風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

渋野日向子(20歳、RSK山陽放送)が終始笑顔で全英初優勝!!『笑う門には福来たる』

渋野日向子(20)=RSK山陽放送=が4日、初の海外戦で、(通算18アンダーの通算270のスコア)メジャーを制覇した。日本勢のメジャー勝利は1977年全米女子プロ選手権を制した樋口久子以来で42年ぶり2人目。

 

Pos

選手名

Sco

優勝

渋野日向子

 

-18

2

L・サラス

 

-17

3

コ・ジンヨン

 

-16

4

M・プレッセル

 

-15

5

A・ブハイ

 

-14

6

C・ビュティエ

 

-12

7

C・シガンダ

 

-11

8

パク・ソンヒョン

 

-10

9

N・コルダ

 

-9

 

L・ジョンウン6

 

-9

 

このほかの日本選手は、
上原彩子選手がスコアを4つ伸ばして通算6アンダーで21位、
横峯さくら選手が24位、
勝みなみ選手が35位、
上田桃子選手が51位、
マチュアで18歳の安田祐香選手は59位でした。

 

賞金67万5千ドル(約7200万円)と米女子ツアーの出場資格を獲得した。

現地メディアから“スマイルシンデレラ”として人気の的となった。

<全英AIG女子オープン 最終日◇4日◇ウォーバーンGCイングランド)◇6585ヤード・パー72>

今季の海外女子メジャー最終戦「全英AIG女子オープン」で、1977年「全米女子プロゴルフ選手権」を制した樋口久子以来となる、日本勢42年ぶりの海外女子メジャー制覇を成し遂げた渋野日向子。この大偉業は日本のみならず、世界にも大きな衝撃を与えた。

海外女子メジャー「全英AIG女子オープン」で優勝した渋野日向子は日本人選手が海外女子メジャーを制するのは実に42年ぶりの快挙達成となった。

5日付の女子ゴルフ世界ランキングが発表され、「AIG全英女子オープン」で日本勢42年ぶり2人目のメジャー制覇を遂げた渋野日向子は46位から14位に上昇した。
前週の日本勢4番手から、10位(前週比1ランクダウン)の畑岡奈紗に次ぐ2番手となり、2020年東京五輪代表圏内に浮上した。


◆笑顔の訳
奮闘をそばで見守った父の悟さん(51)は「ここまで来るとは思わなかった」とこの1年での急成長ぶりに目を細めた。笑顔を欠かさない理由については「いつも笑顔でと言っている。ふてくされて、見ている人が嫌な感じになったら駄目」と説明した。青木翔コーチもたとえミスしても笑顔でいなさいとのアドバイスを送っている。

母の伸子さん(51)は岡山市の自宅で観戦。「周りの人に支えられたおかげ。帰ってきたら『よく頑張ったね』と声をかけたい」とねぎらった。

 渋野さんは技術的な面も優れているが、ショットに中途半端なところがないインパクトが緩まない。「決断」と「実行」ができているのが良いところ。

彼女の強さの秘密にはソフトボールで培った「あきらめない」と「切り替えが早い&立ち直りが早い=立ち直りの女王と呼ばれている」そして、プレッシャーを感じないということ、が上げられる。


4日間競技を平気で戦える体力=体の強さを持っています。ソフトボールで投手をやっていたと聞きますし、違うスポーツをやってきた効果が自分でも気づかないうちに出ているのだと思います。その点岡本綾子に似ています。ソフトボールではバランスをとるために左打ちにしたようです。
岡本綾子ソフトボール出身者で身長体重もほぼ同じ

 

優勝後に涙が出なかったことについて「私も泣くかと思ったけど、全く泣かん。なんでじゃろ」と岡山弁で明るく話す姿がオンエアされた。

※オマケの動画 「泣かんとよ」 黒木姉妹


黒木姉妹「泣かんとよ」2010年1月27日(水)発売!

―今の心境は?
鳥肌が立ちすぎて、言葉にできないです。試合が終わってから緊張してきました。泣きそうになったけど、結局涙が出ませんでした(笑)

―プレーしている最中の気持ちは?
前半少し緊張していたけど、後半はあまり緊張していなくて。最後のパットもそこまで緊張していなかったです

―18番のパットはかなり強めでした
ここで決めるか3パットするかと思って、強気で打ちました。かなりガッツきました。打った瞬間は少し強いかなと思ったけど、決めたかったので「入れ!」と思いました


すい星のごとく全英女子の舞台に現れ、メジャー優勝をつかみとったその攻撃的なプレースタイルはもちろんのこと、つねに笑顔でラウンドする姿から現地メディアが“スマイルシンデレラ”の愛称をつけるなど、底抜けの明るいキャラクターでも会場を魅了。会見を開けば海外記者を爆笑させた“渋野節”はまだまだある。

■「あれは私だったのでしょうか?」
渋野にとって今季初戦となった3月の「ヨコハマタイヤ PRGRレディスカップ」。ここでいきなり優勝を争う一人に名乗りを挙げ、最終的に6位タイフィニッシュとなった。この試合の感想を聞かれた後、記者に言った感想がこれ。

■「私にも意味が分かりません」
今年4月の国内ツアー「KKT杯バンテリンレディス」に出場した渋野は、初日1バーディ・8ボギー・1ダブルボギーの「81」と“大乱調”。9オーバーの最下位スタートとなった。しかし2日目に「66」とその日のベストスコアをマークし、予選を通過。その時に発したセリフがこれだった。ちなみに最終日も「68」をマークし、最終的には20位タイでのフィニッシュとなった。


