風に吹かれて旅するブログ (話題・記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや話題・出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらお知らせしています。温故知新♪~

スポンサーリンク

3月17日は春彼岸入り、みんなで考えるSDGsの日、漫画週刊誌の日、セントパトリックデー&毎月17日は減塩の日、いなりの日、国産なす消費拡大の日、「安全の日」等の日

おこしやす♪~

2021年3月17日は何の日?


3月17日は春彼岸入り、みんなで考えるSDGsの日、漫画週刊誌の日セントパトリックデー&毎月17日は減塩の日、いなりの日、国産なす消費拡大の日、「安全の日」等の日です。

 

●春彼岸入り
春分秋分の前後3日を合わせた7日間。
2021年は、春の彼岸:3月17日~23日


彼岸入り・・・・・3月17日(水)
中日(春分の日)・・3月20日(土)
彼岸明け・・・・・3月23日(火)

最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」、真ん中にあたる春分秋分を「彼岸の中日(ちゅうにち)」といいます。

仏教では、私たちの住む煩悩(ぼんのう)の世界をこちらの岸、三途の川(さんずのかわ)を挟んで、ご先祖様の霊が住む世界をあちらの岸と考えられていて、こちらの岸を「此岸(しがん)」あちらの岸を「彼岸」といいます。
この極楽浄土は西の彼方にあるとされているため、太陽が真西に沈む春分秋分にお墓参りや先祖供養を行うようになりました。これは仏教にはない習慣で、日本独自のものです。
中日に夕陽を拝むと功徳があるといわれています。

お寺では、この期間「彼岸会(ひがんえ)」の法要が営われます。

◆「ぼた餅」と「おはぎ」の違い
漢字で書くと「お萩」と「牡丹餅」。
小豆の粒を萩の花に見立てて「お萩」、牡丹の花に見立てて「牡丹餅」と呼んだのです。ですから、厳密に言うと春は「ぼた餅」、秋は「おはぎ」ということですね。

小豆の赤色には災いが身に降りかからないようにするおまじないの効果があるんだそうです。

 

・仏壇、仏具の掃除。
・供花や菓子、果物などをお供えする。
・朝晩に灯明(とうみょう)を灯しお線香をあげる。
・お墓の掃除。
・お墓参り。
・中日に夕陽を拝む。

 仏壇のないご家庭でも、お線香をあげたりお香を焚いたりして、亡くなった人を思って過ごしてみてはいかがでしょうか。

※地方によってはお団子やいなり寿司をお供えしたり、いただいたりするところもあります。



◆お彼岸は春分の日秋分の日を中日(ちゅうにち)として、前後3日間、合計7日間をお彼岸の期間とされています。お彼岸は、自然やご先祖様に感謝を捧げる仏教の伝統行事です。ただし、お彼岸にお墓参りに行くのは日本独自の文化です。
春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」、秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」と、自然や先祖を大切にする日本ならではの伝統文化として現在まで続いている習慣です。

お彼岸の期間は、浄土へ生まれ変わりたいと願い、布施(ふせ)、持戒(じかい)、忍辱(にんにく)、精進(しょうじん)、禅定(ぜんじょう)、智慧(ちえ)という正しい6つの行いを実践する時とされています。
お盆が先祖の霊がこの世に戻ってくるのに対し、お彼岸はこの世から浄土へ近づくために修行をする期間です。ある意味、極楽浄土にあこがれる期間と言えます。


●みんなで考えるSDGsの日 (《Sustainable Development Goals》⇒持続可能な開発目標)
総合PR会社である共同ピーアール株式会社の総合研究所(PR総研)が制定。国連が定めた持続可能な開発目標であるSDGs(Sustainable Development Goals )についてのさまざまな企業の取り組みをより多くの人に伝えることが目的。また企業だけでなくひとり一人がSDGsについて考える日にとの思いも込められている。日付はSDGsに持続可能な世界を実現するために掲げられている17のゴールから「みんな(3)」で「17」のゴールを実現しようという意気込みで3月17日に。

エスディージーズSustainable Development Goals
国連加盟国による2015年の「持続可能な開発サミット」において採択された、2030年までに達成を目指す持続可能な開発目標。
01年の「ミレニアム開発目標(MDGs)」の後継として策定された。
「貧困の根絶」「ジェンダーの平等」「気候変動への対策」「質の高い教育の実現」などの17分野にわたる目標と、それらを達成するための具体的な目安として、「1日1.25ドル未満で生活する極度の貧困を終わらせる」「妊産婦の死亡率を出生10万人当たり70人未満に削減する」などの169のターゲットが掲げられている。

