読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬、風に吹かれて無常の世を漂い、旅するさすらいの日々

日々のニュースや出来事・記念日・季節祭事・催事・時事・情報・気づき、等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

9月29日は日中国交正常化の日、クリーニングの日、招き猫の日、洋菓子の日、保険クリニックの日、接着の日、等の日

季節祭事・記念日 文化 生活 社会 記念日・食物 誕生花

2016年9月29日はどんな日?

☆彡9月29日は日中国交正常化の日、クリーニングの日、招き猫の日、洋菓子の日、保険クリニックの日、接着の日、等の日です。


●『日中国交正常化の日』 :
1972(昭和47)年この日、日本と中華人民共和国との間の「国交正常化共同声明(日中共同声明)」の調印式が北京で行われ、田中角栄、周恩来両首相が署名した日です。

残念なことに、交換条件として同日、中華民国(台湾)との断交を通告されました。

●『クリーニングの日』 :
「ク(9)リーニ(2)ング(9)」の日。

「全国クリーニング環境衛生同業組合連合会」が、消費者にもっとクリーニングを利用してもらい、自らもクリーニング技術の向上を目指す為、1982(昭和57)年に制定。

この日、各地でイベントが開催されます。

●『招き猫の日』 :
「日本招き猫協会」が「くる(9)ふ(2)く(9)」(来る福)の語呂合せで制定。

この日を中心に、伊勢の「おかげ横丁」の「招き猫まつり」等、全国各地で記念行事が開催されます。

●『洋菓子の日』 :
フランスではサン・ミシェル(大天使ミカエル)が菓子職人の守護聖人となっており、その祝日が9月29日である事に因んで「三重県洋菓子協会」が2002(平成14)年に制定。

●『保険クリニックの日』 :
保険ショップ「保険クリニック」を全国展開する会社が「保険クリニック」のオープン15周年を記念して制定。

同社では「あなたの保険のホームドクターでありたい」との願いからクリニックという屋号がつけており「保険クリニックの日」には保険を見直す定期健診を受けてほしいとの想いが込められています。

日付は、9と29で「ク(9)リニック(29)」と読む語呂合わせからです。

●『接着の日』 :
多くの消費者、取引先企業、会員企業などに、接着剤の持つ優れた機能、接着技術、役割などを知ってもらい、正しい情報の提供と接着剤業界の活性化を目的に、「日本接着剤工業会」が制定。

日付は、9と29で「くっつく」の語呂合わせです。

同協会では「人と人とをくっつける。人と暮らしをくっつける」をホームページに掲げています。


☆彡毎月29日は、

●『Piknikの日』 :
「ピクニッ(2)ク(9)」の日。

日本を代表する飲料ブランドの「ピクニック」を販売する乳業会社が制定。

「Piknik」は紙容器に入った乳製品で、ストロベリー、フルーツ、ヨーグルトテイスト、カフェ・オ・レ、コーヒーなどの製品があり、その味の美味しさと常温で賞味期限が90日という保存性の良さが人気です。

親しみやすい飲み物なので毎月の29日を記念日としました。 

●『肉の日』 :
「に(2)く(9)」の日。

「都道府県食肉消費者対策協議会」が制定。

☆彡毎月9日・19日・29日は、

●『クレープの日』 : 
数字の「9」が巻かれたクレープの形に似ていることから、クレープをもっと身近なおやつにしたいとの願いから、様々なケーキ、スイーツを製造販売している会社が制定。

毎月9日、19日、29日と、9の付く日を記念日とする事でより多くの人にクレープの美味しさを知ってもらう事を目的としています。 

 

☆彡9月29日の誕生花 

林檎[りんご] Apple 花言葉:名声

アスター Aster 花言葉:多様性 思い出、追憶、変化

孔雀アスター(孔雀草[くじゃくそう]) Michaelmas daisy 花言葉:「可憐・一目惚れ」

チトニア、メキシコヒマワリ 花言葉:果報者

ススキ(薄) 花言葉:心が通じる

リンゴ(林檎)花言葉: 誘惑、後悔、選ばれた恋、選択

ユーチャリス(白) 花言葉:清らかな心

ランタナ・Common Lantana 花言葉は「厳格」です。

9月28日はプライバシー・デー、パソコン記念日、世界狂犬病デー、和光堂牛乳屋さんの日、自動車中古部品の日、くつやの日、まけんグミの日、等の日

季節・秋 季節祭事・記念日 文化 生活 社会 神社・仏閣 記念日・食物 誕生花

2016年9月28日はどんな日?

☆彡9月28日はプライバシー・デー、パソコン記念日、世界狂犬病デー、和光堂牛乳屋さんの日、自動車中古部品の日、くつやの日、まけんグミの日、等の日です。


●『プライバシー・デー』 :
1964(昭和39)年、三島由紀夫の小説『宴のあと』でプライバシーを侵害されたとして有田八郎元外務大臣が作者と発行元の新潮社を訴えていた裁判で、東京地裁がプライバシー侵害を認め、三島由紀夫に損害賠償を命じる判決を出しました。

これが、日本でプライバシーが争点となった初めての裁判です。

 

●『パソコン記念日』 :
1979年(昭和54年)の今日、後のパソコンブームの火つけ役となった日本電気(NEC)のパーソナルコンピュータ「PC-8001」が発売されました。

「PC-8000」シリーズは、3年間程で約25万台が売れたヒット商品となり、その後の「PC-8800」、「PC-9800」シリーズに引き継がれました。

 

●『世界狂犬病デー(World Rabies Day)』 :
米国および英国に本部を置く世界的非営利団体「狂犬病予防連盟(GARC)」が、制定。

ヒトおよび動物における狂犬病の影響について注意を喚起するとともにその予防法についての情報と助言を提供し、個人や組織体が全地球的な病因を排除する為の手助けを行う事を目的としており、狂犬病の啓発活動や犬への予防接種の取り組みが毎年実施されています。

日付は、フランスの細菌学者ルイ・パスツールの命日に因んでいます。

※『世界狂犬病デー』は、国連の記念活動日に指定されており、また世界保健機関(WHO)、汎米保健機構(PAHO/AMRO)、国際獣疫事務局(OIE)、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)、世界獣医学協会などに承認されています。

「ルイ・パスツール」は、同僚との協力の下、世界で初めて狂犬病に効果的な弱毒ワクチンを開発した人物です。

 

●『和光堂牛乳屋さんの日』 :
粉ミルクやベビーフード、家庭用食品などを手がけるメーカーが制定。

1991(平成3)年に誕生した粉末飲料の「牛乳屋さんの珈琲」をはじめとして「牛乳屋さんのロイヤルミルクティー」など、その豊かなミルク風味と水でも溶ける手軽さで人気の「牛乳屋さんシリーズ」をさらに多くの人に知ってもらい、楽しんでもらうのが目的です。

日付は、9と28で「牛=ぎゅう(9)乳=にゅう(2)屋=や(8)」の語呂合わせです。

 

