風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

ゴムまり娘・村上 茉愛が床で優勝! 東京への第一歩  日本女子、63年ぶりの金メダル 体操・世界選手権

ゴムまり娘・村上 茉愛が床で優勝! 東京への第一歩 63年ぶり 日本女子の金メダル

体操・世界選手権最終日は8日、カナダ・モントリオールで種目別決勝が行われ、女子床運動で村上茉愛(21=日体大)が14・233点で、金メダルを獲得した。日本勢の金メダルは54年ローマ大会で平均台を制した田中(現姓池田)敬子以来、2人目。床運動の優勝は初めてとなった。


村上茉愛 床金メダル!世界選手権

 


 村上 茉愛は6日の個人総合では金メダルも狙える状況で、平均台で落下して4位。

試合後、村上 茉愛は号泣して「種目別だけでも金メダルを」と意気込んでいた。この日は種目別決勝の平均台を13・066点の4位で終え、勝負の床運動へ。

村上 茉愛はH難度の「シリバス(後方抱え込み2回宙返り2回ひねり)」を完璧に止め、ダイナミックさと大人っぽさを融合。

村上 茉愛は最後にガッツポーズと茉愛スマイルまで出した。

最初に演技した村上を誰も上回れず、世界の頂点に立った。五輪翌年で休養する有力選手も多く、同種目予選トップのスミス(米国)が決勝を棄権するなどの幸運も生かした。


 この種目で日本が金メダルを獲得するのは史上初めて。また、全ての種目を通じて日本女子が金メダルを獲得するのは1954年ローマ大会の平均台田中敬子(現姓池田)が獲得して以来、63年ぶりの快挙である。

 

ここ数年来、日本体操女子は低迷が続いていたが、村上 茉愛の優勝によって光明を見出した感じである。

男子の目覚ましい活躍も刺激になったのだろう。

前回大会の悔しさをばねに村上 茉愛の見事な演技であった。

ようやく小さな巨人が目を覚ました瞬間である。

 

  村上 茉愛の好きな言葉は「できるかできないかじゃなく、やるかやらないかである

という。すさまじい闘志である。

 

 池田(旧姓田中)敬子さん(全日本ジュニア体操クラブ連盟会長)は
「ジュニア強化の重要性に気付いて40年間、ようやく念願がかなった。格段に技が進歩している中での金メダルは私よりも大きな価値がある」と語った。


体操・世界選手権の種目別決勝・女子床運動で金メダルを獲得した村上茉愛(21=日体大)の表彰式後のコメント。

 

 演技を振り返って。

 「人生の中で一番いい演技だった。きょうは全部狙いにいった中で、いいものが出せた。一番いい演技を出せたのが嬉しかった」

 63年ぶりの金メダル

 「個人総合(4位)が悔しくて、何色でもいいからメダルを獲って帰りたかった。63年ぶりに取れたのが私で良かったなと思います」

 白井と並ぶ金メダル。

 「ちょっと遠い存在かなと思ったけど、同じ大学で自分のためになるようなことも言ってくれる。いつも“頑張って”と言われていたけどなかなか取れなくて、2人で取れたのは良かった」

 男子への対抗心。

 「内村選手だったり、健三だったりがメダルを取って体操自体は有名になってきているけど、女子はそんなに人気がなくて“どうせメダル取れないでしょ”ってのが悔しくて、女子も取れるところまで来ていることが証明できた。これを機に体操をもっと知ってもらえれば」

 東京に向けて。

※東京への第一歩が踏み出せたと思う。

 「この大会でメダル取れなかったら、メダルは無理と思っていた。ここで取っておくことで来年とか東京に向けて評価してもらえる。東京まであと3年、調子を落とさずにやっていけば確実に五輪でメダルを取れると思っている」


【特集】日本体操女子エース 村上茉愛 超大技シリバスを生む〝空中感覚〟


★村上 茉愛(むらかみ まい 1996年8月5日 - )は、日本の体操競技選手。

神奈川県相模原市生まれ。
身長148㎝
体重48kg
種目
体操競技
得意種目
跳馬・ゆか 
所属池谷幸雄体操倶楽部
学歴日本体育大学 在学中(2016年4月1日現在)
コーチ大野和邦
村上 茉愛は、体操は3歳の時に母親に勧められたのがきっかけで始めた。
また、2005年12月5日放送のスペシャルドラマ『ウメ子』(TBS)に河合ウメ子役として出演した経歴を持つ。

 


アスリートの魂【体操 村上茉愛】

 村上 茉愛は身長146センチメートルと小柄だが、ひとたび助走を始めれば周囲の視線はゴムまりのようなバネに釘付け。軽やかにゆかを蹴り上げて高く宙を舞い、高難度の技を難なく決める姿には、これまでの日本女子には見られない力強さがある。

 

村上 茉愛のどこが凄いのか。それは、数ある技の中で2つしかない最高H難度の技をいずれも成功させているという点だ。チュソビチナとシリバスは、それぞれを単発で行うだけでも凄いのだが、村上は7月に行われたインターハイでH難度技を2つとも入れたD得点6.7の構成を成功させている。

 

村上 茉愛は池谷幸雄が主宰する池谷幸雄体操倶楽部に小学校時代から所属し、数々のジュニア競技会に出場して着実に実力をつけていく。村上 茉愛は武蔵野東中学校時代の2010年度第41回全国中学校体操競技大会個人総合で寺本明日香名古屋経済大学市邨中学校)を抑えて優勝、種目別でも床運動平均台の2種目で優勝している。


同年の第64回全日本体操競技選手権大会女子種目別決勝の床運動では田中理恵日本体育大学)、笹田夏実(OSTC大泉スワロー体育クラブ)を抑えて優勝した。

 

2012年に明星高等学校に入学。同年12月の第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会の床運動で2度目の優勝を果たした。


村上 茉愛はシリバスなど、世界最高峰の難易度Hの技をこなす、数少ない選手としても知られ、2013年10月、アントワープで開催された世界選手権代表選手に選出されて、種目別女子床運動で4位入賞した。

 

村上 茉愛は2015年4月、日本体育大学に入学した。同年の世界選手権代表にも選出され、団体で5位入賞を果たし、リオデジャネイロオリンピック団体出場権獲得に貢献。個人総合でも6位入賞を果たした。

 

村上 茉愛は2016年4月の全日本選手権個人総合で初優勝を果たすと、続くNHK杯でも2位入賞を果たし、オリンピック代表候補となる。代表選考の試技会でトップの成績を残し、晴れてオリンピック代表入りとなった。

村上 茉愛はオリンピックでは団体総合で1964年の東京オリンピック以来となるメダル獲得にあと一歩と迫る4位入賞に大きく貢献。個人総合では自身が得意とするゆかでの着地ミスが響き、14位。種目別のゆかにも出場したが、ターンでバランスを崩した影響で7位に終わった。

 

2017年には村上 茉愛は全日本個人総合連覇、NHK杯個人総合で初優勝を果たし、世界選手権代表入りを果たす。同年10月、カナダ・モントリオールで行われた世界選手権個人総合では、予選を首位で通過したが、決勝では平均台での落下が響いて4位に終わり、2009年の鶴見虹子以来となる個人総合でのメダル獲得はならなかった。

 

村上 茉愛は種目別の床で自身初、世界選手権では1954年のローマ大会における池田敬子の平均台以来となる、日本女子選手の種目別金メダルを獲得した。

 

床で金メダルとは「ゆかい(愉快=床良い)だね」な~んちゃって。