風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

9月4日は心を注ぐ急須の日、供養の日、櫛の日、串の日、クラシック音楽の日、関西国際空港開港記念日、くじらの日、オークションの日等の記念日

2019年(令和元年)9月4日は何の日?

9月4日は心を注ぐ急須の日、供養の日、櫛の日、串の日、クラシック音楽の日、関西国際空港開港記念日、くじらの日、オークションの日等の記念日です。

☆彡季節&俳句歳時記
9月4日は初秋
二十四節季=処暑(暑さが収まり朝夕に秋の気配が)
七十二候=禾乃登(こくものすなわちみのる)


☆彡今日の名句(秋)
「蕎麦はまだ花でもてなす山路かな」・・・松尾芭蕉


☆彡今日の季語 
【竹の春】《季 秋》
竹にとっての充実期。竹は普通の植物とは逆で春は筍に栄養を奪われ衰えますが、秋になると青々と茂りだす。
《若竹が生長し、新葉の盛りになるところから》陰暦8月の異称。竹春(ちくしゅん)。《季 秋》

「おのが葉に月おぼろなり竹の春」・・・与謝蕪村
「一むらの竹の春ある山家かな」・・・・高浜虚子

 

☆彡今日の言葉
【竹の花】季=夏または秋

 


竹の花

 
竹類はイネの仲間ですから、発芽してから長い年月、地下茎によって繁殖を続けますが、およそ60年から120年周期で花を咲かせ、種子を実らせて一生を終えます。
(マダケについては120年周期)

 

☆彡今日の祭りと行事
・二戸祭り(二戸市)

・加茂神社の稚児舞(富山県射水市・いみずし)

・山中明神安産祭り

氣比神宮敦賀祭り(敦賀市)

などなど…etc.

 

 ※加茂神社の稚児舞


文化財クリップ10:越中の稚児舞(下村加茂神社稚児舞)

 

※山中明神安産祭り


山中諏訪神社 例大祭「安産祭り」2017

 

●『心を注ぐ急須の日』
急須のある生活を進めることで人々の心にも愛情という潤いを注ぎ、家族のなごみの時間を増やしてもらおうと、京都市伏見区宇治茶の製造卸直販店「京都ほっこり庵七之進」の畠山友晴氏が制定。日付は9と4で「急須」と読む語呂合わせから。「お茶の入れ方セミナー」などを通じて急須でお茶を飲む文化の普及と、人と人との温かいコミュニケーションの拡大を目指している。

◆心を注ぐ急須の日 について
「きゅう(9)す(4)」の日。
急須のある生活を進めることで人々の心にも愛情という潤いを注ぎ、家族のなごみの時間を増やしてもらおうと、京都市伏見区宇治茶の製造卸直販店「京都ほっこり庵七之進」の畠山友晴氏が制定。日付は9と4で「急須」と読む語呂合わせから。「お茶の入れ方セミナー」などを通じて急須でお茶を飲む文化の普及と、人と人との温かいコミュニケーションの拡大を目指している。

 

※正直急須のおいしいお茶の入れ方


正直急須を使った美味しい日本茶の淹れ方

 

