風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

「いいことが」ド・ド~ッと続く"ドミノの法則"の魔法の言葉とは?

☆彡「天使のハッピートーク・ 一日一言 」幸せ探しへの誘い編

 

☆彡「いいことが」ド・ド~ッと続く"ドミノの法則"

 

行動心理として「ドミノの法則」というものがあります。

 たとえば、中華料理のフルコースを食べるとき、最初の料理が美味しかったら「この店の料理はおいしいな、次に出る料理もおいしいかもしれない。」と期待を抱きます。

そして、実際に次の料理もおいしかったら「この店の料理人は腕がいいな。何を食べてもおいしいぞ♪~」

と確信を深め、その結果、出てくる料理のすべてが美味しく感じれて、ハッピーな気分になります。

 つまり、「ドミノの法則」とは、始めに好印象を抱くとそれが後々まで続くという一種の「連鎖的心理作用」のことを言います。

もちろんその逆も言えます。

 そこで、意識的にプラスの「ドミノの法則」を活用して、「いいことの連鎖」を起こしてみませんか。

やり方はシンプルでとても簡単です。

一日の中で、どんなに些細なことでも「嬉しい、楽しい、ラッキー」と思えるようなことが起こったら「ラッキー」と唱えるだけです。

これが"ドミノの法則"の魔法の言葉なんです。

 

人がいるようなときには、心の中で、言葉に出せれば「ラッキー」といってみましょう。

「満員電車の中で座れるなんて、今日は朝からラッキー

「お昼に人気店の限定ランチがちべれるなんて、本当にラッキー

「今日は歯医者さんでちっとも痛くなかった。ラッキー

「今日は朝から美人の○○さんから笑顔で『おはようございます。』と挨拶された。なんて、ツイてる日なんだろう。ラッキー

 

などなど…etc.

 

こんなふうに、積極的に口に出して、意識しましょう。

事の時、すごくオーバーに喜ぶ方が「いいことの連鎖」が起きやすくなり、運気アップにもつながります。

見つけたラッキーをノートに書いて「いいこと日記(見える化・可視化)」を付けるようにするのもおすすめです。

後でそれを眺めているだけでハッピーな気分になってきます。

あなたが『ラッキー』という視点(プラス・ポジティブ)で物事を見るようになれば、次に続くこともラッキーなものに変わり、「人生はバラ色」になります。

 

☆彡今日の一言
①ラッキーを探せ♪~
きれいな花を見てラッキー♪~、好きな人に会えてラッキー♪~

②小さなラッキーが、大きな幸せを運んでくれる

③ラッキーを見つければ見つけるほど人生はバラ色になる♪~

 

 ※バラ色の人生 ジャクリーヌ・フランソワ


ばら色の人生 ジャクリーヌ・フランソワ


私(管理人)の場合「ラッキー、チャ・チャ・チャ♪~」と手拍子も入れています。


人生は一度っきり、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~

 

Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす♪~。


以上は植西聡著「1秒で心が強くなる言葉の心理術」より一部抜粋&加筆

 

★植西聡
植西 聰(うえにし あきら、1947年-)は、東京都出身の日本の著述家、産業カウンセラー、心理カウンセラー。
自己啓発に関する著書を多数発表している。
◆略歴
学習院大学卒業後、資生堂に勤務。
独立後、人生論の研究に従事。
独自の『成心学』理論を確立し、人々を明るく元気づける著述を開始。
1995年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定)を取得。
◆著書(ベストセラー本)
『折れない心をつくるたった1つの習慣』(青春出版)
『平常心のコツ』(自由国民社
『「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉』(三笠書房・王様文庫)
『話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる』(三笠書房・王様文庫)
『マーフィーの恋愛成功法則』(扶桑社文庫)
『ヘタな人生論よりイソップ物語』(河出書房新社
『カチンときたときのとっさの対処術』(ベストセラーズ・ワニ文庫)
『運がよくなる100の法則』(集英社・be文庫)
『運命の人は存在する』(サンマーク出版

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク