風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

9月28日はスーパームーン、プライバシーデー、パソコン記念日、くつやの日、世界狂犬病デー&毎月28日はニワトリの日、米の日、不動明王の縁日、鬼子母神の縁日

9月28日はスーパームーン、プライバシーデー、パソコン記念日、くつやの日、世界狂犬病デー毎月28日はニワトリの日、米の日、不動明王の縁日、鬼子母神の縁日です。

 

2015年9月28日(第4月曜日・旧暦8月16日)・大安

 

●『プライバシーデー』 :  
「有田八郎」pjnha65Y">「三島由紀夫」の小説『宴のあと』で、プライバシーを侵害されたとして「有田八郎」元外務大臣が作者と発行元の「新潮社」を訴えていた裁判で、1964(昭和38)年のこの日、「東京地裁」が「プライバシーの侵害」を認め、三島由紀夫に損害賠償を命じる判決を出しました。

これが日本で初めてのプライバシーが争点となった裁判でした。

●『パソコン記念日』 : 
1979(昭和54)年のこの日、日本電気(NEC)がパーソナルコンピューター「PC-8000シリーズ」を発売し、パソコンブームの火付け役となりました。

その後に発売された「9800シリーズ」、いわゆる「キューハチ」は、その快進撃により市場の6割を確保しました。

●『世界狂犬病デー(World Rabies Day)』 : 
2006(平成18)年、欧米の研究者や専門家を中心に、世界における狂犬病対策を目的とした地球規模の団体「狂犬病予防連盟」が結成され、その活動の一環として、狂犬病ワクチンの開発者であるフランスの細菌学者「ルイ・パスツール」の忌日を「世界狂犬病デー」と定めると共に、世界中のパートナーに対し、狂犬病撲滅に向けた活動参加の呼びかけが開始されました。

人および動物における狂犬病が、いかに簡単に発症を防ぐ事ができ、また、どの様にすれば撲滅できる病気であるかを知ってもらう事を目的としています。

●『牛乳屋さんの日』和光堂 :
粉ミルクやベビーフード、家庭用食品などを手がける会社が制定。

1991()年に誕生した粉末飲料の 「牛乳屋さんの珈琲」をはじめとして「牛乳屋さんのロイヤルミルクティー」など、その豊かなミルク風味と水でも溶ける手軽さで人気の「牛乳屋さんシリーズ」をさらに多くの人に知ってもらい、楽しんでもらう事を目的としています。

日付は、9と28で「牛=ぎゅう(9)乳=にゅう(2)屋=や(8)」の語呂合わせです。

●『自動車中古部品の日』 :
福島県伊達市、山形県高畠町などに工場を構え、自動車及び自動車部品の販売、使用済み車輌の適正処理などを手がけている会社が制定。

廃車や事故車などの乗り終えた車から使用できる部品を取り出し、車を修理する際に使うことでリサイクルやCO2の削減を図り、地球環境の保全、中古部品の認知度を広めるのが目的です。

日付は、9と28で「車=くるま(9)中古=ちゅうこ(2)部品=パーツ(8)」と読む語呂合わせです。

●『くつやの日』 :
「く(9)つ(2)や(8)」の日。
はきやすさとおしゃれの両立を目指し、ハンドメイドにこだわって上質な靴を製造販売している大阪市に本社を置く靴の製造販売会社が制定。

健康を維持していく為にも益々その重要性が高まるはきやすい靴を全国に広めるのが目的です。

日付は、928の語呂合わせと、秋が深まり新しい靴が欲しくなる頃にしました。


◎毎月28日は、

●『ニワトリの日』 :
「に(2)わ(8)とり」の日。

鶏卵・鶏肉の消費拡大を目的に「日本養鶏協会等」が1978(昭和53)年6月に制定。 

※人間とニワトリの関わりはすでに5,000年以上にもなります。
古くは時を告げる鳥として、「時告げどり」と呼ばれていました。

●『三宝荒神の縁日』 :

※「三宝荒神(さんぼうこうじん、さんぽうこうじん)」は、関東ではあまり知られていませんが、日本特有の神・仏教における信仰対象の一つです。

神道では「道祖神」、「奥津彦命(おきつひこのみこと)」、「奥津姫命(おきつひめのみこと)」を荒神として祀っています。

仏教では「仏・法・僧の三宝」(仏法ならびに「伽藍(がらん)・僧侶が集まり修行する清浄な場所」)を守護し、不浄を「厭離(おんり)」すると言われますが諸説があり、「歓喜天と同体とする」説、弘法大師は三宝荒神の本地は「文殊菩薩」とし、日蓮聖人は御義口伝(おんぎくでん)に、「鬼子母神の眷属十羅刹女なり」とあり、「飢渇の神」、「貪欲の神」、「障礙の神」としています。

日蓮宗では「普賢三宝荒神」としてお祀りします。

いずれにせよ、悪人を罰し、善人をたすける神で、我々の生活に密接な関係のある非常に重要な神です。

その像は、「三面六臂(八面八臂もあり)」の忿怒像で、右手に「独鈷(どっこ)」、「蓮華」、「宝塔」を、左手に「鈴」、「宝珠」、「羯磨杵(かつましょ)」を持ちます。

有名なところでは、曹洞宗の大本山「總持寺」で、伽藍神として「三宝荒神」をお祀りしています。 

●『不動明王の縁日』 :

※日本では密教の隆盛とともに信仰を集める様になりました。

1月28日は「初不動」で、この初不動で焚く護摩を初護摩といいます。

不動明王は大日如来の化身で、いっさいの悪魔・煩悩を降伏させんが為に、忿怒の相を化現したといわれる五大明王の主尊です。

堅固で不動の菩提心の威力によって、種々の煩悩・障害を焼き払い、悪魔や迷いのすべてを抑さえ静め、菩提を成就させ、長寿を得させるといわれ、また、如来の使者として真言行者を護持するといわれます。

その像は、顔は怒りの相を現し、目を怒らせ、両牙を咬みみ、右手に降魔の剣を、左手に縛のなわ(窮索)を持ち、火炎光背を背にして、岩石の上に座る姿です。

「延暦寺明王堂」、「千葉県成田山」、東京・目黒「深川の不動尊」、大阪天満天神のそばの「不動尊」などが有名です。

◎また、毎月8日・18日・28日は、

●『お米の日』 : 
米の記念日です。
制定した機関や由来は明確ではないですが、米という漢字を分解すると「八十八」となる事、米は収穫するまでに88の作業を要するとされる事等が根拠として挙げられています。

●『鬼子母神の縁日』 :
「鬼子母(きしぼ)神」は仏教諸神の一つです。

※「鬼子母」は、500人(一説に千人又は一万人)の子の母でありながら性質邪悪で、常に人の子を捕えて食べて仕舞う為、仏は彼女が最も愛していた末子、愛好をを隠して戒め、仏教に帰依させたといわれます。

以後、求児・安産・幼児保育など(時として盗難除の守護)の祈願を叶える「仏法の護法神」となり信仰されています。

その像は、天衣瓔珞をつけ、子供を一人懐に抱いて、右手に吉祥果(ざくろ)を持ちます。

ざくろは人肉に似た味がするといわれます。東京・入谷の「おそれいりやの鬼子母神」が有名です。

■ 2015年9月28日はスーパームーンの日です。

9月27日は十五夜「中秋の名月」(旧暦の8月15日)翌28日は全国的に夜も晴れ間が広がり、今年最大の満月「スーパームーン」が見られそうだ。
2夜連続で宇宙ショーが見られる年なのです。

スーパームーンは、
月が最も地球に近づいた時に満月(または新月)になる現象です。

 月は地球の周りを楕円(だえん)の軌道を描きながら回っている。このため、月が地球に最も近づく時と遠ざかる時がある。国立天文台によると、今月28日に地球に最も近づき、最も遠ざかった3月6日と比較すると、見かけ上は直径が約1・14倍になるという。

 気象庁によると、27日夜は前線などの影響で関東地方は曇りがちだが、28日は日本列島が広く高気圧に覆われ、北海道と沖縄を除いて全国的に夜も晴れ間が広がる見込みだという。


★スーパームーン
スーパームーン (Supermoon) とは、満月または新月と、楕円軌道における月の地球への最接近が重なることにより、地球から見た月の円盤が最大に見えることである。天文学的に外からの視点で説明すると、太陽-地球-月系において、月が地球に対する近点(近地点)にあると同時に、太陽と地球に対し月が衝(望)となった時の月のことである。

ただし、「スーパームーン」という用語は天文学ではなく、占星術に由来する(天文学では近点の満月をペリジー・フル・ムーン (Perigee full moon)、新月をペリジー・ニュー・ムーン (Perigee new moon) と呼称している)。月は地球の潮汐に関与しているため、スーパームーンによって地震や火山噴火の危険が高まるとの主張もあるが、それを示す証拠はない。

この反対の現象である、遠点での惑星直列はマイクロムーン (Micromoon) と呼ばれるが、この用語はスーパームーンほど広まっていない。

距離

地球から月までの距離は、楕円軌道であるために、約35万7000kmから40万6000kmまで変化する。

近点の満月は、遠点のものよりも最大14%大きく、30%明るい(2011年3月19日、NASAによる観測)。

用語

スーパームーンという用語は、占星術師のRichard Nolleが1979年に以下のように定義した。

 

軌道中で地球に最接近(90%以内)した新月または満月。即ち、地球と月と太陽が直線上に並び、月が地球に最も接近した状態。

Nolleはまた、スーパームーンの位置にある月は「地球物理学的ストレス」の原因になると主張した。Nolleは、なぜ90%という数字が選ばれたかについては言及しなかった。

近年では、特に最接近して近点から前後1時間以内に満月または新月を迎えることを「エクストリーム・スーパームーン」 (Extreme Supermoon) 、あるいは「エクストラ・スーパームーン」 (Extra Supermoon) と呼ぶ場合があり、このような満月はおよそ18年に1度の割合で観測できる(1950年以降では、1955年、1974年、1992年、2011年、2014年が該当する)。

一方、スーパームーンという用語は天文学界では用いられず、代わりに"perigee-syzygy"(近点惑星直列)や"perigee full/new moon"(近点満月/新月)という言葉が使われている。
「近点」は、月が軌道中で地球に最接近する点であり、「惑星直列」は、地球と月と太陽が一列に配置した状態で、満月及び新月の度ごとに生じる。従って、スーパームーンは、上記2つの組み合わせとみなせるが、毎回完全に一致する訳ではない。

頻度
満月周期は、月が近点かつ太陽及び地球と並ぶ間の期間であり、約13.9443朔望月(約411.8日)である。従って、ほぼ毎回14回目の満月がスーパームーンとなる。
しかし、周期のちょうど半分でも満月は近点に近づき、その直前または直後の新月はスーパームーンとなる。従って、1回の満月周期毎に3回のスーパームーンが生じる。
なお、満月のスーパームーンは前述の満月周期によって年に大体1回観測できるが、地球と月の位置関係によっては2014年のように年に数回観測できることもある。

13.9443と14の差は、1/18に非常に近いので、スーパームーンの周期自体が18回の満月周期(約251朔望月、20.3年)の周期で変動する。従って、約10年の間は最大のスーパームーンが満月、次の10年間は最大のスーパームーンが新月となる。

潮汐への影響

太陽と月からの地球の海洋に対する影響は、月が新月または満月の時に最も大きくなる。月が近点にいる時は、潮汐力はいくらか強くなり、 Perigean spring tide (近点の大潮)を引き起こす。しかし、この力が最も強い時でも、せいぜい数インチ程度の影響である。

潮汐力は逆三乗則に従うため、力は平均よりも19%大きくなる。しかし、実際の潮の高さは世界中で異なり、直接的な影響は測定しにくい。

2011年3月19日のスーパームーンは、イギリスのソレント海峡での5隻の船の座礁の原因となったと言われるが、そのような主張を裏付ける証拠はない。

自然災害

2011年の東北地方太平洋沖地震や2004年のスマトラ島沖地震のような自然災害は、1〜2週間以内に発生しているスーパームーンに起因するという憶測があるが、スーパームーンと大地震の相関関係を示す証拠はない。

ただし、深さ40km以内の比較的浅い地点で起こる地震については、月の引力により断層にかかる力が大きくなればなるほど地震が発生しやすくなるという学説が存在する

 

2015年以降のスーパームーンの日とおよその距離(km)。

2015年 → 9月28日  356880
2016年 → 11月14日  356510
2017年 無し
2018年 → 1月2日  356570
2019年 → 2月20日  356760
2020年 → 4月8日   356910

☆彡誕生花

葉鶏頭[はげいとう] Love-Lies a Bleeding 花言葉:情愛 不老不死、見栄坊、気取り屋
ヘレニウム(団子菊) Sneezeweed 花言葉:上機嫌 寛容な心、派手
ダンギク(段菊)・Bluebeard Flower 花言葉は「忘れ得ぬ思い出」
ベゴニア・Bekonia 花言葉は「親切」愛の告白、片思い
シオン(紫苑) 追憶、あなたを忘れない
フジバカマ(藤袴) あの日を思い出す、遅延、躊躇、ためらい