風に吹かれて旅するブログ (話題・記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや話題・出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

11月15日は七五三、ボジョレヌーボーの解禁日、亥の子、かまぼこの日、のど飴の日、昆布の日、きものの日、蔵の日、いい遺言の日、等の日

2018年11月15日は何の日? 


11月15日は七五三、ボジョレヌーボーの解禁日、亥の子、かまぼこの日、のど飴の日、昆布の日、きものの日、口腔がん検診の日、蔵の日、いい遺言の日、一般鳥獣狩猟解禁日、等の日です。


●『七五三』 :  
男の子は数えで3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年に、成長を祝い神社に参詣して成長を祝う日です。

※≪江戸時代、徳川綱吉の子「徳松」の祝いが行われた事が由来だと言われています。
旧暦の11月は、その年の実りを神に感謝する月で、旧暦15日は二十八宿で「何事をするにも吉」とされる鬼宿日に当たった事から、この日に行われる様になりました。
15日とされた理由は7+5+3で、15になる為と言われます。
元々は11月15日でしたが、現在では10月~11月の間に行われる様になっています。

 

ボジョレヌーボーの解禁日 
ボジョレーヌーボーとは、フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区で作られるワイン。

ボジョレーヌーボーの解禁日は、毎年11月の第3木曜日と決められています。

 

●亥の子
亥の子(いのこ)は、旧暦10月(亥の月)の上の(上旬の、すなわち、最初の)亥の日のこと、あるいは、その日に行われる年中行事である。玄猪、亥の子の祝い、亥の子祭りとも。  

のぼり旗 亥の子餅 S72652 600×1800mm 株式会社UMOGA

のぼり旗 亥の子餅 S72652 600×1800mm 株式会社UMOGA

 

主に西日本で見られる。
行事の内容としては、亥の子餅を作って食べ万病除去・子孫繁栄を祈る、子供たちが地区の家の前で地面を搗(つ)いて回る、などがある。

 

●『かまぼこの日』 :  
「蒲鉾(かまぼこ)」が初めて文献に登場したのが、平安時代の古文書に1115(永久3)年の祝宴の膳の図に描かれていた物とされている事から、この年号の並びから11月15日を記念日として「全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会」が1983(昭和58)年に制定。

 

●『のど飴の日』 :
1981(昭和56)年11月に、日本で初めて商品名に「のど飴」と名の付くのど飴「健康のど飴」を発売した会社が、2011(平成23)年の発売30周年を記念して制定。
日付は、発売月の11月と、11月中旬より最低気温が一桁になりのど飴の需要期になる事、11と15で「いいひと声」と読む語呂合わせなどからです。

 

●『昆布の日』 :  
「七五三」のお祝いにあたるこの日に、子供達に昆布を食べて丈夫に育ってもらおうと、社団法人「日本昆布協会」が1982(昭和57)年に制定。
関蓮記念日として、◎5月5日の「わかめの日」があります。 

 

●『きものの日』 :  
着物の良さを知ってもらい、七五三の日に、家族そろって着物でお宮参りに出かけて欲しいとの願いから、全国2,000店の呉服店で組織する「全日本きもの振興会(日本きもの連盟)」が、1966(昭和41)年の設立の時に制定。
着物を着る運動のシンボル的な日として、「きもの」の美しさ、文化的な要素をアピールしていくのが目的です。

 

●『口腔がん検診の日』 : 

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プラックコントロール DB4510NE

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プラックコントロール DB4510NE

 

 2008(平成20)年11月15日に開催された「第21回・日本歯科医学総会」において、口腔がん検診の普及をテーマにシンポジウムが行われ、口腔がん撲滅運動のシンボル「レッド&ホワイトリボン」が発表された事を記念して口腔がん検診の普及と啓発を目的に、社団法人「東京都玉川歯科医師会」が制定。

 

●『蔵(KURA)の日』 :
信州を愛する大人の情報誌「KURA(くら)」が2001(平成13)年11月15日に創刊された事を記念して、出版元である長野県長野市の出版社が制定。
「KURA」は知恵や資産の詰まった蔵になぞらえ、信州の暮らしに関わる「情報の蔵」を目指している人気月刊誌です。

 

●『生コンクリート記念日』 :  
1949(昭和24)年のこの日、生コンクリートが初めて市場に出荷された事を記念して「大分県あすをつくる県民運動推進協議会」総会で決議制定。
全国生コンクリート工業組合連合会」もこの日を制定しています。

 

●『いい遺言の日』 :   
「い(1)い(1)い(1)ごん(5)」の日。
とある銀行が2006(平成18)年11月に制定。
また、この日から22日までの一週間を「夫婦の遺言週間」としています。
関聯記念日として、◎4月15日の「遺言の日」があります。

●『一般鳥獣狩猟解禁日』 :  
「狩猟法」に基づき、この日から翌年2月15日まで「鳥獣の狩猟」が解禁されます。
北海道のみ10月1日~翌年1月31日となっています。

●『予防争族(相続)を考える日』 :
長野県佐久市税理士法人「アプト会計事務所小諸事務所」が制定。2015年1月の改正で注目が集まる相続税ですが、相続とは税金だけの問題ではなく、遺産を巡って家族で争う「争族」になってしまう事例がよく見受けられます。
家族間の争いを未然に防ぐという意味の「予防争族(相続)」のことを考えてもらうのが目的です。
日付は、「七五三」であるこの日に将来にわたって仲のよい子どもたちであってほしいとの願いを込められています。


