風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

8月18日は健康食育の日、米の日、糸ようじの日、ハイエイトチョコの日、ビーフンの日、約束の日、エスロハイパーの日、猛暑の特異日、高校野球記念日、等の日です。

2017年8月18日は何の日?

8月18日は健康食育の日、米の日、糸ようじの日、ハイエイトチョコの日、ビーフンの日、約束の日、エスロハイパーの日、猛暑の特異日高校野球記念日、等の日です。

●『健康食育の日』 :
穀物(とくにお米)を軸にした日本型食生活を推進し、健康で元気な人を増やす事を目指して、一般社団法人「日本健康食育協会」が制定。
食の大切さを伝える食育活動を「健康食育」として普及させる事を目的に、健康食育の専門家の育成なども行っています。
日付は、8と18で八十八=米という漢字になることからです。
 
●『米の日』 :
1998(平成10)年に「岩手県農政部農産物流通課」が制定。
日付けは、米の文字を分解すると、「八十八」となる(米を作るためには八十八の作業が必要だからだといわれる)ことから、八月十八日が米の日として選ばれました。
関連記念日として、◎8月8日の「米の日」と、◎毎月8日・18日・28日も「米の日」になっています。
 
 
※オマケ
➀美味しいご飯の炊き方正統派 (はじめチョロチョロ 中パッパ 赤子泣いても蓋とるな)
「はじめチョロチョロ 中パッパ ジワジワ時に火をひいて 赤子泣いても蓋とるな」
とよく言われます。
ご飯を炊く時の手順やコツを歌った歌です。
はじめチョロチョロ(炊き始めはやや弱火で)、中パッパ(蒸気が出てきたら強火にして)、ジワジワ時に火をひいて(水分がなくなってジワジワと音を立て始めたら火を落として)、赤子泣いても蓋とるな(蒸らしている時に赤ん坊が泣いても蓋を開けず充分蒸らせ)
という意味です。
 
②美味しいご飯の炊き方の裏技
● 氷を入れて一緒に炊く
 ご飯を炊く直前、水に氷を入れることで水温が下がり、沸騰するまでの時間が長くなり、お米の旨みと食感を引き出すことができます。
氷は、お米1合につき1個入れますが、その分だけ水を減らしてください。
 

●『糸ようじの日』 


大阪府大阪市に本社を置く小林製薬株式会社が、同社の製品である歯間清掃具の「糸ようじ」が2017年に誕生から30周年を迎えたことを記念して制定。より多くの人に歯間清掃を習慣化してもらうことで、健康的な口腔環境を維持して欲しいとの願いが込められている。日付は8と18で「歯(8)と歯(8)の間に糸(1)」が通っているように見えることから。

●『ハイエイトチョコの日』 
大阪府大阪市に本社を置き、チョコレートやクッキー、ゼリーやキャンディーなどを製造販売するフルタ製菓株式会社が制定。1967年発売の同社のロングセラー商品「ハイエイトチョコ」の美味しさ、楽しさをより多くの人に知ってもらうのが目的。日付は8と18で「ハ(8)イ(1)エイト(8)」と読む語呂合わせから。「ハイエイトチョコ」はカラフルな丸いチョコの粒をいくつも8の字型の容器にパックしたもので、メガネのような形が子どもたちに人気のチョコ。

●『ビーフンの日』 :
ビーフン(米粉)は、その名の通りお米でできた麺です。
大切なお米に感謝の気持ちを込めて八十八(8/18)を組み合わせた「米」の字に由来するこの日を記念日として、ビーフンの持つ栄養価や食感の良さをアピールする為、2005年にビーフン食品のメーカーが制定。

●『約束の日』 :
大阪市に本社を置き、情報メディアサイト「保険市場」を運営する会社が制定。
日付は、「保険市場」と芸人「鉄拳」とのコラボレートで誕生したパラパラ漫画「約束」が、2013(平成25)年のこの日に動画サイトYouTubeで配信を開始した事に因んでいます。
パラパラ漫画「約束」は、家族の大切さをストレートに表現し、家族愛、絆から交わされる「約束」を描いた感動的な作品で、Web掲載やテレビ放映などで大きな話題となりました。

●『エスロハイパーの日』 :
水道管などに使用される耐震性、耐久性に優れたポリエチレン管
エスロハイパー」を製造・販売する工業製品メーカーが制定。
暮らしを支える水道用ライフライン管材「エスロハイパー」の高性能と誕生20周年をアピールするのが目的です。
日付は、水の需要期の夏であり、8と18で「ハイパー」と読む語呂合わせからです。
●『猛暑の特異日』 :
猛暑となる確率の高い日です。

●『高校野球記念日』 :
1915(大正4)年のこの日、大阪の豊中球場で第1回全国中等学校優勝野球大会が開会されました。
地区予選を勝ち抜いた10校が参加し、京都二中が優勝した。
第10回から会場が甲子園球場になり、1948(昭和23)年から全国高校野球選手権大会となりました。
※太閤忌
豐臣秀吉の1598(慶長3)年の忌日。
享年61。「露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢」の辞世を残した。
生誕 天文6年2月6日(1537年3月17日)
死没 慶長3年8月18日(1598年9月18日)
改名 木下藤吉郎、秀吉、羽柴秀吉、藤原秀吉、豊臣秀吉
神号 豊国大明神
墓所
豊国神社(京都市東山区
不動院広島市東区
高野山奥の院和歌山県高野町
国泰寺(広島市西区

正室:浅野長勝の養女・高台院
側室:浅井長政の娘・淀殿 他

☆彡毎月18日は、
●『頭髪の日』 :
「とう(10)はつ(8)」の日。
「全国理容環境衛生同業組合連合会」が1978(昭和53)年に制定。

●『18゛の日(ファーストエイドの日)』 :
「18゛の日制定委員会」が2001(平成13)年に制定。
1で「ファースト」、8に濁点を附けて「エイド」と読む語呂合せ。
ファーストエイドとは、「応急手当・救急救命」等の事です。

●『ホタテの日』 :
青森県漁業協同組合連合会」と「むつ湾漁業振興会」が制定。
ホタテの「ホ」を分解すると「十八」になることから。
元はホタテの旬であり陸奥湾の「むつ」=六つに通じる◎6月の18日でしたが、後に毎月18日の記念日に拡大しました。

●『北海道清酒の日』 :
「いっ(1)ぱい(8)」(一杯)の語呂合せ。
北海道清酒のシンボルとして「いっぺい君」という熊のキャラクターもあります。

●『二輪・自転車安全日』 :
「警視庁」が、1977(昭和52)年の10月8日から「自転車安全日」として実施し、翌1978(昭和53)年11月から「二輪・自転車安全日」としました。
現在では毎月18日になっています。

●『米食の日』 :
三重県が1978(昭和53)年10月に制定。
「米」の字を分解すると「十」「八」になることから、若者の米離れを防ぎ、米の消費を拡大する為の記念日です。

●『防犯の日』 :
1962(昭和37)年に、日本で初めて創業した警備保障会社が制定。
セキュリティのトップカンパニーとして、社会の安全化に努めてきた同社の企業や家庭、個人の防犯対策を、毎月この日に見直して「安全、安心」に暮らしてもらいたいとの願いが込められています。
日付は、18の1を棒に見立てて「防」、8を「犯」とする語呂合わせからです。

●『観音の縁日』 :
「観世音菩薩」の縁日です。
※1月18日が「初観音」。
観音の縁日は観音講に由来するといわれ、京都・「清水寺」の清水講は特に有名です。
観世音菩薩は、慈悲深い徳があって、大慈大悲で衆生を済度するのを本願とし、世の衆生の求めに応じて大慈大悲を垂れ、三十三身に身を現じると言われる勢至菩薩と共に阿弥陀如来の脇侍です。
7月10日は、千日詣(四万六千日)と称し、この日に参詣すれば特別な功徳があるといわれます。
観音信仰の寺院としては、西国三十三所「観音霊場」や東京「浅草寺」、千葉「笠森観音」、奈良「長谷観音」、高崎「石原清水観音」等が有名で、また、「京都七観音(革堂、川崎大師、吉田寺、清水寺六波羅蜜寺、六角堂、蓮華王院」)は現在でも七観音詣が盛んに行われ、東京でも、これにならって「浅草七観音」があります。

☆彡毎月8日・18日・28日は、
●『お米の日』 : 
米の記念日です。
制定した機関や由来は明確ではないですが、米という漢字を分解すると「八十八」となる事、米は収穫するまでに88の作業を要するとされる事等が根拠として挙げられています。