★急須(きゅうす、英語 Teapot)は、茶を注ぐ際に使用される道具。乾燥させた茶葉を入れ、湯を注いで茶葉が開くのを待ち、傾けて茶水を茶碗などに注ぐ。日本の急須は薬缶(やかん)と異なり、直接火に掛けないのが特徴である。 または、ティーポット(英: Teapot)ととも呼ばれる。
素材
陶磁器製のものが最も普通である。特に中国で有名だったのが江蘇省宜興窯で作られた紫砂(紫泥)の茶壺である。これは無釉の焼締め陶器で 、ここで産する粘土が鉄分を多く含んでいたため、焼成後は朱茶色や黒紫色を呈し、朱泥、紫泥と呼ばれた。後世日本の萬古焼、常滑焼やイギリスのウェッジウッド窯でも同様のものが作られ、日本では急須の主流をこれらの朱泥、紫泥の製品が占めている。
日本では伊万里焼、九谷焼瀬戸焼薩摩焼などの磁器製も多い。また、備前焼丹波焼などの焼締陶器や、美濃焼萩焼など陶器製のものなど、非常に多くの種類が生産されている。この他鉄製、ステンレス製、アルミ製、ガラス製、石製のものなども見られる。
種類
茶こしの種類
急須の中の茶こし (Tea strainer) にも、本体と一体化した陶器・磁器のもの、ステンレスをはめ込んだもの、ステンレスやポリプロピレンなどで出来たかご状のものなど、様々な種類がある。
陶器(デベソ、ささめ等)
ポコ網 平網 帯網 底網 かご網
二口急須、両口急須などがある。


急須の選び方(日本茶を美味しく淹れる道具について)



選び方
1,常滑(とこなめ)急須を選ぶ
2,急須全体がきれいに仕上がっている
3,『すり合せ』が完璧
4,急須が立つ
5,取っ手が内側に取り付けてある。90度ではバランスが悪い。
6, アミの材質は金属製でステンレス製、フッソ加工されたものならなお良い。
まず陶器製の『(常滑)とこなめ焼き』などを選ぶこと、窯業工学(Ceramic technology) 上から科学的に考察すれば、特に常滑焼きは酸化鉄多く含んだ土で作るため、お茶を入れたときにお茶の タンニンと反応し苦さがとれ、味がまろやかになる。
次にフタを外して立てて見て下さい。見事立ったら急須全体のバランスが良いという事です、このバランスが良いと使い安く、注ぎやすいです。

☆彡おいしいお茶の淹れ方
1.沸騰したお湯を、急須と湯のみに注いで、しばらく茶器を温めます。
2.急須のお湯を捨て、茶葉を入れます。
1人あたり茶さじ2杯くらいが目安です。
3.湯のみに注いでおいた熱湯が80度くらいまで冷めたら、急須に移して1分ほど待ちます。
4.少しずつ均等に注ぎわけ、最後の一滴までしぼりきります。
※急須はお湯を入れてから動かしてはならないと教わる。 雑味がでて渋苦味がでてしまうからどといわれているが水平運動(平アミ急須 水平回転(時計回りで10回)  3g 30秒 80℃)を加えたほうがコク甘みがある。

☆彡私(管理人)の茶の淹れ方必殺技 ?
湯呑に沸騰したお湯をいれ、急須に茶葉を入れます。
湯呑のお湯を急須に注ぐ。急須のお茶を湯呑に数回で注ぐ。

 

●供養の日
墓所・墓石・仏壇・仏具の販売。墓所の造営、葬祭業などの「株式会社メモリアルアートの大野屋」が制定。お彼岸やお盆など、墓参や先祖供養に対して意識の高まるタイミングとは別に、供養の大切さを提案、啓発することで供養文化の浸透、習慣化を図るのが目的。日付は9と4で「供(9)養(4)」と読む語呂合わせから。


●櫛の日
美容関係者らが1978年に制定。美容週間実行委員会が実施。
「く(9)し(4)」の語呂合せ。
美容関係者が櫛を大切に扱い、美容に対する人々の認識を高めてもらおうと「美容週間実行委員会」が1978(「美容週間」昭和53)年に制定。あわせて、この日を中心とする◎9月1日~7日までの1週間を「美容週間」としています
関連記念日 •ハサミの日 <8月3日>

●串の日
冷凍食品の製造販売を行う株式会社味のちぬやが制定。
「く(9)し(4)」の語呂合せ。
「く(9)し(4)」串の日。
香川県三豊市に本社を置き、各種の冷凍食品の製造販売を手がけ、全国の量販店、コンビニ、外食産業などに流通させている株式会社「味のちぬや」が制定した日。運動会やお祭り、イベントなどで出かけることの多いこの季節に、片手でも手軽に食べられる串ものをもっと食べてもらいたいとの願いが込められている。日付は9と4で「串(くし)」と読む語呂合わせから。

