読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬、風に吹かれて無常の世を漂い、旅するさすらいの日々

日々のニュースや出来事・記念日・季節祭事・催事・時事・情報・気づき、等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

宮城県丸森町筆甫小の全校児童10人が同町の阿武隈川支流の内川にサケの稚魚2万匹を放流 「帰って来いよ」

ニュース・話題  季節・春 復興・再建・祈り 政治・経済・社会 気候・自然 環境 生活 社会 祭り・イベント

大きくなってまた会おう 児童がサケ稚魚放流・宮城県丸森
 
 
 宮城県丸森町筆甫小の全校児童10人が4月22日、同町の阿武隈川支流の内川にサケの稚魚2万匹を放流した。

 

 資源保全を図る県阿武隈川漁協(手塚政宏組合長)の事業の一環。児童らは放流場所近くのふ化場を見学した後、河川敷に移動して体長約5センチに育った稚魚を川に放した。

 

6年生(11)は「稚魚は思ったよりも大きくて元気だった。無事に帰ってきてほしい」と話した。

 同漁協による稚魚放流は8年目で、ことしは約50万匹の放流を計画している。昨年は成長したサケ約2000匹を採捕したという。

 

「帰って来いよ♪~」

 

本命歌謡浪漫 望郷編 北国の春 千曲川 兄弟船 帰ってこいよ 風雪ながれ旅 北の旅人 津軽平野 石狩挽歌 北帰行 函館本線 望郷じょんがら 旅愁 夕焼け雲 津軽海峡・冬景色 さざんかの宿 みちのくひとり旅 雪國 ふるさと TKCA-73696

本命歌謡浪漫 望郷編 北国の春 千曲川 兄弟船 帰ってこいよ 風雪ながれ旅 北の旅人 津軽平野 石狩挽歌 北帰行 函館本線 望郷じょんがら 旅愁 夕焼け雲 津軽海峡・冬景色 さざんかの宿 みちのくひとり旅 雪國 ふるさと TKCA-73696

  • アーティスト: 山川豊,日野美歌,西崎みどり,千昌夫,小野由紀子,川口洋子,南一誠,吉幾三,五木ひろし,鳥羽一郎
  • 出版社/メーカー: 株式会社 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2011/09/07
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 

★丸森町(まるもりまち)は、宮城県伊具郡にある町。県の最南端に位置する。
面積
273.30 km²
 

総人口
14,324人
 (推計人口、2015年2月1日)

人口密度
52.4人/km²

地理
山:窓ノ倉山、手倉山、次郎太郎山など
河川:阿武隈川、雉尾川、内川、宇多川、小田川、五福谷川など

宮城県最南端に位置する。阿武隈高地に囲まれた盆地状であり、阿武隈川が流れる北部に平地がある。町の面積のほぼ1割を国有林が占める。

気候
1月の平均気温は1.0℃、8月の平均気温は23.6℃。
最高気温極値36.1℃(2007年8月15日)
最低気温極値-16.7℃(1990年2月2日)

かつて猪の生息域北限が同町付近と言われていたが、冬場の積雪が少なくなるにつれて生息域も北上している。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事
蔵の郷土館齋理屋敷
不動尊公園
旗巻古戦場跡
清滝
百々石公園
丸森の大いちょう(宮城県指定天然記念物)
沢尻の棚田 - 大張川張字宗膳。日本の棚田百選に入選
夫婦岩
立石(たていし)
金山城 (陸奥国)

物産
シルク和紙
へそ大根

祭り
松沢山光明院の火まつり
ひっぽ筆まつり

イベント
阿武隈川いかだ下り大会
齋理幻夜
宮城福島県境綱引大会

出身有名人
大槻文平 - 第5代日本経営者団体連盟(日経連)会長
秋葉賢也 - 衆議院議員
鈴木正夫 - 民謡歌手。「新相馬節」などのヒット曲を残し、NHK紅白歌合戦に5度出場