SDGsの17分野とは、(1)貧困の根絶、(2)飢餓の撲滅、(3)健康と福祉の促進、(4)質の高い教育の実現、(5)ジェンダー平等、(6)適切な水の利用と管理、(7)再生可能エネルギーの利用、(8)生産的で、働きがいのある雇用の促進、(9)強じんなインフラと持続可能な産業、(10)国内・国際間の不平等の是正、(11)持続可能なまちづくり、(12)持続可能な生産と消費、(13)気候変動への対策、(14)海洋資源保全、(15)陸域生態系と森林資源の保全、(16)平和で包括的な社会の促進、(17)グローバル・パートナーシップによる目標達成、をいう。


●『漫画週刊誌の日』 : 
1959(昭和34)年のこの日、日本初の少年向け週刊誌「少年マガジン」と「少年サンデー」が発刊されました。
当時は読み物が中心で、漫画は少ししか載ってなかったそうです。
小学館の「少年サンデー」は30円でした。
表紙を飾ったのは、野球界のスーパースター「長嶋茂雄」でした。
関連記念日として、◎7月21日~8月20日までの「雑誌愛読月間」があります。

 

セントパトリックデー聖パトリックの祝日・緑の日・Lá ’le Pádraig(アイルランドなど)』 :


◎「アイルランド」の守護聖人で、キリスト教を広めた聖人「聖パトリック」の聖名祝日で、彼を讃える祝日です。
カトリック」における祭日で、アイルランドの国花「シャムロック(クローバー等、三つ葉の草の総称)」(聖人が三位一体を説くときにクローバーを用いた事に由来するとか)を服に付けたり、それに因みシンボルカラーの緑色のものを身に付けると幸福になれるとされています。
この日を祝う伝統は、何世紀も前から受け継がれてきて、1903(明治36)年より正式に「アイルランド共和国」の祝祭日になりました。
イギリスからの独立後、徐々に成長し、1996(平成8)年には政府が主体となりダブリンで5日間の盛大な「フェスティバル」としてパレードやその他の行事が行われる様になりました。

 

※パレードやその他の行事は新コロナウイルスの為要確認

 
◎「モントセラトカリブ海にあるイギリス領の小島)」では、アイルランドから島へ移住したアイルランド人入植者から、「カリブのエメラルド島」または「西のエメラルド」とも呼ばれていました。
毎年この日は、「聖パトリックの祝日」と、1768(明和5)年のこの日に黒人奴隷がアイルランド人の主人に対して反乱を起こし失敗に終わりましたが、この「反乱」を記念する意味も含めて祝祭日となっています。
この日「アイリッシュシチュー」の影響を受けた、カリブの郷土料理「ゴートウォーター」を振舞い、カリプソ音楽のコンサートや、緑のシャムロック付きの伝統衣装を着て、ソカで踊りながらパレードし祝祭日を祝います。

 

※パレードやその他の行事は新コロナウイルスの為要確認

 

 

 


※薔薇忌
小説家・評論家の塩月赳の1948(昭和23)年の忌日。
太宰治の『佳日』のモデルで、塩月の死の3箇月後に太宰が入水自殺した。
評論集『薔薇の世紀』から薔薇忌と呼ばれる。
★塩月 赳シオツキ タケシ
昭和期の小説家,評論家
生年明治42(1909)年1月12日
没年昭和23(1948)年3月17日
出生地宮崎県
学歴〔年〕東京帝大美学科卒
経歴太宰治と親しく「海豹」に加わり、「浪漫古典」に作品を発表、「散文」を主宰した。その後「政界往来」に勤務、東洋経済から北京に行き、戦後帰国。小説「或る幸福」、評論集「薔薇の世紀」があり、太宰「佳日」のモデル。太宰より3カ月前に死去、薔薇忌が設定された。


☆彡毎月17日は、 
●『減塩の日』
日本高血圧学会が制定。
高血圧の予防や治療において大切な減塩をより多くの人に実践してもらうのが目的。
日付は世界高血圧連盟が制定した「世界高血圧デー」(World Hypertension Day)、日本高血圧学会が制定した「高血圧の日」が 5月17日であることから、一年を通じて減塩を進めることを目指して毎月17日に。

●『いなりの日』 :
「い(1)な(7)り」の日。
日本の食文化の中で多くの人に親しまれているいなり寿司を食べる機会を増やすきっかけを作ろうと、いなり寿司の材料を製造販売している食品メーカーが制定。

 

●『国産なす消費拡大の日』  : 
4月17日の「なすび記念日」の17日を、毎月なすの消費を増やす日にしようと、「冬春なす主産県協議会」が2004(平成7)年2月9日に制定。

●『ひょうご安全の日』 :
兵庫労働基準局が阪神・淡路大震災から11年目の2006(平成18)年に制定。
阪神・淡路大震災の後は復旧・復興現場等で死亡災害が多発し、震災前に比べて死亡災害が2年連続して50%増加するという事態が続いた為、労働災害多発を防止する為の対策として、震災発生日の毎月17日を「安全の日」と定めました。

 

 

☆彡3月(弥生・やよい)の主な行事・暦・祭り(2021年・令和3年)予定
季節:仲春(ちゅうしゅん) ※啓蟄から清明の前日まで。

1日 (月) 修二会(~14日)
5日 (金) 啓蟄
7日 (日) 消防記念日
8日 (月) 国際女性デー
10日 (水) 塩釜神社帆手祭
13日 (土) 春日祭
17日 (水) 彼岸の入り
20日 (土・祝) 春分 春分の日
23日 (火) 彼岸明け

◆海外のイベント
3月15日~19日(5日間) サン・ホセの火祭り(スペイン・バレンシア
3月または2月 リオのカーニバル(ブラジル)
3月下旬~4月下旬のいずれかの日曜日 イースター(復活祭)
3月下旬 世界フィギュアスケート選手権

3月の他の別名
嘉月(かげつ)桜月(さくらづき)花見月(はなみづき)花月(かげつ)季春(きしゅん)
夢見月(ゆめみつき)建辰月(けんしんげつ)春惜月(はるをしみつき)


☆彡新型コロナウイルス国内感染の状況 3月16日 18:00 時点

※全国で新たに確認された感染者数 1,134人 (全国総人口約 125,770,000人)

※東京都感染者数 300人(総人口約13,971,109)
東京 コロナ 16人死亡 300人感染 前週同じ曜日8日連続上回る 2021年3月16日

東京都内では、16日新たに300人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、16日までの8日連続で1週間前の同じ曜日を上回っています。また、都は、感染が確認された16人が死亡したことを明らかにしました。

東京都は、16日都内で新たに10歳未満から90代までの男女300人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

先週の火曜日より10人増えていて、16日までの8日連続で1週間前の同じ曜日を上回っています。

また、16日までの7日間平均は289.0人で、前の週の110.4%となりました。

7日間平均が前の週から増加するのは4日連続です。

※神奈川県感染者数 91人(総人口約9,216,009)

※千葉県感染者数 76人(総人口6,281,892)

※埼玉県感染者数 96人(総人口7,342,682人 )

大阪府感染者数 86人(総人口約8,817,372)

 


☆彡喜怒哀楽・・・ニュースと話題
◆「アレジオンドライシロップ」を自主回収
製薬会社の日本べーリンガーインゲルハイムは、主に子供が使うアレルギー性鼻炎やじんましんなどの治療薬「アレジオンドライシロップ」を、15日から自主回収していることを明らかにした。自主的な検査で、遺伝情報に変異が起きる可能性を持つ物質が製品に含まれていることが判明した。
 後発薬「エピナスチン塩酸塩DS」も、製造販売している沢井製薬東和薬品日医工の3社が回収する。

 

◆英製薬大手アストラゼネカが開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、ドイツとフランス、イタリア、スペインは15日、使用を一時停止すると相次いで発表した。接種後に血栓ができる症例が報告されているためで、欧州では既にデンマークノルウェーなどが一時停止している。
☆彡お静かに♪~(残しておきたい方言・言葉)

「お静かに♪~」は長野県や山梨県、その他の地方で使われている方言です。
食事を差し出し「どうぞ、ごゆっくりお食事をお召し上がりください」と言う意味と、人との別れ際の場合や茶屋の主人が出発するお客さんたちに「どうぞ気をつけてお帰りください。道中ご無事をお祈りしております」と、いう意味に使われる。
とても美しい言葉です。後世に残しておきたい言葉の一つです。