風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

悪いことの中からでも「良いこと」を見つけよう。

☆彡「天使のハッピートーク・ 一日一言 」幸せ探しへの誘い編

縁起をとてもかつぐ人がいます。

縁起の良いことがあれば一日をハッピーに暮らせるのですが、縁起の悪いことが起きると「今日はダメだ!」と一日中ふさぎ込んでしまいます。

こんな人はどうしたらいいのでしょうか?

 江戸幕府重臣、「板倉重矩・いたくらしげのり」の逸話が残っています。

 ある正月、祝いの膳が板倉重矩の前に運ばれました。その時です。

なんとお膳の縁が割れて取れてしまったのです。

給仕篝の家来は、「正月早々縁起が悪い!お前の責任だ!」と叱責されると思い、肝を冷やしました。

でもね~、板倉重矩は叱りませんでした。

なんと反対に、「縁起が良い」と、大いに喜んだのです。

「善の縁が取れるとは、扶持(給料)がもっととれる前兆かもしれない。」と解釈したのです。

 この話は、「縁起が良いも悪いも、その人の受けとり方次第。どんなことも、よい前兆だと前向きに、考えていくのがいい。」ということを教えています。

 もし「縁起が悪いこと」が起きても「縁起が良いこと」と逆転して考えるようにすれば、いつでもハッピーに暮らせることでしょう。

 

 

「自分の運を信じることができる者ほど、運がいいものはいない。」ドイツのことわざ

 

☆彡今日の一言
①悪いことの中からでも「良いこと」を見つけよう。

(ポリアンナのいいこと探し「The Glad Game」)

②ネガティブ語をポジティブ語に変換しよう♪~


人生は一度っき、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす♪~。

 


以上は植西聡著「1秒セラピー」より一部抜粋&加筆

★植西聡
植西 聰(うえにし あきら、1947年-)は、東京都出身の日本の著述家、産業カウンセラー、心理カウンセラー。
自己啓発に関する著書を多数発表している。
◆略歴
学習院大学卒業後、資生堂に勤務。
独立後、人生論の研究に従事。
独自の『成心学』理論を確立し、人々を明るく元気づける著述を開始。
1995年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定)を取得。
◆著書(ベストセラー本)
『折れない心をつくるたった1つの習慣』(青春出版)
『平常心のコツ』(自由国民社
『「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉』(三笠書房・王様文庫)
『話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる』(三笠書房・王様文庫)
『マーフィーの恋愛成功法則』(扶桑社文庫)
『ヘタな人生論よりイソップ物語』(河出書房新社
『カチンときたときのとっさの対処術』(ベストセラーズ・ワニ文庫)
『運がよくなる100の法則』(集英社・be文庫)
『運命の人は存在する』(サンマーク出版

などなど…etc.

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク