風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

叱ったら褒めよ!植西聡著「ひと言セラピー」より

☆彡今日のハッピー 一日一言 ハッピーを呼ぶヒント

 

『褒めて終われ!』叱ったら褒めよ!

 

自動車メーカー「ホンダ」を一代で世界的な企業にまで押し上げた本田宗一郎という実業家は、部下を叱った後は「褒める」ことを忘れなかったそうです。

 

叱られた部下は、当然、自信を失います。気持ちも落ち込みます。

自分を叱った上司への反抗心も芽生えることでしょう。

 

それは「仕事へのやる気」を失うことにつながることを本田宗一郎は心配したのだと思います。

 

ですから叱った後は「ほめる」ことを忘れなかったのです。

 

褒められれば、部下は、「叱られたところは反省し、褒められたところは、もっと頑張っていこう」と気持ちを入れ替えることができるでしょう。

 

人が叱るときに、よくやってしまう過ちは、「相手を徹底的に追い詰めてしまうこと」ではないでしょうか?

 

相手が二度と立ち直ることができないくらい、叱ってしまうことです。

 

そうなると、相手は深く落ち込み、やる気をなくしてしまうでしょう。

 

本田宗一郎のように、「叱ったら褒める」ということを心掛けるのがいいと思います。

それが「相手の能力を伸ばすしかり方」になると思います。

 


☆彡「逃げていく敵には橋をかけてやれ」アリステイデス(古代ギリシャの軍人)

☆彡人は褒めて育てよ

 (人は叱って育てるよりも、褒めて育てる方が数倍成長するといわれています。)

 

一度だけの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

以上は植西聡著「ひと言セラピー」より一部抜粋&加筆

本田宗一郎
本田 宗一郎(ほんだ そういちろう、1906年明治39年)11月17日 - 1991年(平成3年)8月5日)は、日本の実業家、技術者。輸送用機器メーカー本田技研工業(通称:ホンダ)の創業者。

教育 二俣尋常高等小学校
配偶者 本田さち
子供 本田博俊(長男)本田勝久(二男)尾形恵子(長女)
親 父:本田儀平 母:本田みか

叙勲等
勲一等瑞宝章(1981年)
正三位勲一等旭日大綬章(1991年)
米国自動車殿堂入り
上智大学名誉工学博士
ジェイムズ・ワット国際メダル
ミシガン工科大学名誉工学博士
天竜市名誉市民(→浜松市名誉市民)

主な著作書籍
『私の手が語る』(1982年・講談社 再刊:2003年・グラフ社
『やりたいことをやれ』(2005年・PHP研究所
『俺の考え』(1996年・新潮文庫
『得手に帆あげて』(2000年・三笠書房 新装版 わせだ書房刊を再編集)
『スピードに生きる』(2006年・実業之日本社 新装版)
『夢を力に』(2001年・日本経済新聞社

 

★植西聡
植西 聰(うえにし あきら、1947年-)は、東京都出身の日本の著述家、産業カウンセラー、心理カウンセラー。
自己啓発に関する著書を多数発表している。
◆略歴
学習院大学卒業後、資生堂に勤務。
独立後、人生論の研究に従事。
独自の『成心学』理論を確立し、人々を明るく元気づける著述を開始。
1995年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定)を取得。
◆著書(ベストセラー本)
『折れない心をつくるたった1つの習慣』(青春出版)
『平常心のコツ』(自由国民社
『「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉』(三笠書房・王様文庫)
『話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる』(三笠書房・王様文庫)
『マーフィーの恋愛成功法則』(扶桑社文庫)
『ヘタな人生論よりイソップ物語』(河出書房新社
『カチンときたときのとっさの対処術』(ベストセラーズ・ワニ文庫)
『運がよくなる100の法則』(集英社・be文庫)
『運命の人は存在する』(サンマーク出版

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク