風に吹かれて旅するブログ (話題・記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや話題・出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

10月30日は香りの記念日、初恋の日、マナーの日、たまごかけごはんの日、炭酸ソーダの日、ニュースパニックデー、リラクゼーションの日、等の日

おこしやす♪~

 

2020年10月30日は何の日?

 

10月30日は香りの記念日、初恋の日、マナーの日、たまごかけごはんの日、炭酸ソーダの日、ニュースパニックデー、リラクゼーションの日、等の日です。

 


●『香りの記念日』 :

1992(平成4)年、石川県七尾市で第7回国民文化祭「世界の香りフェアIN能登」が開催された事を記念して七尾市が制定。七尾市では、香りの文化を提唱する街として、香りグッズの全国コンクールや香りを活かした商品の開発等を行っています。

 

※さいだ花店


七尾市で人気のお花屋の「さいだ花店」さんに突撃インタビュー!


関蓮記念日として、◎2月1日の「ニオイの日」と、◎7月7日の「香りの日」があります。

 

七尾市の「シンボル」にもなっている「丁子(ちょうじ)」とは、

フトモモ科の常緑高木で、芳香があり、葉は楕円形で両端がとがっています。筒状の花が房状に集まってつき、つぼみは淡緑色から淡紅色になり、開花すると花びらは落ちます。つぼみを乾燥したものが生薬や香辛料として利用されているクロープの事です。


※マリリンモンロー「シャネルのNo.5よ」


マリリンモンロー「シャネルのNo.5よ」


マリリンモンローの伝説のエピソードである。

帝国ホテルのインタビューで「夜は何を着て寝ますか?」の質問に対し、モンローは「シャネルの5番よ」と答えた。  

おしゃれな受け答えですよね。

 


●『初恋の日』 :  

初恋 島崎藤村詩集 (集英社文庫)

初恋 島崎藤村詩集 (集英社文庫)

  • 作者:島崎 藤村
  • 発売日: 1991/01/18
  • メディア: 文庫
 

 

 1896(明治29)年、「島崎藤村」が『文学界』46号に「こひぐさ」の一編として初恋の詩を発表しました。それを記念して、藤村ゆかりの宿である長野県小諸市の老舗旅館が制定。毎年、記念イベントとして初恋をテーマとした作品(俳句、短歌、エッセイ、写真など)をはがきで応募してもらう「中棚荘・初恋はがき大賞」を行っています。


●『マナーの日』 : 

 

ビジネスマナー イラスト、一般マナー等、あらゆる場面において必要不可欠な「マナー」について見直し、生活に役立ててもらう事を目的にNPO法人「日本サービスマナー協会」が、2008(平成20)年のこの日の協会が設立を記念して制定。協会では接客サービス研修、認定資格、検定試験など、サービスマナーの普及と向上の活動を行っています。


●『たまごかけごはんの日』 : 

365日たまごかけごはんの本

365日たまごかけごはんの本

 

 


2005(平成17)年のこの日に、島根県雲南市で第1回「日本たまごかけごはんシンポジウム」が開催されました。その会場で記念日の制定が決まり、島根県雲南市の「日本たまごかけごはんシンポジウム実行委員会(旧「日本たまごかけごはん楽会」)」が「たまごかけごはん」をキーワードに日本の古き良き食文化や古里、家族愛等を考える切っ掛けとなる日にと制定。また、この時期はたまごの品質が良いと言われており、「たまごかけごはん」に最も良い美味しい新米が出回る時期でもあります。
 
●『炭酸ソーダの日』 :家庭で簡単に炭酸水が作れるソーダメーカー「SodaStream(ソーダストリーム)」の総輸入元で、大阪市に本社を置く会社が制定。ペットボトル容器の削減など資源エネルギーの節約にもなるソーダメーカーの普及を目的としています。日付は、10を炭(タン=テン)、3を酸(サン)、0でソーダのシュワシュワ感を表現しています。