●『自動車中古部品の日』 :
福島県伊達市、山形県高畠町などに工場を構え、自動車及び自動車部品の販売、使用済み車輌の適正処理などを手がける会社が制定。

廃車や事故車などの乗り終えた車から使用できる部品を取り出し、車を修理する際に使うことでリサイクルやCO2の削減を図り、地球環境の保全、中古部品の認知度を広めるのが目的です。

日付は、9と28で「車=くるま(9)中古=ちゅうこ(2)部品=パーツ(8)」と読む語呂合わせです。

 

●『くつやの日』 :
はきやすさとおしゃれの両立を目指し、ハンドメイドにこだわって上質な靴を製造販売している大阪市に本社を置く靴メーカーが、同社のはきやすい靴を全国に広めるのが目的に制定。

靴は、健康を維持していく為にも益々その重要性が高まっています。

日付は、9と28で「くつや」の語呂合わせと、秋が深まり新しい靴が欲しくなる頃にしました。

 

●『まけんグミの日』 :
グー・チョキ・パーのじゃんけんの形をモチーフにしたグミ「まけんグミ」を発売する愛知県豊橋市の製菓会社が制定。

1990(平成2)年に発売以来、年間1,000万個以上を販売するロングセラー駄菓子の「まけんグミ」をさらに多くの人に知ってもらうのが目的です。

日付は、9と28で9(グー)月2(チョキ)8(パー)日の語呂合わせです。 


☆彡毎月28日は、

●『ニワトリの日』 :
「に(2)わ(8)とり」の日。

鶏卵・鶏肉の消費拡大を目的に「日本養鶏協会等」が1978(昭和53)年6月に制定。 

※人間とニワトリの関わりはすでに5,000年以上にもなります。

古くは時を告げる鳥として、「時告げどり」と呼ばれていました。

 

●『三宝荒神の縁日』 :

※「三宝荒神(さんぼうこうじん、さんぽうこうじん)」は、関東ではあまり知られていませんが、日本特有の神・仏教における信仰対象の一つです。

神道では「道祖神」、「奥津彦命(おきつひこのみこと)」、「奥津姫命(おきつひめのみこと)」を荒神として祀っています。

仏教では「仏・法・僧の三宝」(仏法ならびに「伽藍(がらん)・僧侶が集まり修行する清浄な場所」)を守護し、不浄を「厭離(おんり)」すると言われますが諸説があり、「歓喜天と同体とする」説、弘法大師は三宝荒神の本地は「文殊菩薩」とし、日蓮聖人は御義口伝(おんぎくでん)に、「鬼子母神の眷属十羅刹女なり」とあり、「飢渇の神」、「貪欲の神」、「障礙の神」としています。

日蓮宗では「普賢三宝荒神」としてお祀りします。

いずれにせよ、悪人を罰し、善人をたすける神で、我々の生活に密接な関係のある非常に重要な神です。

その像は、「三面六臂(八面八臂もあり)」の忿怒像で、右手に「独鈷(どっこ)」、「蓮華」、「宝塔」を、左手に「鈴」、「宝珠」、「羯磨杵(かつましょ)」を持ちます。

有名なところでは、曹洞宗の大本山「總持寺」で、伽藍神として「三宝荒神」をお祀りしています。

 

●『不動明王の縁日』 :

※日本では密教の隆盛とともに信仰を集める様になりました。

1月28日は「初不動」で、この初不動で焚く護摩を初護摩といいます。

不動明王は大日如来の化身で、いっさいの悪魔・煩悩を降伏させんが為に、忿怒の相を化現したといわれる五大明王の主尊です。

堅固で不動の菩提心の威力によって、種々の煩悩・障害を焼き払い、悪魔や迷いのすべてを抑さえ静め、菩提を成就させ、長寿を得させるといわれ、

また、如来の使者として真言行者を護持するといわれます。

その像は、顔は怒りの相を現し、目を怒らせ、両牙を咬みみ、右手に降魔の剣を、左手に縛のなわ(窮索)を持ち、火炎光背を背にして、岩石の上に座る姿です。

「延暦寺明王堂」、「千葉県成田山」、東京・目黒「深川の不動尊」、大阪天満天神のそばの「不動尊」などが有名です。

 

☆彡毎月8日・18日・28日は、

●『お米の日』 : 
米の記念日です。

制定した機関や由来は明確ではないですが、米という漢字を分解すると「八十八」となる事、米は収穫するまでに88の作業を要するとされる事等が根拠として挙げられています。

 

●『鬼子母神の縁日』 :
「鬼子母(きしぼ)神」は仏教諸神の一つです。

※「鬼子母」は、500人(一説に千人又は一万人)の子の母でありながら性質邪悪で、常に人の子を捕えて食べて仕舞う為、仏は彼女が最も愛していた末子、愛好をを隠して戒め、仏教に帰依させたといわれます。

以後、求児・安産・幼児保育など(時として盗難除の守護)の祈願を叶える「仏法の護法神」となり信仰されています。

その像は、天衣瓔珞をつけ、子供を一人懐に抱いて、右手に吉祥果(ざくろ)を持ちます。

ざくろは人肉に似た味がするといわれます。

東京・入谷の「おそれいりやの鬼子母神」が有名です。


☆彡9月28日の誕生花

葉鶏頭[はげいとう] Tampala 花言葉:絶望 情愛、不老不死、見栄坊、気取り屋

ヘレニウム(団子菊) Sneezeweed 花言葉:上機嫌 寛容な心、派手

ベゴニア 花言葉:愛の告白、片思い、親切

シオン(紫苑)花言葉: 追憶、あなたを忘れない

フジバカマ(藤袴) 花言葉:あの日を思い出す、遅延、躊躇、ためらい
 
ダンギク(段菊)・Bluebeard Flower 花言葉は「忘れ得ぬ思い出」です。

 

9月27日は女性ドライバーの日、ブリスの日、世界観光の日&毎月27日は、仏壇の日、交番の日、ツナの日、等の日

季節祭事・記念日 文化 生活 社会 記念日・食物 誕生花

2016年9月27日は何の日?


9月27日は女性ドライバーの日、ブリスの日、世界観光の日&毎月27日は、仏壇の日、交番の日、ツナの日等の日です。


●『女性ドライバーの日』 :
1917(大正6)年のこの日、栃木県在住の渡辺ハマさん(当時23歳)が、日本の女性としては初めて自動車運転免許試験に合格し、自動車運転免許証を取得した記念日です。

★渡辺ハマ
1917年の9/27日、栃木県在住の渡辺ハマさんが自動車運転免許試験に合格し、日本女性初の自動車運転免許証を手にしたことに由来する。当時23歳だった渡辺さんはその年の1月に栃木から東京へ上京し自動車学校へ入学、4月に卒業してからは自動車商会で運転手見習いをしながら自動車試験に臨んだのだそうだ。その甲斐あって結果はみごと合格、渡辺さんの技量は大したもので試験官たちも驚くほどだったという。

●『ブリスの日』 :
クルマのコーティング剤の「ブリス」を開発した埼玉県越谷市に本社を置く自動車関連用品会社が制定。

「ブリス」はツヤを出し、ボディーを保護する優れたコーティング機能で知られています。

日付は、その常温硬化による化学結合の実験に成功した2001(平成13)年9月27日に因んでいます。

●『世界観光の日・世界観光記念日・World Tourism Day』 :
国際連合(国連)が定めた国際デーの一つです。

1979(昭和54)年9月にスペインのトレモリノス市で開催された第3回「世界観光機関(WTO)」の総会で、翌年の1980(昭和55)年から「世界観光デー」を制定する事が決議されました。

日付は、「WTO憲章」が採択され、世界の観光における重要な節目となった1970(昭和45)年の9月27日を記念しています。

この日、世界中のWTO加盟各国で、観光推進の為の活動が行われます。

尚、WTOは2003(平成15)年に国連の専門機関となり、略称をUNWTOとしています。

この日は、安全で快適な休暇の提供を職としているホテルの運営者や従業員、旅行会社や博物館ならびに美術館の職員たちの祝日だ。

 


☆彡毎月27日は、

●『仏壇の日』 : 
3月27日の「仏壇の日」を毎月に拡大しました。

685(天武14)年3月27日、「各家に仏像・経を置いて礼拝供養せよ」という天武天皇の詔が出された事に因み、「全日本宗教用具協同組合」が制定。

●『交番の日』 : 
神奈川県警察が1994(平成6)年6月から実施。

1871(明治4)年11月27日、神奈川県で「県治条例」が制定され、邏卒(らそつ)課が設置されました。

「邏卒職務規則」の中に「交番」という用語が使われていた事から、邏卒課設置の27日を「交番の日」としました。

関聯記念日として、◎2月2日の「交番設置記念日」、◎毎月21日の「ふれ愛交番の日」があります。

★交番
交番(こうばん、kōban)とは、日本の警察が設置している施設で、市街地の各所に設けられた警察官の詰め所のこと。

通常は警察署地域課の警察官が勤務している。英訳語としては通常ポリスボックス (police box) が当てられるが、英語圏のポリスボックスと日本の交番は異なるとの考えからそのままコーバン (kōban) とされることもある。 警察用語では「PB」と呼ばれている

※駐在所
駐在所(ちゅうざいしょ、英: Residential police box)は、警察、消防または海上保安庁の施設で、郊外や過疎地域・山間部・離島などで、それぞれ警察官、消防吏員、海上保安官が常駐する。
交番と同等の役割を有するが、交番が交代制であるのに対し、通常、駐在所員である警察官とその家族が住む官舎を兼ねていることが違う点である。

●『ツナの日』 : 「ツ(2)ナ(7)」の日。

まぐろ料理店等で実施。

関聯記念日として、◎10月10日の「まぐろの日」があります。


☆彡9月27日の誕生花 

柏[かしわ] Oak 花言葉:愛は永遠に、愛想のよさ

葡萄[ぶどう] Grape 花言葉:忘却

風船葛[ふうせんかずら]の実 Heart pea 花言葉:貴方と共に

コスモス(秋桜) 花言葉:乙女の真心

トレニア 花言葉:温和、可憐

ガーベラ(白) 花言葉:神秘、崇高美

オミナエシ(女郎花)・Patrinia Scabiosaefolia花言葉は「深い愛・忍耐・親切」です。 

9月26日は台風襲来の特異日、伊勢湾台風の日、ワープロの日、ヨーロッパ言語の日等の日

季節・秋 季節祭事・記念日 暮しの暦 災害・震災  社会 誕生花

2016年9月26日は何の日?


9月26日は台風襲来の特異日、伊勢湾台風の日、ワープロの日、ヨーロッパ言語の日等の日です。


●『台風襲来の特異日』 : 
統計上、台風襲来の回数が多い日です。

1959(昭和34)年の「伊勢湾台風」の他に、1954(昭和29)年の青函連絡船「洞爺丸」が転覆した「洞爺丸台風」、1958(昭和33)年の伊豆・関東地方に来襲した「狩野川台風」もこの日でした。

●『伊勢湾台風の日』 : 
1959(昭和34)年、東海地方等に台風15号が来襲し、明治以来最大の被害を齎しました。

全国で死者・行方不明者は5,000人を超え、57万戸の家屋が被害を受けました。

この台風は、後に「伊勢湾台風」と呼ばれるようになりました。

●『ワープロの日』 : 
1978(昭和53)年、東芝の研究室で世界初の日本語ワードプロセッサーの第1号機が誕生しまし、この日、発売されました。

「JW-10」型で、価格は630万円でした。

1985(昭和60)年に同社は、日本語ワープロの普及期「Rupo」を99,800円で発売しましたが、パソコンの普及により、2000(平成12)年に生産が中止されています。

●『ヨーロッパ言語の日(European Day of Language)』 : 
欧州連合内には57以上の言語がある事を記念する為に、2001(平成13)年12月に「欧州評議会(CE)」が制定。

※八雲忌

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の1904(明治37)年の忌日。

小泉 八雲(こいずみ やくも、1850年6月27日 - 1904年(明治37年)9月26日)はギリシャ生まれの新聞記者(探訪記者)、紀行文作家、随筆家、小説家、日本研究家、日本民俗学者。
本名、ラフカディオ=ハーン(Lafcadio Hearn)。明治23年(1890)来日。小泉節子と結婚、のち、日本に帰化。松江中学校・東大などで英語・英文学を教えるかたわら日本文化を研究、海外に紹介した。著「知られざる日本の面影」「心」「怪談」など。

 

☆彡毎月26日は、

●『風呂の日』 : 
「ふ(2)ろ(6)」の日。

1985(昭和60)年5月に、関東のガス供給会社が「家族がお風呂に入って、親子の対話を」と制定。

それとは別に、各地の温泉街・銭湯等でキャンペーンを実施しています。

 

●『プルーンの日』 : 
「プ(2)ル(6)ーン」の日。

世界ナンバーワンの生産・販売量を誇るカリフォルニアのプルーンの製造販売会社の日本支社が制定。

昔から健康に良いと言われる“カリフォルニアプルーン”の魅力を伝えて販売促進に繋げる事が目的です。

毎月26日を記念日としたのには、一年中美味しいプルーンを食べてもらいたいとの願いを込めています。


☆彡9月26日の誕生花

柿 Date Plum 花言葉: 恵み、優美、自然美

石榴[ざくろ] Pomegranate 花言葉:自尊心

紅蜀葵[もみじあおい,こうしょくき] Scarlet rose mallow 花言葉:温和

ベンケイソウ(弁慶草)花言葉: 穏やかな

バラ 花言葉: 愛、無邪気、爽やか、幸福、美

ハス(蓮)花言葉: 沈着、休養、神聖

キクイモ(菊芋)花言葉: 陰徳 です。

 

9月25日は秋の彼岸明け、主婦休みの日、藤ノ木古墳記念日、10円カレーの日、世界網膜の日、等の日

イベント・季節催事 季節・秋 季節祭事・記念日 文化 暮しの暦 生活 社会 神社・仏閣 祭り・イベント 記念日・食物 誕生花

2016年9月25日は何の日?


9月25日は秋の彼岸明け、主婦休みの日、藤ノ木古墳記念日、10円カレーの日、世界網膜の日、等の日です。


☆彡2016年の9月25日は、

●『秋の彼岸明け』 :
二十四節気・雑節の一つ。

彼岸の期間の最後の日です。

秋の彼岸は、毎年秋分の日を挟んだ前後3日で、今年は、9月20日の「彼岸入り」からこの日の「彼岸明け」までの合計7日間はです。

※ 「彼岸(ひがん)」とは、煩悩を脱した悟りの境地の事で、煩悩や迷いに満ちたこの世をこちら側の岸「此岸(しがん)」と言うのに対して、向う側の岸を「彼岸」といいます。

「彼岸会(ひがんえ)」は、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間を言います。

また、この期間に行われる仏事の事をいいます。

暦の上では最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」なお、地方によっては最後の日を「はしりくち」という地方もあります。

俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目、六波羅蜜を1日に1つずつ修める為とされています。

※彼岸(ひがん)
春分・秋分の前後3日を合わせた7日間。

2016年は、
春の彼岸:3月17日~23日
秋の彼岸:9月19日~25日
最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」、真ん中にあたる春分・秋分を「彼岸の中日(ちゅうにち)」といいます。

仏教の教えには、何でもほどほどが良いという「中道」という考え方があります。その考えと合致して出来たのが「彼岸」だといわれています。春分と秋分の日は昼夜の長さが同じになります。また、暑くも寒くもないほどほどの季節であり、 太陽が真西に沈む時期なので西方極楽浄土におられる阿弥陀仏を礼拝するのにふさわしいという考えから、次第に人々の生活に浄土をしのぶ日、またあの世にいる祖先をしのぶ日として定着していったようです。

仏教では、私たちの住む世界をこちらの岸、三途の川(さんずのかわ)を挟んで、ご先祖様の霊が住む世界をあちらの岸と考えられていて、こちらの岸を「此岸(しがん)」あちらの岸を「彼岸」といいます。
この極楽浄土は西の彼方にあるとされているため、太陽が真西に沈む春分・秋分にお墓参りや先祖供養を行うようになりました。これは仏教にはない習慣で、日本独自のものです。
中日に夕陽を拝むと功徳があるといわれています。

お寺では、この期間「彼岸会(ひがんえ)」の法要が営われます。

■過ごし方
・仏壇、仏具の掃除。
・供花や菓子、果物などをお供えする。
・朝晩に灯明(とうみょう)を灯しお線香をあげる。
・お墓の掃除。
・お墓参り。
・中日に夕陽を拝む。

地方によって若干の違いはありますが、先祖を供養し、ぼた餅やおはぎ、お団子や海苔巻き、いなり寿司などを仏壇に供えます。
あずきは古くから邪気を払う効果がある食べ物として食べられており、それが先祖の供養と結びついたと言われています。


●『主婦休みの日』 : 
女性読者の多い株式会社サンケイリビング新聞社が中心となり提唱し、
2009(平成21)年に日本記念日協会に申請し認定された記念日で、日頃家事を主に担当している主婦がリフレッシュをする為の日です。

①.「家事や育児に頑張る主婦がリフレッシュできる日」
②.「家族が元気になってニッポンも元気になる日」
③.「夫や子どもが家事にチャレンジする日」
④.「パパと子どもが一緒に行動する日」をスローガンにしています。

この日の他に、◎1月25日、◎5月25日の年3回が、同じ記念日になっています。 

 

●『藤ノ木古墳記念日』 :
1985(昭和60)年、奈良県斑鳩町の藤ノ木古墳の石室等が第1字調査発堀された記念日です。

 

※「藤ノ木古墳」は、直径約48㍍、高さ約9㍍の円墳で、古墳時代後期の6世紀後半に作られたものと考えられています。

1988(昭和63)年6月の第2次調査で、国内の発掘調査史上初のファイバースコープを使った石棺の内部調査が行われ、その年の10月に1,400年ぶりに石棺の蓋が開かれました。

未盗掘で埋葬当時の姿がほぼそのまま残っており、当時の埋葬儀礼を解明する上で貴重な資料を提供しました。 

 

●『10円カレーの日』 : 
日比谷公園の中にあるレストラン「松本楼」では、1983(昭和58)年から、毎年この日に「10円」以上募金した人にカレーを提供しています。

 

「松本楼」は、1971(昭和46)年に焼失しましたが、それ2年後の1973(昭和48)年のこの日に、再建した事を記念したもので「10円カレーの日」という愛称で親しまれています。

この日の売上げ(募金)はすべて「交通遺児育英基金」や「日本ユニセフ協会」に寄附されています。


●『(旧)介護の日』

「がんばらない介護生活を考える会」が2005(平成17)年に制定。

2008(平成20)年に政府が11月11日を「介護の日」と定めたことから、それ以降は同会でもこの日に活動を行っている。

 

☆彡9月最終日曜日

●『世界網膜の日』
 世界網膜の日(World Retina Day)は、スイスに本部を置く国際網膜協会(Retina International、略称RI)が加盟40数ヶ国に呼びかけ、毎年9月の最終の1週間を網膜週間(Retina Week)として一般社会に、その名前をすらあまりよく知られていない網膜色素変性症(Retinitis Pigmentosa、略称RP)をはじめ、アッシャー症候群やその類縁疾患に対する啓発を、全世界同時に行う目的で開催されています。

 日本では、1995年から9月の最終日曜日を世界網膜の日と定め、第1回はクリスティーナ・ファッサーRI会長と網膜色素変性症の治療法を研究している4名の研究者を海外から招待して講演会を開催しました。


●『山田邦子の日」
お笑いタレントであり、歌手、女優、司会者、小説家と多彩なプロフィールを持つ山田邦子さんは、かつて8年連続でNHKの好きなタレント調査で1位となるなど「天下を取った唯一の女芸人」と言われている。その芸人としての魅力とともに、人間的にも素晴らしい彼女を称えたいと友人の緒方薫平氏が制定。日付は9月25日で9(く)、2(に)、5(こ)=「邦子」と読む語呂合わせから。

★山田 邦子(やまだ くにこ、1960年〈昭和35年〉6月13日 - )は、日本のお笑いタレント、女優、司会者、小説家である。戸籍名、後藤 邦子(ごとう くにこ)。旧姓、山田。愛称は邦ちゃん。 太田プロダクション所属。


本名 後藤 邦子(旧姓:山田)

ニックネーム 邦ちゃん、クニクニ

生年月日 1960年6月13日(56歳)

出身地 東京都板橋区

血液型 B型

身長 168cm


最終学歴 川村短期大学家政科(現:生活学科)

芸風 漫談 物真似 コント

事務所 太田プロダクション

活動時期 1981年 -


他の活動
小説家
沼津市観光大使[1][注釈 1]
帯広市観光大使
北海道陸別町友好町民の会親善大使
東京都青少年名誉健全育成協力員
宇都宮餃子伝道師
スター混声合唱団団長
山田町復興ふるさと大使

配偶者 後藤史郎(2000年 - )

