風に吹かれて旅するブログ (話題・記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや話題・出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

1月24日は学校給食記念日、法律扶助の日、郵便制度施行記念日、ボーイスカウト創立記念日、初地蔵等の日

2019年1月24日は何の日?


1月24日は学校給食記念日、法律扶助の日郵便制度施行記念日ボーイスカウト創立記念日、初地蔵等の日です。

●『学校給食記念日』 : 
第二次世界大戦終戦後の1947(昭和22)年12月24日に、東京都・神奈川県・千葉県で学校給食が再開された記念日です。
戦後当初の給食の食材は、ほぼ「連合国最高司令官総司令部GHQ)」からの物資が主でした。
1946(昭和21)年、旧文部省により12月24日が「学校給食記念日」として制定されていましたが、冬休みに当たる為、一ヶ月遅らせたこの日になりました。
また、◎この日から30日までは「学校給食週間」になっています。

 

●『法律扶助の日』 : 
1952(昭和27)年のこの日に、「法律扶助協会」が設立された記念日です。
「法律扶助」とは、経済的な理由により正当な民事裁判を受ける事が出来ない人の為に費用を立て替え援助する社会的制度です。
この制度を実施している「法律扶助協会(現、日本弁護士連合会)」が、1993(平成5)年に制定。
無料法律相談、訴訟費用・弁護士報酬の立て替え等について、この日を中心に全国の指定された弁護士事務所で相談が実施されます。

 

●『郵便制度施行記念日』 : 
1871(明治4)年のこの日、まず東京・京都・大阪間で郵便業務が開始された記念日です。
それまで手紙は飛脚便に頼っていた郵便業務を、「前島密(まえじま ひそか、1835~1919年)」の建議により「郵便制度」が定められた記念日です。

当時は東京と大阪間を3日と6時間かかって郵便を届けたという。
その後、郵便役所はさらに横浜・神戸・長崎・函館・新潟と全国展開が図られた。また、江戸時代に地域のまとめ役だった名主に自宅を郵便取扱所とする旨を要請。1873年明治6年)に全国約1100ヵ所の名主が郵便取扱所を快諾したことから、郵便制度は全国に拡大した。
前島密はその功績から「郵便制度の父」と呼ばれ、1円切手の肖像でも知られる。また、東京郵便役所が置かれた現在の日本橋郵便局には「郵便発祥の地」の碑と前島密の胸像が設けられている。

 

●『ボーイスカウト創立記念日』 : 
1907(明治40)年、イギリスで「ロバート・ベーデン・パウエル卿」が20人の子供とキャンプをしたのが活動の始まりで、都会育ちの少年達に夢と冒険を与える素晴しいキャンプでした。
翌年の1908(明治41)年のこの日に「ボーイスカウト」が結成され運動がスタートしました。
少年達に自然観察やグループでの遊びの楽しさ素晴しさを教え、少年達は野山を駆け回り、色々な事を学んでいきました。
以来、この運動は世界中に広がり、日本にも創立後まもなく伝わり、100年以上経った現在も受け継がれています。
関連記念日として、◎5月22日の「ガールスカウトの日」と、◎9月15日の「スカウトの日」があります。

 

初地蔵

1月24日「東京、巣鴨とげぬき地蔵尊大祭」です。


巣鴨のとげぬき地蔵尊はパワースポット!



毎月24日は「地蔵の縁日」です。縁日の地蔵は、地蔵講に由来します。地蔵講とは、地蔵菩薩の功徳を講讃する法会のことです。

 

地蔵菩薩は釈迦仏の委託を受けて、その入滅後、弥勒菩薩の出世(56億7千万年後)までの間の無仏の期間、釈迦に代わって六道の一切衆生を救ったという。特に、地獄の衆生を化導し、代わりに苦しみを受ける菩薩とされます。
最も弱い立場の人々を最優先で救済する菩薩であることから、古来より絶大な信仰の対象となりました。また、地蔵は子供の成長を守り、その死後、賽の河原で苦難を救うと伝えられ、子供の守護仏として信仰されています。

地蔵に参詣すると、「地蔵の十福」といって「女人泰産・身根具足・衆病疾除・寿命長延・聡明智慧・財宝盈益・衆人愛敬・穀物成熟・神明加護・証大菩提」の10の福が得られるといわれます。
 