●『ニュースパニックデー(宇宙戦争の日)』 :  1938(昭和13)年のこの日、アメリカのCBCラジオで「オーソン・ウェルズ」演出のSFドラマ『火星人来襲』が放送されました。そのドラマの中で、演出として「火星人が攻めてきた」という臨時ニュースを流したところ、120万人以上の人が本物のニュースと勘違いし、アメリカ中で大パニックになった日です。
 
●『リラクゼーションの日』 :

心と身体の休養や緊張の緩和などを提供するリラクゼーション業界の振興を図る為に設立された一般社団法人「リラクゼーション業協会」が制定。同協会は、安心・安全・安定的なサービスの提供によるリラクゼーション事業の健全な発展と社会的認知度の向上を目的としています。日付は、「総務省」の日本標準産業分類で「リラクゼーション業(手技を用いるもの)」が新設された事から、2013(平成25)年10月30日の告示日を記念日としました。
 

●『教育勅語発布の日』 :  1890(明治23)年のこの日、「教育ニ關スル勅語教育勅語)」が発布された記念日です。※「教育勅語」には、国民に対し「子」は親に孝養をつくし、「夫婦」は仲むつまじく解け合い、「友人」は胸襟を開いて信じあい、そして「自分の言動」を慎み、総ての人々に愛の手をさしのべ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格をみがき、更に、進んで社会公共の為に貢献し、また、法律や、秩序を守る事は勿論の事、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と、安全に奉仕しなければならないとあります。
 
☆彡毎月0(ゼロ)のつく日は

●キャッシュレスの日

 

一般社団法人日本キャッシュレス化協会が制定。スマートフォン決済、クレジットカード決済などよるキャッシュレス化を推進するのが目的。キャッシュレス化は現金を持つわずらわしさや盗難などの不安を解消し、ポイントの還元で得をするなどさまざまなメリットがあると言われる。日付はキャッシュレス=現金ゼロ(0)で現金を使わないの意味から毎月0(ゼロ)のつく日。

 

 

☆彡毎月30日は

●サワーの日

京都府京都市に本社を置き、焼酎、清酒、ソフトアルコール飲料、調味料などさまざまな商品の製造、販売を手がける宝酒造株式会社が制定。甲類焼酎を炭酸で割って飲む「サワー」をもっと多くの人に楽しんでもらい、サワー市場全体を盛り上げるのが目的。日付は一年を通じて月末に同僚や友人、家族と一緒に「サワー」を飲んで絆を深めてほしいとの想いと、30を「サ(3)ワ(輪=0)ー」と読む語呂合わせから毎月30日に。
 
●『EPAの日』


水産事業や食品事業などを手がける日本水産株式会社が制定。EPAとは魚に多く含まれるエイコサペンタエン酸の略称で、中性脂肪を減らしたり、動脈硬化などの予防をする働きがある。日付は肉中心の生活を送る現代人に肉(29)を食べた次の日(30)には魚を食べ、EPAを摂取してバランスよい食生活を一年中送って欲しいという思いを込めて毎月30日に。
 
●『味噌の日』 

 


全国味噌工業協同組合連合会が1982年9月に制定。みそ健康づくり委員会が実施。「みそ(三十)」の語呂合せ。


 

スポンサーリンク  

☆彡10月30日はの誕生花:

ガーベラ(ピンク)  花言葉は神秘、崇高美
ロベリア  花言葉は悪意、謙遜、譲る心
スイレン(睡蓮)  花言葉は心の純潔、清浄、甘美、清純な心
リンゴ(林檎)  花言葉は誘惑、後悔、選ばれた恋、選択
サワギキョウ(沢桔梗)  花言葉は高貴、特異な才能
サザンカ山茶花)・Sasanqua Camellia 花言葉は「謙譲・愛敬」
シーマニア・Gloxinia Sylvatica 花言葉は「コミュニケーション・繁栄」
パセリ・Parsley 花言葉は「役に立つ知識」です。
 
☆彡誕生石は「ピンファイアー・オパール」石言葉:正しい方向性
 
☆彡10月の誕生石TOURMALINEトルマリン宝石言葉 心中の歓喜、安楽、忍耐◆効果トルマリンの両端はプラスとマイナスを帯電し、摩擦することでマイナスイオンを発生させるといわれています。このマイナスイオンには、水や空気を浄化し、心身のストレスやイライラをやわらげてくれる効果があるといわれます。心身を浄化し、精神との調和をはかり、安定させ、ストレスを緩和させます。また、からだをリラックスさせ、心を鎮め、安らかな眠りを約束する石として愛されています。◆由来・伝説スリランカのシンハリ族の言葉で「土で出来た小さなもの」を意味する"turmali(トルマリ)"が由来といわれているトルマリン。その昔、エメラルドと混同されていたため由来や伝承が少ない宝石です。また、電気的な性質をもつことから、古くからさまざまな民族の間で、神聖な儀式にはもちろん病気の治療にも用いられてきました。健康をもたらすといわれるマイナスイオンを特殊な条件化において発生させるトルマリンは、和名で"電気石"と呼ばれています。

 

☆彡今日誕生日の人の一言 ポール・ヴァレリー(詩人)
1871年10月30日-1945年7月20日

『非常に危険な状態とは、自分はわかっていると信じること』
ポール・ヴァレリーのプロフィールアンブロワズ・ポール・トゥサン・ジュール・ヴァレリー(仏: Ambroise Paul Toussaint Jules Valéry, 1871年10月30日 - 1945年7月20日)は、フランスの著作家、詩人、小説家、評論家。多岐にわたる旺盛な著作活動によってフランス第三共和政を代表する知性と称される。日本では、アルベルト・アインシュタイン相対性理論をいちはやく理解した詩人として知られるようになった。小林秀雄訳「テスト氏」が早くから読まれ、詩は堀口大學が訳し、ヴァレリー自身と書簡のやり取りもしている。戦前(昭和初期)より佐藤正彰・河盛好蔵吉田健一らが訳し、創立間もない筑摩書房で全集の刊行が開始されたが、1度目は戦局の悪化で、2度目は戦後の出版事情で未完となった。 

 『ヴァレリー全集』は1960年代に、佐藤正彰・鈴木信太郎らの編集により出版完結、新装版と増補版も刊行した。21世紀に入り清水徹や恒川邦夫らによる新訳が刊行された。堀辰雄の中編小説『風立ちぬ』冒頭に、堀自身が訳したヴァレリーの詩『海辺の墓地』の一節「風立ちぬ、いざ生きめやも(Le vent se lève, il faut tenter de vivre.)」が引用されており、また小説の題名にも使われている。ほぼ毎年ノーベル文学賞候補としてノミネートされたが、受賞はかなわなかった。代表作 『若きパルク』

 

以上はライツ社編「365日名言の旅」より一部抜粋&加筆

 

 

☆彡10月の主な行事・暦・祭り(2020年・令和2年)

季節:晩秋(ばんしゅう) ※寒露から立冬の前日まで。 
1日 (木)十五夜 衣替え7日 (水)長崎くんち(→9日) ※2020年は中止8日 (木)寒露14日 (水) 灘のけんか祭り(→15日)15日 (木)善光寺御会式17日 (土)神嘗祭(かんなめさい)20日 (火)秋土用入り21日 (水)秋土用の間日22日 (木)時代祭(祇園祭葵祭とともに、京都三大祭の一つ時代祭2020年は中止となりました)23日 (金)霜降 秋土用の間日29日 (木)十三夜31日 (土)秋土用の間日

 10月の他の別名吉月(きちげつ)陽月(ようげつ)時雨月(しぐれづき)初霜月(はつしもづき)建亥月(けんがいげつ)良月(りょうげつ)大月(たいげつ)雷無月(かみなかりづき)神去月(かみさりづき)鎮祭月(ちんさいげつ)
【出雲地方】神在月(かみありづき)神有月(かみありづき)


☆彡新型コロナウイルス国内感染の状況  10月29日 16:30 時点

※全国で新たに確認された感染者数437人

※東京都感染者数221人
東京都は29日、新型コロナウイルスの感染者が都内で新たに221人確認されたと発表した。1日当たりの感染者は5日ぶりに200人を上回った。重症患者は前日から1人減の29人。65歳以上の感染者は31人を占めた。