受賞歴

1982年 第10回 日本放送演芸大賞 ホープ賞
1983年 第11回 日本放送演芸大賞 ホープ賞
1983年 第3回 花王名人大賞 新人賞
1984年 第12回 日本放送演芸大賞 ホープ賞
1985年 第13回 日本放送演芸大賞 敢闘賞
1989年 平成元年度 ゆうもあ大賞 大賞
1990年 第27回 ゴールデン・アロー賞 芸能賞
1990年 第13回 日本アカデミー賞 新人俳優賞
1992年 日本女性放送者懇談会賞[2]
2010年 日本釣用品工業会選定 ロイヤルアングラー賞 芸能部門


☆彡毎月25日は、

●『プリンの日』  : 
牛乳や加工乳、乳飲料、ヨーグルトなどの乳製品メーカーで、岡山県岡山市に本社を置く乳性食品の製造会社が制定。

この会社では、「焼きプリン」・「とろけるくちどけクリームチーズプリン」・「牛乳屋さんが作ったなめらかカスタードプリン」等プリンの人気商品を多く製造販売しています。

日付は、「プリンを食べると思わずニッコリ」という事で25が「ニッ(2)コ(5)リ」と読める語呂合せです。

 

●『歯茎の日』 :
この日は、ある製薬会社が20年以上も前に制定したそうです。

歯茎は、歯の土台となる部分で、とても大切な役割を果たしています。

歯茎の病気の中で一番多いものは、「歯周炎(以前は歯槽膿漏と呼ばれていました)」です。

歯周病が原因で、歯が抜ける事もあります。

歯周病の予防には、歯磨きが一番ですが、せっかく歯茎の日なので、簡単にできる歯肉マッサージをお勧めします。

 

●『天神の縁日』 : 
「菅原道真」公の命日に因んだ、天満宮の縁日です。

道真公が生まれたのが6月25日、太宰府に左遷されたのが1月25日、命日が2月25日であった事から、この日に「天神講(天神祭)」と称して祀り、江戸時代には「寺子屋」や「子供組」等でも行われました。

一年の最初の1月25日を「初天神」と言い、最後の12月25日を「終い天神」と言います。

天神は文字どおり天の神、「天神(あまつかみ)」の事で「天変地異」を支配する神とされ、「雷電鳴動」はその神威であると考えられていました。

「北野天満宮」、「太宰府天満宮」、「大阪天満宮」、「防府天満宮」、「谷保天満宮」等が有名です。

※右大臣であった「菅原道真」の才能を妬む左大臣「藤原時平」が、「醍醐天皇」に道真は逆臣であると何度も讒言(ざんげん)し、天皇もそう思い込む様になった結果、道真公は旧暦901(延喜元)年、大宰権帥に左遷され、九州大宰府で没しました。

その後間もなく京都で雷電、天変地異がしきりに起こり、当事人々は非業の死を遂げた人の怨霊は天に響いて雷電を起こすと信じていました。

930(延長8)年、平安京の清涼殿に落ちた落雷で、大納言「藤原清貴」が死亡した為、この落雷・天変地異は、政治的な策略で左遷され亡くなった道真公の崇りであると噂になり、「醍醐天皇」は恐怖のあまり寝込んだとされます。

その噂から道真公の名誉は回復し、それ以来、天神が菅原道真の代名詞となり、やがて道真公を「火雷天神」とする信仰が起こりました。

また、道真公が生前すぐれた学者であった事から、天神はいつしか「文道の大祖」としても祀られる様になりました。


☆彡9月25日の誕生花

烏麦[からすむぎ] Aninated Oat 花言葉:音楽が好き

瑠璃苦菜[るりにがな]カタナンケ Cupid's dart 花言葉:心は思いのまま

萩[はぎ](鹿鳴草[しかなきぐさ]) Bush clover 花言葉:思案

クジャクソウ(孔雀草)花言葉: いつも愉快、ひとめぼれ

ペチュニア(白)花言葉: 和らぐ心

タデ(蓼)花言葉: 節操

フジバカマ(藤袴)・Boneset 花言葉は「躊躇・あの日のことを思い出す」です。


☆彡9月25日の祭・イベント・年中行事

●『“中根六社祭り”と長者・中根十三社秋祭り(千葉県いすみ市)』 :
※『中根六社祭り』は、いすみ市岬町中根地区の「東中滝神社」、「鶴沼神社(松堀)」、「熊野神社(部田)」、「四堰神社」、「八幡神社(中滝)」、「親神八幡神社(押日)」の六社の祭礼です。

 

祭礼行事には「堰ぎつね」、「親の日だ」、「廻り松」があります。

「堰ぎつね」とは、親神八幡神社の南にある山王堰の提根を神輿が順々に駆ける行事で、「親の日だ」は珍しくこの行事は上総の奇祭と云われています。

各氏子に数人が肩を組んで輪をつくり、その肩の上に数人が乗って同じように輪をつくります。

更に、その上へと三層四層の人の輪を重ね、1番上の者が日の丸の扇を開き椎木大宮神社に向かって、「おおやのへいだ(親の日だ)」と叫び見物人の拍手とともに一斉に崩す勇壮な行事で、各組が次々と行います。

「廻り松」とは最後の行事で、八幡神社の前方の田圃の中の小丘に松があり六社の神輿が順々に畦道をを神輿を差し上げながら廻ります。

昔は畦道が細くたんぼの中を泥だらけになって回ったそうです。

終了すると東中滝神社を先頭に、東中滝神社に向かい、そこで神事を行い、祭礼は終了し長者地区との合同祭に向かいます。

※『長者・中根十三社秋祭り』は、千葉県いすみ市岬町の「天神社」の例大祭「長者天神社祭り」がもとで、1982(昭和57)年頃から長者小学校校庭に長者学区の各社神輿が参集し、山車を先頭に天神社に向かって街中を唄いながら整然と進んでゆく「神輿の行進(現在の祭り唄パレード)」が見ものです。

声高らかに一人が唄うと全員が「よいよい」と掛け声をつけ、唄の詞の終わりに「ヤッサヤッサ」と節を付けます。

夕方には天神社に中根地区と長者地区の神輿が集まり合同祭が開催されます。

長者学区の神輿は神社境内を何周かしたあと中根六社の到着を待って高張り提灯に灯を入れ、「大別れ会場」に向かいます。

会場では各社の神輿は「ヤッサヤッサ」とグラウンドを駆け廻ったり、御輿を上に投げ上げたりして、別れを惜しみます。

照明に浮かぶ絢爛豪華な美しい御輿と若者の集団美を観衆は固唾を呑んで見つめます。

花火を合図に「大別れ式」は佳境に入り、近隣から集まった大観衆のおしみない拍手でこの祭りは終了し、神輿は各神社に帰り宮入します。


●『生子神社の泣き相撲(栃木県鹿沼市)』 :
鹿沼市樅山町の「生子神社」で、9月19日直後の日曜日に子供の健やかな成長と、無病息災を祈願して開催されている祭です。

「泣き相撲」とは、安産子育の守護神を祀る生子神社境内の土俵で、まわし姿の力士に扮した役員氏子がそれぞれ1、2歳の幼児を抱きかかえ、掛け声と共に頭上高く振り上げて見合わせ、先に泣いた方を勝ちとする取り組みが奉納されます。

両親の見守る中、響き渡る泣き声は「泣く子は育つ」の証という訳です。

参加対象は首の据わった6ヶ月位~3才位までの児童となっています。

9月24日は清掃の日、畳の日、歯科技工士記念日、みどりの窓口記念日、等の日

季節・秋 季節祭事・記念日 生活 社会 神社・仏閣 習慣・慣習 記念日・食物 誕生花

2016年9月24日は何の日?