これとは別に、大阪市の「新世界100周年実行委員会」が2010(平成22)年に制定。


クラシック音楽の日
日本音楽マネージャー協会が1990年に制定。
「ク(9)ラシ(4)ック」の語呂合せ。
楽家の無料報酬によるコンサート等が開かれる。

●串家物語の日
大阪府大阪市に本社を置き、多くの外食事業を展開する株式会社フジオフードシステムが制定。自社のブランドのひとつで、材料を選び自分で揚げるシステムが全国で人気の串揚げ店「串家物語」の魅力をPRするのが目的。日付は9と4で「串家物語」の「串=く(9 )し(4)」と読む語呂合わせから。

 

関西国際空港開港記念日


[DVD] 日本の空港 映像図鑑 #11 関西国際空港 / Airports in JAPAN #11 Kansai International Airport


1994年9月4日午前0時、関西国際空港が開港した。
世界初の本格的な海上空港で、日本初の24時間運用空港でもある。航空審議会が「泉州沖が最適」と答申してから20年目のことだった。

●『くじらの日』 :
「く(9)じ(4)ら」の日。水産資源の適切な管理・利用に寄与する事を目的に、鯨類その他の試験研究などを行う財団法人「日本鯨類研究所」が制定。「鯨」と日本人の共生を考える日とするのが目的です。

※話題 鯨初捕獲 水揚げ


初捕獲のクジラを水揚げ 釧路港、商業捕鯨再開受け

日本の国際捕鯨委員会IWC)脱退に伴って再開された商業捕鯨で、北海道釧路沖で捕獲し、水揚げした。

 

●オークションの日
不動産オークションサイトを運営する株式会社ジアースが制定。
「オー(0)ク(9)ション(4)」の語呂合せ。

 

●ミールオンデマンドの給食サービスの日
岡山県倉敷市に本社を置き、高齢者福祉施設や病院などに配食を行う株式会社ミールオンデマンドが制定。同社が展開するセントラルキッチン方式のクックチル食材による給食直営サービスを広めるのが目的。記念日は3月16日と9月4日で、日付の由来は3と16で「ミール」、9と4で「給食」と読む語呂合わせから。

 

●世界老人給食の日
オーストラリアで1953年以来老人給食の活動を続けている団体「ミールズ・オン・ウィールズ協会」の呼びかけに、日本の一般社団法人全国食支援活動協力会(旧・全国老人給食協力会)が賛同して制定。食事サービスの重要性をアピールし、老人給食の発展が目的。記念日(9月第1水曜日)にはいくつかの統一された高齢者向けの食事をつくり、一般の人にも提供して老人給食に対する理解を深めてもらう。同協力会は第13号「記念日文化功労賞」を受賞。


☆彡毎月の3日、4日、5日みたらしだんごの日
「みたらしだんご」とは砂糖醤油の葛餡をかけた串団子のことで、この商品を製造する山崎製パン株式会社が制定。スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで幅広く販売されている「みたらしだんご」を、手軽なおやつとしてもっと食べてもらうのが目的。日付は「み」(3日)たら「し」(4日)だん「ご」(5日)の語呂合わせから毎月の3日、4日、5日とした。

スポンサーリンク  

 

●9月4日 誕生花
大根草 Geum花言葉:満ちた希望
リューカデンドロン(銀葉樹[ぎんようじゅ]) Leucadendron / Silver tree花言葉:物言わぬ恋
ペンステモン(釣り鐘柳[つりがねやなぎ]) Beard tongue花言葉:貴方に見とれています
ナデシコ(撫子)花言葉:純愛、才能、大胆
キダチセイベゴニア(木立性ベゴニア)花言葉:愛の告白、片思い、親切
ゲウム(セイヨウダイコンソウ)花言葉:満ちた希望、前途洋々
ブドウ(葡萄)花言葉:好意、信頼、陶酔、思いやり、親切