●『鬼子母神の縁日』 :
「鬼子母(きしぼ)神」は仏教諸神の一つです。
※「鬼子母」は、500人(一説に千人又は一万人)の子の母でありながら性質邪悪で、常に人の子を捕えて食べて仕舞う為、仏は彼女が最も愛していた末子、愛好をを隠して戒め、仏教に帰依させたといわれます。
以後、求児・安産・幼児保育など(時として盗難除の守護)の祈願を叶える「仏法の護法神」となり信仰されています。
その像は、天衣瓔珞をつけ、子供を一人懐に抱いて、右手に吉祥果(ざくろ)を持ちます。
ざくろは人肉に似た味がするといわれます。
東京・入谷の「おそれいりやの鬼子母神」が有名です。
 
☆彡8月18日の誕生花 :
立葵[たちあおい] Holly Hock 花言葉:大望、野心、単純な愛、豊かな実り 熱烈な恋
クレオメ(風蝶花[ふうちょうか]) Spider flower 花言葉:秘密のひととき
トルコキキョウ(トルコ桔梗) 優美、希望
クコ(枸杞) お互いに忘れましょう、誠実
ムラサキオモト(紫万年青) 旅行、航海
ゲッカビジン月下美人)・Dutchman's Pipe Cactus 花言葉は「艶やかな美人」
ハイビスカス(仏生花)・Hibiscus 花言葉は「繊細な美しさ」です。 
 
※付録
ご飯を美味しくする必殺うま技
● オリーブオイルを入れて一緒に炊く
 オリーブオイルを入れて炊くことで、ご飯にツヤが出たり、しっとり美味しくなったりします。
入れる分量はお米2合に対して、オリーブオイル小さじ1です。

● 3℃の水に浸漬する
季節によって浸漬時間を変えるのが面倒だという人のための方法です。
お米を3℃の水に2時間ほど浸漬させると、季節に左右されず美味しいご飯を炊くことができると言われています。
● 塩を入れて一緒に炊く
塩を入れて炊くと、塩がご飯の甘みを引き出してくれます。
入れる分量は、お米2合に対して塩ひとつまみです。
● 種類のちがうお米とブレンドして炊く
お米には種類によって、それぞれ長所と短所があります。
その短所を補うようにお米をブレンドすることで、美味しいご飯をいただくことが可能になります。
● 一度に大量に炊く
ご飯を炊く量が少しだとアッという間に水が沸騰し、お米の表面だけ火がとおってしまい、芯までしっかり火がとおりません。そのため美味しいご飯にならないのです。
最近の自動炊飯器は、ゆっくりと熱を加えて沸騰させるまで時間をかけるようにできているようですが、それでも心配な方は一度たくさん炊いてみてください。
● だしこぶを入れて一緒に炊く
ご飯を炊く際、だしこぶを入れて一緒に炊くと、ご飯に粘りのある美味しいご飯になります。
この方法で炊いたご飯は、寿司飯に向いています。
● 土鍋で炊く
土鍋でご飯を炊くと美味しくなるのは、土鍋の特徴にあります。
土鍋は土でできているため、ゆっくり温まり冷めにくいという特徴があります。
また、土鍋を加熱すると鍋全体が熱くなります。
これらの特徴が、美味しいご飯を炊く条件を満たしているからです。
ぜひ挑戦してみてください。
● にがりを入れて炊く
まずは、にがりを入れてご飯を炊くとご飯が美味しくなる理由から説明しましょう。
にがりに含まれるマグネシウムがお米のペクチンと結びつくことで、お米の組織がしっかりして、ふっくらしたご飯になります。
にがりの分量は、水1カップに対して10CCが目安です。
● 日本酒を入れる
日本酒を入れてご飯を炊くと、ぬか臭さがなくなります。
また、日本酒はご飯に甘みを加えてくれるので、古米を炊くのに向いています。
日本酒の分量は、お米1合に対して大さじ1です。
● はちみつを入れて炊く
はちみつに含まれる酵素が、ご飯のでんぷんを分解し糖に変えます。
結果、ご飯は甘くなり美味しくなります。
はちみつの分量ですが、お米1合に対して小さじ2分の1です。

● みりんを入れて炊く
ご飯を炊く際にみりんを入れると、お米ひと粒ひと粒をつつみこんで甘みを出してくれます。古米を炊くのに適している方法かもしれません。
 
 
 
 
☆彡8月 葉月(はづき)の暦・記念日 
6日 土用二の丑 夏土用明け
7日 立秋
11日 山の日 祝日
15日 お盆(月遅れ)
23日 処暑
スポンサーリンク