9月24日は清掃の日、畳の日、歯科技工士記念日、みどりの窓口記念日、等の日です。

 

●『清掃の日』 : 
1971(昭和46)年のこの日に、「廃棄物処理及び清掃に関する法律」いわゆる「廃棄物処理法」が施行された事が由来で、廃棄物をできる限り減らして資源再利用に役立てる事を目的に「厚生労働省(現、環境省)」がキャンペーンを実施しています。

 

●『畳の日』 : 
「全国畳産業振興会」が「環境衛生週間」の始りの日であり「清掃の日」に因んで制定。

1年に2回あり、もう一日は、い草の緑色から「みどりの日」の◎4月29日です。

 

●『歯科技工士記念日』 : 
1955(昭和30)年のこの日、公益社団法人「日本歯科技工士会」が発足した事を記念して、2005(平成17)年に同会が制定。

「国民保健」を支える専門医療技術者としての歯科技工士をアピールする事を目的とした記念日です。

 

●『みどりの窓口記念日』 :  
1965(昭和40)年、国鉄(現、JR)の全国約150の駅に、コンピュータを使った指定券発売窓口「みどりの窓口」が設置された記念日です。


※南洲忌

西郷隆盛の1877(明治10)年の忌日。

★西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体: 西鄕隆盛、文政10年12月7日(1828年1月23日) - 明治10年(1877年)9月24日)は、日本の武士(薩摩藩士)、軍人、政治家。

西郷 隆盛は薩摩藩主・島津斉彬なりあきらのお庭方となりますが、斉彬死後に時勢に絶望して自殺を図るが果たせず、奄美に配流となりました。

赦免後、京都での志士たちとの接触が島津久光に疑われて流罪となりました。
第一次長州戦争の戦後処理にあたった頃から倒幕に転じ、慶応2年(1866年)の薩長連合密約から王政復古クーデターに活躍しました。
明治4年(1871年)出仕して参議に就任し廃藩置県にたずさわりました。
岩倉遣外使節団出発後、留守政府の責任者となりますが、朝鮮派遣の征韓論争、明治6年の政変で下野し、西南戦争で敗れ城山で自決しました。

 

☆彡9月最終土曜日は、

●『世界網膜の日』 :
「世界網膜の日」は、「日本網膜色素変性症協会(JRPS)」が我が国における認定団体として加盟する「国際網膜協会(RI)」が加盟各国の団体に呼びかけ、網膜色素変性症等に関して、患者・家族等への啓発活動と、一般社会での理解と支援を深めてもらう日として定めているものです。

毎年9月の最終土曜日を「世界網膜の日」、最終週を「世界網膜週間」とし、全世界統一運動週間としてさまざまな取り組みが行われています。

JRPSでは1997(平成9)年に、網膜色素変性症の治療法研究者の裾野を広げ、研究への支援を目的に「JRPS研究助成金」を創設しました。

この受賞者への授与式をメインプログラムとした「世界網膜の日」の本部主催イベントを、全国各地持ち回りで2003(平成15)年から毎年開催しています。

 

☆彡毎年9月24日~10月1日は、

●『環境衛生週間』 :
「清掃の日」から「浄化槽の日」までの8日間は、環境衛生週間です。

環境衛生全般、特にごみ問題を中心として、廃棄物をできる限り減らして資源再利用に役立てる事を目的に啓発活動を実施する為の週間です。

※「厚生省(現、環境省)」により現在の期間が定められました。

それまでは「清掃の日」である9月24日を中心とした9月21日~9月27日とされていましたが、1987(昭和62)年の「浄化槽の日」制定に合わせて変更されました。

期間中は各地で廃棄物の減量化・リサイクル、ごみの散乱防止、公共施設の清潔の保持等の啓発活動が実施されます。

 

☆彡毎年9月の24日~30日は、

●『結核予防週間』 :
結核についての正しい知識の普及を啓発し、これからの活動を考える週間です。

1949(昭和24)年から「厚生省(現、厚生労働省)」と「結核予防会(JATA)」が実施。
 
※世界の総人口の1/30にあたる1.7億人が結核に感染していると言われ、毎年300万人が結核で亡くなっています。

結核の新規感染者が増加している為、1993(平成5)年に「世界保健機関(WHO)」が、1999(平成11)年に「厚生省」が「結核非常事態宣言」を発令しました。

「結核予防会」では、周知ポスターやパンフレット「結核の常識」等を作成配布すると供に、「全国一斉複十字シール運動キャンペーン」として全国各地で街頭募金や無料結核検診、健康相談等を実施して、結核予防の大切さをお伝えしています。 


☆彡毎月第4土曜日は、

●『インテリアの日』 :
毎月第4土曜日は、「インテリアの日」です。

関連記念日として、◎4月10日の「インテリアを考える日」、4月1日~30日までの「インテリア月間」があります。

 

●『こどもの本の日』 :
「日本児童図書出版協会」、「日本出版取次協会」等が1998(平成10)年9月に制定。

出版文化産業振興財団の「第4土曜日はこどもの本の日実行委員会」がPR活動を実施しています。

書店の店頭で、子供の本の読み聞かせや独自に選定した推薦本の販売、読書相談等を行います。

幼児期から本に親しむ環境作りを目指し、地域の読者と交流する事によって中小書店の売り上げを増やす事を目的としています。

 

☆彡毎週土曜日は、

●『手巻きの日』 : 
寿司ご飯に使うお酢を製造しているメーカーが1988(昭和63)年に制定。

当時「土曜日は手巻きの日」というキャッチフレーズで「手巻きずしキャンペーン」を展開していました。

☆彡毎月24日は、

●『削り節の日』 : 
削り「ふ(2)し(4)」の日。

「東京鰹節類卸協同組合」が制定。

これとは別に、◎11月24日は「全国削節工業協会」が制定した「削り節の日」です。

●『キャラボの日』 :
アボカドの生産量が世界一といわれる会社が創業されたのが1924(大正3)年で、24に因んで毎月24日をアボカドの販促PRの日にと日本代表事務局が制定。

●『地蔵の縁日』 : 
「地蔵菩薩」は、釈迦仏の委託を受けて、その入滅から56億7千万年後に、「弥勒菩薩」として出世するまでの間(無仏の期間)、釈迦に代わって「六道(地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道)」の一切衆生の苦を除き、福徳を与えると言われます。

特に地獄の衆生を「化導(済度する)し、代わりに苦しみを受ける菩薩とされ、俗説では、地蔵は子供の成長を守り、その死後「賽の河原」で苦難を救うと伝えられ、子供の守護仏として信仰されています。

※◎1月24日を『初地蔵』と呼び、また◎7月24日に「地蔵盆」が行われます。

特に京都の地蔵盆が盛んで、現在では8月22日~24日まで行われます。

地蔵の縁日もまた地蔵菩薩の功徳を講讃する法会である「地蔵講」に由来すると言われます。

全国各地に、この石像を路傍にたて、香花を供えて祀る風習が残っていますが、地蔵尊の代表ともいうべき東京豊島区巣鴨の「とげぬき地蔵尊の大祭」は、◎1月24日の『初地蔵』に行われ、特にお年寄りの信仰をあつめています。

地蔵に参詣すると地蔵の十福といって、「女人泰産・身根具足・衆病疾除・寿命長遠・聡明知慧・財宝盈益・衆人愛敬・穀物成熟・神明加護・証大菩提」の10の福徳が得られると言われます。

●『愛宕の縁日』 : 
「愛宕権現」は、全国の愛宕社の根本社で、雷神を祀り、防火の守護神として特に有名です。

総本社は、京都市の愛宕山の「愛宕大権現」で、ここに参拝する事を、「愛宕参り」と言います。

金比羅と同様に、一般に高い山の上に祀られています。<>旧暦6月24日は「愛宕の千日詣」で、この日に参詣すれば、平日の千度に当るとされます。

愛宕神社の祭神は「埴山姫命」、「伊邪那岐命」等で、愛宕参りでは「火廼要慎」と書かれた護符を頂きます。

京都の人は「愛宕さん」ともいい、「伊勢へ七たび熊野へ三度、愛宕さんへは月参り」と謡われて強い信仰をあつめました。


☆彡9月24日の誕生花

オレンジ Orange 花言葉:花嫁の心、寛大、気前のよさ

アリッスム(庭薺[にわなずな]スイートアリッサム) Gold dust 花言葉:和解 優美、美しさに優る値打ち

蕎麦[そば] Buckweat 花言葉:懐かしい思い出

ダリア(黄) 花言葉:華麗、優雅、威厳

チョコレートコスモス 花言葉:恋の終わり、恋の思い出

アザミ 花言葉:独立、厳格、復讐、満足、触れないで、安心

オケラ(朮) 花言葉:金欠病

ディプラデニア(マンデビラ)・Dipladenia Flower 花言葉は「情熱」です。

 

☆彡毎年9月の23日・24日は、 

●『大原はだか祭り(千葉県いすみ市)』 :
いすみ市の旧夷隅郡大原町で、毎年9月23日、24日に行われる祭礼で、18神社、各1~3基の神輿がだされる祭典で、祭りの模様は、例年10月頃に「千葉テレビ放送」で一時間枠の放送されます。

祭りが近づくと、地元の人々の心は祭りの事でいっぱいになり、地域中が一体となって盛り上がる伝統の秋まつりです。

関東随一と言われ、海の男達の情熱と優しさの両面を十分に感じる事のできるこの祭りには熱心なファンも多く、毎年多くの観衆でにぎわいます。

9月23日は秋の社日、テニスの日、不動産の日、海王星の日、万年筆の日、国実の日、カフスボタンの日、動物虐待防止の日、等の日

イベント・季節催事 季節・秋 季節祭事・記念日 文化 暮しの暦 生活 社会 神社・仏閣 習慣・慣習 記念日・食物 誕生花

2016年9月23日は何の日?


9月23日は秋の社日、テニスの日、不動産の日、海王星の日、万年筆の日、国実の日、カフスボタンの日、動物虐待防止の日、等の日です。

☆彡2016年の9月23日は、
●『秋の社日(しゃにち)・秋社』 :
二十四節気・雑節等。

春分・秋分にもっとも近い戊(つちのえ)の日で、生まれた土地の土地の産土神(うぶすながみ)に参拝する日です。

※「社日(しゃにち)」は、春と秋にあり、春のものを春社(しゅんしゃ・はるしゃ)、秋のものを秋社(しゅうしゃ・あきしゃ)とも言います。

古代中国に由来し、「社」とは土地の守護神、土の神を意味します。

春分または秋分に最も近い戊(つちのえ)の日が社日となりますが、戊と戊のちょうど中間に春分日・秋分日が来る場合(つまり春分日・秋分日が癸(みずのと)の日となる場合)は、春分・秋分の瞬間が午前中が「前の戊の日」、午後が「後の戊の日」とされ、このような場合は「前の戊の日」とする決め方もあります。

この日は産土神に参拝し、春には五穀の種を供えて豊作を祈願し、秋にはその年の収獲に感謝します。

また、春の社日に酒を呑むと耳が良くなるという風習があり、これを治聾酒(じろうしゅ)と言います。


筥崎宮の秋季社日祭(お潮井とり)

福岡県の「筥崎宮」での社日祭で行われる「お潮井とり」や、群馬県の大泉町にある「社日稲荷神社」で、江戸時代から2つの大釜に熱湯を沸かし、その熱湯に小笹をつけて全身に浴び神託を仰ぐという「探湯神事」が有名です。

また、島根県安来市社日町のように地名となって残っている場所もあります。

 

●『テニスの日』 : 
「日本テニス協会」をはじめとした、テニスに関わる多数の団体で結成された「日本テニス振興協議会」が1998(平成10)年に制定。

テニス愛好者の創出と育成等を目的にしています。

この日、「テニス祭り」等の各種のイベントが全国各地で開催されます。

●『不動産の日』 :
「ふ(2)どう(十)さん(3)」の日。

秋は不動産取引が活発になる時期である事と、語呂合わせから、「全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)」が1984(昭和59)年に制定。

●『海王星の日』 : 
1846(弘化3)年、「海王星」を発見しました。

1781(天明元)年の「天王星」の発見以降、その軌道がニュートンの天文力学に合わず、原因として更に外側に惑星がある為だと考えられていました。

そのため多くの科学者が天王星の軌道の乱れ等を元に未知の惑星の大きさや軌道・位置の計算がなされ、その中のフランスの「ル・ベリエ」が計算した場所に新しい惑星が発見されました。

イギリスの「アダムス」も独立にその場所を突き止めていた為、「ル・ベリエ」と「アダムス」の二人が共同発見者とされ、栄誉を分かち合いました。

 

※太陽系の惑星の最終的な定義

2006年8月26日の国際天文学連合による第26回総会で惑星の定義が決定された。

太陽系の惑星は水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の8つの惑星である。

(冥王星は太陽系の惑星とは言えない)


【惑星の旅】 海王星 人類が到達した最も遠い惑星&謎の衛星トリトン

●『万年筆の日』 : 
1809(文化6)年、イギリスの「フレデリック・バーソロミュー・フォルシュ」が「金属製の軸内にインクを貯蔵できる筆記具」を考案し特許を取得した記念日です。

●『国実の日』 :
「く(9)に(2)み(3)」の日。

長野県佐久市で建築のリフォーム等を手がけ、総合住環境プロデュースを掲げる工務店が制定。

同社では住宅の全面改修をや住まいの困りごとの改善などを行い、人々の住環境を良くする事で地方から種をまき、社名のように「国に実がなる」ような日とする事を目指しています。

