豆の栄養を促進する納豆菌

 良質のタンパク質が35%、脂肪分20%を含む栄養満点の大豆。しかし、その大豆も生のままでは組織が固く、消化されにくいという欠点がありました。納豆は、この大豆の欠点を納豆菌による酵素分解の働きによって解消したうえ、タンパク質や炭水化物、脂肪分などといった栄養そのままに、独特の風味をもつ消化吸収の良い、優れた食品として仕上げられたものです。

納豆の抗動脈硬化作用

 金澤武道助教授(弘前大学医学部)は、動脈硬化形成に重要なLDL(低密度リポタンパク質)の変化は、LDLの過酸化と分子サイズの増大であることを示しました。そこでヒト血管病の予防における大豆タンパク質の役割を調べるため、大豆タンパク質の投与が動脈硬化の形成と関係の深いLDLの過酸化並びに大分子LDLの産生を抑制するかどうかを検討しました。その結果ヒトにおいて過酸化LDLと大分子LDLが動脈血管に対して障害的に作用すること、また大豆タンパク質がLDLの過酸化及び大分子化を抑制することを確認しました。この結果から大豆タンパク質は、心血管病の予防ならびに血管傷害の予防に優れた食物であることが示されました。

 

●2015年度 納豆クイーン
女優の吉田羊さんが受賞!

「納豆クイーン」は、納豆の普及やイメージアップなど納豆食推進に貢献した、心身ともに健康で美しい、納豆への深い愛情を持つ著名人に贈られる称号です。

2015年度の「納豆クイーン」を受賞したのは、女優の吉田羊さん。2014年に放映されたドラマ「HERO」の馬場礼子役での演技力の高さから注目を集め、現在ドラマ・映画・CMにと多方面で大活躍。「無類の納豆好き」を公言するなど大の納豆好きで知られ、また、映画・テレビなどでの輝く演技力の高さが、納豆の味わい深いイメージと合致するため、今回の「納豆クイーン」に選出されました。

吉田さんへのインタビュータイム。
 納豆をかき混ぜるシーンでは、「良いにおい!」と納豆の香りを楽しむ場面も見られました。

 「納豆の味と粘り具合と、そして一番はにおいが好きです。納豆のにおいがきつい方が好きで、納豆を買ってきたらあえて一週間くらい寝かせて、より発酵を進めてから食べています」と納豆の食べ方のこだわりを披露。美の秘訣も、毎日食べる納豆にあるとのことです。

吉田羊さん

「今日は納豆の色をイメージした洋服と、ネイルにしてきました。納豆が本当に大好き。来年も『納豆クイーン』に選んでいただけるよう、頑張って納豆食を推進したいと思います」と納豆への愛情と意気込みを語っています。


2015年の7代目ミス納豆には浜口順子さんと佐々木もよこさんが選出されました。

 

★吉田 羊(よしだ よう、2月3日 - )は、日本の女優。本名は吉田 羊右子(よしだ ようこ)。愛称は「ひつじ」。

福岡県久留米市出身。ORANKU(おらんく)所属。

本名吉田 羊右子(よしだ ようこ)

生年月日2月3日

出生地 日本 福岡県久留米市

身長163 cm

血液型O型

職業女優

ジャンル舞台、テレビドラマ、映画
1997年 より
●経歴

映像デビューに至るまで

福岡県久留米市で、兄2人・姉2人の5人兄弟の末っ子として生まれた。子供の頃からお芝居のマネしたり人前で歌を歌ったりするのが好きで、松田聖子や中森明菜のモノマネをしたり、トイレの中で一人芝居をしたり、誰かを演じるおままごとが好きで中学1年生までやめられなかった。
久留米信愛女学院高校へ進学、3年生の時に体育祭で応援団長を務めて注目や歓声を浴び、後輩に慕われファンクラブのようなものもできるなど、後に女優を志すきっかけの一つとなった。高校卒業の後、久留米を離れ上京した。

大学3年生になり周囲が就職活動を開始する中で、自分は性格的に会社勤めには向かないと感じていたことから、幼いころより興味があった女優に挑戦してみたいと決意。思い立ったらすぐに実現したいと、養成所に入ったりレッスンを受けたりするのではなく、情報誌『ぴあ』に掲載された3ヶ月後の舞台作品へ出演する女優を募集する劇団の三行広告に応募して、小劇場の舞台で女優としてデビューした。
初舞台が楽しかったことから、以降も同じ劇団の舞台作品へ客演するなど定期的に小劇場の舞台に立ち続け、2001年には自ら比佐廉(脚本・演出)・石津陽子(制作)とともに女性3人で演劇プロデュース集団「東京スウィカ」を旗揚げして2007年に卒業するまで主演女優を務めるなど、1997年のデビューからおよそ10年にわたって小劇場を中心に活動した。

30代になり、出演舞台を見にきた現在のマネージャーに「映像をやりませんか」とスカウトされ、2007年4月より初めて事務所に所属。大手事務所を辞めたマネージャーが立ち上げた個人事務所の株式会社ORANKU(おらんく)にて、事務所所属のただ一人のタレントとして同年齢の女性マネージャーと二人三脚で映像作品を中心とした活動へ進出した。
実年齢にとらわれることなく上から下まで幅広い年齢の役柄が演じられるように、年齢は非公表とした。本格的な映像デビューのきっかけは2007年4月に川島なお美・下條アトムと共演した三人芝居『とんでもない女』。この舞台を見に来た監督の藤尾隆に見初められ、同年10月に始まった昼ドラ『愛の迷宮』(東海テレビ)に準レギュラー出演してドラマデビューを飾った。