 

【国内感染者】29日 累計で10万人超える(クルーズ船含む)2020年10月29日

29日は、これまでに全国で473人の感染が発表されています。
また、沖縄県で2人、兵庫県で1人、岡山県で1人の、合わせて4人の死亡の発表がありました。

国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め9万9468人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて10万180人となっています。

亡くなった人は、国内で感染した人が1742人、クルーズ船の乗船者が13人の、合わせて1755人です。

このほか、
▽空港の検疫での感染は1150人
▽中国からのチャーター機で帰国した人と、国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。

厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、28日時点で166人(1)となっています。

一方、症状が改善して退院した人などは、28日時点で、
▽国内で感染した人が9万807人
▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の、合わせて9万1466人となっています。

また、今月26日には速報値で、1日に1万7933件のPCR検査が行われました。


官房副長官「これまでの経験を踏まえ効率的に対策を」
岡田官房副長官は、記者会見で「これまでの経験を踏まえて感染対策を効率的に講じることによって、重症者や死亡者をできるかぎり抑制しながら社会経済活動を継続することが可能になる。諸外国のような爆発的な感染拡大は絶対に避けなければならない」と述べました。

そのうえで「改めて『3密』や、大声をあげる環境の回避、室内でのマスクの着用、適切な距離の確保や換気など、基本的な感染予防対策の徹底をお願いしたい」と呼びかけました。


※専門家会合 “地方でクラスターなど微増傾向”
直近の感染状況について、厚生労働省の専門家会合は「10月以降、微増傾向が続いている」としています。

首都圏で新規感染者が減少傾向にならず、地方でもクラスターの発生などで感染者が増加する地域が出てきています。

クラスターは地方都市の歓楽街、それに会食や職場、さらには外国人のコミュニティーでも発生するなど、多様化や地域の広がりがみられるということです。

専門家会合は「積極的な検査によって、大規模クラスターやクラスターの連鎖が発生しないよう早期に対応するほか、今後、飲食や会食の機会の増加が見込まれることから、国や自治体は感染リスクを下げる工夫を広く周知すべきだ」と指摘しています。


※国内感染者数の推移
国内で最初に感染が確認されたのは1月15日。

当初、感染が確認された人の多くは中国 湖北省武漢から入国してきた人たちで、1月の新規感染者数は17人でした。

2月になると、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の集団感染が発生。

感染者の集団=クラスターも各地で出始め、2月の新規感染者は930人。

3月は、さらに増え1999人でした。

そして4月は、感染が大きく拡大し初めての緊急事態宣言が出され、新規感染者数は1万2190人となりました。

その後、外出の自粛や休業要請が進み、感染はいったん収束。

5月の新規感染者は2478人に減少し、さらに6月は1865人でした。

しかし、再び感染が拡大。

いわゆる第2波によって、7月の感染者数は1万7620人、さらに8月には、ピークとなる3万2112人まで増えました。

その後、クラスター対策の徹底などによって、再び減少し、9月は1万5199人に減りましたが、10月は、首都圏などで新規感染者が減らず、地方都市でもクラスターが相次ぐなどして微増傾向が続き、28日までに1万5297人となっています。

世界各国をみると、日本時間で29日午後3時すぎのアメリカ、ジョンズ・ホプキンス大学のまとめでは、
アメリカが885万7785人と最も多く、
▽インドが804万203人、
▽ブラジルが546万8270人、
▽ロシアが155万3028人、
▽フランスが128万215人と、日本を大きく上回っています。

一方で、
▽中国は9万1271人、
▽韓国は2万6271人と、それぞれ日本のほうが多くなっています。

 

 

☆彡お静かに♪~
「お静かに♪~」は長野県や山梨県、その他で使われている方言です。食事を差し出し「どうぞ、ごゆっくりお食事をお召し上がりください」と言う意味と、人との別れ際の場合や茶屋の主人が出発するお客さんたちに「気をつけてお帰りください。道中ご無事をお祈りしております」と意味に使われる。