日付は、語呂合わせとこの日が「秋分の日」となることが多い収穫の時期に因んでいます。

●『カフスボタンの日』 :
カフスボタンの魅力をより多くの人に広めようと、カフスボタンの専門店が制定。

日付は、9月23日は「秋分の日」となることが多く、秋の訪れを感じる頃となるので長袖シャツのおしゃれアイテムのカフスに最適との判断からです。

また、9と23で「カフス」と読ませた語呂合わせもあります。


●『動物虐待防止の日 』
神奈川県横浜市の非営利一般社団法人日本動物虐待防止協会が制定。動物をみだりに殺し、傷つけ、苦しめることのない、人と動物の優しい共生社会を築くために、命の慈しみを大切にする心を育む日。日付は動物の命を守る原点の日との思いから動物愛護週間(9月20日から9月26日)の真ん中の日に。


☆彡『歯ヂカラ探究月間』(1日~30日)
歯を丈夫で健康にするガム「リカルデント」などをブランドに持つ株式会社モンデリーズ・ジャパンが制定。夏は食生活が乱れがちで歯の体力=歯ヂカラも弱まる傾向にあることから、食生活をリセットする機会でもある9月1日から30日までの1ヶ月間を、歯が本来持っている力を見直し強化するなどの探究時期にしようと提唱したもの。


☆彡毎年9月の21日~30日は、

●『秋の全国交通安全週間』 :
1948(昭和23)年から交通事故撲滅のため「国家地方警察本部(現、警察庁)」が制定し、1952(昭和27)年から春と秋の2回実施しています。

秋は原則として9月21日~30日までです。

☆彡毎年9月の20日~26日は、

●『動物愛護週間』 :
「動物の愛護及び管理に関する法律」第4条2項により、広く国民の間に命ある動物の愛護と適正な飼養についての関心と理解を深めてもらう為に制定。

全国の動物管理センター等で、フェスティバル、写真展示会等いろいろなイベント行事を実施します。

☆彡毎月23日は、

●『ふみの日』 : 
「ふ(2)み(3)」の日。

「郵政省(現、日本郵政グループ)」が1979(昭和54)年3月に制定。

●『歩民(府民)の日』 : 
「ふ(2)みん(3)」の日。

京都府の「新しい歴史に向かって走ろう府民運動推進協議会」が1968(昭和43)年に制定。

●『不眠の日』:
「ふ(2)み(3)ん」の日。

日本人の約53%がなんらかの不眠症状を持っているといわます。

しかし、その中の多くの人が対処方法や改善手段の正しい知識を有していない事から、睡眠改善薬等を手がける製薬会社が制定。

不眠の改善について適切な情報を発信しています。

この日の他に、不眠の症状は一年中起こるという事で◎毎月23日も「不眠の日」に制定しています。

●『乳酸菌の日』 :
「にゅう(2)さん(3) 菌」の日。

体に良い乳酸菌を活用した商品をアピールする日をと、名古屋市と東京都中央区に本社を置く飲料、食品、調味料の大手総合メーカーがスーパーマーケット等の店頭での販売促進を通年で行う為に制定。

また、1年の中のシンボル的な日として◎2月3日も同じ語呂合わせから「乳酸菌の日」としています。

●『天麩羅の日』 : 
元々大暑の日(7月23日頃)が「天麩羅の日」でしたが、その日を毎月の記念日としました。

●『国産小ねぎ消費拡大の日』 :
「国産小ねぎ」の販売促進が目的として、福岡、大分、佐賀、高知、宮城の各県の「全国農業協同組合連合会」の県本部で作る「小ねぎ主産県協議会」が国産小ねぎの販売促進を目的として制定。

◎11月23日の「小ねぎ記念日」を毎月に拡大したものです。

●『踏切の日』 :
「ふ(2)み(3)きり」の日。

毎月23日は、踏切の日ですが、 特に梅雨で雨が多い為に事故が発生しやすい6月が、重要視されています。<>踏切には第1種~第4種がありますが、遮断機と警報機の付いた安全性の高い「第1種甲」が原則になっています。

鉄道関連の死亡事故は、そのほとんどが踏切で起きています。

最近は踏切付近に青い光りの照明が増えてきましたが、青い光りには人の心を落ち着かせる効果があり、事故や踏切自殺防止に効果があると言われています。


☆彡9月23日の誕生花

一位[いちい] Yew Tree 花言葉: 慰め、高尚、悲しみ、残念、悲哀

コスモス<白> Cosmos 花言葉:清潔/コスモス(秋桜) 乙女の真心

バロータ Scarborough lily 花言葉:忍耐

ヒガンバナ(マンジュシャゲ) 花言葉:悲しい思い出

ダリア 花言葉:華麗、優雅、威厳

ジョチュウギク(ピレスラム) 花言葉:忍ぶ恋

ヒヨドリバナ(鵯花) 花言葉:延期、清楚

リコリス・Spider Lily 花言葉は「悲しい思い出」です。

 

☆彡毎年9月の23日・24日は、

●『大原はだか祭り(千葉県いすみ市)』 :


【千葉PR】秋(1)大原はだか祭り "High hopes at the Ohara Hadaka festival" Promotion Movie


いすみ市の旧夷隅郡大原町で、毎年9月23日、24日に行われる祭礼で、18神社、各1~3基の神輿がだされる祭典で、祭りの模様は、例年10月頃に「千葉テレビ放送」で一時間枠の放送されます。

祭りが近づくと、地元の人々の心は祭りの事でいっぱいになり、地域中が一体となって盛り上がる伝統の秋まつりです。

海の男達の情熱と優しさの両面を十分に感じる事のできるこの祭りには熱心なファンも多く、毎年多くの観衆でにぎわいます。 関東随一と言われます。

※「大原秋のはだか祭り」は、古く江戸時代から行われ、この事は大井区の「瀧内神社」に祭りの風景を措いた絵馬があり、その絵馬が、1864(文久4)年に奉納された事や別の絵馬に1841(天保12)年とある事から、170年以上前の天保年間に既に、祭礼のしきたりや組織が出来あがっていた事がうかがわれます。


行事も「十社詣り」や浜での大漁祈願「汐ふみ」、「大別れ式」と、華やかなものが行われてきました。

江戸時代の当地域においてはこれといった娯楽もなく、この祭りは住民が年一回の最大の楽しみとして受け継がれてきました。

当時は仕事の忙しさから、とかくお互いの気持ちがばらばらになりがちであった為、この地域の領主は唯一無二の娯楽である祭りが集団行動と意志の疎通をはかる事ができるという重要さを認め、「神輿渡御」が無事に終った事を早飛脚で大多喜城主に報告せしめたとあります。 

1日目の23日には、『汐ふみ』と呼ばれる海に入って神輿を担ぐ行事が特徴です。

十数基の神輿が一斉に海へと担ぎ込まれ、もみあう祭りのハイライトで、勇ましく、雄々しく、神輿が海の中を駆け巡り、投げ上げられます。