風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

速報! 仙台市の仙台港で140cm、相馬市で90センチ、岩手県の久慈港で80センチの津波観測 22日午前5時59分ごろ福島、茨城、栃木の3県で震度5弱の地震 

速報! 午前9時46分 宮城県と福島県の沿岸に出していた「津波警報」を「津波注意報」に切り替える。 

 福島県で震度5弱を観測した地震で、気象庁は22日午前9時46分、宮城県と福島県の沿岸に出していた「津波警報」を「津波注意報」に切り替えた。また、青森県太平洋沿岸、千葉県九十九里・外房、千葉県内房、伊豆諸島で津波注意報を解除した。

 同庁によると、震源は福島県沖の深さ25キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.4と推定される。引き続き、津波注意報を出している宮城、福島、岩手、茨城の4県の沿岸部で注意報が解除されるまで海に入ったり、海岸に近づいたりしないよう、呼びかけている。

 

 

 

●地震情報(顕著な地震の震源要素更新のお知らせ)
平成28年11月22日08時07分 気象庁発表

平成28年11月22日08時00分をもって、地震の発生場所と
規模を以下のとおりとします。

平成28年11月22日05時59分 福島県沖の地震
 北緯  37度21.2分 (北緯 37.4度)
 東経 141度36.2分 (東経141.6度)
 深さ  25km     (深さ 30km)
 規模(マグニチュード) 7.4
気象庁


仙台市の仙台港で140cmの津波観測 福島、茨城、栃木の3県で震度5弱の地震 

22日午前5時59分ごろ、福島、茨城、栃木の3県で震度5弱の地震があった。気象庁によると、震源地は福島県沖で、震源の深さは約25キロ。地震の規模はマグニチュード(M)7.4と推定される。東日本大震災の余震とみられ、M7.0以上の観測は2014年7月12日以来となる。

 気象庁は福島、宮城両県に津波警報を出した。仙台市の仙台港で140センチ、福島県の相馬市で90センチ、岩手県の久慈港で80センチを観測。青森、岩手、茨城、千葉にも津波注意報を出した。
 青森、岩手、宮城、福島各県では、沿岸部の一部自治体の住民らに避難指示が出た。避難所が開設されたところもある。

11月22日午前5時59分頃 、福島県沖を震源とする地震があり、福島県中通りや浜通り、茨城県北部、栃木県北部で震度5弱を観測した。気象庁によると、震源の深さは約30km。地震の規模(マグニチュード)は7.4と推定される。気象庁は福島県、宮城県に津波警報を発令。今すぐ避難するよう呼びかけている。
<津波警報>
 福島県、宮城県(追加)
<津波注意報>
 青森県太平洋沿岸、岩手県、宮城県、茨城県、千葉県九十九里・外房
<仙台などで津波観測>
仙台港では午前8時3分に1m40cmの津波を観測した。
仙台市は午前8時9分に沿岸部の698世帯、1732人に避難勧告を出した。
午前8時現在、30の市町村に避難指示や勧告が出ている。
<原発の状況>
午前6時10分頃、福島第二原発3号機の燃料プール冷却浄化系が自動停止。冷却水が漏れだすなどの異常は見つかっていない
福島第一原発、今のところ「異常なし」
女川原発、今のところ「異常なし」
この地震で福島県中通り、茨城県北部などで震度5弱、宮城県北部や秋田県沿岸南部、福島県会津など幅広い地域で震度4を観測した。

■続報
宮城 東松島市 沿岸中心とした59地区に避難指示11月22日 9時07分
福島 楢葉町全域に避難指示11月22日 9時01分
福島 新地町 海岸沿いに避難指示11月22日 8時56分
宮城 石巻市沿岸部に避難指示11月22日 8時51分
宮城 南三陸町 沿岸部に避難指示11月22日 8時38分

 

■津波注意報
千葉内房と伊豆諸島に追加
11月22日 7時38分
この地震で気象庁は午前7時26分に、千葉県内房と伊豆諸島に津波注意報を追加しました。津波警報は福島県で変わっていませんが、津波注意報の範囲が南に広がりました。


津波警報が発表されている宮城県と福島県では津波が観測されています。気象庁は今後さらに高い津波が到達するおそれがあるとして警戒を呼びかけています。

津波警報
午前8時すぎまでに観測された津波は、仙台港で午前8時3分に1メートル40センチ、福島県相馬港で午前7時6分に90センチ、宮城県石巻市鮎川で午前7時39分に80センチ、いわき市小名浜港で午前6時49分に60センチを観測しています。

場所によってはさらに高い津波が到達しているおそれがあります。津波警報は最大で3メートルの津波が予想されるときに発表され、今後さらに高い津波が到達するおそれがあります。直ちに避難してください。

津波注意報
津波注意報が発表されている地域でも津波が観測されています。

岩手県久慈港で午前7時54分に80センチ、茨城県大洗港で午前7時8分に50センチ、岩手県大船渡港で午前7時56分に40センチ、岩手県宮古港で午前8時9分に40センチ、千葉県勝浦市で午前7時3分に30センチ、千葉県館山市で午前7時13分に30センチ、東京・伊豆諸島の八丈島八重根でも午前7時22分に30センチ、岩手県釜石港で午前7時15分に20センチの津波を観測しています。

港の中や海岸にいる人は離れてください。

■今回の地震のあと、福島第二原子力発電所3号機の燃料プールで一時的に冷却が止まったことを受け、東京電力は午前8時半すぎから記者会見を開きました。

この中で、東京電力は午前6時10分ごろ、福島第二原発3号機で、使用済み燃料を冷却するための水をためるタンクの水位が低下したことを示す警報が鳴り、プールに水を送るポンプが一時停止した原因について、「地震でプールの水が揺れて警報が出てポンプが止まったと考えている」と述べ、今後詳しく調べるとしています。

また、今回の地震により、福島第一原発と第二原発で、午前6時38分に1メートルの津波を観測したことを明らかにしました。

福島第二原発の核燃料プールの冷却装置が停止…東京電力「ただちに問題はない」

 

 東京電力によると、22日午前6時10分ごろ、福島第2原発3号機(福島県富岡町、楢葉町)で、使用済み核燃料プールの冷却水を循環させる系統が自動停止した。午前7時47分に復旧した。プールの水は十分冷却されており、プールからの水漏れや、放射性物質の漏えいはないとしている。


 東電によると、福島第1、第2の両原発で、午前6時38分にそれぞれ1メートルの津波を確認した。いずれも人や設備の被害は確認されていない。


 第2原発3号機プールの停止時の水温は28.7度で、冷却の一時停止により29.5度まで上昇した。運転管理上の制限値は65度。


 3号機は東日本大震災以降停止中。