※六道:天道(てんどう、天上道天界道とも)、人間道(にんげんどう)、修羅道(しゅらどう)、畜生道(ちくしょうどう)、餓鬼道(がきどう)。地獄道(じごくどう)

 

 

☆彡毎月24日は、
●『削り節の日』 : 
削り「ふ(2)し(4)」の日。
「東京鰹節類卸協同組合」が制定。
これとは別に、◎11月24日は「全国削節工業協会」が制定した「削り節の日」です。

スポンサーリンク  


☆彡1月24日の『誕生花』:

デンファレ  花言葉はお似合い、わがままな美人
サフラン  花言葉歓喜、陽気
オモト  花言葉は崇高な精神、長寿、長命
スキミア(ミヤマシキミ)  花言葉は寛大、清純
タネツケバナ  花言葉は勝利、情熱、不屈の心
サイネリア(富貴菊)・Florists Cineraria 花言葉は「いつも快活」
ブルースター・Amsonia Tabernaemontana Blue Ice 花言葉は「信じあう心」です。

 

☆彡誕生石は「ミルキー・クォーツ」石言葉:母性愛


☆彡今日誕生日の人の一言 カロンド・ボー・マルシェ(劇作家)

『泣きたいときには、笑い飛ばすことにしている。』


カロンド・ボー・マルシェのプロフィール
ボーマルシェ(Beaumarchais)こと本名ピエール=オーギュスタン・カロン(Pierre-Augustin Caron, 1732年1月24日 - 1799年5月18日)は、18世紀フランスの実業家、劇作家。

かなり魅力的な、いわゆる良い男であったらしい。
ボーマルシェヴェルサイユ宮殿に伺候すると、ご婦人方は彼のすらりとした格好の良い長身、端正な顔立ち、溌剌とたる生気に満ちた顔色、自信に溢れた眼差し、周囲の誰よりも優れて見える卓越した物腰、そして、身内に燃えているようなその無意識の情熱にたちまち打たれたのであった。

現在は『セビリアの理髪師』、『フィガロの結婚』、『罪ある母(英語版)』からなる「フィガロ3部作」で名高いが、劇作を専門としていたわけではなく、始めは時計師、次いで音楽師、宮廷人、官吏、実業家、劇作家など様々な経歴を持つため、フランス文学者の進藤誠一はボーマルシェを「彼ほど多種多様の仕事をし、転変極まりない生涯を送った作家も珍しい」と評している。

ジャンル 喜劇
代表作 『セビリアの理髪師』 『フィガロの結婚』『罪ある母(英語版)』からなる「フィガロ3部作」

作品
ウジェニー - Eugénie - 1767年
2人の友、またはリヨンの商人 - Les Deux Amis ou le Négociant de Lyon - 1770年
セビリアの理髪師 - Le Barbier de Séville ou la précaution inutile - 1775年
フィガロの結婚 - La Folle journée ou Le Mariage de Figaro - 1784年
タラール - Tarare - 1787年
罪ある母(英語版) - L'Autre Tartuffe ou la Mère coupable - 1792年

 

以上はナイツ社編 「365日名言の旅」より一部抜粋&加筆

 

☆彡1月(睦月)の行事・暦・祭り(2019年・平成31年
1日(火・祝)元日

2日(水)初夢 書き初め

4日(金)御用始め

5日(土)初水天宮

6日(日)小寒

7日(月)人日の節句(七草)

8日(火)初薬師

10日(木)十日戎

11日(金)鏡開き

14日(月・祝)成人の日

15日(火)小正月 どんど焼き 三寺まいり

16日(水)薮入り

17日(木)冬土用入り 冬土用の間日 大安+寅の日

18日(金)冬土用の間日 初観音

20日(日)大寒 二十日正月 冬土用の間日

21日(月)初大師

24日(木)初地蔵

25日(金)初天神

26日(土)若草山焼き

28日(月)初不動 2019年の土用の丑の日

2019年7月27日(土)

29日(火)冬土用の間日

30日(水)冬土用の間日

31日(木)さっぽろ雪まつり(~2月11日)

1月の他の別名
祝月(いわいづき)始和(しわ)正月(しょうがつ)早緑月(さみどりづき)年端月(としはづき)
太郎月(たろうづき)王春(おうしゅん)建寅月(けんいんげつ)初春月(はつはるづき)

スポンサーリンク