 

☆彡9月4日の誕生石 べっ甲  石言葉:予知能力

 

☆彡9月の誕生石 SAPPHIRE サファイア
宝石言葉 慈愛、誠実、徳望

色 薄いブルーから濃いブルーまであり、ピンク、イエロー、オレンジ、グリーンなどがあります。

効果 サファイアを持つと自信がつき、成功を収めることができるといわれています。また、イライラや心配事を吹き飛ばし、人を愛し、真実を探求し、貞節を守る能力を与えられます。

由来・伝説
サファイアラテン語の青色が語源で、古くはすべての青色の宝石の呼び名でもあったようです。哲学者、聖人の石と言われ、神の恩寵を受け精神の再生をもたらすと信じられたサファイア。聖職者にこそふさわしい石と考えられ、枢機卿や司教の指輪にセットされています。その指輪をした手で信者に触れることは、誠実や慈悲を与え、病を癒し、人々を悩みから救うことを意味しています。サファイアはあらゆる宗教のシンボルです。サファイアが清らかさと神の王国の輝かしい力をあらわしているため、キリスト教徒は、聖母マリアを象徴するものだと考えられています。



☆彡今日誕生日の人の一言 フランソワ・ルネ・シャトーブリアン作家 
1768年9月4日-1848年7月4日

『人間が幸せな夢を追う時に犯す大きな過ちは、人間の生来から備わっている『死』という弱点を忘れてしまうことである。』

 

★フランソワ・ルネ・シャトーブリアン
フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン(1768年9月4日 - 1848年7月4日)は、フランス・ウィーン体制下の政治家で、作家としても知られる。 

アタラ・ルネ (1952年) (新潮文庫〈第371〉)

アタラ・ルネ (1952年) (新潮文庫〈第371〉)

 

 

◆日本語訳された著書
アタラ・ルネ(林文雄訳 春陽堂、1935年)
アタラ ルネ(畠中敏郎訳、岩波文庫、1938年)
永遠の処女(斎藤一寛訳、進行社、1946年)
アタラ・ルネ(大沢寛三訳、蒼樹社、1947年)
キリスト教精髄(田辺貞之助訳、創元社、1949-50年)
グラナダの悲歌(畠中敏郎訳、養徳社、1949年)
森の乙女アタラ(斎藤一寛訳、小峰書店 少年少女のための世界文学選、1951年)
アタラ・ルネ(田辺貞之助訳、新潮文庫、1952年)
アタラ・ルネ(辻昶訳、筑摩書房世界文学大系 第25(シャトーブリアン、ヴィニー、ユゴー)』、1961年、のち旺文社文庫
哀調(小島文八訳、新樹社、1965年)
わが青春(真下弘明訳、勁草出版サービスセンター、1979年、のち勁草書房
墓の彼方の回想(真下弘明訳、勁草出版サービスセンター、1983年)

 

以上はナイツ社編 「365日名言の旅」より一部抜粋&加筆

 

☆彡 9月の行事・暦・祭り(2019年令和一年)

1日(日)二百十日 おわら風の盆(→3日)

2日(月)宝くじの日

6日(金)花巻まつり(→8日)

8日(日)白露

9日(月)重陽節句

11日(水)二百二十日

12日(木)宇宙の日

13日(金)十五夜

14日(土)岸和田だんじり祭(→15日) ※予定

16日(月・祝)敬老の日

20日(金)彼岸の入り

23日(月・祝)秋分 秋分の日

26日(木)彼岸明け

29日(日)招き猫の日

 

☆彡9月の別名
玄月(げんげつ) 菊月(きくづき)季秋(きしゅう)色取月(いろどりづき)小田刈月(おだかりづき)健戌月(けんじゅつげつ)

スポンサーリンク  
スポンサーリンク