風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

成功者を見習って「いつもより早起きしよう♪~」植西聡著「悪い流れ」がガラリと変わる魔法の習慣より

 ☆彡今日のハッピー 一日一言 「天使のハッピーボックス」

 

☆彡「悪い流れ」を「よい流れ」に変えるための九大ポイントの一つ
 

①日々の習慣を変えるについて

以前アメリカのジャーナリストが成功者と呼ばれる人たちに共通する生活習慣をつぶさに観察調査しました。

その中に共通するものがあったのです。

それは「早起きをする」です。

日の出とともに、起床すると「朝日」を浴びることになるためとても気持ちが良くなるというのです。

 晴天に恵まれた日の空は澄み切っていて、鳥がさえずってくれます。

それだけでも快適な気分になり、「よし♪~今日一日がんばろう」というやる気・活気・元気が湧いてくるというのです。

 要するに、早起きすることにより、プラスの気を吸収し、悪い流れを断ち切る工夫を凝らしていたんですね。

そこで、生活習慣を変えることで、プラスの気を吸収し、人生の流れを良い方向に変えるためには、成功者を見習って「早起きする」のはいいと思います。

ぜひやってみましょう。

でもね~いままで早起きの習慣がなかった人からすれば、いきなり明日からといわれると少し抵抗がありますね。

三日坊主で終ってしまう可能性があります。

そういう人は、無理のない範囲でたとえば「いつもより30分」早く起きる癖をつけましょう。

うまくいけば1時間と伸ばしてみましょう。


いつもより30分~1時間早く起きれれば、朝食だってゆっくり、味わって食べることができます。朝シャンもOK♪~

贅沢な朝ぶろも夢ではありません。心身をスッキリさせることができます。

着替えやお化粧で、慌てふためくことはありません。

その分快適な気分になります。

そして、悪い流れを断ち切ることができるようになるのです。

 

肉を切らせて、骨を切る。骨を切らせて、命を絶つ♪~

 

☆彡今日の一言
①早起きは三文の得(徳)
朝起き千両、夜起き百両/朝起きは三文の徳/朝の一時は晩の二時に当たる/早起き三両倹約五両/早起き三両始末五両/早起き千両/宵寝朝起き長者の基

【対義】
長寝は三百の損

【英語】
The early bird catches the worm.(早起きの鳥は虫をつかまえる)
The cow that's first up, gets the first of the dew.(最初に起きる牛は最初の朝露を吸う)

 

②春はあけぼの・・・【枕草子
早朝起きて美しい風景を見れるのはこの上ない喜びだ。(なんかいいことがありそうな感じ)【意訳】

 

 

一度だけの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。


以上は植西聡著「悪い流れ」がガラリと変わる魔法の習慣より一部抜粋&加筆

 

★植西聡
植西 聰(うえにし あきら、1947年-)は、東京都出身の日本の著述家、産業カウンセラー、心理カウンセラー。
自己啓発に関する著書を多数発表している。
◆略歴
学習院大学卒業後、資生堂に勤務。
独立後、人生論の研究に従事。
独自の『成心学』理論を確立し、人々を明るく元気づける著述を開始。
1995年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定)を取得。
◆著書(ベストセラー本)
『折れない心をつくるたった1つの習慣』(青春出版)
『平常心のコツ』(自由国民社
『「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉』(三笠書房・王様文庫)
『話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる』(三笠書房・王様文庫)
『マーフィーの恋愛成功法則』(扶桑社文庫)
『ヘタな人生論よりイソップ物語』(河出書房新社
『カチンときたときのとっさの対処術』(ベストセラーズ・ワニ文庫)
『運がよくなる100の法則』(集英社・be文庫)
『運命の人は存在する』(サンマーク出版

スポンサーリンク  
スポンサーリンク