☆彡第3木曜日は
●「森のたまご」の日
コクとうまみ、鮮度と栄養価で人気の鶏卵「森のたまご」を製造販売するイセ食品株式会社が11月18日と毎月第3木曜日に制定。ブランドたまごの定番と称される「森のたまご」の素晴らしさを多くの人に知ってもらうのが目的。日付は11月で「いい」、18日を「森のたまご」の「森」と読むことからで、「森」の字にある「木」を分解すると「十」と「八」となるため18日とし、「森のたまご」の「森」の字には「木」が3つあることから第3木曜日したもの。

☆彡毎月15日は、
●『お菓子の日』 :
お菓子の神様(過疎神)を祀る和歌山県の「橘本(きつもと)神社」と兵庫県の「中嶋神社」の例大祭が、制定当時4月15日に行われていた事に因んで、
「全国菓子工業組合連合会(全家連)」が1981(昭和56)年に制定。

 

●『中華の日』 :
「東京都中華料理環境衛生同業組合」が制定。

 

●『レンタルビデオの日』 :
洋画ビデオの会社4社のグループが制定。

 

●『いちごの日』:
「いち(1)ご(5)」の日。
関聯記念日として、◎1月15日の「いちごの日」もあります。

 

☆彡毎月14日・15日は、
●『ひよ子の日』 :
「ひ(1)よ(4)こ(5)」の日。
福岡県のひよ子本舗が「ひよ子」まんじゅうのPRの為に制定。
現在では東京のお土産として有名ですが、元々は福岡県飯塚市のお菓子でした。
東京オリンピックが開催された1964(昭和39)年に首都圏に進出し、
1985(昭和60)年の東北新幹線上野駅乗り入れの時から東北への土産物として売行きが伸び始めました。

スポンサーリンク  


☆彡11月15日の誕生花:
ハイビスカス(白)  花言葉は繊細な美、新しい恋、常に新しい美
バラ(オレンジ)  花言葉は愛、無邪気、爽やか、幸福、美
ヒガンバナリコリス)  花言葉は悲しき思い出
オレガノ  花言葉は輝き
ポポー  花言葉は健康
オウゴンハギ(黄金萩)  花言葉は謙遜、成功、思いのまま
ラケナリア・Cape Cowslip 花言葉は「持続する愛」
ローズマリー・Rosemary 花言葉は「思い出・私を思って」です。


☆彡誕生石は「レッド・コーラル(赤珊瑚)」石言葉:寛容と冷静な愛情



☆彡今日誕生日の人の一言 ゲアハルト・ハウプトマン(作家)

1862年11月15日-1946年6月6日

『利口な者たちの中に、潜む愚かさほど、恐ろしいものはない』


★ゲアハルト・ハウプトマンのプロフィール
ゲアハルト・ハウプトマン(Gerhart Hauptmann, 1862年11月15日 - 1946年6月6日)は、ドイツの劇作家、小説家、詩人。1912年にノーベル文学賞を受賞した。プロイセン王国・ニーダーシュレージエンのバート・オーバーザルツブリュン(現:ポーランド・ドルヌィ・シロンスク県シュツァヴノ=ズドルイ(英語版))生まれ。

主な受賞歴
1896 グリルパルツァー賞
1899 グリルパルツァー賞
1905 グリルパルツァー賞
1909 オックスフォード大学、ライプツィヒ大学名誉博士
1911 バイエルン・マクシミリアン科学芸術勲章
1912 ノーベル文学賞
1921 プラハ・ドイツ大学名誉博士
1922 ドイツ国鷲記章
1924 プール・ル・メリット勲章平和章
1932 コロンビア大学名誉博士
1932 ゲーテ

日本語訳
ハウプトマン 『日の出前』 橋本 忠夫、岩波書店。ISBN 978-4003242834。
ハウプトマン 『織工』 久保 栄、岩波書店。ISBN 978-4003242810。
ハウプトマン 『沈鐘―独逸風の童話劇』 阿部 六郎、岩波書店。ISBN 978-4003242827。
ハウプトマン 『寂しき人々』 森鴎外ゆまに書房。ISBN 978-4843331439。


以上はナイツ社編 「365日名言の旅」より一部抜粋&加筆

 

☆彡11月の行事・暦・祭り(2018年・平成30年)
季節:初冬(しょとう) ※立冬から大雪の前日まで。

11月の他の別名
神楽月(かぐらづき)子月(ねづき)霜降月(しもふりづき)雪待月(ゆきまちづき)
建子月(けんしげつ)暢月(ちょうげつ)達月(たつげつ)復月(ふくげつ)
神帰月(かみきづき)天正月(てんしょうづき)

◆11月の行事・暦・祭り(2018年・平成30年)

1日(木)秋土用の間日 顔見世 酉の日(一の酉)

2日(金)唐津くんち(→4日)

3日(土・祝)文化の日 秋土用の間日

4日(日)ユネスコ憲章記念日

6日(火)秋土用明け

7日(水)立冬

8日(木)伏見稲荷大社火焚祭

10日(土)松明あかし

11日(日)鮭の日

13日(火)二の酉

15日(木)七五三 亥の子 ボジョレヌーボーの解禁日 

22日(木)小雪

23日(金・祝)勤労感謝の日

25日 (日) 三の酉

スポンサーリンク