転機

その後転機となったのは翌2008年に出演したNHK連続テレビ小説『瞳』。看護師役を演じて、患者役の西田敏行とのアドリブを交えた軽妙な掛け合いが当時ドラマ『風のガーデン』の撮影期間中にたまたまテレビを見ていた俳優・中井貴一の目に留まった。中井自ら「この女優は誰?」と朝ドラのチーフプロデューサーへ電話で問い合わせると、間もなく『風のガーデン』のプロデューサーから事務所に連絡があり、既にキャスティングが完了していたにも関わらず端役ながら新たな役を作って同作品に起用されることになった。

さらに中井は自ら出演する三谷幸喜作・演出の二人芝居『グッドナイト スリイプタイト』へ吉田を招待し、三谷へと引きあわせた。
2009年3月、三谷率いる劇団「東京サンシャインボーイズ」の15年ぶりの復活公演『returns』のキャストに抜擢され、サンシャインボーイズの充電前最後の公演『サンシャインボーイズの「罠」』に出演した役者が全て揃うことを条件に立ち上がった同企画においてただ一人の外部ゲストとして注目の的となり、演劇やドラマの関係者へ広く知られる存在となった。その後も三谷が連載する朝日新聞のエッセイにも何度か名前が挙がり、三谷の生誕50周年を記念して2011年に制作された舞台『国民の映画』にも権力に愛され勘違いしてしまう悲しき新進女優エルザ・フェーゼンマイヤー役で出演、3年後の再演にも国家社会主義ドイツ労働者党の宣伝大臣ヨゼフ・ゲッベルスの妻マグダ・ゲッベルス役で出演している。

2011年から2012年にかけてはNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』『平清盛 』に2年連続で出演を果たし、2012年10月からはNHK連続テレビ小説『純と愛』にレギュラー出演してホテルウーマンでヒロイン・夏菜のクールな女上司、桐野富士子役を演じて話題になると、2013年4月に放送された同ドラマのスピンオフ作品『富士子のかれいな一日』では主演も務めた。さらに2014年7月期のフジテレビ系月9ドラマ『HERO』で城西支部唯一の女性検事・馬場礼子役に抜擢、11年ぶりに髪を切りボブカットにして臨み一躍注目を集めると、話題作への出演により知名度も一気に高まった。2014年10月にはフジテレビ系『オモクリ監督 〜O-Creator's TV show〜』でバラエティ番組への初のレギュラー出演も果たした。2015年に入ると上半期のみで連続ドラマ3本、映画3本の出演に加えて、鈴木梨央と親子役で出演し注目を集めた大塚製薬「ポカリスエット」をはじめ6社のCMに起用されている


●人物
人物・エピソード
趣味はアンティーク着物、落語鑑賞、スキューバダイビング。
特技はピアノ。
資格は漢字検定2級。
好きな俳優は光石研や西島秀俊、田中裕子。
好きな歌手は椎名林檎、Mr.Children。
1人カラオケによく行く。カラオケの十八番は椎名林檎の「罪と罰」と中島みゆき。
年賀状は本人が干支のコスプレをしたものを毎年作成している。
納豆が大好きである。幼い頃からおやつ代わりに納豆を食べていて、母からは「納豆娘」と呼ばれていた。スタジオやロケの撮影現場にも納豆を持参し、1日1回必ず食べる。
2015年7月には、納豆に深い愛情を注ぎ納豆の普及に貢献したことで全国納豆協同組合連合会より「2015年度納豆クイーン」に選出されている。
ブログを通じて応援する熱心なファンを「ヒツジスト」と称する。

劇団員時代には引越業者、葬儀屋、パーティーコンパニオンなどさまざまなアルバイトを経験。2007年に初めて事務所に所属すると女優業に専念するためにアルバイトは一切禁じられ、生活費は事務所より借金して全て女優業で稼いで返済することを課せられたため、2014年のテレビドラマ『HERO』出演の直前に完済するまで事務所に借金があったという


主な作品

テレビドラマ
『愛の迷宮』
 『傍聴マニア09〜裁判長!ここは懲役4年でどうすか〜』
 『江〜姫たちの戦国〜』
 『純と愛』
 『町医者ジャンボ』
 『刑事のまなざし』
 『HERO 第2シリーズ』


CM
みずほフィナンシャルグループ
日清製油
エイチ・アイ・エス
小林製薬 間宮アロエ軟膏(2006年)
ソニー損保(2007年)
サニクリーン(2008年)
旭化成ホームプロダクツ サランラップ(2012年)
P&Gジャパン アリエール(2012年)
雲海酒造 そば焼酎雲海(2013年11月 - )
大塚製薬 ポカリスエット 「冬の乾燥篇(洗たくもの篇・加湿器篇)」(2015年1月 - 3月)
「春の乾燥篇(サクラ篇・パジャマ篇)」(2015年3月)
「夏の親子篇(親子でキャンディーズ篇、親子で風呂掃除篇)」(2015年6月 - )

エスビー食品 ゴールデンカレー/プレミアムゴールデンカレー(2015年3月 - )

JX日鉱日石エネルギー(2015年3月 - )
トヨタホーム 「ずっと、ここが、我が家。妻篇」(2015年4月 - )
花王 ハミングファイン 「誕生」篇(2015年5月)
「さらっとした人」篇(2015年5月 - )