■「私で大丈夫でしょうか?私でごめんなさい」
国内ツアー初優勝を挙げた5月の「ワールドレディス サロンパスカップ」。優勝を決めた後のインタビューで、『メジャーでツアー初優勝は8人目ですが?』と聞かれ、「私で大丈夫でしょうか?」と返答。さらに大会最年少優勝と伝えられると、「私でごめんなさい」となぜか恐縮。会場を笑いが包んだ。

■「え?あと2年出られるんですか?」
国内公式戦を制し、3年シードが付与されたことについての感想を聞かれた時に出たのが、この言葉。正確には来年から3年間なので、それ以上試合に出られることを知ると「やばいです…」と“絶句”。「賞金ランクの上位50人になったら、シードに入れるな、ということくらいしか考えてこなかったので…」と、“望外の優勝”だったことが伝わる一幕だった。

■「ゴルフよりもソフトボールの方が好きです」
これもワールドレディス サロンパスカップ中の会見で発された言葉。小学校時代にゴルフと同時期にはじめ、今も地元の子供たちと一緒にソフトボールをプレーするという渋野。その“ソフトボール愛”を問われ、こう発言した。ちなみに来年の東京五輪での観戦も目論んでおり、チケットが手に入ったら「(ゴルフの)試合は休みます」とも話していた。

■「よく“おじさんキラー”って言われます」
ワールドレディス サロンパスカップ優勝前、国内ツアーでの知名度も徐々にあがり、会場でサインを求める人も多くなったのがこのころだった。その列に並ぶ人が、中年男性が多い気がしたこともあり、『40代くらいの男性が多いですね?』と聞いてみたら…“あっ!”というような表情を浮かべた後、笑顔で言ったのがこのセリフ。なんでも地元の練習場にいる、“おじさん”とすぐに仲良くなるそうで、地元の大会でも中年ファンからの声援がよく飛ぶのだとか。これからはさらに全国区の人気者になりそうですが、その時もおじさん率は高そう?

 

◆底抜けに明るい渋野のキャラクターが現地メディアの目にもとまり、爆笑のインタビューが行われた。

渋野自身は普段通りだが、おもしろくさっぱりの受け答えは現地で大ウケ。すい星のごとく現れた日本のルーキーから少しでも多くの情報を引き出そうと質問を投げかけるが、『コースのイメージは?』の問いには、「全英はリンクス(海沿いの自然の地形を生かしたコース?)だと思っていた」。『大会の目標は?』には、「予選通過できたらいいかな、くらい」。『何歳でゴルフを始めたの?』の質問には元気良く「エイト!」。とにかく単純明快にテンポ良く繰り出される回答に、米LPGAツアー広報、現地TVも大爆笑のすえに渋野の魅力に引き込まれた。

ゴルフチャンネルのコメンテーター、リポーター陣も渋野のゴルフには衝撃を受けた。「彼女は何をすべきか分かっているし、深く考え過ぎていないように見える。とても驚いている」、「この20歳の選手は、コースで隙のないゴルフを見せている」、「なんて素晴らしい2日間。メジャー初出場なのに、彼女はコース上でずっと笑っている」、「彼女は間違いなく、人生で最高のゴルフをしているはずだ」と、大きなインパクトを与えている。

ギャラリーとタッチするのも好感を持たれているようだ。

◆渋野の駄菓子「よっちゃん食品工業」祝福
渋野がラウンド中に食べていた、よっちゃん食品工業の「タラタラしてんじゃね~よ」が一躍注目を浴び、話題沸騰。同社が午後に祝福のコメントを発表した。

 

 同社は偉業を祝福し「ラウンド中に弊社商品『カットよっちゃん』『タラタラしてんじゃね~よ』を食しながらの映像がございました」「渋野プロが駄菓子がお好きとの情報は伝え聞いておりましたが、映像が流れ大変驚いております」と、まさかの出来事を驚き、各方面から問い合わせが集中していることを明かした。
 同社は、顧客によって事業が支えられているとの感謝を示し「渋野プロも弊社商品のユーザー様であったということは大変うれしく思っております」とした。
 そのうえで「お客様にご迷惑がかからぬように」を第一に、現在フル稼働状態で製造にあたっていると説明。「あらためまして、この度は渋野日向子プロのメジャー制覇につきましてお祝い申し上げます」とした。

 

★渋野 日向子(しぶのひなこ)Hinako Shibunoのプロフィール
所属 RSK山陽放送
出身地 岡山県岡山市
生年月日 1998年11月15日
契約
クラブ:PING
ボール:タイトリスト
ウェア:ビームスゴルフ
身長 165cm
体重 62kg
血液型 AB型
出身校 岡山県作陽高等学校岡山県
プロテスト合格日 2018年7月27日(2度目の受験でプロテスト合格。)
入会日 2018年7月28日(90期生)
スポーツ歴 ソフトボール 野球
趣味 習字 ソフトボール
好きな色 青 ピンク
ゴルフ歴 8歳~
師弟関係 青木翔 岩道博志


岡本綾子のプロフィール
東広島市出身の女子プロゴルファー。
生年月日1951年4月2日
身長 165 cm (5 ft 5 in)
体重 65 kg (143 lb)
ソフトボール部を創部した大和紡績福井工場(1995年9月閉鎖)に就職。サウスポーの剛球エース兼4番として1971年、和歌山国体で優勝。1974年10月に2度目の受験でプロテスト合格。

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク